カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]ガンダム00 セカンドシーズン > title - 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』 感想

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』 感想

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン

第16話 『悲劇への序章』 以下感想です。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』

戦いの意思への変革


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』1

パング・ハーキュリー大佐による軌道エレベーターの占拠。

連邦の情報統制によりテロと断定づけられ、当然世論の支持を得られるわけもなく、その行動の真意が問われる中、状況を見守るセルゲイ大佐が思い出す過去。

若かりし頃のセルゲイ大佐、イメージ通りで何だか安心(笑) 髪型もそのままに若返らせたらこんな風になるよって典型で男前ですね^^; ハーキュリーとセルゲイを挟んで写真に写っていた女性は、セルゲイの妻でありアンドレイの母、ホリー。この人が巻き込まれた事件が、現在のセルゲイを縛りつけ、アンドレイに父を恨むきっかけを作ったようですね・・・。


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』2

アンドレイ、ルイスの平和への想いとハーキュリー大佐の思想。

アロウズの力による統制支配が世界に恒久的な平和をもたらすという考え。
中東へ圧力をかける政治姿勢、“力”の最たるメメントモリやオートマトンの無差別攻撃・・・。
劇中で見せられた数々の暴力はアロウズを間違った力による統治だと思わせるには十分。

ならその実情を知るアンドレイとルイスがアロウズに従事して信じ続ける平和とは一体何なのか。
ガンダムへの恨み、仲間を失った憎しみを持つルイス。アンドレイの父との確執。過去の遺恨ももちろんあるんでしょうけれど、何を以て彼らがアロウズの支配が平和足り得ると思うのか、改めて考えさせられたのは、今回のクーデターを起こしたハーキュリー大佐の行動からでした。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』3

アロウズのオートマトンによる、軌道エレベーター内部の一般市民を巻き込んだ無差別攻撃。

さらに情報統制として、クーデター側の軍がこれらの行動を起こしたと報道する許し難いアロウズの行い。しかしハーキュリー大佐はその事態が起こりうることを予測しながら、一般市民を人質にとり、その犠牲を以て連邦の腐敗を伝えることを選択しました。それがアロウズが起こした行動の結果であれ、罪のない人間を巻き込んでしまった事実に変わりはありません。

ルイスはかつてカタロンのテロで愛する人を失った上司と、その上司自身を目の前で失う光景を目の当たりにしています。ルイスの戦う理由の一つは禍根ですが、アロウズを構成する人間が全て反政府勢力に恨みを持っているわけでないでしょうし、アロウズの行いははっきり“悪”といってもいいでしょう。けれど、巻き込まれた人々の『痛み』で世論の目を覚まさせようというハーキュリー大佐の行動はどうしても正しいとは思えない。それこそアロウズと同じく最終的な平和の為と謳った犠牲を作り出している。

戦争に『正しい』は有りえない、憎しみを生む負の連鎖が今回でも引き起こされていました。端的に見たら、ソレスタルビーイングもアロウズも反政府勢力も正しいものなんてありはしないんですね。かつてのソレスタルビーイングの行動の結果が今の時代を生んだように、どの勢力も矛盾を抱えている。

どこまでも答えの出ない人々の争いに、全ての人が分かり合える道を探すという刹那の言葉が頭を過ります。このガンダム00の世界の戦争を背景にしたテーマで、刹那が求める道が争いを無くす答えに繋がっていることを信じたいです。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』4

ミスターブシドーの新型MS“マスラオ”と刹那のダブルオーライザーの戦闘。

トランザムを発動させた者同士の戦いはスピード感があって見応えがありますが、気になったブシドーの吐血は負荷のかかりすぎるGによるものか、それとも他に体に異常をきたす何かがあるのか。

ガンダムを超えるために闘うブシドーには仲間を弔うために最強を勝ち取ろうとした信念があった以前の姿よりも霞んで見えるのは私だけでしょうか。ストイックに強さを求めるだけなら戦争を望む誰かと大してかわりないような気も。それともフラッグを模したあの機体にまだその想いは残っているのかな・・・?

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』5

『刹那、お前は変われ。変われなかった俺の代わりに』

『解っている・・・ロックオン。ここで俺は変わる・・・俺自身を、変革させる・・・』

ロックオンの言葉の通り戦うだけだった自分を変えようとしている刹那と、修羅の道を突き進むブシドー。
サーシェスやブシドーのような、人の業を現した人間の描写も、今後の刹那と対比されていくような気がします。キャラクター的にはミスター・ブシドー好きなんですけどね^^;

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 『悲劇への序章』6

再び全てを飲み込もうとするメメントモリの光。
アロウズの凶行を前にしたソレスタルビーイング、セルゲイ大佐達、軌道エレベーターの下に集まる各陣営が垣間見るのは・・・。

次回 機動戦士ガンダム00 第17話 『散りゆく光の中で』

機動戦士ガンダム00 第17話 『散りゆく光の中で』




<関連サイト>

ガンダム00 公式サイト






sponsored link

この記事へのコメント

刹那とブシドーの「対話」が熱かったです…(哀) - westernblack - 2009年01月26日 07:32:06

ハーキュリーに関してはまったく同感です。というか、もっと頭を使って一般市民の犠牲が出ない方法を工夫してほしかったと、視聴中ずっと思っていました。アロウズの対応に対する認識も「予想していた」「わかっていた」とか言いながら、根は甘かったのではないかという気がします。終始納得できない顔をしていたセルゲイはうやはり作中一の良識派ですね。こんな立ち位置とは登場当初は予想していませんでした
刹那の独白に「戦争をなくすにはまず一人ひとりが変わること」というありきたりながら基本的なメッセージを感じます。ハーキュリーの発言の「豊かさを享受しながら知ることを怠った市民が…」にもそれを後押しするものがあった感じです(でもその命まで巻き添えにしてはいけません…)これを推し進めてくれれば、マクロスFとは違う結論も期待できそうですが…
ブシドー=グラハムは何か傍から見ると哀しいものがありながら、刹那とは相容れない存在となりつつあるようですね。本人的には一番満足できるのでしょうから、他人がそれを否定するのは難しいとも思いますが…
次回、巡る因果が絡まって何が起こる!?という感じですね
それでは失礼します

- ヴィー - 2009年01月27日 00:32:11

ハーキュリーは一番嫌いなタイプの軍人です。
軍人は政治に関与せずというのがまともな国での話とはいえ、あの思想は戦前の2・26事件の青年将校とも通じるものがあります。
あえてそうしてるんでしょうけどね。
やるなら連邦の官僚から名前だけでも首謀者を用意して、自分らはその指揮下にあるようにしないと、ただの軍事クーデターとしかみなされないですよ。

で、甘いなあと思うのはアロウズが行った虐殺行為を解放した人質が伝えてくれるってところです。
人質を解放した事は当事者しか知らないんだから、6万人でもなんでも全部殺しちゃえばいんですよ。
今まで数十万からの命を奪ってきたアロウズですから実行するのになんの障害も無い。
そこに思いが至らない佐官級って資質に問題あると思いますよ。
実際メメントモリが動き出したし、私でもそうするなと思いました。

これが「軌道エレベータ崩壊の危機?」なんでしょうかね。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年01月27日 02:04:34

>westernblackさん

自分が悪人になってでも世間に真実を知らせたいのは分かるんですが、そのために犠牲になった人々の事を考えると・・・。やはりしこりの残る回でした。

戦いを求め続けるブシドーと自分の戦いの意味を再び問いだした刹那。お互い相反する存在としてこれからも対峙していくように思います。
次回の展開が気になりますね・・・。


>ヴィーさん

人質を解放した時点でアロウズが介入することを予想をしていなかったのかと考えると、軌道エレベーターからの避難方法や安全性など細かいところまで考えてしまいますが、アニメの設定にそこまでこだわっても仕方ありませんね。

メメントモリ出現まで人質全員の被害を予想してはいなかったのではないかとは思います。

人によって意見もそれぞれあるようですが、ハーキュリー大佐の起こしたクーデターとその理由には納得できないの一言です。

近頃のガンダム - kinuhiro - 2009年01月30日 23:41:08

最近のガンダムはOPに裸体が出てくるんですね。(精神表現かな?)
ひょっとしたら(ナディアみたいに)肩ひもなし?
ララァもフォーもプルもちゃんと服着てたと思うんですが・・・。

さぁ、棒倒しが始まるんでしょうか?
ちょっとテッカマンブレード(オービタルリング)や銃夢(ザレム)と似てますよね。

リングで太陽光を遮ってしまうと
地球がその分太陽光を受けられなくなってしまうのではなどという考えもありますが、
常にリングの法線方向に太陽があるように(表現合ってるかな?)設定すれば太陽光を
遮らずに済みそうです。

太陽光発電でエネルギー問題が解決すると
原油や原子力燃料をどう処理していくかが問題になるかもしれません。
放っておくと、大気と大地が汚染されて木星や土星のようになるかも?

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年01月31日 01:33:05

>kinuhiroさん

裸体描写はおっしゃるとおり精神表現の類だと思います。
ガンダムシリーズ特有のNT同士の触れ合いだったり意識の共有のようなものも劇中にありましたし・・・。 

軌道エレベーターの倒壊は“倒壊”そのものが人類に大きなダメージを与えてしまいそうですが、本当に軌道エレベーターごと消滅させてしまうんでしょうか・・・。次回が気になりますね。

トラックバック

smiley days - 2009年01月25日 21:23

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 「悲劇への序章」

ガンダム00の16話の感想です。 刹那VSブシドー最初何言ってるか分かんなかったけどw、燃えたあああああああああ

日常と紙一重のせかい - 2009年01月25日 21:27

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第16話「悲劇への序章」

俺自身を変革させる… 第16話「悲劇への序章」

ミナモノカガミ - 2009年01月25日 21:43

ハルジオンデイズ - 2009年01月25日 21:47

O/bo/roΞRevival - 2009年01月25日 21:59

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #16「悲劇への序章」

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #16「悲劇への序章 」 ※追記にレビューを追加しました。 ※キャプ画像は後ほど追加いたします。

パラサイト・イブ - 2009年01月25日 21:59

ガンダム00 2nd 第16話「悲劇への序曲」

「メメントモリの占領」

スポーツ&ネットウォッチングブログ - 2009年01月25日 22:09

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯16 悲劇への序曲の感想

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯16 悲劇への序曲の感想 メメントモリもう一基あったwwwww

ゼロから - 2009年01月25日 22:09

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #16 「悲劇への序章」

セルゲイ・スミルノフ、反乱軍に合流。ティエレン・タオ2で乗り込むとはアローズ主導の軍に見切りをつけたのですね。

ソウロニールの別荘 - 2009年01月25日 22:24

ムメイサの隠れ家 - 2009年01月25日 22:31

機動戦士ガンダム00 2nd 第16話 「悲劇への序章」

クーデターを起こし軌道エレベーターを占拠した連邦軍に対しアロウズのとる策とは・・・

せーにんの冒険記 - 2009年01月25日 22:32

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第16話「悲劇への序章」

改革の時。 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD](2009/02/20)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る

らび庵 - 2009年01月25日 22:38

機動戦士ガンダム00 2nd 第16話「悲劇への序章」感想

あえて言うぞ少年!覚えておくがいい!

Ηаpу☆Μаtё - 2009年01月25日 22:55

電撃JAP - 2009年01月25日 23:06

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第16話「悲劇への序章」

博士「今回はセルゲイさん主役じゃろwww」 助手「全く持ってしてwww」

Mare Foecunditatis - 2009年01月25日 23:18

機動戦士ガンダム00 2nd シーズン 第16話 「悲劇への序章」

機動戦士ガンダム00 2nd シーズン 第16話 「悲劇への序章」 あえて言おう、おもしろくなかったと。

深・翠蛇の沼 - 2009年01月25日 23:35

機動戦士ガンダム00 2nd season 第16話「悲劇への序章」

六万人の市民を人質にとって軌道エレベーターに立てこもり 巻き込まれた人は完全にとばっちり以外の何物でもねーや。

紅蓮の煌き - 2009年01月26日 00:17

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第16話 「悲劇への序章」

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第16話感想です。 本家トランザムvs乙女座トランザム

もす。 - 2009年01月26日 01:20

新しい世界へ・・・ - 2009年01月26日 01:38

機動戦士ガンダム00 2nd season 16話「悲劇への序章」

もう1台のメメントモリが・・・!

たどたどしい日々 - 2009年01月26日 16:59

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 「悲劇への序章」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]

ゆぐどらしる えくすぷれす - 2009年01月26日 20:28

ゼロから - 2009年01月26日 23:21

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #16 「悲劇への序章」

セルゲイ・スミルノフ、反乱軍に合流。ティエレン・タオ2で乗り込むとはアローズ主導の軍に見切りをつけたのですね。

アマデウスの錯乱? - 2009年01月26日 23:45

機動戦士ガンダム00 2nd 第16話『悲劇への序章』

機動戦士ガンダム00 2nd 第16話『悲劇への序章』

トンネルを抜けるとまたトンネルだった - 2009年01月27日 00:12

機動戦士ガンダム00~第16話~悲劇へ序章

もし、この記事がヴェーダに武力介入され、情報統制された場合……

らしんばん@うぇーぶ - 2009年01月28日 21:47

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #16 「悲劇への序章」

馬鹿な!5分前の映像のはずだ! 連邦の映像処理技術は化け物か!?

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア