カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
【アニメ】「まどそふと」の学園恋愛ADV『ハミダシクリエイティブ』がTVアニメ化!5分尺のショートアニメとして2024年に放送 (09/01)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード』は2024年2月2日発売!限定版や各種特典が発表、“P3R”の魅力が詰まったPV第2弾も公開に (08/27)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > ドラゴンボールZ

【アニメ】特別番組『ドリーム9 トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!』4月7日放送決定!

トリコ 15 [DVD] ONE PIECE ワンピース 15thシーズン 魚人島編 piece.4(初回限定版) [DVD] DRAGON BALL Z 第1巻 [DVD]

フジテレビで放送中の人気アニメ『トリコ』が4月から3年目に突入します。 これを記念して、同作と『ワンピース』、『ドラゴンボールZ』の3作品がコラボした特別番組『ドリーム9 トリコ&ワンピース&ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!』の放送が決定しました。

昨年4月に放送され好評を博した『トリコ』と『ワンピース』のコラボスペシャルに続き、今年は『ドラゴンボールZ』も参加してさらにバージョンアップ。3作品それぞれの主人公、トリコ・ルフィ・孫悟空が“共演”する1時間の特別番組として4月7日に放送されます。

番組は、前編「走れ最強軍団!トリコとルフィと悟空!」と後編「史上最強コラボVS海の大食漢」の前後編で放送。 前編は各アニメのキャラクターたちが、優勝賞品の高級食材を目指してトラップだらけのスーパーレース「天下一食おう会」に参加し、熱いバトルを繰り広げる…という物語が展開。 後編は「天下一食おう会」で優勝したドラゴンボールのキャラクター、ミスターサタンが賞品の食材を振る舞っていると、生物の力を吸うという強力な敵が出現。それぞれの主人公たちが共闘し、必殺技をさく裂させる…という物語が描かれます。 なお、「天下一食おう会」はドラゴンボールに出てくる格闘大会「天下一武道会」をモチーフにしているとのこと。

トリコ、ルフィ、悟空の3主人公はもちろん、『トリコ』からはサニー、ゼブラ、ココ、小松、『ワンピース』からはナミ、チョッパー、サンジ、ゾロ、『ドラゴンボールZ』からは孫悟飯、悟天、トランクス、亀仙人、ベジータ、ミスターサタンといった人気キャラクターが登場。 「ゼブラとゾロとベジータが戦ったらどうなる?」「小松とサンジの料理どっちがすごいの?」「チョッパーが悟天とトランクスのフュージョンを目撃したら?」などなど、視聴者が心で思っていることをすべて詰め込んだ、まさにスペシャルなコラボ番組となっているそうです。

【映画】『ドラゴンボールZ 神と神』にゲスト声優として松本薫さんと中川翔子さんが出演!日本映画史上初のIMAXデジタルシアターでの上映決定!

ドラゴンボールZ  20th Century-SONGS BEST 3月30日(土)公開予定の新作アニメ映画『DRAGON BALL(ドラゴンボール)Z 神と神』に、2012年ロンドン五輪柔道女子57キロ以下級でこの階級初となる金メダルを獲得した松本薫さんと、自他ともにドラゴンボールオタクの異名を持つ中川翔子さんというドラゴンボールファン2名が、スペシャルゲストとして声優出演することが決定しました。

本作は、鳥山明先生による集英社「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルとして連載され、TVアニメやゲームなど数々のメディアでも人気を博した大ヒットタイトル『ドラゴンボール』の新作映画作品。 約17年ぶり、通算18作目の劇場版として制作される今作は、原作者の鳥山先生自らが、初めて脚本の段階から深く制作に関わり、シリーズ一貫して鳥山作品を映像化してきた東映アニメーションの最新技術によって映画化するとのこと。 これまでの作品で描かれなかった、TVシリーズの「Z」と「GT」の間となるエピソードが展開し、原作517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった正史のストーリーが初めて描かれます。

今回、ゲスト声優として出演する松本薫さんと中川翔子さん。お二人の役どころは、松本さんが物語の中で行われるパーティー会場に現れる“白バイ女性隊員”で、中川さんは全宇宙の破壊を司る神・ビルスが、悟空のもとへ足を運ぶきっかけを与える“予言魚”となっています。なお、白バイ女性隊員は松本さん本人をイメージして描かれているのだそうです。公式サイトでは、お二人からのメッセージが公開されています。

また、本作は日本映画では史上初となるIMAXデジタルシアターでの上映が決定。これまでIMAXでは、「アバター」や「アリス・イン・ワンダーランド」など洋画のいずれも大ヒットを記録した大作が上映されていますが、日本映画としては『ドラゴンボールZ 神と神』が初めてのIMAXデジタルシアターで上映となります。 今回の見どころともいえる、孫悟空やその仲間たちと、破壊を司る神・ビルスがぶつかり合う激しいバトルは、ドラゴンボールの歴史の中でも群を抜いており、IMAXRデジタルシアターでの上映によって、まるで映画の中にいるようなリアルな臨場感を体感できるとのことです。

【映画】『DRAGON BALL Z 神と神』の主題歌はFLOWによる「CHA-LA HEAD-CHA-LA」のカバー!最新PVも公開!

『DRAGON BALL Z 神と神』

2013年3月30日(土)より公開予定の映画『DRAGON BALL Z 神と神』の主題歌が、FLOWによる「CHA-LA HEAD-CHA-LA」のカバーとなることが明らかになりました。

「CHA-LA HEAD-CHA-LA(チャラ・ヘッチャラ)」は、JAM Projectのメンバーにして“アニソン界のプリンス”の異名を持つ影山ヒロノブさんの16作目のシングルとして発表された楽曲。TVアニメ『ドラゴンボールZ』のオープニングテーマとして広く知られており、影山さんの出演するアニソンライブでもよく歌われるなどファン認知の高い楽曲となっています。

今回の新作映画では、この「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を、今年で記念すべきデビュー10周年を迎えるFLOWがカバー。疾走感のあるナンバーにリアレンジされるとのこと。また、12月31日(月)に東京「ディファ有明」で開催されるFLOWの年越しライヴの模様が、「ニコニコ生放送」で生中継されることも決定。ファンの方はこちらもぜひお見逃しなく。

『DRAGON BALL Z 神と神』は、鳥山明先生による集英社「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルとして連載され、TVアニメやゲームなど数々のメディアでも人気を博した大ヒットタイトル『ドラゴンボール』の新作映画作品。約17年ぶり、通算18作目の劇場版として制作される本作は、原作者の鳥山先生自らが、初めて脚本の段階から深く制作に関わり、これまで一貫して鳥山作品を映像化してきた東映アニメーションの最新技術によって映画化するとのこと。新作劇場版では、TVシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソードが展開。原作517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった正史のストーリーが初めて描かれます。

なお、続きからはフジテレビ「めざましテレビ」で公開された最新PVをご紹介。悟空をはじめとするZ戦士たちの勇姿や、山寺宏一さん演じる“破壊神ビルス”、森田成一さんが担当する“ウイス”といった劇場版の新キャラクターのボイスなどもチェックできますので、ぜひご覧下さい。

【映画】『DRAGON BALL Z 神と神』破壊神ビルス役、ウイス役など劇場版キャスト発表!特典付き前売券12月15日発売開始!

『ドラゴンボールZ 神と神』

2013年3月30日(土)より公開予定の映画『DRAGON BALL Z 神と神』の劇場版キャストが発表されました。

『DRAGON BALL Z 神と神』は、鳥山明先生による集英社「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルとして連載され、TVアニメやゲームなど数々のメディアでも人気を博した大ヒットタイトル『ドラゴンボール』の新作映画作品。約17年ぶり、通算18作目の劇場版として制作される本作は、原作者の鳥山先生自らが、初めて脚本の段階から深く制作に関わり、これまで一貫して鳥山作品を映像化してきた東映アニメーションの最新技術によって映画化するとのこと。今回の劇場版では、TVシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソードが展開。原作の517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった出来事が初めて描かれます。

悟空やべジータなどのお馴染みのキャラクターに加え、今回は劇場版に登場する新キャラクターも明らかに。“破壊神ビルス”役は山寺宏一さん、ウイス役は森田成一さんが担当します。またキャスト発表にあわせて、本ポスタービジュアルも解禁。悟空と拳を交えるキャラクターが今回の敵、破壊神ビルスで、2人の間に浮かん見えるのがウイスとのこと。ドラゴンボールならではのバトル感とワクワク感溢れるスペシャルなビジュアルとなっています。

そして11月23日より発売中の『ONE PIECE FILM Z』とのコラボチケットに続き、『ドラゴンボールZ 神と神』の前売鑑賞券が12月15日(土)から発売されることも決定。特典はドラゴンボール型ボールペンで、二星球(紫)、五星球(緑)、三星球(水色)のAセットと、六星球(ピンク)、七星球(オレンジ)、一星球(黒)のBセットを用意。それぞれ色の異なる3個のドラゴンボールペンが付いてくるとのこと。さらに最後のひとつはサプライズとして用意されるそうですので、お楽しみに。

【映画】正式タイトルは『DRAGON BALL Z 神と神』に決定!『ONE PIECE FILM Z』とのコラボチケットが12月15日より発売!

DRAGON BALL Z 第1巻 [DVD] 2013年3月30日(土)より公開予定の映画『ドラゴンボールZ』の正式タイトルが、『DRAGON BALL Z 神と神』に決定しました。

本作は、鳥山明先生による集英社「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルとして連載され、TVアニメやゲームなど数々のメディアでも人気を博した大ヒットタイトル『ドラゴンボール』の新作映画作品。約17年ぶり、通算18作目の劇場版として制作される『DRAGON BALL Z 神と神』は、原作者の鳥山先生自らが、初めて脚本の段階から深く制作に関わり、これまで一貫して鳥山作品を映像化してきた東映アニメーションの最新技術によって映画化するとのこと。

今回の劇場版では、TVシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソードが展開。原作の517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった出来事が初めて描かれます。もちろん、クリリンやピッコロ、べジータなど、お馴染みのキャラクターも総出演。スピンオフではない、ドラゴンボール正史のストーリーとして公開されるそうです。

また、12月15日に公開が予定されている尾田栄一郎先生原作のアニメ映画『ONE PIECE FILM Z』とコラボした「『ONE PIECE FILM Z』 × 『DRAGON BALL Z 神と神』 超(スーパー)コラボチケット」が、11月23日より発売開始。これは映画2作品の鑑賞券がセットになったもので、尾田先生と鳥山先生による描き下ろしビジュアルが使用されています。チケットは「ワクワク」にちなんで“8989枚”限定で販売予定。販売劇場は『DRAGON BALL Z 神と神』公式サイトよりご確認下さい。

【映画】『ドラゴンボールZ』公式サイトオープン!メインスタッフ発表!

DRAGON BALL Z 第1巻 [DVD] 2013年3月30日(土)公開予定の映画『ドラゴンボールZ』の公式サイトがオープン。メインビジュアルとスタッフが発表されています。

『ドラゴンボール』は、7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝“ドラゴンボール”と、主人公・孫悟空(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた長編漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルのひとつとして1984年から1995年にかけて連載され、コミックスの発行部数は国内のみで約1億5000万部を誇る大ヒット作品です。

アニメは1986年にフジテレビ系でスタート。1989~1996年に「ドラゴンボールZ」が放送された後、1996~1997年に「ドラゴンボールGT」が放送。さらに2009~2011年には「ドラゴンボールZ」をリメイクした「ドラゴンボール改」が放送されました。劇場版アニメは1986年の「ドラゴンボール 神龍の伝説」をはじめとする17作品が公開されています。

今回発表された劇場版『ドラゴンボールZ』は、TVシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソードが展開。原作の517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった出来事が初めて描かれるとのこと。もちろん、クリリンやピッコロ、べジータなど、お馴染みのキャラクターも総出演。スピンオフではない、ドラゴンボール正史のストーリーとして公開されるそうです。

また、今作には原作者である鳥山明先生が初めてアニメーションに脚本の段階から深く関わっており、オリジナルの雰囲気はそのままに、現代風のアレンジが加えられているとのこと。監督は、「デジモンクロスウォーズ」「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」を手掛けた細田雅弘氏、脚本には、映画「GANTZ」「20世紀少年」シリーズの渡辺雄介氏を起用。作画監督は「ドラゴンボール」シリーズや「墓場鬼太郎」の山室直儀氏、美術監督は「新世紀エヴァンゲリオン」の加藤浩氏が担当します。

【Xbox360】『ドラゴンボールZ(DBZ)for Kinect』が海外で発表!

『ドラゴンボールZ(DBZ)for Kinect』

バンダイナムコゲームスアメリカとバンダイナムコゲームスヨーロッパは、アメリカ・ラスベガスで行われたプライベートイベント「NAMCO BANDAI GLOBAL GAMERS DAY 2012」にて、Xbox360 Kinect専用ソフト『ドラゴンボールZ(DBZ)for Kinect』を発表しました。

『DBZ for Kinect』は、アニメやコミック、ゲームなどで今なお強い人気を誇る『ドラゴンボールZ』を題材としたアクションゲーム作品。今作ではKinectの操作によって、ドラゴンボール好きなら誰しも練習したであろう“かめはめ波”や数々のアクションを実際のプレイヤーの動作でゲーム内に実現。原作そのままの技を、自分の体を使って繰り出すことができます。

登場キャラクターは、孫悟空、フリーザ、クリリン、ラディッツ、ヤムチャなどを含め50人以上が参戦。また、QRコードをKinectに認識させて、キャラクターをアンロックさせるシステムも搭載されるとのこと。海外での発売は2012年10月の予定です。日本での発売時期は未定ですが、ファンへの期待を一新に背負うタイトルだけに早い時期での国内登場が見込めるのではないでしょうか。今後の続報にも期待したいですね。

【PS3/Xbox360】『ドラゴンボール レイジングブラスト』レイブラTV第6回&キャラクター情報更新!

『ドラゴンボール レイジングブラスト』

PS3とXbox360で発売される『ドラゴンボール レイジングブラスト』の公式サイトが更新。キャラクターページに登場人物が追加、レイブラTV第6回の配信も開始。第6回では、敵の攻撃を上半身の動きだけでかわす回避や、敵の攻撃が当たる寸前で瞬時に敵の背後に移動して繰り出すカウンター攻撃等、ガード&回避行動とカウンターの操作方法を紹介しています。続きよりご覧下さい。

【PS3/Xbox360】『ドラゴンボール レイジングブラスト』レイブラTV第5回&CM映像[キャラ編]公開!

『ドラゴンボール レイジングブラスト』

PS3・Xbox360用ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト』の公式サイトが更新。キャラクターページに登場人物が追加された他、CM映像[キャラ編]が公開、レイブラTV第5回の配信も開始しています。映像は続きよりご覧下さい。


『ドラゴンボールレイジングブラスト』は、「ドラゴンボールZ スパーキング!」シリーズの流れを汲む3Dアクションゲーム。本作では、“こだわり抜いたドラゴンボールらしさ”をコンセプトに、アニメを再現する美麗なグラフィックスとアクション、ドラゴンボールならではの広い空間を活かしたスピード感あふれるダイナミックなバトルを楽しむことができるとのこと。ネットワーク機能を使った最大8人でのオンライン対戦にも対応する他、原作さながらのシチュエーションや“if”のストーリーを楽しめる「ドラゴンバトルコレクション」モードも搭載されています。

【PS3/Xbox360】『ドラゴンボール レイジングブラスト』レイブラTV第4回&PV公開!

『ドラゴンボール レイジングブラスト』PV

PS3・Xbox360用ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト』の公式サイトにて、レイブラTV第4回が配信開始。キャラクターページも更新されています。なお、続きからはTGS2009トレーラー(直撮り)とプロモーションムービーも紹介していますので併せてご確認下さい。


『ドラゴンボールレイジングブラスト』は、「ドラゴンボールZ スパーキング!」シリーズの流れを汲む3Dアクションゲーム。本作では、アニメを再現する美麗なグラフィックスとアクション、ドラゴンボールならではの広い空間を活かしたスピード感あふれるダイナミックなバトルを楽しむことができるとのこと。ネットワーク機能を使った最大8人でのオンライン対戦にも対応する他、原作さながらのシチュエーションや“if”のストーリーを楽しめる「ドラゴンバトルコレクション」モードを実装しています。

sponsored link
広告枠
≪PREVNEXT≫
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア