カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【PS5/Xbox/PC】最新作の舞台は日本!『アサシン クリード シャドウズ』11月15日に発売決定!くノ一と侍のW主人公が戦乱の日本を駆け巡る! (05/17)
【アニメ】青山剛昌『YAIBA』新作アニメ化決定!青山先生による監修のもと“完全アニメ化”へ (05/09)
【AC】美少女格闘ゲームの先駆け『あすか120%』が令和に復活、『あすか120%エクサレント』として開発が決定! (05/02)
【アニメ】『まほやく』スタッフ&キャスト解禁!制作はライデンフィルム、主人公・真木晶役に花守ゆみりさんが抜擢 (04/26)
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』 感想

鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』 感想

鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』より感想です。

鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』

JUDA反撃開始!!


鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』1

レイチェルの帰還と共に発動するJUDA本部の奪還作戦。浩一と再開して喜ぶイズナや絵美への対抗心が強まってきた美海にはもう少し活躍してほしいところだけど、状況がそれを許してくれそうにもないんだよね・・・。それにしても下着姿を出し惜しみしないアニメですね^^; 


鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』2

絵美を心配してラインバレルには乗せまいとする浩一と、自分に湧きつつある使命感からラインバレル搭乗を望む絵美との軋轢。ラインバレルモードBの絵美の身体の負担はファクターの浩一の存在を無視して絵美が起動させているせい? 

元々のファクターが絵美で、ラインバレルも城崎天児博士が絵美のためだけに作ったのだとしたら、イレギュラーになった浩一のファクター化が原因とも考えられるけど・・・。記憶を取り戻しつつある絵美とラインバレルの関係は物語のキーポイントになりそう。


鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』3

石神社長が万が一のために作った非常用の侵入ルートを通り、JUDA本部に侵入を計るメンバーたちの前に、ホログラム姿の社長が出現。自分が死ぬことを前提に用意していたプログラムなのに遊び心満点な所が石神邦生クオリティ(笑) こんなセキュリティとは名ばかりのアトラクションについてこられるのはJUDAメンバー以外いないでしょうよ・・・最後の野球拳って何ですか(;´Д`) 社長にかかるあの光はさすがにDVDでとれたりしない・・・よね? 

うさんくさい姿でも再び出てきてくれたのは嬉しいですが^^; 今後はこのホログラム姿で毎回登場したりするんでしょうか。


鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』4

潜入メンバーの突入開始と同時に浩一は敵を引き付けるため陽動へ。対する桐山英治のプリテンダー。全国に自分の雄姿を披露するとか、子供じみた“正義の味方”の発想はラインバレルを手に入れた当初の浩一と被るものがありますね。「力を手にしたらダメな人間カテゴリー」な桐山だけど、浩一も誤った方向に突き進んでいったらこんな大人になったんだろうか・・・。そういう意味では今回の戦闘は昔の浩一との比較が出ているようで面白いかも。桐山の正義を否定する浩一は過去の自分がどういう風に映ったんでしょう・・・。


鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』5

浩一の住む街全体を人質にとっていたも桐山の企みも道明寺と青沼さんの活躍で無事解決。
これまでの行動からも道明寺は浩一の助けになろうとして特自に入ったように見えるけど、こういう事態まで想定して特自に入ったのかな?だとしたらさすがの切れ者っぷりだけど・・・。その辺りの道明寺のエピソードも映してほしい気もします。


鉄のラインバレル 第16話 『黄昏の断罪』6

Cパートはこれからの展開を予想させる伏線がどんどん出てきました。

加藤機関のジャック・スミスは青沼に頼みごと。森次に関わることかと思われ。
桐山から離れ加藤機関に在籍する森次。やはり自分の目的のために動いているような気配。
森次からと思われるサトルへの手紙。森次裏切りの真相判明?それともサトルの引き抜き?

そして最後に登場し、理沙子の前に現れる蘇った?矢島。

理沙子の事もちゃんと知っているようだけど、加藤機関に所属していることを考えると“あの”矢島なのかどうかはまだ怪しい・・・。あの時矢島の体は吹き飛んでいたはず。単に再生でないクローン体だとしたら記憶は後付けに埋め込まれたようにも思えますが。これから浩一の敵になったりしたら嫌だなぁ・・・。

JUDAの奪還から新展開を迎えるラインバレル。矢島の復活と森次の動向が気になります・・・。


次回 鉄のラインバレル 第17話 『機械じかけの呪い』

鉄のラインバレル 第17話 『機械じかけの呪い』




<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト






sponsored link

この記事へのコメント

桐山、原作ではギリギリまでカッコいいのに(笑) - westernblack - 2009年01月25日 10:04:51

アニメでは、割と早くから「実はバカ」として描かれ、気の毒に…でも面白かったですね
少し回ったところ、お若い方らしいブログ様で、桐山を単に「大人代表」と受け取ったらしい方にぶつかりました。いけません、こんなのと大人一般を一緒にしては(汗)桐山は「カッコばかりでダメな大人」の代表ですから…舌戦で負けてない浩一の純粋さがまぶしいですね。でも桐山を見てると他人事じゃないなあという気も…
それにしても速水さんの演技がすばらしかったですね。「俺は大人だぜ」って口で言ってるだけで、本質は幼稚園児の桐山を見事に表現しておられました。あの声で、地金が出てホントに子供みたいに焦る様が…(笑)
道明寺は確かに途中描写されていないところで特自に入ったという見方もできそうですね。既出の描写から示唆されるように、その直後に桐山に会ったのだとすれば、これも加藤の「想像」のうちでしょうか?
山下まで森次についていっちゃったら、(少なくともしばらくは)ツライ展開になりそうですが、どうなるのでしょうか。それともまったく別種の伏線でしょうか。とりあえず武骨な筆跡の毛筆というところが何とも森次らしい感じがしました(笑)
次回、復活した矢島が本格的に登場のようですね。だんだんヒーローらしくなってきた浩一ですが(いやむしろ、だからこそ?)、一般論としては変なコ。そして実はJUDAの他のメンバーも然り。対する矢島は常識人なところが魅力。次回、とりあえず口論にはなりそうですが、その内容が楽しみです。意外に(?)人間ドラマとして深いところに入ってきていますね
それでは失礼します

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年01月26日 01:24:50

>westernblackさん

桐山も初登場時は何だか影のある雰囲気でカッコ良かったのですが・・・結局あんな感じになってしまいましたね(^^; 速水さんの演技は確かに素晴らしかったです(笑)

森次からのサトルへの手紙はかなり意外に思えました。裏切った時点で言葉の類を元の仲間に残すとは思えなかったので・・・サトルを揺り動かす“誘い”の可能性もありますね。

矢島については何とも・・・本来の矢島そのものなのか、加藤に記憶を与えられた存在なのか。元の鞘に収まるような事にはならないような気がします。とにかく次回の展開が気になりますね(^^)

- ヴィー - 2009年01月27日 00:24:09

今回は(も?)ネタ満載でした(笑)

見ながらメモってたものから

・レイチェルの乗ってきた機体はF-35B量産型(現在開発が遅れに遅れている)
・レイチェルの発明品がUSB接続?
・シズナがハリセンぶちかました瞬間にキリヤマがラインバレルを抱えて飛び立ったのは「幻の湖」
・石神社長の全裸シーンで美海だけ見ている

「幻の湖」は東宝創立50周年記念に作られた大作ですが、あっという間に公開が打ち切られて今はカルト映画の上映会なんかでときどき上映されるものです。
クライマックスでヒロインが仇に包丁を突き刺した瞬間にスペースシャトルがドーン!と打ち上げというどこの劇場でも大爆笑間違いなしというシーンがあって、そこだけ見て大笑いするためにDVD持ってます(笑)

白い鰐は都市伝説ですが、これで「ストップ!! ひばりくん!」を思い出す人はもうロートルなんでしょうね(^^;

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年01月27日 02:12:52

>ヴィーさん

細かいところまで見ておられますね(^^) そう思って見てみると確かにネタが行き届いているような(笑)

「ストップ!! ひばりくん!」の白い鰐って作者が幻覚を見始めたってアレでしょうか? 『真っ白い原稿』の比喩表現みたいだな~と何かで見て思ったような記憶が^^;

トラックバック

パラサイト・イブ - 2009年01月24日 20:38

鉄のラインバレル 第16話「黄昏の断罪」

「特務室メンバーの反撃!」

日常と紙一重のせかい - 2009年01月24日 21:12

鉄のラインバレル 第16話「黄昏の断罪」

鉄のラインバレル 第16話「黄昏の断罪」の感想です。

ゼロから - 2009年01月24日 22:40

鉄のラインバレル #16「黄昏の断罪」

シズナがしているペンダントみてムッとくる九条美海。美海の嫉妬は、可愛いけど何故チェーンソ\\ー?

明善的な見方 - 2009年01月24日 22:45

鉄のラインバレル 第16話「黄昏の断罪」

鉄のラインバレル 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)(2005/06/20)清水 栄一商品詳細を見るやっぱり社長がいての作品ww

在宅アニメ評論家 - 2009年01月24日 23:24

鉄のラインバレル #16 黄昏の断罪

「君たちがこれを見ている時、私は既に死んでいるだろう」×100。 もはや何と戦っているのかわかりません(笑

ミナモノカガミ - 2009年01月24日 23:38

ふぉーおーる@好きならなんでもいいじゃん - 2009年01月25日 13:01

明善的な見方 - 2009年01月26日 23:38

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア