カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS他】「AI: ソムニウム ファイル」の続編『アイ:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』が2022年春発売!打越鋼太郎氏による本格ADVが再び (08/01)
【PS4】『英雄伝説 黎の軌跡』の主人公・ヴァンが《魔装鬼(グレンデル)》へと変貌した姿が公開!謎のAI「メア」や結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》の「ヴァルター」「ルクレツィア」の他、サブキャラも続々発表 (07/31)
【映画】『劇場版 呪術廻戦 0』の特報映像が公開!主人公・乙骨憂太役は緒方恵美さんに決定! (07/30)
【NS/PS4他】リマスター版『零 ~濡鴉ノ巫女~』の発売日が決定!「フォトモード」や新規衣装などの追加要素を確認できる最新PV公開! (07/29)
【アイマス】15周年の“その先の未来”へ向けた『アイドルマスター』シリーズのコンセプトムービーとイメージソング「VOY@GER」が発表!各ブランドの最新情報も公開! (07/27)
【映画】劇場版DB超の最新作は『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』!正式タイトルの発表と同時に新キャラや鳥山明先生こだわりの新ビジュアルもお披露目! (07/25)
【アニメ】バトルロイヤルゲーム『PUBG』のアニメ化が発表!「悪魔城ドラキュラ」などを手掛けるアディ・シャンカル氏がCPに就任 (07/23)
【漫画】藤本タツキ『ルックバック』単行本化!「チェンソーマン」の鬼才が放つ話題の新作読切が早くもコミックスに (07/22)
【PS4/NS】リメイク版『月姫』のシエルルート「夜の虹」にスポットを当てた第3弾PVが公開!新キャラ「ノエル」「マーリオゥ」が登場 (07/21)
【アニメ】『プリズマ☆イリヤ』シリーズ歴代OP&EDノンテロップ映像公開!イリヤ・美遊・クロの誕生日を記念した特別企画が開催中!神戸市やドスパラとのコラボも発表に (07/20)
【PS5/PS4/NS】『アストリア アセンディング』パッケージ版の国内発売日が決定!シナリオの野島一成氏や音楽の崎元仁氏など豪華クリエイターが携わる王道ファンタジーRPG (07/19)
【アニメ】『この素晴らしい世界に祝福を!』の新作アニメが制作決定!カズマ、アクア、めぐみん、ダクネスが集合した告知ビジュアル公開! (07/18)
【感想】アニメ『Vivy ‐Fluorite Eye's Song‐』はAIの視点で描いたSFヒューマンドラマの傑作。歌姫AIの主人公が100年の旅路の果てに得た、“心を込めて歌う”ことの意味とは… (07/17)
【ゲーム話題】ケイブが「東方Project」のIP許諾を受けた新作ゲームの開発を発表! (07/15)
【OVA】「青い鳥文庫」の『怪盗クイーンはサーカスがお好き』が劇場OVAとして2022年にアニメ化!原作は「はやみねかおる」先生による人気小説シリーズの第1作 (07/13)
【PS4/NS/PC】『スパロボ30』の発売日は10月28日!「ナイツ&マジック」や「SSSS.GRIDMAN」など新規を含む参戦作品が発表、新システム、限定版&特典、DLCなど新情報が一挙公開! (07/12)
【映画】ピンドラ劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』は2022年に前・後編2部作で公開!YouTubeにてTVシリーズが配信開始、コラボカフェの詳細も発表 (07/11)
【PS5】『デススト』ディレクターズカット版が9月24日発売!PS5向けのリマスターでゲームが更に進化、追加コンテンツや新機能も充実 (07/10)
【映画 他】『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!! 同時上映 劇場短編マクロスF』2021年秋公開!「超時空コラボ歌選挙!!!!!!!」や「マクロスF」単独ライブのリベンジ開催など新情報も続々発表! (07/08)
【NS】7.0インチの有機ELを搭載した“新型Nintendo Switch”が発表!「ホワイト」と「ネオンブルー・ネオンレッド」の二色で10月8日に発売 (07/07)
【PS4/NS/PC】『BLUE REFLECTION TIE/帝』の発売日が決定!世界観や登場キャラが判明、限定版と特典情報も公開! (07/06)
【アニメ/舞台】『SK∞ エスケーエイト』新作アニメプロジェクトの始動と舞台化が発表! (07/05)
【PS5/PS4】『Ghost of Tsushima Director's Cut』が8月20日発売!新ストーリー「壹岐之譚」を巡るコンテンツが追加、PS5専用機能にも注目! (07/04)
【OVA】アニメ『薄桜鬼』の新作OVAが制作決定!新キャラ「酒井兵庫」とティザービジュアルが解禁! (07/02)
【PS5/PS4/NS】あの「DDLC」に新要素を追加した『ドキドキ文芸部プラス!』のアジア版が10月7日発売!パッケージ版には豪華初回特典が付属 (06/30)
【メディアミックス】ガンブレの新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動!ゲーム・ガンプラ・アニメが連動して展開! (06/29)
【アニメ】『チェンソーマン』のスタッフ情報とティザーPVが解禁!原作・藤本タツキ先生の新作読切が「少年ジャンプ+」にて配信決定! (06/28)
【アニメ】「LoM」がアニメ化!『聖剣伝説 Legend of Mana ‐The Teardrop Crystal‐』として全世界で展開予定! (06/27)
【アニメ/漫画/ゲーム】スクエニが『Deep Insanity(ディープインサニティ)』を発表!南極の巨大地下世界をめぐる物語を3メディアで展開する完全新作プロジェクト (06/26)
【映画】アニメ『バクテン!!』映画化決定!高校生男子新体操部の青春を描くオリジナルアニメーションが銀幕デビュー (06/25)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > CGアニメ

【映画】『GAMBA ガンバと仲間たち』が10月10日公開!不朽の名作『ガンバの冒険』が「白組」制作による3DCGアニメとして24年ぶりにスクリーンに復活!

ガンバの冒険 Blu-ray BOX(初回限定生産) 1975年に放送されたTVアニメ『ガンバの冒険』が、3DCGアニメーション映画として復活。 『GAMBA ガンバと仲間たち』のタイトルで、10月10日に公開されることが明らかになりました。

『ガンバの冒険』は、頑張り屋のネズミ・ガンバと相棒・ボーボ、力自慢のヨイショたち7匹が、白イタチ・ノロイに支配された忠太の島を救うため、尻尾を立てて大冒険の旅に出発する…という物語。 TVアニメ版は、斎藤惇夫氏の児童文学「冒険者たち ガンバと十五匹の仲間」を原作として、東京ムービーが制作、ディレクターを出崎統監督が担当。 子供向けの作品であるにもかかわらず、視聴者の心情に訴える感動のストーリーは評価が高く、当時の子供たちの心にトラウマを植えつけた敵の大ボス・ノロイのインパクトは今でも語り草になっています。

1991年公開の映画「ガンバとカワウソの冒険」以来、24年ぶりにスクリーンに復活する『GAMBA ガンバと仲間たち』は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「寄生獣」「永遠の0」を手掛けた「白組」が制作を担当。 「スパイダーマン」や「アイアンマン」などで知られるプロデューサーであり、「マーベル・スタジオズ」のCEOでもあるアヴィ・アラッド氏をエグゼクティブプロデューサーに迎え、構想15年、製作期間10年、総製作費20億円をかけ世界展開も視野に入れた一大プロジェクトとして企画が進められていました。

【映画】『STAND BY ME ドラえもん』がシリーズ初の3DCG映画として2014年夏に公開!

[STAND BY ME ドラえもん]ムービー

国民的な人気アニメ「ドラえもん」の劇場版第36作となる『STAND BY ME ドラえもん』が、3DCG映画作品として2014年夏に公開されることが明らかになりました。

1973年に放送されたTVシリーズ第1作から約40年。アニメ「ドラえもん」の歴史の中で、初の3DCG化がなされる今作は、原作者である藤子・F・不二雄先生の生誕80周年記念作品として制作が進められており、原作で名エピソードと名高い第1巻収録の「未来の国からはるばると」や、6巻の「さようなら、ドラえもん」、25巻の「のび太の結婚前夜」などを織り交ぜたストーリーを描きつつ、新要素を加え再構築しているとのこと。

監督を務めるのは、2011年12月公開の3DフルCG映画『friends もののけ島のナキ』を興行収入14億9000万円という大ヒットに導いた山崎貴氏と八木竜一氏のタッグ。制作において、オリジナルの世界観を壊さず、かつリアルな映像を目指すため、背景のミニチュアを実際に作って撮影し、CGで作ったキャラクターを重ねるという手法を採用している他、音声収録に際しては、「friends」でも採りいれられた「プレスコ」形式を採用。声優による音声を先に収録し、その後に声や口の動き、表情などに応じてキャラクターの動きや表情を描写することで、より映像とのシンクロ感が高められています。各キャラクターの声を担当するのはもちろん、TVアニメ版と同じ声優陣です。

制作にあたり、山崎監督は、「ドラえもんの道具をもし自分が手に入れたら、どんなことができるのか、3Dだと体感できる。自分自身の子ども時代の夢でもあるし、お客さんにも追体験してもらいたい」とコメント。八木監督は「みんな知っているキャラクターが立体的にいきいきと動き出す面白さを表現できる。見たことあるのに、新しい、という感覚を味わってほしい。特にタケコプターで飛行するシーンは必見」とアピールしています。映画の公式サイトでは、3DCGで再現されたキャラクターたちの動きなどをチェックできるプロモーション映像が公開されていますので、興味がある方はぜひご覧下さい。

【アニメ】『シドニアの騎士』2014年春より放送!キャストやキービジュアル&PV第2弾が公開!

シドニアの騎士キービジュアル2

11月9日(土)に開催された製作発表会にて、TVアニメ『シドニアの騎士 Knights of Sidonia』の放送が2014年春よりスタートすることが告知され、同時に各登場人物の担当声優も発表されました。

これにあわせて、公式サイトがリニューアルオープン。アニメの情報をお伝えするという新コンテンツ「シドニア月報」では、キービジュアル第2弾や、ストーリー・スタッフ&キャスト・登場人物などの基本情報を掲載した“第零号”が発行。今後も壱号、弐号と発行が予定されています。また、映像コンテンツ「シドニアTV」にてPV第2弾を公開中です。

キャストは、主人公の谷風長道(たにかぜ ながて)役を逢坂良太さん、星白 閑(ほしじろ しずか)役を洲崎綾さんが担当する他、豊崎愛生さん、櫻井孝宏さん、金元寿子さん、喜多村英梨さん、大原さやかさん、坪井智浩さん、子安武人さん、新井里美さん、田中敦子さん、森なな子さん、本田貴子さん、鳥海浩輔さん、佐倉綾音さん、阪 脩さんといった豪華声優陣が参加しています。

本作は、「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載中の弐瓶勉先生によるSFコミックを原作としたCGアニメ作品。「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」「トランスフォーマー」などで知られる3DCG制作会社「ポリゴン・ピクチュアズ」の設立30周年記念作品であり、同社が初めて日本のTVアニメシリーズの制作に携わることでも話題となっています。

【映画】「聖域十二宮編」を描く『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』が2014年初夏に公開!

聖闘士星矢Ω 新生聖衣編 Blu-ray BOX 2011年に制作発表された『聖闘士星矢』のCGアニメ映画プロジェクトが本格的に始動し、『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary(セイントセイヤ レジェンド オブ サンクチュアリ)』のタイトルで2014年初夏に公開されることが明らかになりました。

『聖闘士星矢』は、星座をモチーフにした“聖衣”(クロス)と呼ばれる鎧をまとう“聖闘士”(セイント)たちの活躍を描いたアクションバトル・ファンタジー。車田正美先生が手掛ける原作漫画は1985年から1990年にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載され、ギリシャ神話に由来したファンタジックな設定・ストーリーや魅力的なキャラクターたちが繰り広げるバトル・多彩な必殺技などが多くの読者の心を掴み、1980年代WJの看板作品の一つとして人気を博しました。原作コミックスの世界累計発行部数は3,440万部を突破しています。

また、メディア展開も盛んに行われ、1986年から放送されたTVアニメシリーズや聖衣を再現したフィギュア玩具は社会現象を呼ぶヒットを記録。後も劇場版、OVAの制作、ゲーム化、外伝や続編がリリースされるなど、現在まで多くのファンから愛され続けている不朽の名作です。2012年4月からは、23年ぶりの新作TVシリーズとなるアニメ『聖闘士星矢Ω(セイントセイヤオメガ)』がテレビ朝日系列にて放送されています。

Tag ⇒ | 聖闘士星矢映画CGアニメ

【アニメ】『GON -ゴン-』主題歌が加藤清史郎さんの歌う「GON GON GON~小さな王様~」に決定!予告篇公開!

『GON -ゴン-』予告篇

4月2日(月)よりテレビ東京系にて放送がスタートするTVアニメ『GON -ゴン-』の主題歌が発表されました。

本作は、講談社「モーニング」で1991年から2002年まで連載された田中政志先生の漫画作品『ゴン』を原作としたTVアニメ。原作漫画は、1998年度の「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞を受賞。コミカルな容姿をした恐竜坊やの主人公・ゴンが、地球上のあらゆる大自然に溶け込みながら逞しく成長を続ける物語が描かれています。

TVアニメは全編フルCGで描かれ、韓国のアニメ制作会社「大元メディア」と講談社が共同で制作。原作漫画の世界観は残しながら、家族や幼児でも楽しめるようにし、仲間や夢、愛を描いた心温まる作品になるとのこと。放送は30分枠、全50話の予定です。なお、キャストはゴン役をくまいもとこさんが務めるほか、三ツ矢雄二さん、堀内賢雄さんら人気声優がキャラクターの声を演じています。

主題歌は、ドラマや映画、舞台、CMなどで子役として活躍中の加藤清史郎さんが担当。タイトルは「GON GON GON~小さな王様~」で、清史郎さんにとっては初のアニメ主題歌となります。作曲は大ヒットTVドラマ「マル・マル・モリ・モリ」を手掛けた宮下浩司氏と振付師・濱田“PEKO”美和子氏という話題のコンビが担当する他、『ONE PIECE』や『仮面ライダーシリーズ』などを手掛ける作詞家・藤林聖子氏も加わり、子供たちがみんなで歌って踊れるハートフルな楽曲になっているとのこと。

この主題歌「GON GON GON~小さな王様~」は、TVアニメの他、6月14日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ゴン バクバクバクバクアドベンチャー』とのTVCMタイアップにも起用。4月11日より着うたの配信がスタートし、6月20日にCDと着うたフルの発売が開始される予定です。主題歌公式サイトでは、TVアニメ『GON -ゴン-』の予告篇映像を配信中。また、以下のサイトにて加藤清史郎さんからのコメントも掲載されていますので、気になる方はぜひチェックして下さい。

【アニメ】『GON -ゴン-』公式サイトオープン!放送開始日時決定!ゴン役のキャスト発表!

テレビ東京・あにてれにて、TVアニメ『GON -ゴン-』のサイトがオープン。放送開始日時が発表されています。

本作は、講談社「モーニング」で1991年から2002年まで連載された田中政志先生の漫画作品『ゴン』を原作としたTVアニメ。原作漫画は、1998年度の「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞を受賞。コミカルな容姿をした恐竜坊やの主人公・ゴンが、地球上のあらゆる大自然に溶け込みながら逞しく成長を続ける物語が描かれています。

登場人物にセリフがなく、吹きだしはもちろん効果音すらない、およそ文字というものが見当たらない独特な漫画形式が特徴で、ダイナミックな状況描写によってキャラクターや自然の動きが表現されており、言語を問わず楽しめる漫画作品として海外でも評価され、数々の国際的な漫画賞を受賞している名作漫画です。アニメの放送に合わせて、3月24日発売の「アフタヌーン」5月号より漫画連載の再開も予定されています。

TVアニメは韓国のアニメ制作会社「大元メディア」と講談社が共同で制作。原作漫画の世界観は残しながら、家族や幼児でも楽しめるようにし、仲間や夢、愛を描いた心温まる作品になるとのこと。放送は全50話が予定されています。なお、キャストはゴン役をくまいもとこさんが務めるほか、三ツ矢雄二さん、堀内賢雄さんら人気声優がキャラクターの声を担当するそうです。

日本ではテレビ東京系で4月2日から毎週月曜18時に放送が開始。また日本だけでなく、世界各国でも放送が予定されており、韓国では2012年夏から放送がスタート。その後欧米でも放送される予定です。


ゴン (1) (ワイドKCモーニング (129))ゴン (1) (ワイドKCモーニング (129))
田中 政志

講談社 1992-03
売り上げランキング : 211866

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【アニメ】田中政志先生の名作漫画『ゴン』がCGアニメ化決定!

講談社「モーニング」で連載された田中政志先生の漫画作品『ゴン』がCGアニメ化決定。

『ゴン』は、コミカルな容姿をした恐竜坊やの主人公・ゴンが、地球上のあらゆる大自然に溶け込みながら逞しく成長を続ける物語。原作は「モーニング」で1991年から2002年まで連載され、ワイドKCモーニングよりコミックス7巻が刊行中です。登場人物にセリフがなく、吹きだしはもちろん効果音すらない、およそ文字というものが見当たらない独特な漫画形式が特徴で、ダイナミックな状況描写によってキャラクターや自然の動きが表現されています。言語を問わず楽しめる漫画作品として海外でも評価され、数々の国際的な漫画賞を受賞している名作漫画です。

CGアニメは最新技術を駆使して制作。2012年4月に発表される予定とのこと。詳細は続報をお待ち下さい。


ゴン (1) (ワイドKCモーニング (129))ゴン (1) (ワイドKCモーニング (129))
田中 政志

講談社 1992-03
売り上げランキング : 211866

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【映画】『聖闘士星矢』新作CGアニメ映画製作決定!特報映像公開!

『聖闘士星矢』生誕25周年・新作CGアニメ映画製作決定

東映アニメーションは、車田正美先生のヒット作『聖闘士星矢』の生誕25周年を記念した新作CGアニメーション映画を製作することを発表しました。


『聖闘士星矢』は、聖衣(クロス)と呼ばれる鎧をまとう少年たちの戦いと友情を描いたファンタジー作品。1985年から「週刊少年ジャンプ」にて連載された初代の漫画作品をはじめ、翌1986年からのTVアニメシリーズは社会現象を呼ぶヒットを記録し、グッズの展開、OVA、外伝や続編のリリースが行われるなど、現在まで多くのファンから愛され続けている不朽の名作です。


今回発表された新作CGアニメ映画は、本年が『聖闘士星矢』の連載開始25周年の節目にあたることから、「車田正美プロジェクト」として発足し、製作されるもの。本作は最新のCG技術を用いた映画を予定しており、これまでの星矢ファン、そしてこれからの子供たちに向けた「原点回帰の面白さ」を提案するとのこと。発表に伴ってオープンした特設サイトでは、特報映像が公開されていますので、気になる方はぜひご覧下さい。

Tag ⇒ | 聖闘士星矢映画CGアニメ

【アニメ】士郎正宗『アップルシードXIII(サーティーン)』全13話の新シリーズとしてCGアニメ化決定!

士郎正宗氏によるSF漫画作品『アップルシード (APPLESEED) 』が、全13話の新シリーズ『アップルシードXIII(サーティーン)』として、2011年春にCGアニメ化されることが発表されました。


『アップルシード』は、「攻殻機動隊」シリーズなどで知られる士郎正宗氏のメジャーデビュー作品。舞台はコンピュータに管理された未来の地球、その中で“理想郷”と呼ばれる都市オリュンポス。SWAT隊に属する女性隊員・デュナンとその恋人であるサイボーグ・ブリアレオスは、都市を巡る様々な思惑や陰謀に巻き込まれていく……というのが本作のストーリー。これまでにOVA版がリリースされている他、映画作品2タイトルが公開されています。


新たにアニメ化される『アップルシードXIII』は、これまでの作品の続編ではなく、全13話のまったく新しいシリーズとして制作されるとのこと。第五次世界大戦後の人工都市オリュンポスを舞台に、特殊部隊ES.W.A.T.に所属するデュナンとブリアレオスの活躍が描かれ、映画版とは一味違う関係性も見どころとなるそうです。


監督を務めるのは、『図書館戦争』『獣の奏者エリン』の浜名孝行氏。シリーズ構成・脚本は、『BLOOD+』『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』の藤咲淳一氏、キャラクターデザインに『獣の奏者エリン』の後藤隆幸氏、メカニカルデザインに『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の竹内敦志氏といった豪華スタッフが集結。また、キャラクターデザイン原案として原作者・士郎正宗氏も制作に参加しています。アニメーション制作は、日本初のディズニーオリジナルアニメ『ファイアボール』で知られるジーニーズアニメーションスタジオが担当。制作協力に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『ホッタラケの島?遥と魔法の鏡?』で知られるプロダクションI.Gが参加する他、各話のアニメーション制作に、国内有望CGプロダクションから新進気鋭のクリエイターが多数参加するとのこと。


APPLESEED [Blu-ray]APPLESEED [Blu-ray]
(2009/07/24)
小林愛三輪明日美

商品詳細を見る

【アニメ】『TITAN RAIN』Production I.GとStorm Lion社の共同プロジェクトが始動!

Production I.Gとシンガポールの大手エンターテインメント企業Storm Lion社の共同作品として、フルCGアニメーション作品『TITAN RAIN』の制作が発表されました。


『TITAN RAIN』は、アジアのエンターテインメント企業と提携し、世界市場を見据えた作品として送り出すことを目標に開発される新プロジェクト。監督には、米国TVアニメーション版『スターウォーズ クローンウォーズ』の監督を務めた竹内敦志氏を起用。脚本は『マルドゥック・スクランブル』で第24回SF大賞を受賞した冲方 丁氏が参加。コンセプトワークには、米国で先駆けて放送され、実写映画化も企画されている『アフロサムライ』の原作者、岡崎能士氏が参加するなど、様々な分野で活躍する人材が結集し、制作されるそうです。


『TITAN RAIN』の詳細は、Procudtion I.G公式サイトでも順次発表していくとのこと。

Tag ⇒ | TITANRAINProductionI.GStormLionCGアニメ

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア