カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【PS5/Xbox/PC】最新作の舞台は日本!『アサシン クリード シャドウズ』11月15日に発売決定!くノ一と侍のW主人公が戦乱の日本を駆け巡る! (05/17)
【アニメ】青山剛昌『YAIBA』新作アニメ化決定!青山先生による監修のもと“完全アニメ化”へ (05/09)
【AC】美少女格闘ゲームの先駆け『あすか120%』が令和に復活、『あすか120%エクサレント』として開発が決定! (05/02)
【アニメ】『まほやく』スタッフ&キャスト解禁!制作はライデンフィルム、主人公・真木晶役に花守ゆみりさんが抜擢 (04/26)
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]とらドラ! > title - とらドラ! 第16話 『踏み出す一歩』 感想

とらドラ! 第16話 『踏み出す一歩』 感想

第16話 『踏み出す一歩』より感想です。


ある関係の一つの終着点。



『本当は、生徒会長に当選して、会長が俺の事を認めてくれたら、その時に告白しようと思ってたんだ。だけど生徒会長になる頃にはあの人はもういない。だったらなる意味なんてないんじゃないかって、そう思ったら・・・。何もかもやめたくなって、壊したくなって・・・』

北村の生徒会長にならないためのグレた行動の全ては、留学してしまう会長への想いが叶わないことへのわがままからだったんだけど、竜児がそれを知って北村をぶん殴ってやろうとする行動や、分かりきった自分への情けなさを吐露する北村を見るあたり、等身大の少年としての『北村像』が出ていた気もしますね。

もっとも北村だけじゃなく、竜児や大河、会長も含めて周りの人間全てが思い悩む少年少女だったわけですが。ある一人の“絶対者”なんてものは存在しなくて、それぞれが悩みを持って生きてる青春群像劇な雰囲気が感じられた今回。


大河にとってかけがえのない人が北村だったように、北村にとっての絶対者は狩野会長だったわけで・・・。

大河に告白して振られる北村、以前はその時の北村の感情なんて考えてもみなかったけど、今回の実はものすごく落ち込んでいたっていう北村を見ても、また彼の人間性も見えてくるんじゃないかな。

振られて落ち込んでいた、そんな自分に希望を与えてくれた狩野会長を好きになって、生徒会長になって告白しようと思っていたら、その人は海外に留学してしまうという。北村が大河だったら、きっと同じようなことになっていたのかもしれない。一歩先に進んでいるんじゃなくて、大河と同じ位置に立っていた北村を思うと、大河→北村→狩野会長と後を追うこの関係がますます意味を持ってくる。

北村にとっての大河が『仲良くなれて嬉しかった』で、大河にとっての北村は自分の全てを変えてくれた人っていう認識の違いと、北村の心には既に狩野会長がいるってことが決定的に近づけない二人の関係を表していたんだけど、今回はそれがはっきり結果として出てしまった事は、ちょっと切なかったですね・・・。



生徒会長選挙演説会の日、意を決して会長に想いを告げる北村。でもその返事は返ってくることはなく・・・。

北村の友人として、告白に答えない会長を問い詰める竜児。でも竜児ができるのはそこまでで、それ以上狩野すみれを追っていくためには、北村のためを想って行動するアグレッシブな“何か”が必要だった。

『お願い、竜児。北村君の傍に今はいてあげて。私じゃだめなの。私じゃ傍にいてあげられないの・・・。私は大丈夫。大丈夫だから・・・。北村君の所に行ってあげて』

竜児は友達として北村に対して怒ったり、傍にいてあげることができるけど、大河は竜児のように北村に接してあげることはできない。そして自分の願いが叶わないことも、同時に知ってしまった。それでも、大切な人のために、何かをしてあげたくて――。

それが大河の自分勝手な行動だったとしても、狩野会長に挑むことが大河なりの北村への精一杯だったんじゃないのかな・・・。正しいとかそんなのは別にして。



『てめえに私の何が分かる!てめえみたいな単純バカになれるんだったらなりたいよ!真っ直ぐ突っ走るだけのバカになれたらって思うよ!好きなんて言ったら、あのバカは私についてこようとするじゃねえか!!私がそうしてほしいと分かったら、私のためにそうするだろうが!・・・いろんなもんを犠牲にして・・・。あいつはそういうヤツだ・・・だから・・・、だから私は馬鹿になれない!!』

狩野すみれは、自分の本心を押し殺して、好きだって伝えたら全てを投げ出してついてきてしまう北村のためを想って突き放すしかなかった。それでも、馬鹿でも真っ直ぐに突っ走れなくても、不器用なのはお互い様に思えます。好きなのに好きっていえない事情も分かるけれど、それだけに自分の夢に向かう理由や北村たちへの接点がもう少し欲しかった気がするんですよね・・・。

北村の会長への想いも、大河が北村を想う心も、狩野すみれが北村を想っていた本心も、全てに別れが訪れて。三者三様の恋愛劇は誰とも結びつくことはなく・・・。それでも、三人は前に進めたと思いたいです。

北村と会長のお話はこれで終わりかもしれないけれど、その先には未来がある事を信じて。



最後にしこりの残った亜美がみのりんに投げかけた言葉。

『罪悪感は無くなった?』

今回みのりんが大河に対して何もできなかったのは、恋愛から意識的に目を背けてるせい?それとも北村の心が大河に無いことを知っていたのに言えなかったから・・・?終始傍観者だった亜美には、前回みのりんが言っていたように全てお見通しだったのかも。それが正しいのかは分からないけど、二人とも表舞台に立たなきゃならない時はきっと来るはず。一つの関係は終点を迎えて、これから竜児たちにどんな変化が起こるのか、今後に期待したいですね。



次回 とらドラ! 第17話 『クリスマスに水星は逆光する』






<関連サイト>

とらドラ! 公式サイト





Tag ⇒ | *アニメとらドラ!

sponsored link

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます - - 2009年01月22日 21:05:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なぜか思い出すのはやんちゃしてもある程度許された小学校時代・・・・・・ - ぱるふぇり - 2009年01月22日 23:53:40

今回の一番の見所である大河VSすみれのデッドヒート、何がよかったかって内容以上に「きれいに」描かなかったことです。2人共ボロボロなのがきちんと分かる「汚い」描写だからこそよく映えた、と思ってます。
ただラスト、葉書のシーンなんですが、あれ実は大河が自発的に出したんじゃなくてすみれから頼まれたものだったりするんですよね。
ここは原作読んでないとアニメ組は?状態だったと思うんで少し残念です。
さてこれでとうとう6巻も消化。ホント展開速い速い。
次回7巻、悪夢のクリスマス編いよいよ開始、あー視るのが怖いorz

“バカ。” - kinuhiro - 2009年01月23日 00:03:26

地上はアナログではテレビに近付いて見ても
“バカ。”ってエアメール出したの誰だかよく分からなかったのですが・・・。
ストーリー上エアメールを書けてかつ書きそうなのは大河だけのような気もしますが?

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年01月23日 00:21:48

>ぱるふぇりさん

教室での喧嘩シーンは作画監督に入っていた沼田誠也さんが担当されたと話題になっていましたね。ぐいぐい動くので見入ってしまいましたけれど、それ以上に感情のこもった二人の表情に気を取られてました。

最後のエアメールは会長から頼まれたものだったのですか・・・。アニメでもその辺り描いてほしかったですね。

次回は悪夢のクリスマス!?・・・何だか怖い響きです(^^;


>kinuhiroさん

何の目的で大河がすみれにエアメールを送ったのか、原作では理由が描かれていたそうですが、アニメでは会長からの手紙を大河が送り返したのかな、くらいしか想像できませんでした。宛名は私も確認できず・・・申し訳ありません^^;

トラックバック

日常と紙一重のせかい - 2009年01月22日 20:11

とらドラ! 第16話 「踏み出す一歩」

わたしたちの足はどこかへ踏み出すためにあるんだ────。 とらドラ! 第16話 「踏み出す一歩」の感想です。

wendyの旅路 - 2009年01月22日 20:11

とらドラ! 第16話 「踏みだす一歩」 感想

みんな青春してますな~♪ 人を好きになるってすばらしい。

のほほん空間 - 2009年01月22日 20:45

とらドラ!十六話感想

とらドラ!第拾六話「踏み出す一歩」 北村に生徒会長になってもらうべく 演説をする

アニメ-スキ日記 - 2009年01月22日 20:50

とらドラ! 第16話 『踏みだす一歩』 (感想)

「罪悪感は無くなった?」 北村と会長の回でしたが、亜美が実乃梨に言ったこの一言が

ミナモノカガミ - 2009年01月22日 21:47

らび庵 - 2009年01月22日 21:48

とらドラ! 第話16話「踏み出す一歩」感想

大河の立候補はクラス全員での芝居だったのね。

日記・・・かも - 2009年01月22日 22:15

とらドラ! 第16話「踏みだす一歩」

生徒会長に立候補した大河。 果たして、北村の反応は?

アニメ好きのケロポ - 2009年01月22日 23:12

電撃JAP - 2009年01月22日 23:24

とらドラ! 第16話「踏みだす一歩」

博士「・・・凄いわ。」助手「言葉になりませんね。」...

Ηаpу☆Μаtё - 2009年01月22日 23:37

ゼロから - 2009年01月23日 01:39

とらドラ! 第16話 「踏み出す一歩」

逢坂大河が生徒会長に立候補したのは北村祐作を生徒会長に立候補させるための作戦だったのね。

ニコパクブログ7号館 - 2009年01月23日 02:30

とらドラ! 第16話

第16話『踏みだす一歩』とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]もう、OPは変えないのかな?

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア