カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【ゲームハード】『NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)』の発売日が決定、予約受付スタート! (06/22)
【OVA】『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』の劇場公開日が決定! (06/22)
【アニメ】『ジョジョの奇妙な冒険』第5部「黄金の風」が10月にTVアニメ化!スタッフ&キャラクタービジュアル発表! (06/22)
【PS4/PSV/NS】フルアニADV『STEINS;GATE ELITE』の発売日が決定!完全受注生産限定版や初回封入特典の追加も発表! (06/21)
【アニメ】怪獣娘の新作『怪獣娘(黒)‐かいじゅうがーるず・ぶらっく‐』が11月23日より期間限定で上映決定! (06/20)
【アニメ】ニコニコチャンネルで日常系アニメ特集!「のんのんびより」「ゆゆ式」「ご注文はうさぎですか?」シリーズの全話無料配信が決定! (06/19)
【PS4】フリューの新作ARPG『CRY STAR(クライ スタ)』が10月18日に発売! (06/19)
【PS4】ACTゲーム『東京喰種:re CALL to EXIST(トーキョーグール コール→イグジスト)』発売決定! (06/19)
【新作】「テイルズ オブ」シリーズの家庭用ゲーム最新作が開発進行中! (06/18)
【新作】『キルラキル ザ・ゲーム ‐異布‐』発表!トリガーとアークシステムワークスがタッグを組んだ“キルラキル耐繊アクション”! (06/17)
【アニメ】「コミック百合姫」連載『私に天使が舞い降りた!』TVアニメ化決定!公式サイトにてスタッフ発表! (06/16)
【PS4/Xbox One/PC】「DMC」シリーズ最新作『デビル メイ クライ 5』が2019年春発売!ネロとダンテが再び登場、謎の新キャラもプレイアブルに (06/16)
【アニメ】『東京喰種:re』第2期が10月より放送開始!ティザービジュアル公開! (06/15)
【PS4/Xbox One/PC】『JUMP FORCE(ジャンプ フォース)』2019年発売!WJの人気キャラが“現実の世界”で激突! (06/14)
【アニメ】Netflixの話題作『B: The Beginning』の続編“シーズン2”が制作決定! (06/14)
【PS4/Xbox One/NS/PC】『テイルズ オブ ヴェスペリア』のHDリマスター版がマルチプラットフォームで発売決定! (06/14)
【PS4】完全新作RPG『竜星のヴァルニール』がコンパイルハートより発売決定! (06/12)
【PS4/PSV/NS】「アトリエ」シリーズ最新作『ネルケと伝説の錬金術士たち ~新たな大地のアトリエ~』これまでのシリーズのキャラが多数登場する“街づくり×RPG”をテーマとした新作タイトルが登場 (06/12)
【映画】劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』キャスト発表!完成披露試写会の開催が決定! (06/12)
【アニメ】『転生したらスライムだった件』のキャストが発表!2クールでの放送が決定! (06/11)
【PS4/Xbox One】『KINGDOM HEARTS III』の発売日が2019年1月25日に決定! (06/10)
【映画】新作劇場版『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』の公開日と“Aqours”4thライブの開催が発表! (06/10)
【PS4/NS/PC】『無双OROCHI3』の発売日や特典内容が発表!新キャラ「ゼウス」も登場する最新PV公開! (06/10)
【PS4/Xbox One/PC】『DEAD OR ALIVE 6』発表!“リアルさ”を重視し、格闘ゲームとしての「DOA」を追求した最新作! (06/09)
【アニメ】第3期『とある魔術の禁書目録III』の放送時期が決定、スタッフ&キャスト発表! (06/08)
【NS】フリューの新作『WORK×WORK(ワークワーク)』が発表!テーマパークを舞台に描く冒険RPG (06/08)
【アニメ】スマホゲーム原作『ソラとウミのアイダ』10月より放送開始!公式サイトで第1弾PVが公開! (06/07)
【アニメ/小説】『二度目の人生を異世界で』のアニメ化が中止に。原作小説も出荷停止へ (06/06)
【PS4/XboxOne/PC】『CODE VEIN(コードヴェイン)』の発売日が決定、予約受付開始!最新映像「4th Trailer」も公開! (06/06)
【アニメ】WJ連載『鬼滅の刃』がTVアニメ化!ufotableが制作を担当! (06/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > 月刊アフタヌーン

【アニメ】幸村誠『ヴィンランド・サガ』TVアニメ化決定!制作をWIT STUDIOが担当!

ヴィンランド・サガ(20) (アフタヌーンKC) 幸村誠先生が原作を手掛ける漫画作品『ヴィンランド・サガ』のTVアニメ化が決定しました。公式サイトにて、ティザーPVとスタッフ情報、原作者コメントが公開されています。

『ヴィンランド・サガ』は、11世紀初頭のヨーロッパを舞台とした時代漫画。屈強なヴァイキング達に囲まれながら、復讐の為に生きる少年・トルフィンの激動の半生が描かれていきます。2005年に講談社の「週刊少年マガジン」で連載が開始され、現在は「月刊アフタヌーン」で連載中。2009年に第13回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門大賞、2012年に第36回講談社漫画賞の一般部門を受賞し、コミックス既刊20巻の累計発行部数は500万部以上を記録しています。

TVアニメの制作は「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」のWIT STUDIOが担当するとのこと。また、TV放送の他、Amazonプライム・ビデオにて日本、海外独占配信も行われる予定です。

【アニメ】アフタヌーン連載の『宝石の国』が10月にTVアニメ化!メインスタッフ発表!

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス) 講談社の「月刊アフタヌーン」で連載されている市川春子先生の漫画作品『宝石の国』のTVアニメ化が決定しました。 放送は10月よりスタートする予定です。アニメの制作スタッフも発表されています。

『宝石の国』は、2006年のデビュー作「虫と歌」や2011年の「25時のバカンス」に代表される、独創的な世界観と物語で注目を集めてきた市川先生が、自身初の長編連載として2012年に発表したアクションファンタジー。 舞台は今から遠い未来。海に沈んだ地上の生物は、長い時間をかけて無機物へと姿を変え、そこから“宝石”のカラダを持つ人型の生命体が生まれた…という設定のもと、28人の「宝石」達が、月からやってきて自分達を装飾品にしようと襲い掛かる謎の敵「月人(つきじん)」と、激しい戦いを繰り広げる…というストーリーが描かれます。 コミックスは累計発行部数100万部を突破するヒットとなり、「このマンガがすごい!2014」オトコ編にて第10位にランクインするなど注目を集めています。2013年にはコミックス第1巻の発売を記念したフルアニメーションPVが制作され話題となりました。

TVアニメ版のスタッフは、監督を「ラブライブ!」「GATE自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の京極尚彦氏が務め、シリーズ構成を「青の祓魔師 京都不浄王篇」の大野敏哉氏、キャラクターデザインに「ラブライブ!」の西田亜沙子氏、アニメーション制作を「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」や「劇場版 マクロスF」のCGパートを手掛けたオレンジが担当。 美しい宝石達の煌きや、月人との独創的でダイナミックなバトルアクションシーンなど、眩い世界観を3DCGで表現するとのこと。

【映画】弐瓶勉原作『BLAME! 端末遺構都市』劇場アニメ化決定!

BLAME! 新装版 コミック 全6巻完結セット (KCデラックス アフタヌーン) 弐瓶勉先生による漫画作品『BLAME!(ブラム!)』が劇場アニメ化される事が明らかになりました。 アニメ「シドニアの騎士」の公式サイトと、11月20日に発売となった「シドニアの騎士」のコミックス最終巻(第15巻)の帯で発表されています。

『BLAME!』は、極限まで発達したインターネット世界を舞台に、無限に広がる階層都市を探索する冒険者・霧亥(Killy)を描く、ハードSFアクション。 原作漫画は弐瓶先生初の連載作品として、1997年から2004年まで、「月刊アフタヌーン」(講談社)に掲載されました。 アニメ化された「シドニアの騎士」と並ぶ弐瓶先生の代表作の一つであり、「マトリックス」を彷彿とさせるクールなビジュアルと独創的な世界観はコアなファンの心を掴み、後に多くのクリエイターに影響を及ぼしたハードSFの傑作です。 TVアニメ「シドニアの騎士」第2期の8話にて、『BLAME! 端末遺構都市』と題したショートアニメが作中の劇中映画という形で放送され、話題となりました。

映画のタイトルはショートアニメと同様、『BLAME! 端末遺構都市』となり、「シドニアの騎士」から引き続きポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を担当。製作も「シドニアの騎士」と同じく東亜重工動画制作局となっています。 スタッフ&キャスト、上映時期などの詳細は、今後随時発表される予定です。

【漫画】人気ロボットSF『シドニアの騎士』が完結!コミックス最終15巻は11月20日発売!

シドニアの騎士(1) 「月刊アフタヌーン」(講談社)の連載漫画で、TVアニメ化もされ人気を博した弐瓶勉先生によるロボットSF作品『シドニアの騎士』。 本日9月25日に発売された同誌11月号にて最終回が掲載され、2009年から始まった約6年に及ぶ連載に幕を降ろしました。

『シドニアの騎士』は、宇宙を放浪する人類の播種船「シドニア」に暮らす主人公・谷風長道(たにかぜ ながて)が、巨大人型兵器「衛人(モリト)」の操縦士となり、人類を襲う謎の生命体「奇居子(ガウナ)」と戦いを繰り広げる…というストーリー。

弐瓶先生の過去の作品と同じSF漫画というジャンルであることを踏まえながら、初めて“ロボットもの”を扱った作品であり、ラブコメ要素も取り入れられている等、新機軸を盛り込んだ王道的な本格SF作品となっています。2015年の第39回講談社漫画賞では一般部門を受賞。 TVアニメは第1期が2014年4月から6月まで、第2期が2015年4月から6月にかけて放送され、2Dを活かしつつ3Dを中心に制作したデジタルアニメーションの映像美や、迫力の5.1ch音声仕様、そして各話の息もつかせぬストーリー展開で、原作漫画のファンはもちろん、アニメで本作を知った方からも大きな評価を集めました。

【映画】『劇場版 シドニアの騎士』本予告公開!Blu-ray&DVDのリリースや入場者プレゼントも決定!TVアニメ第2期先行上映会の詳細も発表!

『劇場版 シドニアの騎士』本予告 Knights of Sidonia The Movie Main PV

3月6日(金)より公開予定のCGアニメ映画『劇場版 シドニアの騎士』の本予告映像が公開されました。 また、劇場版の映像商品がBlu-rayとDVDにてリリース決定。数量限定でBlu-rayの劇場先行販売も実施されます。 さらに入場者プレゼントやTVアニメ第2期の先行上映会“「シドニアの騎士 第九惑星戦役」3週連続先行上映会”の日時詳細も発表されました。続きよりご確認下さい。

本作は、「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載中の弐瓶勉先生による漫画作品「シドニアの騎士」を原作としたTVアニメシリーズ全12話を、監督を務めた静野孔文氏が自ら劇場公開用に再構成した映像作品です。 元々スクリーンサイズのクオリティで制作されたアニメーションに未公開のアングルカットを多数追加し、音響効果も再制作するなど、さらなるクオリティア­ップが施されており、主人公・谷風長道(たにかぜ ながて)やヒロイン・星白閑(ほしじろ しずか)など、魅力あふれるキャラクターたちが、スクリーンの中でさらに生き­生きと描かれます。

『劇場版 シドニアの騎士』は、3月6日よりTOHOシネマズ日本­橋・新宿バルト9他、全国の劇場にて2週間限定公開される予定です。

【映画】『蟲師 続章 鈴の雫』が2015年初夏に劇場上映決定!詠舞台『蟲師』も来年3月より上演予定!

蟲師 続章 其ノ四(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) TVアニメ『蟲師 続章』後半クールの最終話が放送された12月20日、『蟲師 続章 鈴の雫』が2015年初夏に劇場上映されることが明らかになりました。

特別編として劇場アニメ化される「鈴の雫」は、原作漫画において前後編で描かれた最終エピソード。 人でありながら山のヌシとなるべく生を享けた「カヤ」を巡る物語が描かれています。 映画の詳細は後日発表される予定です。

『蟲師(むしし)』は、時として奇妙な現象を招く妖しき存在“蟲”の専門家である“蟲師”の青年・ギンコの旅路を描いた伝奇作品。 原作は漆原友紀先生による漫画作品で、講談社の「アフタヌーンシーズン増刊」にて1999年から連載が開始され、その後同誌の休刊にともない「月刊アフタヌーン」本誌に移籍。2003年から2008年まで連載されました。 2003年の文化庁メディア芸術祭・漫画部門優秀賞、2006年の第30回講談社漫画賞・一般部門受賞、2007年の文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」マンガ部門選出作品であり、コミックスはアフタヌーンKCより全10巻、愛蔵版も10巻(特別篇「日蝕む翳」収録巻を含め全11巻)が発売中です。

【アニメ】『シドニアの騎士』第2期「第九惑星戦役」制作決定!新キャラ「白羽衣つむぎ」もお披露目!

「シドニアの騎士」アニメ第二期「シドニアの騎士 第九惑星戦役」制作決定!

4月よりMBS・TBS系“アニメイズム枠”他で放送されているTVアニメ『シドニアの騎士 Knights of Sidonia』の第2期制作が決定しました。MBSの第1期最終回『第12話「帰艦」』で放送されたスポットCMによれば、2期のサブタイトルは「第九惑星戦役」で、原作漫画でもお馴染みのキャラクターであり、今後­のストーリーで重要な役割を担う「白羽衣(しらうい)つむぎ」が遂に­登場。映像は「谷風さん…」とつむぎがつぶやくシーンで締め括られており、今後の展開に大きな期待を持たざるを得ない内容となっています。

『シドニアの騎士』は、太陽系が「奇居子(ガウナ)」と呼ばれる謎の生命体によって破壊されてから1,000年後の世界を舞台に、人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を放浪する播種船・シドニアに暮らす主人公、谷風長道(たにかぜ ながて)が巨大人型兵器「衛人(モリト)」の操縦士訓練生となり、歴史的­名機・継衛(ツグモリ)に搭乗。仲間とともに奇居子との戦闘を繰り広げる…というストーリー。原作は「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載中の弐瓶勉先生による漫画作品で、同誌2009年6月号より連載がスタート。過去の著者作品同様、SF漫画のジャンルであることを踏まえながら、初のロボットものであり、学園ラブコメ要素も取り入れられている等、新機軸を盛り込んだ王道的な本格SF作品となっています。コミックスは現在12巻が発売中です。

TVアニメは「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」「トランスフォーマー」などで知られる3DCG制作会社「ポリゴン・ピクチュアズ」の設立30周年記念作品であり、同社初の日本のTVアニメシリーズ参入第1弾作品として制作されました。2Dを活かしつつ3Dを中心に制作したデジタルアニメーションの映像美や、迫力の5.1ch音声仕様、そして各話の息もつかせぬストーリー展開­で、原作漫画のファンはもちろんアニメで本作を知った人にも大きな関心と評価を集めた人気作品です。

【アニメ】TVシリーズ第2期『蟲師 続章』制作決定!4月より放送スタート!

【期間限定生産】 蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX スタンダード版 1月4日の深夜に放送されたアニメ『蟲師(むしし)』の特別篇「日蝕む翳」にて、TVシリーズ第2期となる『蟲師 続章』の制作決定が発表され、2014年4月より放送をスタートすることが明らかになりました。

TVアニメ第2期『蟲師 続章』は、監督・シリーズ構成の長濵博史氏をはじめとする第1期のスタッフ陣が再び集結し制作されるとのこと。メインの担当声優も、ギンコ役は中野裕斗さん、語り/声を土井美加さんと、前シリーズと同じキャスティングが行われています。放送は4月と10月で分割2クールを予定。原作全部をアニメ化するとのこと。なお、第2期の制作決定に伴い、アニメ公式サイトがリニューアルされ、新キービジュアル2点を公開中です。

『蟲師』は、時として奇妙な現象を招く妖しき存在“蟲”の専門家である“蟲師”の青年・ギンコの旅路を描いた伝奇作品。原作は漆原友紀先生による漫画作品で、講談社の「アフタヌーンシーズン増刊」にて1999年から連載が開始され、その後同誌の休刊にともない「月刊アフタヌーン」本誌に移籍。2003年から2008年まで連載されました。2003年の文化庁メディア芸術祭・漫画部門優秀賞、2006年の第30回講談社漫画賞・一般部門受賞、2007年の文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」マンガ部門選出作品であり、コミックスはアフタヌーンKCより全10巻が発売中です。また、昨年11月に発売された同誌1月号より、新作読み切り「日蝕む翳(ひはむかげ)」が2ヵ月連続で掲載されている他、愛蔵版コミックスの刊行も開始されています。

TVアニメ第1期は2005年10月から2006年3月にかけて全26話が放送。マンガ部門でも選出された2007年度芸術祭・アニメーション部門において、「新世紀エヴァンゲリオン」や「風の谷のナウシカ」などに次ぐ総合第6位を獲得し、2000年から2007年に制作されたもので限定した場合は、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「千と千尋の神隠し」などを抑えて第1位に輝くなど、原作漫画と共に高い評価を得ています。2007年にはオダギリジョーさん主演による実写映画の公開、翌年にはニンテンドーDS用ゲームソフトがリリースされるなど、メディアミックス展開も行われ、多くのファンの支持を集めた人気作品です。4月からの新TVシリーズにもぜひご期待下さい。

【映画/アニメ】岩明均『寄生獣』実写映画化&TVアニメ化決定!

寄生獣(完全版)(1) (アフタヌーンKCDX (1664)) 岩明均先生による漫画作品『寄生獣(きせいじゅう)』の実写映画化とTVアニメ化が決定しました。

『寄生獣』は、人間の脳に侵入してその人物に成り代わり、他の人間を捕食するという寄生生物「パラサイト」が右手に宿ってしまった高校生・泉新一(いずみ しんいち)と、寄生した右手にちなんで「ミギー」と自ら名乗るパラサイトの奇妙な関係を描いた物語。原作漫画は「月刊アフタヌーン」(講談社)にて1990年から1995年にかけて連載され、コミックス全10巻の累計部数は1100万部を突破しています。

個性溢れる作品が多く掲載されている同誌において、コアな設定ながら親近感を抱かずにはいられない岩明先生ならではの作風や、ホラー要素を含むアクション描写、命とは何かを問うテーマ性が読者を惹きつけ、連載終了から20年が経った今でも色褪せない魅力を持つ傑作SF作品です。1993年に第17回講談社漫画賞一般部門を受賞している他、1996年には第27回星雲賞コミック部門を受賞。6ヵ国語に翻訳され海外でも高い人気を誇っています。

【漫画/BD】漆原友紀『蟲師』新作読切「日蝕む翳」がアフタ1月号に掲載!愛蔵版にて極秘プロジェクトを発表!アニメBlu-ray BOX スタンダード版は12月20日リリース予定!

【期間限定生産】 蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX スタンダード版 漆原友紀先生による漫画作品『蟲師(むしし)』の新作読み切り「日蝕む翳(ひはむかげ)」が、11月25日に発売予定の「月刊アフタヌーン」2014年1月号(講談社)より掲載されることが発表されました。

『蟲師』は、時として奇妙な現象を招く妖しき存在“蟲”の専門家である“蟲師”の青年・ギンコの旅路を描いた伝奇作品。講談社の「アフタヌーンシーズン増刊」にて1999年から連載が開始され、その後同誌の休刊にともない「月刊アフタヌーン」本誌に移籍。2003年から2008年まで連載されました。コミックスは全10巻が発売中。TVアニメ化や実写映画化も行われ、原作漫画と共に高い評価を得ています。

降幕から5年ぶりの新作となる読み切り「日蝕む翳」は、前・後編の2部作となっており、11月25日発売の「アフタヌーン」1月号より2ヵ月連続で掲載される予定です。また、1月号には特別付録として、『蟲師』の2014カレンダーが付属。使用イラストは全て初公開という豪華仕様で、漆原先生の美麗カラー原画を忠実に再現しているとのこと。
sponsored link
広告枠
NEXT≫
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
相互リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
注目のゲーム
注目のBD&DVD
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
ブログパーツ
スポンサード リンク
サイトマップラス
サイトマップラス
Powered by SEO対策
フリーエリア