カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】7月新番『魔王様、リトライ!』追加キャストとOP&ED主題歌が発表!先行上映会は6/16に開催! (05/25)
【PC】Epic Gamesストアにて『RiME』が無料配信中!美しいアートスタイルと作り込まれた雰囲気が魅力の良質なパズルADV (05/24)
【PS4】“戦国死にゲー”の続編『仁王2(Nioh 2)』のクローズドα体験版が配信!プレイ動画やキャラクリ映像も公開! (05/23)
【漫画/アニメ】沙村広明『無限の住人』完全アニメ化決定!続編「幕末ノ章」は月刊アフタヌーン7月号から連載開始! (05/23)
【PS4/NS/PC】『鬼ノ哭ク邦』PS4版とSwitch版の発売日が決定、予約受付開始!紹介映像“鬼ビ人”編も公開に (05/22)
【話題】SIEによる映像制作の新部門「PlayStation Productions」が設立!自社のゲームIPから映画、TV向けの作品を生み出す新事業がスタート (05/21)
【アニメ】構想10年をかけた押井守監督による新作アニメーションが2020年に放送&配信予定! (05/20)
【アニメ】大童澄瞳『映像研には手を出すな!』がNHK総合テレビにてアニメ化!湯浅政明監督をはじめとするメインスタッフも発表! (05/19)
【小説】神坂一『スレイヤーズ』待望の第3部始動が発表!第17巻以降に続く新シリーズへ突入! (05/18)
【アニメ】ファンタジア文庫『アサシンズプライド』TVアニメ化決定!制作はEMTスクエアードが担当! (05/16)
【小説】「GA文庫大賞」7年ぶりの大賞受賞作『処刑少女の生きる道(バージンロード)―そして、彼女は甦る―』発表! (05/15)
【小説】『りゅうおうのおしごと!』第11巻ドラマCD付き限定特装版が8月15日発売!ドラマCDにはJS研との将棋合宿「ろりキャン☖」を収録 (05/15)
【アニメ】『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』のEDテーマ&ラジオ番組は大好真々子役の茅野愛衣さんが担当! (05/14)
【漫画】新連載『サムライ8 八丸伝』がWJにてスタート!“原作・岸本斉史×作画・大久保彰”によるSF侍活劇 (05/14)
【アニメ】『のんのんびより』TVアニメ第3期の制作が決定! (05/12)
【アニメ】少年ガンガン連載の『戦×恋(ヴァルラヴ)』がTVアニメ化!9人姉妹の戦乙女と主人公のイチャエロ×アクション (05/11)
【PS4】『FINAL FANTASY VII REMAKE』の最新映像が公開!本格的な情報解禁は6月を予定 (05/11)
【アニメ】『放課後さいころ倶楽部』のメインキャストが決定! (05/10)
【PS4/Xbox One/PC】『CODE VEIN(コードヴェイン)』が再始動、ネットワークテスト実施決定!キャラクリやカスタマイズ要素、高難度ダンジョンの情報も公開 (05/09)
【アニメ】入間人間『安達としまむら』TVアニメ化決定!電撃大王にて新コミカライズ連載もスタート! (05/08)
【アニメ】『五等分の花嫁』第2期の制作が決定! (05/06)
【アニメ】『異世界チート魔術師』の放送時期とエアリィ役のキャストが決定! (05/05)
【アニメ】オリジナルロボット作品『グランベルム』が7月より放送開始!冒頭10分映像が公開、先行上映会のチケット申込も受付中! (05/03)
【アニメ】「ゆるキャン△」シリーズ最新作『へやキャン△』が来年1月よりスタート! (05/01)
【映画】劇場アニメ『映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』の公開日が決定!第2弾特典付き前売券も販売開始! (04/30)
【映画】『劇場版 Free!‐Road to the World‐夢』の公開日は7月5日!前売券販売開始! (04/28)
【PS4】『イースIX ‐Monstrum NOX‐』発売日決定!“黒髪のアドル”と相棒のドギ、“赤毛の怪人”が繰り出す異能アクションなど新情報も公開! (04/27)
【PS4/NS】『ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムスライカーズ』発表!アトラスがコーエーテクモとタッグを組んだペルソナシリーズ初のアクションRPG! (04/26)
【PS4】『ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)』発売日決定!新キャラ「芳澤かすみ」と「丸喜拓人」が登場、まだ見ぬ3学期の追加など新要素が続々公開! (04/25)
【アニメ】『ライフル・イズ・ビューティフル』のスタッフ&キャストが発表!出演声優による「ライフリング4」も始動へ (04/24)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > 機動警察パトレイバー

【アニメ】HEADGEARによる新作『PATLABOR EZY』の本格始動が発表!ティザーサイト&SNSもスタート!

『PATLABOR EZY』

メディアミックス作品「機動警察パトレイバー」の新プロジェクト『PATLABOR EZY』の本格始動が発表され、8月10日の“パトレイバーの日”に、同作のティザーサイトとSNS(Twitter、Instagram)がスタートしました。

『機動警察パトレイバー』は、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いたSF作品。1988年に発表された押井守氏が監督を務めるOVAと、ゆうきまさみ先生による漫画連載を皮切りに、TVアニメや劇場版アニメ、小説、ゲーム、パチスロ・パチンコなど多岐にわたるメディア展開がなされ、OVAから発生した日本初のメディアミックス作品としても知られています。

新プロジェクト『PATLABOR EZY』は、ゆうきまさみ先生や出渕裕氏、押井守氏らによって編成された制作ユニット「ヘッドギア(現,HEADGEAR)」が手掛ける新作となり、今後の進捗は公式サイト、SNSで発表していくとのこと。また、Amazonではパトレイバーのアートディレクターである田島照久氏がデザインしたロゴ及びティーザービジュアルを使用した『PATLABOR EZY』のグッズ販売もスタートしています。

【アニメ】パトレイバーの新企画『PATLABOR EZY』が始動!映画祭掲出のポスターに「HEADGEAR PRESENTS」の文字も

機動警察パトレイバーREBOOT [DVD] ゆうきまさみ先生による漫画作品やOVA、TVシリーズ、映画などで人気を博した『機動警察パトレイバー』の新プロジェクトが始動。6月12日よりフランスで開催された「アヌシー国際アニメーション映画祭 2017」にて、本プロジェクトのポスターが掲出され話題となっています。

『機動警察パトレイバー』は、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いたSF作品。 1988年に発表された押井守監督&スタジオディーンの制作によるOVAと、ゆうきまさみ先生による漫画連載を皮切りに、TVアニメや劇場版アニメ、小説、ゲーム、パチスロ・パチンコなど多岐にわたるメディア展開がなされ、OVAから発生した日本初のメディアミックス作品としても知られています。

【映画/アニメ】パトレイバーの新作アニメ『機動警察パトレイバーREBOOT』が「日本アニメ(ーター)見本市 EXTRA」として劇場上映決定!

【Amazon.co.jp限定】 機動警察パトレイバーREBOOT (特装限定版) (L判ブロマイド2枚セット付) [Blu-ray]

漫画やOVAなどで人気を博した『機動警察パトレイバー』が、完全新作のアニメーションで復活。 『機動警察パトレイバーREBOOT(MOBILE POLICE PATLABOR REBOOT)』のタイトルで、10月15日(土)より東京・新宿バルト9と大阪・梅田ブルク7にて1週間限定上映される事が明らかになりました。

これは、スタジオカラーとドワンゴが贈る短編映像企画「日本アニメ(ーター)見本市」の劇場上映第2弾「劇場上映 ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」の上映作品として発表されたもの。 同劇場上映では、これまでに発表されたセカンドシーズンの8作品及びサードシーズンの4作品が上映予定となっており、『MOBILE POLICE PATLABOR REBOOT』は“日本アニメ(ーター)見本市EXTRA”として初公開されます。 また、劇場にて「浅野直之作画監督による作画修正集」を同梱した劇場先行版Blu-rayも販売予定とのこと。

『機動警察パトレイバー』は、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いたSF作品。 1988年に押井守監督とスタジオディーンによるOVA作品が発表された他、同年よりゆうきまさみ先生による漫画連載がスタート。1989年から1990年にTVアニメが放送され、押井監督による劇場版アニメも公開。OVAから発生した日本初のメディアミックス作品として知られ、数々のメディアで人気を博しました。 近年では、総監督・監督・脚本を押井氏が担当する連続実写映画作品「THE NEXT GENERATION -パトレイバー-」が発表され、2014年から2015年にかけて公開。この企画に合わせて、全長約8メートルの実物大パトレイバーが制作され大きな話題となりました。

【映画】実写版『機動警察パトレイバー』はシリーズ全12話(全7章)と長編作品1本を制作!キャスト&スタッフ発表!

機動警察パトレイバー ON TELEVISION BD-BOX 1 3月の「東京国際アニメフェア2013」で制作が発表され、7月の「第14回ジャパンエキスポ」で押井守監督が参加を表明。8月には劇中に登場するロボット「レイバー」の巨大立像が撮影され話題となっていた『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクト『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』。その最新情報が、9月25日に行われた製作発表会にて明らかになりました。

『機動警察パトレイバー』は、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いたSF作品。1988年に押井守監督とスタジオディーンによるOVA作品が発表された他、同年よりゆうきまさみ先生による漫画連載がスタート。1989年から1990年にTVアニメが放送され、押井監督による劇場版アニメも公開。OVAから発生した日本初のメディアミックス作品として知られ数々のメディアで人気を博しました。

その誕生から25年を経て発表された実写版『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』は、TV、劇場版のアニメシリーズでも監督を務めた押井守氏を総監督に迎え、登場人物を世代交代した完全オリジナル新作として登場。全長8mもの実物大98式イングラム、リボルバーカノン、指揮車等のメカの数々やレイバードッグまで併設された二課棟をも完全実体化し、最新鋭のCG/VFX技術も駆使した「今」だからこそ可能となる、スーパーリアルエンターテインメントとして制作されるとのこと。

【実写】『THE NEXT GENERATION - PATLABOR -』新タイトルロゴとレイバーの全身ビジュアルが公開!

機動警察パトレイバー 25周年メモリアルBOOK 3月の「東京国際アニメフェア2013」で制作が発表され、7月の「第14回ジャパンエキスポ」で押井守監督が参加を表明。8月には劇中に登場するロボット「レイバー」の巨大立像が撮影され話題となっていた『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクト。その最新ビジュアルが、8月15日より台湾・台北で開催されている「台湾国際漫画博覧会」にて公開されました。

新ビジュアルは、同イベントの東北新社ブース壁面に掲示されたポスターと、会場限定で無料配布されているポストカードで披露されたもの。どちらも巨大なレイバーの全身像が写し出されており、公式サイトでは斜め後ろからレイバーをとらえたポストカード版のビジュアルを確認できます。

また、これにあわせて『THE NEXT GENERATION - PATLABOR -』と記された新タイトルロゴも発表。「LIVE ACTION COMING IN 2014」という表記も付け加えられています。公開媒体やスタッフ、キャストなどはまだ明かされていませんが、着実にプロジェクトは進行しているようです。続報に期待しましょう。

【話題】『パトレイバー』の実写化関連?「イングラム」の巨大立像が撮影される!

機動警察パトレイバー 25周年メモリアルBOOK 2014年に実写化が予定されている『機動警察パトレイバー』。その撮影現場をとらえたと思われる写真がネットにアップされました。

撮影場所は横浜の南部市場横。画像には実物大の「イングラム」(劇中に登場するロボット)が写っており、直立した姿はかなりの迫力です。実写版の公式サイトでも巨大なイングラムの脚部分が確認できることから、実際の撮影のために制作されたものと考えられます。お台場のガンダム立像のように今後一般での公開の機会があることを期待したいですね。

『機動警察パトレイバー』は、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いたSF作品。1988年に押井守氏が監督を務め、スタジオディーンが制作するOVA作品が発表された他、同年よりゆうきまさみ先生による漫画連載がスタート。1989年から1990年にTVアニメが放送され、押井守監督による劇場版アニメも公開。OVAから発生した日本初のメディアミックス作品として知られ数々のメディアで人気を博しました。実写化は今年3月に発表され、2014年の公開が予定されています。

【実写】『機動警察パトレイバー』実写版プロジェクトに押井守氏の参加が決定!

「PATLABOR」

フランスで開催中の「第14回ジャパンエキスポ」にて、実写版『機動警察パトレイバー』のプロジェクトに押井守氏が参加することが発表されました。

『機動警察パトレイバー』のために編成されたグループ「ヘッドギア」の一員でもある押井守氏は、これまでにも同作のOVA版や劇場版を手掛け、テスト版のパイロットフィルムとして「実写版パトレイバー」を制作したことでも知られています。今回の実写版プロジェクトにどんな形で携わるのかはまだ明かされていませんが、今後スタッフやキャストなどの詳細が発表される中で明らかにされる模様です。

『機動警察パトレイバー』は、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いたSF作品。1988年に押井守氏が監督を務め、スタジオディーンが制作するOVA作品が発表された他、同年よりゆうきまさみ先生による漫画連載がスタート。1989年から1990年にTVアニメが放送され、押井守監督による劇場版アニメも公開。OVAから発生した日本初のメディアミックス作品として知られ数々のメディアで人気を博しました。実写化は今年3月に発表され、2014年の公開が予定されています。

【実写】『機動警察パトレイバー』が2014年に実写化決定!実写版「PATLABOR」ティザーサイトオープン!

「PATLABOR」

東京ビッグサイトで3月21日より開催中の「東京国際アニメフェア2013」にて、『機動警察パトレイバー』の実写化が発表されました。「PATLABOR」のタイトルでティザーサイトもオープンしています。

『機動警察パトレイバー』は、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された近未来を舞台に、レイバー犯罪に立ち向かう警視庁の特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いたSF作品。1988年に押井守監督×スタジオディーンによるOVA作品が発表された他、同年よりゆうきまさみ先生による漫画連載がスタート。1989年から1990年にTVアニメが放送され、押井守監督による劇場版アニメも公開。OVAから発生した日本初のメディアミックス作品として知られ数々のメディアで人気を博しました。

生誕から25周年を迎える今年2013年に発表された『機動警察パトレイバー』の実写化。ティザーサイトでは、実写版プロジェクトの始動とともに、「COMING IN 2014」の文字が記されている他、制作を東北新社とオムニバス・ジャパンが手掛けることが告知されています。また、「東京国際アニメフェア2013」の会場では、実写版のイメージビジュアルが公開されているとのこと。映画、TVといった発表メディアに関しては不明ですが、今後の続報に注目したいと思います。

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
相互リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
ブログパーツ
スポンサード リンク
フリーエリア