カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アプリ】「ニーア」新作RPG『NieR Re[in]carnation』の事前登録受付が開始!新キャラ&キャストやゲーム内映像が確認できるPV第2弾も公開に (09/25)
【PS4/Xbox One/PC】『NieR Replicant ver.1.22474487139...』の発売日が決定、予約受付開始!限定版「White Snow Edition」や特典情報も公開! (09/25)
【アニメ】Gファン連載の『ホリミヤ』がCloverWorksによりTVアニメ化!2021年1月から放送開始! (09/25)
【アプリ】「ロックマンX」の新作『ロックマンX DiVE』がスマートフォン用ゲームとして2020年秋に配信! (09/23)
【アニメ】TVシリーズ第2期『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』が2021年放送!第1期の再放送も決定! (09/23)
【アニメ】“内海紘子×ボンズ”による新作『SK∞ エスケーエイト』が発表!“青春∞!”なスケボーレースバトルを描くオリジナルアニメーション (09/22)
【アニメ】『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』が2021年初春に劇場上映決定!原作でも人気の短編エピソードをアニメ化 (09/21)
【アニメ】SAOのリブート作『ソードアート・オンライン プログレッシブ』のアニメ化が始動!公式サイトにて告知映像&ティザービジュアルが公開! (09/21)
【アニメ】演劇×アイドル『ゲキドル』2021年1月より放送開始!劇中劇「アリスインデッドリースクール」のアニメ制作も決定! (09/19)
【PS4/NS】『魔界戦記ディスガイア6』が2021年1月28日に発売!主人公は「ゾンビ」でシリーズ初の3Dモデルを採用! (09/18)
【NS】ルンファク最新作『ルーンファクトリー5』が2021年春に発売!Switch版「4」との連動特典もアリ (09/18)
【NS】モンハン新作『モンスターハンターライズ』がSwitchに登場!「ストーリーズ」続編の発売も決定! (09/18)
【アニメ】『SHAMAN KING』のスタッフ&キャストが発表!制作はブリッジ、麻倉葉役は日笠陽子さんに決定! (09/17)
【PS5】『FINAL FANTASY XVI (FF16)』がPS5向けに発売決定!ジャンルは“アクションRPG”、プロデューサーを吉田直樹氏が担当! (09/17)
【ゲームハード】『PlayStation 5』の発売日と価格が決定!予約受付は9月18日よりスタート! (09/17)
【AC】EXVS.シリーズ最新作のタイトルが『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト』に決定!11月上旬にクローズドβテストを実施! (09/15)
【アニメ】『銀河英雄伝説 Die Neue These』の続編が全24話で制作決定! (09/15)
【アニメ】10月よりスタート『ラブライブ!ニジガク』放送&配信日時決定!「高咲侑」のキャストやOP&ED主題歌CDのリリースも発表! (09/13)
【アニメ】怪異×医療ファンタジー『怪病医ラムネ』がTVアニメ化!スタッフ&キャスト情報やビジュアルが公開! (09/12)
【PS4/Xbox One/PC】『プリンス オブ ペルシャ 時間の砂 リメイク』がユービーアイソフト初の完全リメイク作品として2021年1月に発売! (09/11)
【ゲームハード】『Xbox Series X』と『Xbox Series S』の国内での発売日&価格が決定!予約受付は9月25日よりスタート! (09/10)
【NS】『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が11月20日発売!「BoW」の100年前を舞台にした「ゼルダ無双」シリーズ最新作が登場! (09/09)
【ゲームハード】歴代最小サイズな『Xbox Series S』が発表!次世代パフォーマンスを備えたXboxの新機種 (09/08)
【PS4/NS】D3P×FELISTELLAによる新作『MAGLAM LORD(マグラムロード)』が発表!「サモンナイト」シリーズのスタッフが集結して送るアクションRPG (09/08)
【アニメ】なろう産の乙女系ファンタジー『聖女の魔力は万能です』がアニメ化!特設サイトもオープン! (09/07)
【アニメ】アクションADVの大作『シェンムー』が全13話でアニメ化!制作はテレコム・アニメーションフィルムが担当! (09/07)
【NS他】「デスマーチクラブ」が『ワールズエンドクラブ』とタイトルを改めApple Arcadeで配信開始!Nintendo Switch版の発売も決定! (09/04)
【NS】3つの“3Dマリオ”を収録した『スーパーマリオ 3Dコレクション』と新要素を追加した『スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールド』が発売決定! (09/04)
【NS】『マリオカート ライブ ホームサーキット』が10月16日発売!リアルとゲームが融合した新たなマリカが登場 (09/04)
【アニメ】『戦翼のシグルドリーヴァ』の放送日時が決定、初回は1時間スペシャル!OP主題歌「Higher's High」を使用した第2弾PV公開! (09/03)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > light

【PC】「light」ブランドが復活!「シルヴァリオ サーガ」完結編『シルヴァリオ ラグナロク』の開発再開が発表、2020年春に発売予定!

【シルヴァリオ ラグナロク】ティザームービー

有限会社アレスは、PCゲームブランド「light」との提携を発表し、PC用ソフト『シルヴァリオ ラグナロク』を2020年春に発売することを明らかにしました。

lightはグリーンウッドのPCゲームブランドとして2000年に発足。様々なADVゲーム・ビジュアルノベルを生み出し、TVアニメ化を果たした「Dies irae(ディエス・イレ)」シリーズのヒットも記憶に新しい人気ブランドですが、今年3月のグリーンウッド解散を受け活動を休止。ブランドや開発中のタイトルは継続されると発表されていたものの、その後の動向に多くのファンの関心が寄せられていました。

Tag ⇒ | シルヴァリオサーガPClight

【書籍】『Dies irae Gユウスケ All Art Works〈永劫回帰〉』8月10日発売!Gユウスケ氏による「Dies irae」のイラストを網羅した特別ビジュアルファンブックが登場

Dies irae Gユウスケ All Art Works<永劫回帰>

2007年にPC用ソフトとして登場して以降、10年以上にわたるロングランのヒット作となったlightの「Dies irae(ディエス・イレ)」。同作に関わるほぼ全てのイラストを収録した特別ビジュアルファンブック『Dies irae Gユウスケ All Art Works〈永劫回帰〉GYuusuke Graphic Archive“Ω Ewigkeit”』が、8月10日に発売されることが明らかになりました。

本書には、「Dies irae ~Amantes amentes~」などのイベントCGや特典イラスト、2017年に放送されたTVアニメ用の描きおろしイラスト及びGユウスケ氏が作成した宣伝イラストなど、多数のイラストを収録。また、スマートフォン向けゲームとして現在制作中の新作「Dies irae PANTHEON」のイラスト、これまで未公開だったラフイラストなども収められるとのこと。その総ページ数は416Pという大ボリュームになるそうです。製本にはクータ・バインディング方式を採用している他、サイズも通常とは異なる変形大判サイズとなり、大迫力のイラストを楽しめます。

【PC】ディエスのスピンオフ『Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~』が3月25日リリース!

Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~

light(ライト)は、TVアニメ化が決定した『Dies irae -Also sprach Zarathustra-(ディエス・イレ アルゾ・シュプラーハ・ツァラトゥストラ)』のスピンオフとして、新作PC向けADVゲーム『Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~(ディエス・イレ・インタビュー・ウイズ・カズィクルベイ)』を3月25日にリリースします。

本作は、昨年8月に発売されたドラマCD「Todestag Verloren」に続く、「Dies irae」アニメ化に先駆ける外伝企画の第2弾。 ディエスの人気キャラクターで「串刺し公(カズィクルベイ)」の異名を持つヴィルヘルム・エーレンブルグが語る、本編で描かれなかった過去の物語が紡がれます。 そのコンセプトは“Dies iraeの入門編”であり、シリーズに初めて触れる方でも楽しめる作りになっているとのこと。

『Dies irae』は、現代の学園を舞台に、時間と空間を超えた闇の超人達との戦いを描く学園伝記モノのバトルADVゲーム。 2007年から2009年に亘って商品化した原作PC版は累計本数5万本を超えるヒットとなり、2009年に発売された「Dies irae ~Acta est Fabula~」は「萌えゲーアワード2010」BGM部門金賞、シナリオ部門銀賞を受賞。 2012年には、新規要素を追加したコンシューマ版「Dies irae ~Amantes amentes~」がPSPで発売された他、後に同要素を内包したPC版もリリースされています。

Tag ⇒ | DiesiraelightPCプロモーション映像

【アニメ】『Dies irae(ディエス・イレ)』のクラウドファンディングによるアニメ化プロジェクトが1億越えを達成!

Dies irae ~Amantes amentes~ 通常版(E-15指定) グリーンウッドのゲームブランド「light(ライト)」の設立15周年企画として発表され、今年5月よりクラウドファンディングでの支援金募集が開始された『「Dies irae」アニメ化プロジェクト』について、申し込み額の総計が1億を突破(入金待ちを含む)したことが明らかになりました。

『Dies irae』は、現代の学園を舞台に、時間と空間を超えた闇の超人たちとの戦いを描く学園伝記モノのバトルADVゲーム。 2007年から2009年に亘って商品化した原作PC版は累計本数5万本を超えるヒットとなり、2009年に発売された「Dies irae ~Acta est Fabula~」は「萌えゲーアワード2010」BGM部門金賞、シナリオ部門銀賞を受賞。 2012年には、新規要素を追加したコンシューマ版「Dies irae ~Amantes amentes~」がPSPで発売された他、後に同要素を内包したPC版もリリースされています。

【アニメ】lightの人気ADV『Dies irae(ディエス・イレ)』のアニメ化プロジェクトが始動!クラウドファンディングを利用した制作支援者の募集を開始!

Dies irae ~Amantes amentes~

株式会社グリーンウッドのゲームブランド・lightは、同ブランドの人気コンテンツ『Dies irae (ディエス・イレ)』のアニメ化プロジェクトを立ち上げると同時に、クラウドファンディングを利用した制作支援者の募集をスタートしました。

『Dies irae』は、lightが2007年~2009年に亘って商品化したPCゲーム。 現代の学園を舞台に、時間と空間を超えた闇の超人たちとの戦いを描く学園伝記モノのバトルアドベンチャーです。 PC累計本数は5万本を超えるヒットとなり、2009年12月に発売された「Dies irae ~Acta est Fabula~」は「萌えゲーアワード2010」BGM部門金賞、シナリオ部門銀賞を受賞。 2012年には、新規要素を追加したコンシューマ版「Dies irae ~Amantes amentes~」がPSPで発売された他、後に同要素を内包したPC版もリリースされました。

このたびのアニメ化は、4月24日にニコニコ生放送で配信された「HLCニコ生放送第十三回「相州戦神館學園 万仙陣」発売記念&light15周年特別企画発表放送!!」の中で発表されたもの。 目標金額は3,000万円以上で、支援金は制作スタッフの確保、パイロットフィルムの制作、リターン制作費用、クラウドファンディング手数料等に使用されます。募集期間や詳細は、アニメ化プロジェクト公式サイトで順次発表される予定です。

【PSV】新規シナリオを追加した『神咒神威神楽 曙之光』がlightより2013年4月25日発売決定!

lightより、PS Vita用ソフト『神咒神威神楽 曙之光(かじりかむいかぐら あけぼののひかり)』の発売が決定しました。 発売日は2013年4月25日、価格は通常版とダウンロード版が6,300円、初回限定版が9,240円(いずれも税込)。予約受付は2013年1月より開始予定です。

本作は、lightが2011年9月に発売したPC用ADVゲーム『神咒神威神楽』の移植作。神州・葦原中津国を舞台に、化外(けがい)との戦いを描いた“和風剣戟アドベンチャー”です。 同ブランドが発表した「PARADISE LOST」「Dies irae」に続く、“座”シリーズの最終作にあたる作品で、シナリオは正田崇氏、原画はGユウスケ氏、音楽を与猶啓至氏と、「Dies irae」を手掛けたお馴染みのスタッフが参加しています。

コンシューマ移植作となるPS Vita版は、正田崇氏が手掛ける4章のシナリオ“如月の章”、“弥生の章”、“箱根の章”、“龍明の章”を完全新規シナリオとして収録。それに伴い、Gユウスケ氏による完全新規グラフィックが追加されます。この新規シナリオと新規グラフィックによって、『神咒神威神楽』の世界は“新たな終幕”を迎えるとのこと。

なお、12月29日~31日に開催されるコミックマーケット83では、『神咒神威神楽』のB2タペストリーが販売予定。情報元の電撃オンラインではゲームのスクリーンショットも多数掲載されていますので、ぜひチェックして下さい。

Tag ⇒ | 神咒神威神楽PSVlight

【新作ゲーム】lightの『Dies irae』と『神咒神威神楽』のコンシューマ化が決定!

美少女ゲームブランド「light」がリリースしたPC向けアドベンチャーゲーム『Dies irae』と『神咒神威神楽』のコンシューマ化が決定しました。


『Dies irae(ディエス・イレ)』は、2007年12月に発売された学園伝奇バトルオペラADV。冬の日本を舞台にナチス・ドイツにより生み出された魔導兵器「聖遺物」を操る者たちの死闘を描いた伝奇バトルADVで、2004年のlight作品である『PARADISE LOST』と同様、シナリオと音楽はそれぞれ正田崇氏と与猶啓至氏が担当、原画にGユウスケ氏が起用されています。2009年7月には、既存シナリオに加筆修正を加えた新装版が発売された他、2009年12月に新シナリオを追加したアペンド版と、全シナリオを収録した完全版がリリースされました。


『神咒神威神楽(かじりかむいかぐら)』は、2011年9月30日に発売されたアドベンチャーゲームで、『Dies irae』の設定を引き継ぐIFストーリーを描く、純和風の世界観が特徴のADVです。シナリオは正田崇氏、原画はGユウスケ氏、音楽は与猶啓至氏と、前作のスタッフが継続して担当しています。


両作のコンシューマ版は、只の移植ではなくいろいろな追加要素が用意される模様。発売は『Dies irae』からの発売に、気になる発売日や対応機種はまだ未定ですが、詳細が決定次第ラジオやHPで公開していくとのことです。

Tag ⇒ | Diesirae神咒神威神楽light

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア