カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > 鳥山明

【映画】劇場版DB超の最新作は『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』!正式タイトルの発表と同時に新キャラや鳥山明先生こだわりの新ビジュアルもお披露目!

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』特別映像

2022年に公開される『ドラゴンボール超(スーパー)』の新作劇場版の正式タイトルが、『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』に決定。世界最大級のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン」のオンラインイベント「Comic-Con @ Home2021」のスペシャルパネル内にて、タイトルと共に映画の最新情報が公開されました。

『ドラゴンボール超』は、鳥山明先生による漫画作品「ドラゴンボール」を原作とする東映アニメーション制作のアニメ作品。1996年から1997年まで放送された「ドラゴンボールGT」以来となる完全新作のTVシリーズとして、2015年7月から2018年3月にかけて放送された『ドラゴンボール超』は、原作者の鳥山先生が自らストーリー原案を行い、漫画「ドラゴンボール」の連載時における最終章「魔人ブウ編」の続きを描くストーリーが展開。2018年12月には過去作の劇場版キャラクター・ブロリーが設定を新たに登場する完全新作劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」が公開され、大ヒットを記録しました。

【映画】劇場版『ドラゴンボール超』の新作が2022年公開決定!「ブロリー」に続く第2弾は“意外なキャラ”が大活躍!?

B07P5LFNXX 劇場版『ドラゴンボール超(スーパー)』の新作映画が、2022年に公開決定。「ドラゴンボールオフィシャルサイト」にて、原作漫画「ドラゴンボール」の作者であり、アニメ『ドラゴンボール超』のストーリー原案も手掛けた鳥山明先生からのコメントが公開されています。

今回の新作映画は、2018年12月に公開された「ドラゴンボール超 ブロリー」に続く、劇場版『ドラゴンボール超』の第2弾。「ドラゴンボール」シリーズの劇場アニメーションとしては第21弾にあたる作品となります。今作でも、鳥山先生がセリフを含め話を作り込んでおり、ちょっと意外なキャラが大活躍する、激しくも楽しい映画になっているとのこと。続報は「ドラゴンボールオフィシャルサイト」などで随時公開される予定です。

【映画】劇場版『ドラゴンボール』第20弾が2018年12月に公開!テーマは“サイヤ人”で原作・脚本・キャラデザを鳥山明先生が担当!

ドラゴンボールZ 復活の「F」 [Blu-ray] 鳥山明先生による人気バトルアクション漫画を原作としたアニメ『ドラゴンボール』の劇場版第20弾が、2018年12月に公開予定であることが明らかになりました。

第20作目のテーマは「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」で、第18弾の「ドラゴンボールZ 神と神」以降、「超サイヤ人ゴッド」「超サイヤ人ブルー」へと進化してきた悟空らサイヤ人の“強さの原点”に迫っていくとのこと。鳥山先生は前作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」に続き、原作・脚本・キャラクターデザインを担当します。劇場版20作記念にふさわしい、シリーズ最高のスケールとクオリティを目指して現在製作が進められているそうです。

【アニメ】鳥山明先生原案の新作『ドラゴンボール超(スーパー)』が7月よりフジテレビ他にて放送スタート!

ドラゴンボール改 魔人ブウ編 Blu-ray BOX4 4月28日に都内で行われた新作アニメ映画「ドラゴンボールZ 復活のF」の舞台挨拶にて、鳥山明先生原作のアニメ『ドラゴンボール』の完全新作となるTVシリーズ『ドラゴンボール超(スーパー)』が、7月よりフジテレビ他にて放送を開始することが発表されました。

『ドラゴンボール超』は、1996年から1997年まで放送された「ドラゴンボールGT」以来、18年ぶりの完全新作TVアニメシリーズです。 新シリーズの舞台は、主人公・孫悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球。 原作に準拠した魔人ブウ以降の世界観で描いた作品として、2013年に公開された映画「ドラゴンボールZ 神と神」、そして現在公開中の「ドラゴンボールZ 復活のF」があり、新作TVシリーズとどうリンクするのか注目が集まります。

また、本作では原作者の鳥山明先生がTVシリーズ初となるオリジナル原案とキャラクター原案を担当。これまで原作でも描かれていない新たなストーリーが展開するとのこと。

【映画】フリーザが復活!?新作劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が2015年4月18日に2D/3Dで公開!衝撃のビジュアルと新キャラも発表!

【Amazon.co.jp限定】ドラゴンボールZ 神と神 特別限定版(スチールブック付)(完全数量限定) [SteelBook] [Blu-ray] 11月21日発売の「Vジャンプ」1月号(集英社)に、来年公開が予定されている映画『ドラゴンボールZ』の第15弾となる新作劇場版の最新情報が掲載されています。 それによると、映画の正式タイトルは『ドラゴンボールZ 復活の「F」(ふっかつのエフ)』で、公開日は2015年4月18日(土)。 2D/3D映画として全国公開されるとのこと。

『ドラゴンボールZ(DBZ)』は、集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載された、鳥山明先生の代表作「ドラゴンボール」を原作とするアニメ作品。 原作におけるサイヤ人編から最終話までをアニメ化しており、主人公・孫悟空の青年編を描くTVシリーズ第1作の続編として、1989年から1996年まで放送されました。

同作は『ドラゴンボール』のアニメ化作品では最も長い、約6年10ヶ月ものロングランとなり、国内のみならず世界40ヵ国以上の国々で放映され、劇場映画でも大ヒットを記録。 ゲームソフトのシリーズやカードダス、食玩などの関連商品も続々と発売されヒット商品となるなど、高い人気を博しています。

2009年4月からは、タイトルを『ドラゴンボール改』としたデジタルリマスター版が放送され、その人気が再燃。 前作から17年ぶりの新作劇場版として昨年3月に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』は、公開初日から2日間で動員56万1,098人、興行収入6億8,392万を突破し、映画観客動員ランキングで初登場第1位を獲得。 公開16日間で2013年公開映画初となる3週連続トップとなり、最終興行成績は29.9億円を記録するヒットとなりました。

【映画】劇場版『ドラゴンボールZ』最新作が2015年のGWに公開!

ドラゴンボールZ 神と神 特別限定版(初回生産限定) [Blu-ray] 鳥山明先生原作の人気アニメ『ドラゴンボールZ(DBZ)』の劇場版最新作が、2015年のゴールデンウィークに公開されることが明らかになりました。

『DBZ』としては18年ぶりの劇場作品として2013年3月に公開され、大きな話題となった『ドラゴンボールZ 神と神』に続く今回の劇場版は、原作者の鳥山先生が脚本と新キャラクターのデザインを担当。 アクションシーンも大幅に増やしていて、ファンにはスカッと楽しめる内容になっているそうです。今後の続報にも期待したいですね。

『ドラゴンボール』は集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルとして1984年から1995年まで連載され、TVアニメやゲームなど数々のメディアでも人気を博している大ヒットタイトル。 コミックス・完全版の発行部数は国内で1億5,721万部以上、全世界累計で2億3,000部を突破しています。 『DBZ』は主人公・孫悟空の青年編を描くアニメ第1作の続編として、1989年から1996年まで放送。原作におけるサイヤ人編から最終話までアニメ化され、約6年10ヵ月ものロングランとなり、劇場版やゲーム関連の作品は現在まで制作され続けている人気シリーズです。 劇場版『DBZ』の第14弾として昨年3月に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』は、公開初日から2日間で動員56万1,098人、興行収入6億8,392万を突破し、映画観客動員ランキングで初登場第1位を獲得。公開16日間で2013年公開映画初となる3週連続トップとなり、最終興行成績は29.9億円を記録しています。

【漫画】鳥山明先生の新連載『銀河パトロール ジャコ』が「週刊少年ジャンプ」33号よりスタート!

「ドラゴンボール」などで知られる鳥山明先生の新連載『銀河パトロール ジャコ』が、「週刊少年ジャンプ」33号(7月13日発売)よりスタートします。

これは、ジャンプ45周年記念の新連載3連弾のひとつとして発表されたもの。7月29発売の35号では、2013年最高支持を獲得した中村充志先生の読み切り『クロクロク』が新連載としてスタート。8月5日発売の36号からは、読み切り作品「放課後☆アイドル」のパワーアップ版となる新連載、今日和老先生の『ひめドル!!』がスタートする予定です。

【映画】『ドラゴンボールZ』公式サイトオープン!メインスタッフ発表!

DRAGON BALL Z 第1巻 [DVD] 2013年3月30日(土)公開予定の映画『ドラゴンボールZ』の公式サイトがオープン。メインビジュアルとスタッフが発表されています。

『ドラゴンボール』は、7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝“ドラゴンボール”と、主人公・孫悟空(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた長編漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルのひとつとして1984年から1995年にかけて連載され、コミックスの発行部数は国内のみで約1億5000万部を誇る大ヒット作品です。

アニメは1986年にフジテレビ系でスタート。1989~1996年に「ドラゴンボールZ」が放送された後、1996~1997年に「ドラゴンボールGT」が放送。さらに2009~2011年には「ドラゴンボールZ」をリメイクした「ドラゴンボール改」が放送されました。劇場版アニメは1986年の「ドラゴンボール 神龍の伝説」をはじめとする17作品が公開されています。

今回発表された劇場版『ドラゴンボールZ』は、TVシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソードが展開。原作の517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった出来事が初めて描かれるとのこと。もちろん、クリリンやピッコロ、べジータなど、お馴染みのキャラクターも総出演。スピンオフではない、ドラゴンボール正史のストーリーとして公開されるそうです。

また、今作には原作者である鳥山明先生が初めてアニメーションに脚本の段階から深く関わっており、オリジナルの雰囲気はそのままに、現代風のアレンジが加えられているとのこと。監督は、「デジモンクロスウォーズ」「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」を手掛けた細田雅弘氏、脚本には、映画「GANTZ」「20世紀少年」シリーズの渡辺雄介氏を起用。作画監督は「ドラゴンボール」シリーズや「墓場鬼太郎」の山室直儀氏、美術監督は「新世紀エヴァンゲリオン」の加藤浩氏が担当します。

【映画】『ドラゴンボール』の新作映画化が決定!

DRAGON BALL Z 第1巻 [DVD]

鳥山明先生原作の人気作品『ドラゴンボール』の映画化が決定。7月14日(土)発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)で発表されています。

『ドラゴンボール』は、7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝“ドラゴンボール”と、主人公・孫悟空(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた長編漫画。「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルのひとつとして1984年から1995年にかけて連載され、コミックスの販売部数は653万部を記録。全世界でも発行部数3億5000万部以上のヒットを飛ばしている他、連載終了後もゲームや関連グッズなどが販売され続けており、未だ根強いファン人気を持つ作品です。TVアニメは1986年からフジテレビ系列で放映され、劇場版アニメやハリウッドでの実写映画も製作。2009年4月から2011年3月にかけて、TVアニメ「ドラゴンボールZ」を再構成したデジタルリマスター版「ドラゴンボール改」が放送されました。

今回発表された劇場版がどのような内容になるのか、また公開時期が何時になるのかなど、詳細はまだ分かっていません。集英社「週刊少年ジャンプ」の公式HP内には、現在謎のカウントダウンサイト「D」が公開されており、7月14日(土)にサプライズ発表を予定しています。おそらくこちらで『ドラゴンボール』の新作映画化が正式発表されるものと思われますので、続報にご期待下さい。

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア