カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > 宇宙戦艦ヤマト

【アニメ】『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』制作決定!監督を羽原信義氏、シリーズ構成・脚本を福井晴敏氏が担当!

宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐 1974年にTVシリーズが放送され、後の再放送や劇場版で大ブレイクし多くのファンを生み出した日本のSFアニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」。 2012年には、38年ぶりのリメイク作品として「宇宙戦艦ヤマト2199」が発表。劇場版やTVアニメシリーズが展開され、こちらも大ヒットを記録しました。

そしてこの度、2014年公開の新作劇場版をもって終了した「宇宙戦艦ヤマト2199」に続く、シリーズ最新作の制作が決定。 その名は『宇宙戦艦ヤマト2202(ニーニーゼロニー)愛の戦士たち』。 スタッフは、「蒼穹のファフナー」シリーズなどで知られ、前作「宇宙戦艦ヤマト2199」では絵コンテ・演出を担当した羽原信義氏が監督を務め、シリーズ構成・脚本は「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏氏が担当するとのこと。

オープンした公式サイトでは、ティザービジュアルとスタッフからのメッセージが公開中です。作品内容に関してはまだ明らかになっていませんが、今後の続報に注目したいと思います。

【映画】『宇宙戦艦ヤマト』のハリウッド実写版『STAR BLAZERS(仮題)』が発表!2017年か2018年の公開を目指して企画進行中!

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [Blu-ray] 日本のアニメ史上に輝く金字塔『宇宙戦艦ヤマト』がハリウッドで実写映画化され、『STAR BLAZERS(仮題)』として製作が本格始動したことが、日本の権利元であるボイジャーから発表されました。

今回のハリウッド映画化は、「ワルキューレ」「アウトロー」などの大ヒット作を手掛け、1995年の「ユージュアル・サスペクツ」で第68回アカデミー賞脚本賞を受賞した経験もある鬼才、クリストファー・マッカリー監督が、長年の夢だった“ヤマトの実写映画化”を叶えようと、自身と縁の深いハリウッドの映画製作会社スカイダンス・プロダクションズに企画を持ち込み、実現したもの。 同社が手掛けた「ミッション・インポッシブル」「スタートレック イントゥー・ダークネス」といった大型作品の予算規模に匹敵する巨額の製作費が投じられ、大規模な世界配給に向けて動き出しているのだそうです。

配給はハリウッドのメジャースタジオを予定しており、マッカリー監督は現在撮影中の「ミッション・インポッシブル5」が完成し次第、『STAR BLAZERS(仮題)』の映画制作に本腰を入れる予定となっています。 公開は2017年か2018年頃の予定で、ボイジャーの代表であり『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーを務める西崎彰司氏が製作総指揮として参加するとのこと。

Tag ⇒ | 宇宙戦艦ヤマト映画実写海外

【映画】新作劇場版『宇宙戦艦ヤマト2199』の公開時期は2014年晩秋を予定!TOKYO MXとBS11にてTVアニメの再放送も決定!

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray] 劇場での先行上映やTVシリーズの放送で盛り上がりを見せた『宇宙戦艦ヤマト2199』。その新作劇場アニメの公開時期が、2014年晩秋に予定されていることが明らかになりました。公式サイトでは新作劇場用の新規描き下ろしイラストも公開されています。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、往年の名作として名高いSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のTVシリーズ第1作を基に制作された新作アニメーション。ベースとなる物語、2199年という時代設定を引き継ながら、総監督に過去のシリーズで設定やメカニックデザインを担当した出渕裕氏を起用し、キャラクターデザインは結城信輝氏、アニメーション制作はXEBECとAICが担当するなど制作陣を一新。ストーリー・ビジュアルを再構築した全26話の完全新作アニメーションとして発表され、TV放送に先駆けて、2012年4月より全国10館の劇場にて先行イベント上映がスタート。並行してBlu-ray&DVDの先行販売も開始、ネット配信、音楽CD、関連書籍、グッズ商品なども同時展開され、開始1年半で経済圏100億円を突破するという大ヒットを記録しました。

『宇宙戦艦ヤマト』の新作劇場版としては、2009年に公開された「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」以来、5年ぶりとなる今回。長編映画として制作され、新たなストーリーが描かれることと、TVシリーズの先行披露の意味合いが強かったこれまでの限定上映でなく、全国公開となること以外、スタッフやキャストなどを含め詳細はまだ分かっていません。続報に期待しましょう。

また、ヤマト生誕40周年を記念して、4月よりTOKYO MXとBS11にて、『宇宙戦艦ヤマト2199』のTVシリーズの再放送が決定。放送開始日、時刻等の詳細は追って発表される予定です。この他、2月21日にMOVIX仙台、2月22日にMOVIXさいたまにて、「ヤマトーク」の通称でお馴染みのトークイベント「たっぷりヤマトーク・ナイト」の最新会が開催。今まで語られなかった制作の裏側が語られるトークショウと第七章BD・DVDバージョンの上映会が実施されます。さらに4月22日から5月7日まで、西武池袋本店別館2階にある西武ギャラリーにて、『宇宙戦艦ヤマト2199』の原画展が開催される予定です。

【映画】『宇宙戦艦ヤマト2199』完全新作の劇場版が2014年全国公開決定!

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray] アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』の完全新作となる劇場版が、2014年に全国公開されることが明らかになりました。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、往年の名作として名高いSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のTVシリーズ第1作を基に制作された新作アニメーション。ベースとなる物語、2199年という時代設定を引き継ながら、総監督に過去のシリーズで設定やメカニックデザインを担当した出渕裕氏を起用し、キャラクターデザインは結城信輝氏、アニメーション制作はXEBECとAICが担当するなど制作陣を一新。ストーリー・ビジュアルを再構築した全26話の完全新作アニメーションとして発表され、TV放送に先駆けて、2012年4月より全国10館の劇場にて先行イベント上映がスタート。並行してBlu-ray&DVDも先行販売されている他、ネット配信、音楽CD、関連書籍、グッズ商品なども同時展開され、開始1年半で経済圏100億円を突破するという大ヒットを記録しました。

劇場でのイベント上映は2013年8月に最終章となる第七章「そして艦は行く」が公開。4月より開始された地上波TV放送も本日9月29日(日)をもって最終回を迎えた『宇宙戦艦ヤマト2199』。2009年に公開された『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』以来、5年ぶりとなる新作劇場版ですが、新たなストーリーが描かれることと、2014年に公開されること以外、詳細はまだ分かっていません。詳しい公開時期や概要などは今後の続報に期待です。

【映画】『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章「そして艦は行く」冒頭10分映像が無料配信中!

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray] 8月24日から上映が開始される『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章「そして艦は行く」の冒頭約10分映像が、ひかりTVとバンダイチャンネルにて無料配信をスタート。配信期間は8月23日(金)までとなっていますので、ぜひお見逃しなく。

なお、第七章「そして艦は行く」の先行上映(第23話~第26話)については、クオリティを維持するためとして、劇場で上映される第25話の上映時間を一部減じて行うことが発表されています。これによるストーリー展開など劇場での上映鑑賞に支障はないとのこと。10月上旬にリリース予定の『宇宙戦艦ヤマト2199』第7巻劇場限定版Blu-ray及び、10月25日に一般発売される第7巻Blu-ray&DVDでは、第25話も通常話数と同等の時間にて収録される予定です。(関連:【BD/DVD】『宇宙戦艦ヤマト2199』第7巻Blu-ray&DVDの発売が延期。劇場限定BDの販売方法も変更

この他公式サイトでは、第七章の上映劇場で販売されるグッズの情報や、9月1日に紀伊國屋書店新宿本店4階プレミアムショップにて行われる岬百合亜役・内田彩さんによるクイズイベントの開催概要などを公開しています。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、1974年にTV放送されたアニメ『宇宙戦艦ヤマト』を基に、新たなスタッフで制作する全26話構成の新作アニメーション。ベースとなる物語、2199年という時代設定はシリーズ第1作と同じくしていますが、総監督に過去のシリーズで設定やメカニックデザインを担当した出渕裕氏を起用し、キャラクターデザインは結城信輝氏、アニメーション制作はXEBECとAICが担当するなど製作陣を一新。ビジュアルなども再構築され、完全新作として公開されています。TV放送(2013年4月より放送中)に先駆けて、2012年4月からイベント上映というかたちでアニメの先行公開がスタート。並行してBlu-ray&DVDも先行販売されており、旧作のファンのみならず熱い支持を集めています。

【映画】『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章「そして艦は行く」初日舞台挨拶決定!

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray] 2012年4月から行われてきた劇場アニメ版『宇宙戦艦ヤマト2199』のイベント上映。そのラストを飾る第七章「そして艦は行く」の初日舞台挨拶が決定しました。

8月24日(土)に新宿ピカデリーで実施されるこの初日舞台挨拶には、出渕裕総監督、古代進役の小野大輔さん、島大介役の鈴村健一さんが登壇。チケットは8月14日(水)16時より新宿ピカデリー・オンラインチケットにて販売開始となります。インターネット販売で残席があった場合のみ、8月15日(木)劇場オープン時点より劇場窓口での販売が行われる予定です。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、1974年にTV放送されたアニメ『宇宙戦艦ヤマト』をベースに、新たなスタッフで制作する全26話構成の新作アニメーション。ベースとなる物語、2199年という時代設定はシリーズ第1作と同じくしていますが、総監督に過去のシリーズで設定やメカニックデザインを担当した出渕裕氏を起用し、キャラクターデザインは結城信輝氏、アニメーション制作はXEBECとAICが担当するなど製作陣を一新。ビジュアルなども再構築され、完全新作として公開されています。TV放送(2013年4月より放送中)に先駆けて、イベント上映というかたちで2012年4月から第一章(第1話~2話)上映を開始してより現在まで、第六章(第19~22話)が上映。並行してBlu-ray&DVDも先行販売されており、旧作のファンのみならず熱い支持を集めています。

【映画】『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章最速上映・前夜祭&サマーフェスティバル開催決定!

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray]

イベント上映にて第六章まで上映され、TVアニメも佳境に入る『宇宙戦艦ヤマト2199』について、イベント上映のラストを飾る第七章「そして艦は行く」の先行上映会の開催が決定しました。

「宇宙戦艦ヤマト2199 プレミアムナイト ~第七章最速上映・前夜祭~」は、第七章の公開前夜となる8月23日(金)に新宿ピカデリー、なんばパークスシネマ、名古屋ミッドランドスクエアシネマにて実施。当日は第七章の先行上映に加え、劇場限定Blu-ray Disc の「購入ご案内用紙」の配布や物販を予定しているとのこと。チケットはヤマトクループレミアム会員への優先販売が8月7日(水)まで行われます。一般販売は8月12日(月)16時から開始予定です。

また、夏休み期間に合わせ、神戸ポートピアホテルでは8月10日(土)から8月18日(日)にかけて、「宇宙戦艦ヤマト2199 サマーフェスティバル」を開催。ヤマトの艦内食堂オムシスのメニューを一部再現するヤマトカフェの他、メカニック・キャラクター等設定パネル・5Mヤマト・プラモデルなどの展示、関連グッズの販売、岬百合亜役の声優・内田彩さんによるトークショー、アマチュアバンドグループ「アロハ合奏団」によるヤマト2199楽曲の吹奏楽演奏会などを予定しているとのこと。

なお、8月4日(日)放送のTVアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』では、拡大1時間SPをオンエア。第18話・19話の放送に加え、デスラー役の山寺宏一さんによるSPアヴァンや、豪華景品が当たるプレゼントコーナーも実施予定です。(※翌週11日(日)の放送は休止となります。)

【BD/DVD】『宇宙戦艦ヤマト2199』第7巻Blu-ray&DVDの発売が延期!劇場限定BDの販売方法も変更!

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray]

バンダイビジュアルは、アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』のBlu-ray&DVD最終巻である第7巻の一般発売を、9月25日から10月25日に延期すると発表しました。延期の理由については「最終巻としてふさわしい更なるクオリティアップを目指すため」とのこと。

劇場での第七章上映については、当初の予定どおり8月24日(土)から開始となりますが、劇場限定Blu-rayの販売は行われず、ネット注文による通信販売に販売方法が変更。ただし、通販で購入する場合も、劇場での鑑賞が必要となります。

劇場限定Blu-rayの購入希望者には、各劇場において座席指定券もしくは入場後の半券を確認の後、「購入ご案内用紙」が渡され、そこに記載されている内容を用いて注文するというかたちに。上映劇場での「購入ご案内用紙」の配布は8月24日(土)の朝からを予定しており、具体的な配布開始時間は8月16日(金)18時頃に、各劇場のHPで案内するとのこと。

ネット注文受付期間は8月24日(土)8時~9月9日(月)正午12時まで。BDの発送は10月上旬頃から実施する予定。限定版Blu-rayの販売数量には限りがあるため、予定数量が無くなり次第、各劇場での「購入ご案内用紙」の配布は終了となります。なお、DVDレンタル開始日も10月25日から11月22日に変更されるとのこと。詳細は公式サイトよりご確認下さい。

Tag ⇒ | 宇宙戦艦ヤマトBlu-rayDVD

【映画】追加上映館にて『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章~第六章の復習上映会が開催決定!

宇宙戦艦ヤマト2199 6 [Blu-ray]

本日6月15日(土)より第六章「到達!大マゼラン」の上映解禁となったイベント上映版『宇宙戦艦ヤマト2199』。第六章上映から、新たに上映を開始した四劇場、MOVIX仙台(宮城県)、MOVIX橋本(神奈川県)、MOVIX三好(愛知県)、MOVIX(兵庫県)にて、第一章~第六章までの復習上映を開催することが決定しました。

当日は入場者特典として、エンブレム型スペシャル・メタリックステッカー(各章分)がプレゼントされる他、四章をご覧の方には加藤直之氏描きおろしの、大パノラマ「特製七連コレクションシート」(横幅約90cm)が進呈されるとのこと。この機会をぜひお見逃しなく。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、1974年にTV放送されたアニメ『宇宙戦艦ヤマト』をベースに、新たなスタッフで制作する全26話構成の新作アニメーション。ベースとなる物語、2199年という時代設定はシリーズ第1作と同じくしていますが、総監督に過去のシリーズで設定やメカニックデザインを担当した出渕裕氏を起用し、キャラクターデザインは結城信輝氏、アニメーション制作はXEBECとAICが担当するなど製作陣を一新。ビジュアルなども再構築され、完全新作として公開されています。TV放送(2013年4月より放送中)に先駆けて、イベント上映というかたちで2012年4月から第一章(第1話~2話)上映を開始してより現在まで、第六章(第19~22話)が上映。並行してBlu-ray&DVDも先行販売されており、旧作のファンのみならず熱い支持を集めています。

【アニメ】『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章タイトルは「そして艦は行く」に決定!第六章「到達!大マゼラン」ロングVer.PV公開!

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』Long Verisonプロモ

2013年8月24日(土)より上映開始となる『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章のサブタイトルが、「そして艦は行く」に決定しました。

また、6月15日(土)より、MOVIX仙台、MOVIX橋本、MOVIX三好、­MOVIXココエあまがさきを加え、全国16館にてイベント上映される『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」のロングVer.プロモーション映像が公開。ついに大マゼラン銀河に到達したヤマト。デスラー総統はドメル将軍に再びヤマト迎撃の命を下す。宇宙の難所≪七色星団≫でドメル率いる空母艦隊との死闘が、今、始まる…。映像は続きよりご覧下さい。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、1974年にTV放送されたアニメ『宇宙戦艦ヤマト』をベースに、新たなスタッフで制作する全26話構成の新作アニメーション。ベースとなる物語、2199年という時代設定はシリーズ第1作と同じくしていますが、総監督に過去のシリーズで設定やメカニックデザインを担当した出渕裕氏を起用し、キャラクターデザインは結城信輝氏、アニメーション制作はXEBECとAICが担当するなど製作陣を一新。ビジュアルなども再構築され、完全新作として公開されています。TV放送(2013年4月より放送中)に先駆けて、イベント上映というかたちで2012年4月から第一章(第1話~2話)上映を開始してより現在まで、第五章(第15~18話)が上映。並行してBlu-ray&DVDも先行販売されており、旧作のファンのみならず熱い支持を集めています。

sponsored link
広告枠
NEXT≫
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア