カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】第3期『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』の放送&配信日時が決定!主題歌情報やPV第1弾も公開! (02/18)
【PS4/NS/PC】『海腹川背 BaZooKa!』の発売日が決定!新アクション「バズーカ」と最大4人でのマルチプレイが楽しめるシリーズ最新作 (02/16)
【アニメ】『プリコネR』の放送局と放送開始日時が決定!スタッフ&キャストやキービジュアル・第1弾PVも公開に (02/15)
【PC】Epic Gamesストアで『Kingdom Come:Deliverance』と『Aztez』の無料配信を実施中! (02/14)
【アニメ】『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』の放送局&放送日時決定!OPは西川貴教さん+ASCAさん、EDは安田レイさんが担当! (02/13)
【アニメ】音楽朗読劇『MARS RED(マーズレッド)』が2021年にTVアニメ化!各メディアで展開するプロジェクトのポータルサイトもオープン (02/11)
【AC】『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』制作決定!MS操縦を体感できる対戦アーケードゲームの続編が登場 (02/09)
【AC/アプリ】アーケード向けの新作『武装神姫 アーマードプリンセス バトルコンダクター』発表!新作モバイルゲーム『武装神姫R(仮)』も制作中! (02/07)
【NS】HDリマスター版『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』の発売日は6月4日!フィギュアや新作ドラマCDなどを同梱した限定生産“蘇える秘宝版”も発売決定! (02/06)
【アニメ】50年ぶりの新作『ハクション大魔王2020』が4月より放送開始!大魔王役を山寺宏一さん、アクビ役は諸星すみれさんが担当! (02/06)
【アニメ】ウザカワな後輩ラブコメ『宇崎ちゃんは遊びたい!』がTVアニメ化、7月より放送開始!スタッフ&キャスト発表! (02/05)
【アニメ/OAD】『転生したらスライムだった件』第2期は2020年秋放送!3部作の新作OADも順次リリース! (02/03)
【PS4】『英雄伝説 零の軌跡:改』と『碧の軌跡:改』の発売日が決定!最新作『創の軌跡』とのデータ連動も発表 (02/02)
【アプリ】『キングダム ハーツ ダーク ロード』2020年春配信!“彼”が闇の探求者となった経緯が明かされる…? (02/01)
【PS4】『FF7 リメイク』のテーマソング発表記念トレーラーが公開!クラウドの女装姿や多数の新カットを収録! (01/31)
【アニメ】『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』スタッフ発表!新キャラ「あなた」の名前を決める投票企画がスタート! (01/30)
【ドラマ】大ヒット漫画『ONE PIECE』がハリウッドで実写ドラマ化!Netflixが全世界独占配信を発表! (01/30)
【アニメ】『虫籠のカガステル』がNetflixにて2月6日より配信開始!スタッフ&キャストや主題歌情報、PVが公開! (01/29)
【アニメ】『ラブライブ!』新シリーズのTVアニメ制作が決定!メインキャスト一般公募オーディション開催と読者参加型の投票企画の実施が発表に (01/28)
【ドラマ】科学ADVシリーズ第2弾『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』がハリウッドで実写化!TVシリーズドラマとして企画進行中! (01/27)
【ドラマ】藤沢とおる原作『湘南純愛組!』実写ドラマ化決定!アマプラにて全8話を配信! (01/26)
【アニメ】2020年夏新番『GREAT PRETENDER』キャスト発表!ティザービジュアル&PV公開! (01/25)
【アニメ】『イエスタデイをうたって』の放送・配信日時と主演キャストが発表!キービジュアル&特報PV公開! (01/24)
【アニメ】筒井康隆作『富豪刑事』がTVアニメ化、フジテレビ“ノイタミナ”他にて4月より放送開始! (01/24)
【アニメ】pixiv発の漫画『恋と呼ぶには気持ち悪い』がTVアニメ化!イケメンエリートとオタク女子高生のラブコメディ (01/23)
【アニメ】5年ぶりの新作続編『ログ・ホライズン 円卓崩壊』がNHK Eテレにて10月より放送開始! (01/22)
【PS4/AC】『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』の家庭版が2020年発売!“エクバ”のアーケード最新作も始動! (01/22)
【PS4/PC】アイマス家庭用最新作『アイドルマスター スターリットシーズン』発表!各シリーズのアイドルが出演する“アイドルプロジェクトプロデュース”ゲーム (01/21)
【話題】『ラブライブ!』シリーズの新プロジェクト始動が発表! (01/20)
【話題】『魔法少女リリカルなのは』シリーズの新プロジェクトが始動! (01/20)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > ARCHIVE - 2014年12月

【ゲームNews】MAGES.が名作ADV『この世の果てで恋を唄う少女YU‐NO』をフルリメイク!公式サイトもプレオープン!

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』

MAGES.のゲームブランド「5pb.」は、2014年12月28日から30日に東京ビックサイトで開催された「コミックマーケット87」にて、1996年に発売された美少女ゲーム『この世の果てで恋を唄う少女YU‐NO』をリメイクすることを発表しました。発売時期、プラットフォームは現時点で未定です。 発表と同時に公式サイトもプレオープンしており、ロゴ入りのイメージビジュアルが公開されています。

『この世の果てで恋を唄う少女YU‐NO』は、「ドラゴンナイト」シリーズや「同級生」シリーズなどの人気作品を生み出した「エルフ」が、PC-9801向けにリリースしたSFアドベンチャーゲームです。 企画・脚本・ゲームデザインを「EVE burst error」などの名作を手掛けた剣乃ゆきひろ氏(故・菅野ひろゆき氏)が担当し、物理や数学、哲学に宗教などの幅広い知識を元に作られた独特の世界観と、「A.D.M.S」(アダムス、オート分岐マッピング・システム)という画期的なシステムが高い評価を受けました。 1997年にはセガサターンに移植された他、OVA、コミック、小説などのメディアにも展開されています。

【アニメ】宝島社文庫の『響け!ユーフォニアム』が京アニ制作でTVアニメ化!2015年4月より放送開始!

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』

原作を武田綾乃先生、キャラクター原案はアサダニッキ先生が担当する青春エンタメ小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」が、京都アニメーションによってTVアニメ化されることが明らかになりました。 発表と同時に公式ティザーサイトと公式Twitterが開設され、ストーリーやキャラクター、アニメビジュアル、PVなどが公開されています。

「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」は、高校の吹奏楽部に入部した女の子たちが、部活動を通じてかけがえのないものを見つけていく青春ストーリー。 原作は宝島社文庫の小説作品で、宝島社のWEBサイト「このマンガがすごい!WEB」にて、はみ先生によるコミカライズも連載中です。 アニメ化自体は今年10月に発表されていましたが、今回制作会社やスタッフ情報、放送時期が新たに判明しました。

【アニメ】『グリザイアの迷宮&楽園』がTVアニメ化!2015年3月末より放送開始!初回は60分スペシャルでオンエア!

グリザイアの果実 第1巻(ニコ生スペシャルイベント視聴シリアルコード付き初回限定版) [Blu-ray] フロントウイングによるPC向けゲーム作品で、今年10月よりTVアニメが放送されている『グリザイアの果実』。 その続編となる『グリザイアの迷宮』と『グリザイアの楽園』のTVアニメ化が決定しました。

これはコミカライズ作品「グリザイアの果実 ~L'Oiseau bleu~」が連載されているマッグガーデンの月刊誌「コミックガーデン」の2015年2月号(2015年1月5日発売)で発表されたもので、放送は2015年3月末より、TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・BS11・AT-Xにてスタートする予定。 なお、初回は60分スペシャルで放送されるとのことです。

【アニメ】『Go!プリンセスプリキュア』公式サイト開設!お姫様姿の新プリキュアや作品情報が公開、主題歌も発表!

Go!プリンセスプリキュア-東映アニメーション

東映アニメーションによる新作TVアニメシリーズ『Go!プリンセスプリキュア』の公式サイトが開設。 華やかなお姫様風のロングドレスを身にまとった、キュアフローラ(春野はるか)、キュアマーメイド(海藤みなみ)、キュアトゥインクル(天ノ川きらら)たち3人の新プリキュアのビジュアルが解禁となり、同時に作品コンセプトなども明らかになりました。

「プリキュア」シリーズは、ごく普通の少女たちが、ふとしたことをきっかけに伝説の戦士“プリキュア”に変身して、世界を征服しようと企む悪と戦う変身ヒロインアクションアニメ。 その最新作となる『Go!プリンセスプリキュア』は、2004年から始まったシリーズの第12弾となります。 今作のテーマは「夢」となっており、夢に向かって一生懸命頑張る主人公の姿を通して、プリキュアを応援してくれている視聴者へ「夢のためにがんばること」で、自分自身にも大きなパワーが生まれることを伝えていくとのこと。

そして、夢と希望を与えてくれる「プリキュア」シリーズ12作目のオープニングテーマは、「2014 ミス・ユニバース・ジャパン」奈良代表の礒部花凜さんが歌う「Miracle Go!プリンセスプリキュア」に、エンディングテーマは数々のミュージカルに出演経験のある北川理恵さんの「ドリーミング☆プリンセスプリキュア」に決定しました。 このOP&EDテーマを収録した主題歌CDは、2015年3月4日にマーベラスからリリースされる予定です。

TVアニメ『Go!プリンセスプリキュア』は、2015年2月1日(日)よりABC・テレビ朝日系列全国24局ネットで放送開始予定。 なお、第1話の最後に発表される合言葉を、全国のおもちゃ売場他で伝えると、「これであなたもプリンセスプリキュアまるわかりムービーDVD」がプレゼントされます。 配布店舗については後日発表される予定です。

【アニメ】『のんのんびより』第2期のタイトルが『のんのんびより りぴーと』に決定!

のんのんびより:コンプリート・コレクション 北米版 / Non Non Biyori [Blu-ray][Import] TVアニメ『のんのんびより』第2期のタイトルが、『のんのんびより りぴーと』に決定しました。

『のんのんびより』は、家の鍵は閉めない、たぬきはよく出る…という田舎にある学校「旭丘分校」に通う少女たちのまったりとした日常を描く脱力系・田舎ライフコメディ。 原作は「月刊コミックアライブ」(KADOKAWA / メディアファクトリー)で連載されている、あっと先生による漫画作品で、TVシリーズ第1期は2013年10月から12月にかけて全12話が放送されました。 また、7月に発売された原作コミックス第7巻特装版の付録として、TV未放送話を収録したアニメDVDが制作されています。

【アニメ】『うーさーのその日暮らし』第3期が2015年に制作決定!

うーさーのその日暮らし 覚醒編 [Blu-ray] 2期まで放送されたTVアニメ『うーさーのその日暮らし』の第3期が、2015年に制作されることが明らかになりました。 公式サイトで特報映像が公開されており、宇宙空間に漂うボロボロになったメカウーサーが突如起動すると同時に、「Wish upon the stars 星に願いを」というメッセージが映し出され、第2期ラストから続くストーリーを予感させます。 詳細な情報は追って公式サイトなどでお知らせするとのことです。

『うーさーのその日暮らし』は、インターネット上に生息する謎の動物「うーさー」の日々の記録を描いた作品。 原作はクリエイター集団“supercell”のメンバーとして活躍する宇佐義大氏の日記風コラムから始まり、ふじのきともこ氏のイラストを加えた1コマ漫画が、2011年より星海社のWEBサイト「最前線」にて連載。 2012年9月に単行本第1巻が、2013年11月に第2巻が発売されています。

TVアニメ化においては、3DCGアニメーションで高く評価されているサンジゲンとライデンフィルム(第2期より)が制作を手掛け、ゆるっとした世界をハイクオリティのアニメーションで表現。 うーさー役を人気声優の宮野真守さんが担当することで、よりシュールな作品となって人気を博しました。 第1期は2012年10月から同年12月まで、第2期は「うーさーのその日暮らし 覚醒編」のタイトルで2014年1月から同年3月にかけて、共に5分枠の短編アニメとして放送されています。

【PS4/PS3】JOJOタッグバトル『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』発売決定!PS4体験版や「ジョジョASB」アップデートパッチ“Ver.1.05”も配信予定!

PS4・PS3「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」第1弾PV

バンダイナムコゲームスより、PS4&PS3用ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』の発売が決定しました。発売日、価格は未定です。

本作は、1987年にスタートし、27年経った現在も「ウルトラジャンプ」(集英社)で連載が続いている荒木飛呂彦先生の人気漫画作品「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にした家庭用ゲームタイトル。 「ジョジョ」ゲームとしては初のPS4対応ソフトとなる『アイズオブヘブン』は、ジャンルを「スタイリッシュタッグジョジョアクション」としており、自由に動き回れる立体空間で2対2のタッグバトルが繰り広げられます。

原作の独特で魅力的な絵のタッチは、3DCGによる美麗なグラフィックで表現している他、バトル中に繰り出される必殺技やキャラクター固有のスキル、特徴的な能力も限りなく再現しているとのこと。 また、自分の好きなキャラクターの組み合わせで夢のコンビを実現できるのはもちろん、原作でお馴染みの組み合わせによる連携必殺技の再現や、特定の組み合わせによる必殺技演出の変化など、ゲームでしか見ることのできないタッグバトルを楽しめるそうです。

【アニメ】『ジョジョの奇妙な冒険SC エジプト編』各局放送日時決定!OP主題歌やBD&DVD情報、PVも公開!年末年始に特番が放送!

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』エジプト編PV

荒木飛呂彦先生の同名漫画作品を原作としたTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』。 その第3部を描く「スターダストクルセイダース」の後半クール「エジプト編」の各局放送日時が決定しました。

最速となるのは、TOKYO MX1での2015年1月9日(金)24時30分からのスタート。 毎日放送、CBCテレビ、東北放送、RKB毎日放送、BS11、アニマックスでも順次放送が開始される他、niconicoやバンダイチャンネルなどでネット配信も行われる予定です。

また、新オープニングテーマのタイトルが「ジョジョその血の記憶 ~end of THE WORLD~」に決定し、1月28日にCDリリースされることも明らかになりました。 作曲は田中公平氏、作詞を藤林聖子氏というアニメ第1部を飾った主題歌「ジョジョ~その血の運命(さだめ)~」のコンビが復活します。 歌唱アーティストは後日発表されるとのこと。

この他、エジプト編のBlu-ray&DVDは全六巻で2015年4月より発売開始となることも明らかに。 これらの新情報をチェックできる最新PVや、年末年始に放送される特番の情報などもアップされています。詳しくは続きよりご確認下さい。

【アニメ他】TVシリーズ第2期『To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス 2nd』&PS Vita新作ゲーム『トゥループリンセス』製作決定!

To LOVEる-とらぶる-ダークネス Blu-ray BOX (完全初回生産限定版)(特製添い寝シーツ付) 千葉・幕張メッセで開催された「ジャンプフェスタ2015」にて、矢吹健太朗先生が作画、長谷見沙貴先生が脚本を手掛ける「ジャンプスクエア」(集英社)の漫画作品『To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス』のメディアミックス展開に関する新発表が行われました。

まず一つ目は、2012年10月から12月にかけて放送された、TVアニメの続編となる第2期の製作決定。 タイトルは『To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス 2nd(セカンド)』で、第1期と同じメインスタッフとキャストが再び集結します。放送時期などの詳細は決まり次第、公式サイト等で発表されるとのこと。 同サイトにてキービジュアルとタイトルロゴも公開中です。

続いて二つ目は、新作ゲーム『To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス トゥループリンセス』の製作決定。 こちらは2014年5月に発売された「To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス バトルエクスタシー」に続く、PS Vita向けゲームタイトルの第2弾となります。 前作「バトルエクスタシー」はお色気要素を含んだ3Dアクションゲームだったのに対して、『トゥループリンセス』は本格恋愛シミュレーションゲームとして製作されるとのこと。 発売は2015年の予定です。

『To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス』は、2006年から2009年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された『To LOVEる‐とらぶる‐』のスピンオフにして、実質的な続編タイトル。 集英社の月刊漫画雑誌「ジャンプスクエア」2010年11月号から連載が開始され、主人公リトとヤミ・モモの2人のヒロインを中心に、「バトル路線」「ハーレム路線」という2つを軸に据えたストーリーが展開されています。 シリーズ累計発行部数は1,400万部を超える人気作品で、2012年10月にTVアニメ化、原作コミックスに同梱されたOVAもヒットしており、2014年になってからはソーシャルゲーム化&PS Vitaゲーム化され話題となりました。

【アニメ】TVシリーズ『銀魂』第4期が制作決定!来年4月よりテレビ東京系にて放送開始!

銀魂 第58巻アニメDVD付予約限定版 12月21日に千葉・幕張メッセで開催となった「ジャンプフェスタ2015」のステージイベントにて、TVアニメ『銀魂(ぎんたま)』第4期の制作決定が発表され、2015年4月よりテレビ東京系で放送をスタートすることが明らかになりました。

『銀魂』は、現代の日本に近いパラレルワールド「江戸」を舞台に、主人公の坂田銀時(さかた ぎんとき)らが営む何でも屋「万事屋」のメンツが、さまざまな難題を解決すべく奮闘するSF時代劇。原作はコミックス累計発行部数4,400万部を突破している空知英秋先生による漫画作品で、「週刊少年ジャンプ」(集英社)の看板タイトルの一つとして2003年より連載中です。

TVアニメは2006年4月から2010年3月にかけて第1期が放送された後、2010年4月から2011年3月まで特選再放送「よりぬき銀魂さん」がオンエア。2011年4月から2012年3月まで第2期「銀魂'」が、2012年10月から2013年3月まで第3期にあたるTVシリーズ延長戦「銀魂'延長戦」がセレクション再放送「よりぬき銀魂さん」を内包する形で放送。2010年4月に劇場版第1弾となる「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」が公開され、2013年7月に「アニメシリーズ完結編」に位置付けられる劇場版第2作「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」が公開されました。

約2年ぶりの新シリーズとなるTVアニメ『銀魂』第4期は、アニメや劇場版で絵コンテ、演出などに携わっていた宮脇千鶴氏が新たな監督に抜擢。前監督の藤田陽一氏は監修に就くとのこと。

【映画】『蟲師 続章 鈴の雫』が2015年初夏に劇場上映決定!詠舞台『蟲師』も来年3月より上演予定!

蟲師 続章 其ノ四(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) TVアニメ『蟲師 続章』後半クールの最終話が放送された12月20日、『蟲師 続章 鈴の雫』が2015年初夏に劇場上映されることが明らかになりました。

特別編として劇場アニメ化される「鈴の雫」は、原作漫画において前後編で描かれた最終エピソード。 人でありながら山のヌシとなるべく生を享けた「カヤ」を巡る物語が描かれています。 映画の詳細は後日発表される予定です。

『蟲師(むしし)』は、時として奇妙な現象を招く妖しき存在“蟲”の専門家である“蟲師”の青年・ギンコの旅路を描いた伝奇作品。 原作は漆原友紀先生による漫画作品で、講談社の「アフタヌーンシーズン増刊」にて1999年から連載が開始され、その後同誌の休刊にともない「月刊アフタヌーン」本誌に移籍。2003年から2008年まで連載されました。 2003年の文化庁メディア芸術祭・漫画部門優秀賞、2006年の第30回講談社漫画賞・一般部門受賞、2007年の文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」マンガ部門選出作品であり、コミックスはアフタヌーンKCより全10巻、愛蔵版も10巻(特別篇「日蝕む翳」収録巻を含め全11巻)が発売中です。

【ゲームNews】「Evolutionシリーズ」新プロジェクト始動!ティザーサイトオープン!

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution 日本ファルコムは、「Evolutionシリーズ」の新プロジェクトが始動したことを告げると同時に、そのティザーサイトをオープンしました。

同社はこれまで、PSP向けに発売した「英雄伝説 零の軌跡」とその続編「碧の軌跡」にフルボイス化などの新要素を追加した「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」をそれぞれPS Vita用ソフトとしてリリースしています。

今回公開された「Evolutionシリーズ」新プロジェクトのティザーサイトには、青い空と白い雲を背景に、「進化」「飛翔」というキーワードが掲げられており、これまでの「Evolutionシリーズ」が既存の「英雄伝説」シリーズのパワーアップ版という位置付けだったことも踏まえて考えると、新プロジェクトは「英雄伝説 空の軌跡 Evolution」となるのでは…と勘ぐってしまいます。 詳細は近日公開予定とのことですので、続報に期待しましょう。

Tag ⇒ | 日本ファルコム

【ゲームNews】ファルコムの新作『東亰ザナドゥ』発表!現代を舞台にした“ザナドゥ”を冠する都市型神話アクションRPG!

『東亰ザナドゥ』

日本ファルコムは、同社初となる“現代”を舞台にした都市型神話アクションRPG『東亰ザナドゥ』を、2015年度の最初のタイトルとして発売することを発表しました。対応機種は不明です。

手堅い作りと絶妙なゲームバランスで人気のアクションRPG「イース」シリーズや、ドラマ性を重視した王道RPG「英雄伝説」シリーズなどでヒットを飛ばす日本ファルコムは、主にPCをプラットフォームにその土台を築き上げ、近年ではコンシューマゲームへ地盤を移しながらも着実に成果を上げ続けています。

そんなファルコムが2015年最初の目玉タイトルとして発表した『東亰ザナドゥ』。同作はこれまでのファンタジックな路線とは一変して“現代”を舞台としており、首都・東亰の郊外に位置する「杜宮市」で、異界迷宮「ザナドゥ」を巡る高校生・洸(コウ)と明日香(アスカ)の運命の物語が描かれるとのこと。

【PS4/PS3/PSV】『ワンピース 海賊無双3』発売日決定!サボ早期解放プロダクトコードなど三大初回特典も発表!

ワンピース 海賊無双3 (初回封入特典(「サボ早期解放プロダクトコード」、「ルフィの特別な衣装がもらえるプロダクトコード」、「アイテムが入手できるシリアルコード」)同梱)

バンダイナムコゲームスは、世界的な人気を誇る「ONE PIECE(ワンピース)」と、コーエーテクモゲームスの人気アクション「無双」シリーズとのコラボレーション最新作となる『ワンピース 海賊無双3』の発売日が、2015年3月26日に決定したことを発表しました。 価格はPS4&PS3版が7,800円、PS Vita版が6,800円(いずれも税別)です。

2012年の発売以来、全世界でシリーズ累計出荷本数220万本を突破した「ワンピース 海賊無双」。 その第3弾となる『ワンピース 海賊無双3』は、「無双」シリーズの特長であるシンプルな操作で無数の敵をなぎ倒す一騎当千のアクションを楽しめる爽快感はそのままに、豪快な演出の新アクションを追加。 また、PS3とPS Vitaに加え、今回は「ONE PIECE」ゲームとしても初めてとなるPS4にも対応し、美麗なグラフィックにより迫力を増したビジュアル表現で、より爽快感あふれるバトルを楽しめます。

さらに本作では、物語の始まりから最新エピソード「ドレスローザ編」までも、シリーズ最大ボリュームでハイクオリティに再現。前作未収録のエピソードも加え、「ONE PIECE」の世界を思う存分追体験できます。 麦わらの一味はもちろん、新キャラクターも続々と参戦し、過去最大のボリュームで展開するとのこと。 開発はもちろん、コーエーテクモゲームスの「無双」シリーズを手掛けるω-Force(オメガフォース)が担当しています。

【PS3/PSV】Zシリーズ完結作『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』が来年4月発売!「トップ2」「新劇場版:Q」「ガルガン」など6作品が新規参戦!初回版には外伝「連獄篇」をDL出来るプロダクトコードが同梱!

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 第1弾プロモーション映像

様々なロボットアニメから、作品の垣根を越えてキャラクターや機体が参戦する人気シミュレーションRPG「スーパーロボット大戦(スパロボ)」シリーズ。 その中でも旧αシリーズに次ぐ版権作品を扱った長編シリーズとして知られる“Zシリーズ”の完結作、『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇(てんごくへん)』が、PS3/PS Vitaの2機種で2015年4月2日に発売されます。 価格はパッケージ&ダウンロード版共に、PS3用ソフトが8,070円、PS Vita用ソフトが7,120円(いずれも税別)。

本作の参戦作品はZシリーズでも最大級の数となっており、「トップをねらえ2!」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」「翠星のガルガンティア」など6作品が新規に参戦。 「無敵鋼人ダイターン3」や「創聖のアクエリオン」など、『第3次スーパーロボット大戦Z』初登場作品を含めると、前作から10作品以上増え、総数は44作品というボリュームに。 グラフィックはハード性能を駆使した高解像度で描かれているので、作品を追うごとに戦闘シーンや演出がパワーアップしていく「スパロボ」シリーズならではの、まだ見ぬロボットたちのド派手なアクションにも期待がかかります。 なお、本作はPS3版とPS Vita版でクロスセーブが可能となっていますので、家ではより高解像度かつ大画面でプレイできるPS3で遊び、外では持ち運べるPS Vitaで家でプレイした続きを楽しむ、ということも可能です。

『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』の初回版には、限定封入特典として、全15話からなる「第3次スーパーロボット大戦Z 連獄篇(れんごくへん)」をダウンロード出来るプロダクトコードが同梱されます。 この「連獄篇」は前作「時獄篇(じごくへん)」の外伝であり、『天獄篇』への橋渡しとなる新作オリジナルストーリーが描かれるとのこと。 なお、この作品は「スーパーロボット大戦OG ダークプリズン」や「初代スーパーロボット大戦 HD版」のように後日単体で発売されることはないとのことですので、プレイしたい方はご注意下さい。

【話題】バンダイナムコゲームスが『バンダイナムコエンターテインメント』へと社名を変更!適用は2015年4月1日より、新社ロゴも公開に

バンダイナムコゲームスは、2015年4月1日より、社名を『バンダイナムコエンターテインメント』に変更すると発表しました。 これに伴い、バンダイナムコゲームスの事業に関連するグループ会社・19社の社名も変更するとしている他、新社名のロゴマークが公開されています。

この社名変更は、これまでバンダイナムコグループのゲーム事業全般を担い事業の拡大に努めてきた同社が、既存のゲーム事業に限定せず、事業領域をエンターテインメントと広く定義できる社名に変更をすることで、バンダイナムコらしい新たなネットワークを活用したサービス・コンテンツ事業に拡張し、更なる成長発展を目指すねらいがあるとのこと。

2005年にバンダイとナムコの経営統合によって生まれたバンダイナムコグループは、2006年に両社のゲーム部門を統合しバンダイナムコゲームスを設立。 コンテンツを創り出す「バンダイナムコスタジオ」との連携により、家庭用ゲームソフトや業務用アミューズメント機器の開発・生産・販売から、ネットワークコンテンツ、ソーシャルアプリの開発・配信、IP活用ノウハウを生かしたコンテンツの製作などを手掛け、エンターテインメントビジネスを多角的に展開してきました。 今後は“ゲームズ”から“エンターテインメント”となることで、さらに幅広い娯楽の分野へ進出していくことになりそうです。

【映画】週マガの話題作『聲の形』の劇場アニメ化が決定!

聲の形(7)<完> (講談社コミックス) 大今良時先生による「週刊少年マガジン」(講談社)の連載漫画作品『聲の形(こえのかたち)』の劇場アニメ化が決定しました。

これは12月17日に発売されたコミックス最終巻となる第7巻の帯で告知されたもの。 アニメ化企画が進行中であることは以前に発表されていましたが、今回劇場アニメとして制作されることが明らかとなりました。 公開時期やスタッフ、キャストなどはまだ不明ですが、今後「週刊少年マガジン」の誌面で随時続報が発表されていくとのことです。

『聲の形』は、耳が聞こえない少女・西宮硝子(にしみや しょうこ)と、彼女が転入先で出会った少年・石田将也(いしだ しょうや)が織り成す青春物語。 「聴覚障害者に対するいじめ」という重いテーマに真正面から挑み読者の反響を読んだ話題作です。 週マガ2013年12号の読み切り掲載を経て、2013年36号・37合併号から2014年51号まで、約1年3ヵ月にわたり連載されました。 なお、宝島社が年一回発行している「このマンガがすごい!」2015年度版では、オトコ編で見事、第1位を獲得する快挙を成し遂げています。 現在「このマンガがすごい!2015」特設サイトにて、大今先生へのインタビューが掲載されていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

【アニメ】新シリーズ『デジモンアドベンチャー tri.(トライ)』発表!スタッフ情報&キービジュアルが公開!

デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Blu-ray BOX 2015年春に公開が予定されているアニメ「デジモンアドベンチャー」の新シリーズ。その最新情報が公式サイトで発表され、タイトルが『デジモンアドベンチャー tri.(トライ)』となることと、制作スタッフが明らかになりました。また、主人公の八神太一(やがみ たいち)をはじめ、成長した“選ばれし子どもたち”8人が描かれたキービジュアルも解禁となっています。

本作は、1999年に放映され、全国の少年少女たちの間で大ヒットとなったアニメ「デジモンアドベンチャー」の新シリーズ。第1作は異世界「デジタルワールド」に放り出された小学生の“選ばれし子どもたち”の冒険が描かれ、2作目の「デジモンアドベンチャー02」では中学生に成長した子どもたちが登場しましたが、その2作に続く新シリーズ『tri.』は「02」からさらに3年後、17歳の高校生になった太一たちの物語が描かれます。

スタッフは、監督を「刀語」「ヨルムンガンド」「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」の元永慶太郎氏、シリーズ構成は「そらのおとしもの」「Persona4 the ANIMATION」の柿原優子氏、キャラクターデザインは「センコロール」「つり球」の宇木敦哉氏、企画・制作を東映アニメーションが担当するとのこと。

【映画】遊戯と海馬が復活!『遊☆戯☆王』の新作劇場版が2016年に公開!TVアニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」デジタルリマスター版の放送も決定!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ 決闘者の栄光 -記憶の断片- side:闇遊戯(仮) BOX 東映は、アニメ『遊☆戯☆王』の新作劇場版を、2016年に全国公開すると発表しました。

『遊☆戯☆王』は、カードデータを実体化させる架空のカードゲームを軸に、様々なカードを用いて繰り広げられる熱いデュエル(対戦)を描写しつつ、「デュエリスト」の主人公と仲間たちの友情や成長を描いていく物語。 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた高橋和希先生による漫画作品からはじまり、アニメや劇場映画、小説、ゲームなどのジャンルにメディアミックス展開されており、特にコナミから発売された本編のカードゲームをモチーフにしたTCGは全世界でシリーズ展開され、累計販売枚数が251億を突破するという大ヒットを記録。「世界一販売枚数の多いTCG」としてギネス認定されています。 また、1998年から放送されているTVアニメ版は、シリーズを追うごとに登場人物や設定を変え独自の路線で継続。今年4月からはテレビ東京系にてTVアニメシリーズ第5弾の「遊☆戯☆王ARC-V」が放送中です。

2010年に公開された「10thアニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を越えた絆~」以来、6年ぶりとなる新作となる『劇場版 遊☆戯☆王』では、シリーズ1作目のメインキャラクターである武藤遊戯(むとう ゆうぎ)と海馬瀬人(かいば せと)が復活。1996年の連載から20年目を迎える2016年に、完全新作のオリジナルストーリーで登場するとのこと。

Tag ⇒ | 遊戯王映画放送情報

【映画】アニメ『Wake Up, Girls!』の続編が新作劇場版として2015年に公開決定!ファンクラブの設立やベストアルバムのリリースなど新情報も発表!

劇場版「Wake Up, Girls!  七人のアイドル」 初回限定版[Blu-ray+CD] 山本寛監督によるアイドルアニメ『Wake Up, Girls!(ウェイクアップ・ガールズ)』の続編が、2015年に劇場公開されることが明らかになりました。

これは12月14日(日)に幕張メッセで開催されたイベント「Wake Up, Girls! Festa.2014 Winter ~Wake Up, Girls !VS I-1club~」にて発表されたもの。 続編制作&劇場公開決定の報と同時に、12月28日(日)から開催される「コミックマーケット87」への出展、オフィシャルファンクラブの設立、ベストアルバムのリリース、ニッポン放送の「Wake Up, Girls! オールナイトニッポンモバイル」の継続決定、2015年3月7日と8日に開催予定の「ソロでイベントやらせてください!」の生配信決定など、続々と新情報が発表されています。

また今回の発表に合わせて、『Wake Up, Girls!』の公式サイトも“WUG!ポータル”としてフルリニューアル。続編劇場版の公式サイトもオープンしました。現在、続編のティザービジュアルと特報映像を公開中です。

『Wake Up, Girls!』は、「らき☆すた」などを手掛けたスタッフが6年振りに再集結して制作したオリジナルアニメ作品。 宮城県仙台市にある芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」を舞台に、アイドルを目指す少女達の青春群像劇が描かれています。 2014年1月10日に劇場アニメが全国で公開され、同日より劇場版の後のストーリーを描くTVアニメが放送をスタート。3月にかけて全12話がオンエアされました。 2014年10月にはWEBアニメがネットで配信された他、漫画や小説、ソーシャルゲームなどにメディアミックス展開されています。

【アニメ】Comic REX連載『おくさまが生徒会長!』アニメ化決定!

おくさまが生徒会長! (1) (IDコミックス REXコミックス) 一迅社の「月刊Comic REX」(一迅社)にて連載中の中田ゆみ先生による漫画作品『おくさまが生徒会長!』のアニメ化が決定しました。

『おくさまが生徒会長!』は、ある日突然、主人公・和泉隼人(いずみ はやと)の家に押しかけ嫁としてやって来たカリスマ生徒会長・若菜羽衣(わかな うい)の無知ゆえの無防備な全開エロスに、隼斗が悶々とする毎日を送ることになる…というちょっぴりエッチな“ひとつ屋根の下ラブコメ”。
コミックスは現在6巻まで刊行中です。また、第3、4、5巻の限定版特典としてドラマCDが制作されています。

アニメの発表媒体など、詳細はまだ明らかになっていませんが、今後Comic REX本誌にて続報を随時お知らせしていくとのことです。

【アニメ】YJ連載『干物妹!うまるちゃん』のアニメ化が決定!

干物妹! うまるちゃん 4 (ヤングジャンプコミックス) 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中のサンカクヘッド先生による漫画作品『干物妹(ひもうと)!うまるちゃん』のアニメ化が決定しました。

『干物妹!うまるちゃん』は、外では容姿端麗、文武両道な「美妹(びもうと)」で通っているものの、家では限りなくグータラに過ごす「干物妹(ひもうと)」と化す女子高生・土間埋(どま うまる)と、その兄であるタイヘイの日常を描いたギャグ漫画作品。

連載は2012年の「ミラクルジャンプ」(集英社)での読み切り掲載を経て、「週刊ヤングジャンプ」2013年15号よりスタート。現在コミックスは3巻まで発売されており、12月19日に最新第4巻が刊行予定です。 また、「ニコニコ静画」や「ミラクルジャンプ」、集英社のWEBサイト「となりのヤングジャンプ」では、作者本人によるスピンオフ作品『ひもうと!うまるちゃんS』が連載されています。

【映画】細田守監督の最新作『バケモノの子』が2015年7月に公開!化け物と出会った少年の成長を描く冒険活劇

サマーウォーズ & 時をかける少女 細田守監督ダブルパック DVD-BOX (2作品, 208分) 細田守 アニメ [DVD] 「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」といったアニメーション映画作品で知られる細田守監督の最新作『バケモノの子』が、全国の東宝系映画館にて2015年7月11日に公開されることが明らかになりました。

2012年に公開された前作「おおかみこどもの雨と雪」は、「時をかける少女」「サマーウォーズ」のプロデュースを手掛けた齋藤優一郎氏(元マッドハウス)と細田監督が共に立ち上げた「スタジオ地図」の第一回企画・制作作品として発表され、興行収入42億円のヒットを記録。 第45回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門において最優秀長編作品賞を、第36回日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得ています。

前作から約3年ぶりの新作となる『バケモノの子』は、人間界の「渋谷」とバケモノが住む世界「渋天街(じゅうてんがい)」を舞台に、ひとりぼっちの少年・九太(きゅうた)とひとりぼっちのバケモノ・熊徹(くまてつ)が共に修業しながら成長していく物語。 テーマは“父と子”で、子供が多く人に影響を受けて大きく成長していく話が描かれるのだそうです。

【PC】新作ノベルゲーム『HOLY BREAKER!(ホーリーブレイカー)』PV公開!“樋上いたる×樫田レオ”による期待作がC87に登場!

『HOLY BREAKER!』PV

ビジュアルアーツは、12月28日より開催される「コミックマーケット87(C87)」で販売を予定しているPC用ソフト『HOLY BREAKER! ‐THE WITCH BETRAYED BLUE MOON WICCA.‐』のPVを公開しました。

『HOLY BREAKER!』は、ビジュアルアーツのゲームブランド「Key」のイラストレーターである樋上いたる氏が、新たな執筆活動に挑戦する為に設立されたWEBサイト「ITARU HINOUE Design Office」にて、今年のエイプリルフールにイラストを発表したのが始まり。

その反響を受けて、4月29日に東京ビッグサイトにて開催されたイベント「character1」で、本作の登場キャラクターがあしらわれたタペストリーが販売され、本格的にプロジェクトがスタート。 樋上氏の描いた2人の魔女が活躍する物語を、さらに創っていくことはできないか…そうインスピレーションを受けた制作スタッフが集まり、今回C87でノベルゲームを発売する形になったのだそうです。

【話題】『Angel Beats!』の新情報もある“ANIPLEX×Key”による新プロジェクト発表会が12月22日に開催!

Angel Beats! / エンジェルビーツ! コンプリート DVD-BOX (13話+OVA, 344分) アニメ [DVD] [Import] アニメ映像作品の企画・製作・販売などを手掛けるアニプレックスと、美少女ゲームにおける「泣きゲー」ジャンルの草分け的存在として知られるゲームブランドのKeyが、12月22日に都内某所で新プロジェクト発表会を開催すると発表しました。

当日は「ANIPLEX×Key Presents新プロジェクト&Angel Beats!新情報発表会」と題して、アニプレックスとKeyによる新プロジェクトの発表が行われる他、5周年を迎える『Angel Beats!』の新情報なども発表するとのこと。 発表会にはアニプレックスからプロデューサーの鳥羽洋典氏と宣伝プロデューサーの高橋祐馬氏が、ゲストとしてビジュアルアーツ代表の馬場隆博氏、ディレクターの魁氏も出演する予定です。

発表会の様子はニコニコ生放送で中継される予定。また特設サイトでは、記者会見の参加者を募集しています。 発表の瞬間をその場でご覧になりたい方は、12月14日(日)の23時59分までに特設サイトのフォームよりご応募下さい。

さらにこの発表会とニコ生での配信を記念して、TVアニメ『Angel Beats!』第1話から第3話の上映会の開催が決定しました。こちらはニコ生にて発表会が終わった後の21時より配信が行われます。 この他、新情報発表会の特製告知パネルが、12月12日よりアニメイト、ゲーマーズ 、とらのあななどの対象店舗にて設置されるとのことです。

【アニメ/ゲーム他】『ガンスリンガー ストラトス』がTVアニメ化!コミカライズやPC版のリリースも決定!

TVアニメ「ガンスリンガー ストラトス」

スクウェア・エニックスは、アーケード用オンライン対戦ゲーム『ガンスリンガー ストラトス』について、TVアニメ化・コミカライズといった今後のメディアミックス展開や、PCオンラインゲームのリリースなどの最新情報を、12月9日に都内で開催された「ガンスリンガーストラトス シークレットイベント 第一次メディア越境作戦」にて明らかにしました。

『ガンスリンガー ストラトス』は、「銃で撃ち合うことが最高に気持ちいい対戦アクションゲーム」をコンセプトとした、多人数対戦ガンアクションゲーム。 開発は「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」などに携わったバイキングが担当しており、2012年7月よりアーケードで稼働がスタート。2014年2月からは、新キャラクターや新モード、新システムなどを追加した続編『ガンスリンガー ストラトス2』が稼働中です。

最も特徴的なのは、2丁1組の「ダブルガンデバイス」と呼ばれるガンコントローラーによるアクションで、このガンデバイスを様々な形に合体させることにより、実際のゲーム中で使用する武器と性能が変化する仕組みになっています。 新型システム基板「Taito Type-X3」のパワーを生かしたフルHDのグラフィック、60fpsで流れるように動く豪華声優陣を起用した個性的なキャラクター達、そして世界観構築・原案をニトロプラスのゲーム作品や「魔法少女まどか☆マギカ」などのアニメ作品のシナリオを手掛けた虚淵玄氏が担当したことも当時話題となりました。

【PS4】『ファイナルファンタジーVII』のリマスター版がPS4向けにリリース!海外で2015年春に発売予定!

Final Fantasy VII - PlayStation Experience Trailer PS4

ラスベガスで現地時間の12月6日に行われた「PlayStation Experience」にて、スクウェア・エニックスの人気RPG『ファイナルファンタジーVII』のPS4版が、2015年春に発売されることが発表されました。

このPS4版はこれまでにリリースされているPC版と同じく、グラフィックスをアップスケールしたものになるとのこと。 何かしらの新要素や手直しなどが加えられるリメイク作ではなく、映像を高解像度化したいわゆるリマスター版としてリリースされるようです。 イベントではトレーラーが公開されていますが、海外向けにアナウンスされているのみで、現時点での日本での展開は未定となっています。

『ファイナルファンタジーVII』は1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売されたPS(PlayStation)用ソフト。 国内では「ドラゴンクエスト」シリーズと双璧をなす人気RPG「ファイナルファンタジー」シリーズの7作目に当たる作品として、シリーズ初となるPSをプラットフォームにリリースされ、発売初週に202万本の売り上げを達成。 国内での総出荷本数は328万本、全世界市場では980万本の総出荷本数を記録する大ヒットとなりました。

その後も新要素を追加してリリースされた海外版の逆移植作となるインターナショナル版やPC版の発売、本編のその後を描いたCG映画に「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」と総称される外伝作品群のリリースなど、数多くのスピンオフ作品が発表されています。

【PC/PS4】シリーズ最新作『ストリートファイターV』発表!海外向けにPS4版『ウルIV』の発売も決定!

Street Fighter V

SCEは現地時間の12月6日、ラスベガスで開催中のゲームイベント「PlayStation Experience」にて、カプコンの対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズの最新作『ストリートファイターV』を、PCとPS4向けにリリースすると発表しました。発売日は未定です。

本作は、2010年に発売され、出荷本数330万本を達成した人気タイトル「ストリートファイターIV」の続編。 シリーズとしては初となる「クロスプラットフォーム」プレイの導入が予定されており、PS4ユーザーとPCユーザー間での対戦も可能になるとのこと。

またイベントでは、アーケードやPS3、Xbox360向けに展開している『ウルトラストリートファイターIV』のPS4版が、北米で発売されることも発表されました。 こちらは海外向けにアナウンスされたもので、日本での展開については不明です。

【PS3/PS4】『GUILTY GEAR Xrd ‐SIGN‐』より一撃必殺技などの動画集を紹介。2Dアニメのように滑らかに動く3Dグラフィックスに注目

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)

12月4日にセガから発売されたPS3&PS4用ソフト『GUILTY GEAR Xrd ‐SIGN‐(ギルティギア イグザード サイン)』より、各キャラクターの一撃必殺技や覚醒必殺技などの動画を集めてみました。

アークシステムワークスが開発する人気対戦格闘ゲーム「ギルティギア」シリーズの完全新作タイトルとなる本作は、ドットによる2D表現だったこれまでのシリーズと異なり、ゲームエンジンに「Unreal Engine」を採用しキャラクターやエフェクト、背景などのビジュアル全てを3Dポリゴンで構築しています。 そのうえで、従来と同じ2D格闘ゲームの操作性を維持しつつ、3Dグラフィックを2Dアニメ調に描写することで、キャラクターの感情表現や劇的な演出、より躍動感あるアクションを実現しているのが大きな特徴です。

今回紹介する動画では、アニメのように滑らかに動くキャラクターたちや、3Dならではの演出の数々をチェックすることができます。 コンシューマ版で新登場したシン=キスクとエルフェルトのバトルシーンも見れますので、まだプレイしていないけれど興味がある…という方はぜひご覧下さい。

【映画】ガイナが“王立”の続編『蒼きウル』の制作を開始!2018年の世界同時公開に先駆けて2015年春に「オーバーチュア版」が配信予定!

蒼きウル 凍結資料集 GAINAX(ガイナックス)は12月5日、新作アニメ映画『蒼きウル』の制作がスタートしたことを明らかにしました。 公開時期は2018年で世界同時上映を予定しており、それに先駆けて2015年春に先行短編「オーバーチュア版」が本編と同様、世界に向けて配信される予定です。

『蒼きウル』は、1987年公開の同社制作によるSFアニメ映画「王立宇宙軍 オネアミスの翼」(以下「王立」)の続編として、1992年に制作が発表。 「王立」の監督・原案・脚本を務めた山賀博之氏(現ガイナックス代表取締役)が原作と脚本を手掛け、監督に庵野秀明氏、キャラクターデザイン・総作画監督に貞本義行氏と、「王立」の制作に携わり後に「新世紀エヴァンゲリオン」などで有名となった当時の中核メンバーをメインスタッフに起用し、新体制下のガイナックスをリードする大型企画として製作が検討されていました。

しかし、スポンサーを集められず予算繰りが困難になった事などが影響し、企画は頓挫。 その後「新世紀エヴァンゲリオン」にほとんどのスタッフがスライドした事もあり、結局1993年に凍結されることに。 1997年には一度企画再開の動きがあったものの、設定や絵コンテなどを収録したデータ資料集、戦闘機のフライトシミュレータ、テーマ(予定)曲のリリースなどに留まり、製作に関する情報が発表されないまま、十数年の歳月が流れる事となりました。

Tag ⇒ | 蒼きウル映画ガイナックス

sponsored link
広告枠
NEXT≫
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア