カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】『彼女、お借りします』第2期制作決定!ヒロインによる録り下ろしボイスと記念イラストを収録した特報映像が公開! (09/27)
【アニメ】『宇崎ちゃんは遊びたい!』第2期の制作とサウンドトラック+SUGOI OMAKEアルバムの制作が決定! (09/27)
【PS5他】『真・三國無双8 Empires』発表!「攻城戦」や「政略」の駆け引きが楽しめる他、進化した「エディット機能」を搭載! (09/27)
【アプリ】「ニーア」新作RPG『NieR Re[in]carnation』の事前登録受付が開始!新キャラ&キャストやゲーム内映像が確認できるPV第2弾も公開に (09/25)
【PS4/Xbox One/PC】『NieR Replicant ver.1.22474487139...』の発売日が決定、予約受付開始!限定版「White Snow Edition」や特典情報も公開! (09/25)
【アニメ】Gファン連載の『ホリミヤ』がCloverWorksによりTVアニメ化!2021年1月から放送開始! (09/25)
【アプリ】「ロックマンX」の新作『ロックマンX DiVE』がスマートフォン用ゲームとして2020年秋に配信! (09/23)
【アニメ】TVシリーズ第2期『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』が2021年放送!第1期の再放送も決定! (09/23)
【アニメ】“内海紘子×ボンズ”による新作『SK∞ エスケーエイト』が発表!“青春∞!”なスケボーレースバトルを描くオリジナルアニメーション (09/22)
【アニメ】『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』が2021年初春に劇場上映決定!原作でも人気の短編エピソードをアニメ化 (09/21)
【アニメ】SAOのリブート作『ソードアート・オンライン プログレッシブ』のアニメ化が始動!公式サイトにて告知映像&ティザービジュアルが公開! (09/21)
【アニメ】演劇×アイドル『ゲキドル』2021年1月より放送開始!劇中劇「アリスインデッドリースクール」のアニメ制作も決定! (09/19)
【PS4/NS】『魔界戦記ディスガイア6』が2021年1月28日に発売!主人公は「ゾンビ」でシリーズ初の3Dモデルを採用! (09/18)
【NS】ルンファク最新作『ルーンファクトリー5』が2021年春に発売!Switch版「4」との連動特典もアリ (09/18)
【NS】モンハン新作『モンスターハンターライズ』がSwitchに登場!「ストーリーズ」続編の発売も決定! (09/18)
【アニメ】『SHAMAN KING』のスタッフ&キャストが発表!制作はブリッジ、麻倉葉役は日笠陽子さんに決定! (09/17)
【PS5】『FINAL FANTASY XVI (FF16)』がPS5向けに発売決定!ジャンルは“アクションRPG”、プロデューサーを吉田直樹氏が担当! (09/17)
【ゲームハード】『PlayStation 5』の発売日と価格が決定!予約受付は9月18日よりスタート! (09/17)
【AC】EXVS.シリーズ最新作のタイトルが『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト』に決定!11月上旬にクローズドβテストを実施! (09/15)
【アニメ】『銀河英雄伝説 Die Neue These』の続編が全24話で制作決定! (09/15)
【アニメ】10月よりスタート『ラブライブ!ニジガク』放送&配信日時決定!「高咲侑」のキャストやOP&ED主題歌CDのリリースも発表! (09/13)
【アニメ】怪異×医療ファンタジー『怪病医ラムネ』がTVアニメ化!スタッフ&キャスト情報やビジュアルが公開! (09/12)
【PS4/Xbox One/PC】『プリンス オブ ペルシャ 時間の砂 リメイク』がユービーアイソフト初の完全リメイク作品として2021年1月に発売! (09/11)
【ゲームハード】『Xbox Series X』と『Xbox Series S』の国内での発売日&価格が決定!予約受付は9月25日よりスタート! (09/10)
【NS】『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が11月20日発売!「BoW」の100年前を舞台にした「ゼルダ無双」シリーズ最新作が登場! (09/09)
【ゲームハード】歴代最小サイズな『Xbox Series S』が発表!次世代パフォーマンスを備えたXboxの新機種 (09/08)
【PS4/NS】D3P×FELISTELLAによる新作『MAGLAM LORD(マグラムロード)』が発表!「サモンナイト」シリーズのスタッフが集結して送るアクションRPG (09/08)
【アニメ】なろう産の乙女系ファンタジー『聖女の魔力は万能です』がアニメ化!特設サイトもオープン! (09/07)
【アニメ】アクションADVの大作『シェンムー』が全13話でアニメ化!制作はテレコム・アニメーションフィルムが担当! (09/07)
【NS他】「デスマーチクラブ」が『ワールズエンドクラブ』とタイトルを改めApple Arcadeで配信開始!Nintendo Switch版の発売も決定! (09/04)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > 鳥山明

【映画】劇場版『ドラゴンボール』第20弾が2018年12月に公開!テーマは“サイヤ人”で原作・脚本・キャラデザを鳥山明先生が担当!

ドラゴンボールZ 復活の「F」 [Blu-ray] 鳥山明先生による人気バトルアクション漫画を原作としたアニメ『ドラゴンボール』の劇場版第20弾が、2018年12月に公開予定であることが明らかになりました。

第20作目のテーマは「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」で、第18弾の「ドラゴンボールZ 神と神」以降、「超サイヤ人ゴッド」「超サイヤ人ブルー」へと進化してきた悟空らサイヤ人の“強さの原点”に迫っていくとのこと。鳥山先生は前作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」に続き、原作・脚本・キャラクターデザインを担当します。劇場版20作記念にふさわしい、シリーズ最高のスケールとクオリティを目指して現在製作が進められているそうです。

【アニメ】鳥山明先生原案の新作『ドラゴンボール超(スーパー)』が7月よりフジテレビ他にて放送スタート!

ドラゴンボール改 魔人ブウ編 Blu-ray BOX4 4月28日に都内で行われた新作アニメ映画「ドラゴンボールZ 復活のF」の舞台挨拶にて、鳥山明先生原作のアニメ『ドラゴンボール』の完全新作となるTVシリーズ『ドラゴンボール超(スーパー)』が、7月よりフジテレビ他にて放送を開始することが発表されました。

『ドラゴンボール超』は、1996年から1997年まで放送された「ドラゴンボールGT」以来、18年ぶりの完全新作TVアニメシリーズです。 新シリーズの舞台は、主人公・孫悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球。 原作に準拠した魔人ブウ以降の世界観で描いた作品として、2013年に公開された映画「ドラゴンボールZ 神と神」、そして現在公開中の「ドラゴンボールZ 復活のF」があり、新作TVシリーズとどうリンクするのか注目が集まります。

また、本作では原作者の鳥山明先生がTVシリーズ初となるオリジナル原案とキャラクター原案を担当。これまで原作でも描かれていない新たなストーリーが展開するとのこと。

【映画】フリーザが復活!?新作劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が2015年4月18日に2D/3Dで公開!衝撃のビジュアルと新キャラも発表!

【Amazon.co.jp限定】ドラゴンボールZ 神と神 特別限定版(スチールブック付)(完全数量限定) [SteelBook] [Blu-ray] 11月21日発売の「Vジャンプ」1月号(集英社)に、来年公開が予定されている映画『ドラゴンボールZ』の第15弾となる新作劇場版の最新情報が掲載されています。 それによると、映画の正式タイトルは『ドラゴンボールZ 復活の「F」(ふっかつのエフ)』で、公開日は2015年4月18日(土)。 2D/3D映画として全国公開されるとのこと。

『ドラゴンボールZ(DBZ)』は、集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載された、鳥山明先生の代表作「ドラゴンボール」を原作とするアニメ作品。 原作におけるサイヤ人編から最終話までをアニメ化しており、主人公・孫悟空の青年編を描くTVシリーズ第1作の続編として、1989年から1996年まで放送されました。

同作は『ドラゴンボール』のアニメ化作品では最も長い、約6年10ヶ月ものロングランとなり、国内のみならず世界40ヵ国以上の国々で放映され、劇場映画でも大ヒットを記録。 ゲームソフトのシリーズやカードダス、食玩などの関連商品も続々と発売されヒット商品となるなど、高い人気を博しています。

2009年4月からは、タイトルを『ドラゴンボール改』としたデジタルリマスター版が放送され、その人気が再燃。 前作から17年ぶりの新作劇場版として昨年3月に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』は、公開初日から2日間で動員56万1,098人、興行収入6億8,392万を突破し、映画観客動員ランキングで初登場第1位を獲得。 公開16日間で2013年公開映画初となる3週連続トップとなり、最終興行成績は29.9億円を記録するヒットとなりました。

【映画】劇場版『ドラゴンボールZ』最新作が2015年のGWに公開!

ドラゴンボールZ 神と神 特別限定版(初回生産限定) [Blu-ray] 鳥山明先生原作の人気アニメ『ドラゴンボールZ(DBZ)』の劇場版最新作が、2015年のゴールデンウィークに公開されることが明らかになりました。

『DBZ』としては18年ぶりの劇場作品として2013年3月に公開され、大きな話題となった『ドラゴンボールZ 神と神』に続く今回の劇場版は、原作者の鳥山先生が脚本と新キャラクターのデザインを担当。 アクションシーンも大幅に増やしていて、ファンにはスカッと楽しめる内容になっているそうです。今後の続報にも期待したいですね。

『ドラゴンボール』は集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルとして1984年から1995年まで連載され、TVアニメやゲームなど数々のメディアでも人気を博している大ヒットタイトル。 コミックス・完全版の発行部数は国内で1億5,721万部以上、全世界累計で2億3,000部を突破しています。 『DBZ』は主人公・孫悟空の青年編を描くアニメ第1作の続編として、1989年から1996年まで放送。原作におけるサイヤ人編から最終話までアニメ化され、約6年10ヵ月ものロングランとなり、劇場版やゲーム関連の作品は現在まで制作され続けている人気シリーズです。 劇場版『DBZ』の第14弾として昨年3月に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』は、公開初日から2日間で動員56万1,098人、興行収入6億8,392万を突破し、映画観客動員ランキングで初登場第1位を獲得。公開16日間で2013年公開映画初となる3週連続トップとなり、最終興行成績は29.9億円を記録しています。

【漫画】鳥山明先生の新連載『銀河パトロール ジャコ』が「週刊少年ジャンプ」33号よりスタート!

「ドラゴンボール」などで知られる鳥山明先生の新連載『銀河パトロール ジャコ』が、「週刊少年ジャンプ」33号(7月13日発売)よりスタートします。

これは、ジャンプ45周年記念の新連載3連弾のひとつとして発表されたもの。7月29発売の35号では、2013年最高支持を獲得した中村充志先生の読み切り『クロクロク』が新連載としてスタート。8月5日発売の36号からは、読み切り作品「放課後☆アイドル」のパワーアップ版となる新連載、今日和老先生の『ひめドル!!』がスタートする予定です。

【映画】『ドラゴンボールZ』公式サイトオープン!メインスタッフ発表!

DRAGON BALL Z 第1巻 [DVD] 2013年3月30日(土)公開予定の映画『ドラゴンボールZ』の公式サイトがオープン。メインビジュアルとスタッフが発表されています。

『ドラゴンボール』は、7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝“ドラゴンボール”と、主人公・孫悟空(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた長編漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルのひとつとして1984年から1995年にかけて連載され、コミックスの発行部数は国内のみで約1億5000万部を誇る大ヒット作品です。

アニメは1986年にフジテレビ系でスタート。1989~1996年に「ドラゴンボールZ」が放送された後、1996~1997年に「ドラゴンボールGT」が放送。さらに2009~2011年には「ドラゴンボールZ」をリメイクした「ドラゴンボール改」が放送されました。劇場版アニメは1986年の「ドラゴンボール 神龍の伝説」をはじめとする17作品が公開されています。

今回発表された劇場版『ドラゴンボールZ』は、TVシリーズの「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間となるエピソードが展開。原作の517話で魔人ブウとの戦いが終わった後、518話までの空白の10年間に起こった出来事が初めて描かれるとのこと。もちろん、クリリンやピッコロ、べジータなど、お馴染みのキャラクターも総出演。スピンオフではない、ドラゴンボール正史のストーリーとして公開されるそうです。

また、今作には原作者である鳥山明先生が初めてアニメーションに脚本の段階から深く関わっており、オリジナルの雰囲気はそのままに、現代風のアレンジが加えられているとのこと。監督は、「デジモンクロスウォーズ」「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」を手掛けた細田雅弘氏、脚本には、映画「GANTZ」「20世紀少年」シリーズの渡辺雄介氏を起用。作画監督は「ドラゴンボール」シリーズや「墓場鬼太郎」の山室直儀氏、美術監督は「新世紀エヴァンゲリオン」の加藤浩氏が担当します。

【映画】『ドラゴンボール』の新作映画化が決定!

DRAGON BALL Z 第1巻 [DVD]

鳥山明先生原作の人気作品『ドラゴンボール』の映画化が決定。7月14日(土)発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)で発表されています。

『ドラゴンボール』は、7つ全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝“ドラゴンボール”と、主人公・孫悟空(そんごくう)を中心に展開する「夢」「友情」「バトル」などを描いた長編漫画。「週刊少年ジャンプ」の看板タイトルのひとつとして1984年から1995年にかけて連載され、コミックスの販売部数は653万部を記録。全世界でも発行部数3億5000万部以上のヒットを飛ばしている他、連載終了後もゲームや関連グッズなどが販売され続けており、未だ根強いファン人気を持つ作品です。TVアニメは1986年からフジテレビ系列で放映され、劇場版アニメやハリウッドでの実写映画も製作。2009年4月から2011年3月にかけて、TVアニメ「ドラゴンボールZ」を再構成したデジタルリマスター版「ドラゴンボール改」が放送されました。

今回発表された劇場版がどのような内容になるのか、また公開時期が何時になるのかなど、詳細はまだ分かっていません。集英社「週刊少年ジャンプ」の公式HP内には、現在謎のカウントダウンサイト「D」が公開されており、7月14日(土)にサプライズ発表を予定しています。おそらくこちらで『ドラゴンボール』の新作映画化が正式発表されるものと思われますので、続報にご期待下さい。

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア