カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]アニメ紹介 > title - 藤田和日郎先生の作品は、やっぱり面白い。

藤田和日郎先生の作品は、やっぱり面白い。

先日ニコニコ動画を見ていたら発見した藤田和日郎先生の漫画原作のアニメ。

これを見ていたら、藤田先生の作品って面白いなぁ・・・と改めて実感しました。


からくりの君

今回紹介するのは、「からくりの君」

2000年3月に発売されたOVAで、原作である漫画は週刊少年サンデー1998年47号が初出。
藤田和日郎短編作品集『夜の歌』に収録されている作品です。


初めに言っておきますと、月並みですが「万人向け」ではありません

人それぞれの評価もありますが、それはそれとして、藤田先生の漫画に多いグロイ描写がそのまま再現されているので、それ系がダメな方にはお勧めできませんね^^;

それだけに再現度も高いのですが^-^;

個人的にはよくここまで藤田和日郎の漫画を表現できたなぁ・・・と。間違いなく傑作であると思います。


作品名からも分かるとおり、藤田先生の代表作の一つ、「からくりサーカス」に通じている、また原型となった部分がいくつも見られることも特徴です。

「うしおととら」を読まれた方は覚えがあるかもしれませんが、若い女性の心臓を動力とする「畜生からくり」と呼ばれる妖が登場したことがありましたね。

 近作でも子供の生皮をバネとして動く生き人形が出てきますが、「からくりサーカス」のオートマータより全体的にこちらのイメージが強いかもしれません。
 もともと、うしとらで人形の妖を出して興味が湧いて調べているうちに、今作や「からくりサーカス」に連なる「人形を題材とした物語」の構想を思いついたそうですから・・・^^;


懸糸傀儡の元になったであろう文渡蘭菊(あやわたりらんぎく)の操る絡繰人形。
違いとしては、こちらの人形は両手と両足の指を使って人形を繰ることでしょうか。そのため人形の操作中は動けず、供の睚弥三郎(まなじりやさぶろう)に援護してもらいながら戦うシーンが特徴的でした。また、両手両足を使って座り込んで操作するため、着物を着た恰好ではちょっとアブナイシーンがちらほら・・・^^;
蘭菊1蘭菊2

それもまた藤田先生の作品の特徴・・・でもありますがw

また「からくりサーカス」で登場した懸糸傀儡「あるるかん」の技の一つ、「コラン」を使うシーンもあります。

他にもオートマータの元かと思われる自律する機械人形や、からくりサーカスでの鳴海と同じように機械人形の体と一つになった人間などが登場。

 人物名にも、からくりサーカスの敵、フェイスレスの仮の名前の一つ才賀貞義の名と同じく、狩又貞義(かりまたさだよし)という敵が存在。一層「からくりサーカス」との関連性を感じます。

とにかく、「からくりサーカス」を読んでいたらニヤリとする場面が多くありますね^^



ストーリー

 時は戦国時代。悪大名・狩又貞義が擁するという「死なずの忍び」の秘密を追っていた下忍、睚弥三郎は、蘭菊という少女と出会う。人と見まごうほど精巧なからくり人形を操る彼女は、狩又貞義に家を滅ぼされた文渡の姫君であった。父の仇を討ち、家から奪われたからくり人形を封じるために旅をする蘭菊は、仇討ちの助っ人として当代随一の忍、鳶加藤を探していた。
 成り行きから蘭菊と行動を共にすることになる弥三郎。蘭菊の世間知らずな行動に戸惑いながらも、共に戦ううちに、その心の裏にある悲愴な想いと覚悟を知ることになる・・・。



まずアクションシーン。文句ありません。躍動感ある原作の戦闘シーンをアニメーションで再現したら、そのままこうなったのではないかと。飛び散る血飛沫や残酷表現もそのままです^^;
戦闘1戦闘2

次に藤田先生独特のキャラクターの人物像。恐怖の顔、怒り、悲しみの表情、そしてなんと言っても狂気に歪むニンゲンの貌・・・。
怒り哂う
狂喜狂気

よく表現できたと感心しました。「うしおととら」「からくりサーカス」などの漫画を知っている方ならご存知かと思いますが、どの作品にもイカれているとしか思えない人物が登場しますよね^^; アレがそのまま出てきます。





人形を繰りだすヒロイン、文渡蘭菊(あやわたりらんぎく)を矢島晶子、雇われの忍であり蘭菊の供、睚弥三郎(まなじりやさぶろう)を若本規夫、敵の首魁、狩又貞義を中田浩二が演じるなど・・・
アニメ版の声優が豪華なのも特徴ですね。
蘭菊3弥三郎1
弥三郎2蘭菊4

睚弥三郎(まなじりやさぶろう)役の若本規夫さんの主人公役は意外に?カッコよくてステキですw

それと蘭菊姫役の矢島晶子さんが見事にハマってらっしゃるw 強いけど守ってあげたい、凛としているけれど弱くて幼い一面もある・・・イメージにピッタリでした^^ 



独特の世界観、強くて魅力的な主人公、ヒロイン。
物語を巡る人物達とそれを描く多彩な表情、藤田和日郎作品の特徴の一つである狂気にはしる人物の描画やナレーションの語りに至るまで、全てが完全に藤田ワールドです。


私がニコニコ動画で見た当時にタグにあった「あなたの人生の時間を確実に奪います」。まさにその通りでした。それは実際に私の人生の40分弱の時間を削っていきましたが、決して無駄ではありません。一度見たら途中ではやめられない「藤田和日郎の世界」に引き込まれるものがありましたから・・・。要は見て損はないということですね^-^



このスタッフで「うしおととら」を再アニメ化してほしいと思うのは私だけでしょうか・・・;;





現在週刊少年サンデーで、藤田和日郎新連載として月光条例が連載されています。昔話の物語のキャラクターが人間たちの世界に現れて・・・と、独自の世界観は失われていません。人の感情の独特な表現も健在です。

このブログで毎週感想などを書いておりますので、興味がある方は見ていただけたらと思います。



からくりの君からくりの君
(2000/03/24)
矢島晶子岩本規夫

商品詳細を見る



夜の歌 (小学館文庫―藤田和日郎短編集 (ふD-21))夜の歌 (小学館文庫―藤田和日郎短編集 (ふD-21))
(2006/04)
藤田 和日郎

商品詳細を見る



からくりの君 サントラからくりの君 サントラ
(2000/03/23)
サントラ

商品詳細を見る





アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- saji - 2008年05月22日 13:25:42

おお、からくりの君。
藤田先生の世界観がしっかり出てましたね。
四十分あっという間でしたw

若本さんカッコよすぎるww

- Juliesky@管理人 - 2008年05月22日 23:24:04

コメントありがとうございます^^
>sajiさん
ほんとに40分すかっと持っていかれますよねw
若本さん主人公役はまってましたね~カッコイイ若本さん
久しぶりにみましたw

- そぺ - 2008年05月23日 00:48:44

貴重な睡眠時間40分削ったかいがありました^^
戦闘シーンよく動くので スゴイカッコ良かったですし( ゜∀゜)

若本…w
カッコいいYO!!(笑

- Juliesky@管理人 - 2008年05月24日 01:00:06

>そぺさん
最初40分・・・って迷ってしまいましたけれど、見たらあっという間でしたw こんな作品がまた出てくれないかなぁ・・・。
若本さんのカッコヨサは異常ですね^^

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア