カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル 第20話 『運命の男』 感想

鉄のラインバレル 第20話 『運命の男』 感想

鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]
(2009/03/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

鉄のラインバレル 第20話 『運命の男』より感想です。

これがラインバレルの展開劇。


苦悩の美海。浩一への想い。

ペインキラーのDソイルの障害、絵美や理沙子に一歩遅れがちな浩一との関係・・・と、恋にも戦闘にも焦りを感じる美海。場の空気を読まずに皆の前で浩一を褒めちぎったり、心配する浩一に唐突にキスしたり余裕がない様子がありありと・・・。

美海が浩一を好きになる過程は絵美と比べて少なすぎだけど、だんだんと成長する浩一の姿が、自分が憧れた強いヒーローの姿と重なっていく様子を見て、美海の恋心を大きくしていったのかな。弱っている所に優しい言葉をかけられて、感極まった勢いがあのキスに繋がったってところ?(^^;

過去に家族を助けられなかった弱い自分を変えたいと思っていた美海は、正義の味方として弱い人々を守る浩一に憧れの意識を持つようになったんですね。当初はお姉さん的な印象から浩一へ依存する立場へ。これも浩一の成長があったからなんだけど、相変わらず受けに回って振り回される浩一は損してるのか得してるのか・・・。女心を理解できてない所、まだまだ浩一らしくはあるんだけど・・・恋愛ストーリーものだったら危険フラグがバキバキ立ってる所です。それとも、もう立ってるのかな(笑)


加藤機関との戦闘。美海の暴走、浩一の覚醒。

中島宗美とユリアンヌ・フェイスフルの待ち伏せを受けたシズナとイズナを助けるために、戦場に赴く浩一と美海。国連は加藤の力に屈伏して、浩一たちを敵として攻撃する。宗美の攻撃に巻き込まれる国連軍を守っても、浩一に対する攻撃は止まない・・・。

『ならば君は死ぬ。世界中を埋め尽くすマキナ(人間)共とともにな』

加藤が浩一に忠告した言葉は、この展開のことを指していたんでしょうね。敵からの攻撃から身を挺して守っても、味方として国連が動くことはなく・・・。宗美はそんな世界と人々を見限って、加藤の作る未来に賛同したと言ってますが、あのSな嗜好と過去のイメージが何か噛み合わないなぁ・・・。普通の家庭を持って暮らしていた宗美は世界の理不尽に直面して・・・ってところなんだろうけど、後付けな感じが否めません。酷薄キャラのままで通して良かったような気も。

浩一の危機の前に突然ペインキラーが復活。Dソイルも復活して美海覚醒か?と思ったら、意図的に暴走状態を引き起こして宗美もろとも自爆しようと・・・

『浩一くん・・・私の代わりに世界を守って・・・浩一くん、大好きだったよ・・・』

『美海!!やめろおおおおおお!!』

オーケストラアレンジの『鬼帝の剣』が流れて、これはどう見ても死亡フラグだ・・・(´;ω;`)と思ったら、浩一のラインバレルが間に合うという展開。ここで“間に合う”のがラインバレル。ロボットアニメお約束の“好きだったと告白→死亡END”なんて知らないねと言わんばかりに正義の味方は間に合ってくれました。

浩一の覚醒は黒いラインバレル『ブラックバレル・モードB』の変化で表現されたのは意外というか、これで絵美のラインバレル搭乗の機会はどうなるの?とか考えたりしましたが、これはこれであり?別の形で浩一バージョンの覚醒みたいなものを見たかった気もするけど、ラインバレルの真の姿があの黒い姿って事なんでしょうか。

ユリアンヌと宗美は覚醒したラインバレルの前にあっさり撃退。

宗美の方は胴体真っ二つで海に落ちたけど、これでもしかして退場?あの唐突な過去描写も何だか煮え切らないし、加藤機関側メンバーは人物の掘り下げがうまくいってないような気がします。全体的に見れば浩一の周囲がピックアップされる展開が多いから、仕方ないといえば仕方ないんだけど・・・。加藤個人の出番があっても、機関内部の状況が語られることは少ないですし・・・。今回の見どころがそこに無いと言われればそこまでなのですが^^;


勝利の後の不穏な空気

絵美が起動させた社長の置き土産、『フラッグ』が浩一たちをお出迎え。久しぶりに出てきた社長ホログラムは何だかホッとするなぁ・・・。前回のプログラムな感じで言葉を繰り返す社長は見ていて悲しかったですが・・・。

絵美によるフラッグの起動は加藤の想定通りだったから、加藤が手に入れたフラッグの“鍵”は別の目的のためにあるようですね。あの巨大飛行艇は借りの姿という可能性も?

フラッグの発進を見届けたサトルは一人残って、『ごめん、みんな・・・』って森次が残した手紙を握りしめてましたが、サトルの裏切りの予感がひしひしと。森次に引き続いてサトルまで裏切るのか、それとも森次の真意を確かめるための行動に出るのか?菅原マサキの不穏な動きと合わせて、加藤機関の内部でも何か起こりそうな気もします・・・。



次回 鉄のラインバレル 第21話 『狂気の翼』



<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- westernblack - 2009年02月21日 20:20:53

とりあえず美海の生存はおめでたいことでしたね。私はあの突撃の瞬間まで「あー色恋で周り見えなくて死ぬってやっぱりシャーリーのパターンだなー」と思ってたら、しっかり裏切ってくれました(笑)こういうのは嬉しいですね
浩一は妙な話ですが、バカにされても嫌がりはしても、ヒステリーを起こしたり逃げ出したりはしなくなったというところに成長を感じます。まあ、それが純粋に悪意によるものと感じれば、やはり怒るというか戦うのでしょうが。周囲との信頼関係ができてきたということで、必要な過程ですよね。バカ番組のようでいて、こういう描写が意外に細かいと思います
フラッグはやはり流れがちょっとわかりにくいですよね。むしろ次回以降にそれぞれの陣営のやり取りの意味が明かされる伏線と見るべきでしょうか。でもいずれにしても、加藤機関も「アクセスキー」を持っており、JUDA側はそれを知らないという重大なアンバランスがあるわけで、大丈夫?という感じですね(汗)
次回、とりあえずあの手紙には「ついて来い」と書いてあったのか「一人で生きていけ」と書いてあったのかといった辺りが気になります(笑)
それでは失礼します

う~ん? - kinuhiro - 2009年02月22日 23:50:49

なんか機神大戦ギガンティックフォーミュラとちょっと似てますよね。
UNとかロボットとパイロットの関係とか天野卯兎美とレイチェルとか・・・

UNって英和辞典にも載ってますよね。
NHKニュースではそんな言い方聞いたこと無いですが。
でもUNって軍隊は実在するのでしょうか?

機神大戦ギガンティックフォーミュラ
http://www.gigantic-f.com/

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年02月23日 01:34:39

>westernblackさん

美海については良い意味で期待を裏切ってくれたというところでしょうか?“王道”展開なら死亡していたのかもしれません。見ていて気持ちがいい方向に極めつつあるのかな~という気もしてきます。

物語当初の浩一から見たら、バカにされたらヒステリーになるイメージがありますが、やはり成長した事と、仲間との絆が上乗せされて・・・という所でしょうか。本当に成長しましたよね(^^)

フラッグについては加藤機関が有するところの何を意味しているのか気になりますが、JUDAにとっては脅威になりそうな予感がします。加藤の思わせぶりな様子からも。森次の手紙の内容を見て、裏切るつもりなのか、それとも真相を問い正すつもりなのか、サトルの動向が次回鍵になりそうな気がします・・・。


>kinuhiroさん

機神大戦ギガンティックフォーミュラ・・・あらすじを見る限り似ている部分があるようですね。アニメ自体は見ていないので良く分かりませんが(^^;

UNって・・・国連のことでしょうか。国連軍=UN軍で合っているのではないかと・・・。

- ヴィー - 2009年02月23日 23:49:07

立ちまくった美海の死亡フラグをバキバキにへし折る主人公。
やっぱりこのアニメはいいよ(笑)

加藤機関の面々はどうしても下っ端○号という扱いを受けがちですが、掘り下げても視聴者的に興味あるかどうか疑問だし、余計なものを付けなければいいのに…とは思いました。

あと4話かそこらでどう収拾をつけるのかと思いますが、間違いなく爽やかな終わりでしょうね。

国連軍はUnited Nations forceだからPKOなりPKFなりで出動してる部隊にもUN○○という感じのペイントがされてますね。
対JUDAということはUnited Nations force to JUDA、略してUNJU(アンジュ)とでも呼称するかもしれません。

------
最近おふざけで作ったものが妙に広まってしまってどうしたもんかと思ってます(^^;
URL先の画像なんですが、私のブログからリンクしてるわけではないので、どうも「本物」として流れてるっぽいです。
まあ、次もというか次が最後なので思いっきりやる予定なんですが(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年02月25日 00:00:43

>ヴィーさん

まさにラインバレル的な展開でしたね^^ 見事に鬱展開の流れをぶった切り(笑)

とってつけたような宗美の過去、確かに悪役として見せていたのに何だかなぁ・・・って感じがしました。ムダに掘り下げるよりは・・・という所に多いに納得です^^;

URL先の画像・・・!?え?これってネタ画像なんですか?
どこからどこまでがネタなんでしょう・・・!?

- ヴィー - 2009年02月25日 01:15:15

シールがネタですが、これが2ちゃんのスレ紹介サイトで取り上げられてそっから続々リンクという形に…

シールはpixaというフリーのCGツールで作ってシール台紙に印刷してカットしてます。

次回は「大丈夫!GONZOのアニメナンダナ」(エイラ親指立て画像を左右反転で使用)「聞けぃ宮藤!重大発表がある!詳細は中だ!」(もっさん)も貼ろうと思ってます。
「MCあくしず殿堂入り」なんてのもあるといいかなとか思いながら。
ファミ通に訴えられそうですが(笑)

4巻のときはこの程度だったんですが、いろいろ頑張りすぎちゃいました。
http://wie.air-nifty.com/blog/2008/12/dvd4-a779.html

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年02月25日 22:56:06

>ヴィーさん

いろいろとクオリティ高すぎです!(笑) 普通に釣られちゃいますよ(^^; 
なんだかストライクウィッチーズ第二期も製作決定とかで・・・コラか怪しかったのですが(ーー;) 職人さん恐ろしすぎます・・・(;^ω^)

トラックバック

ミナモノカガミ - 2009年02月21日 16:32

在宅アニメ評論家 - 2009年02月21日 18:13

鉄のラインバレル #20 運命の男(ひと)

イヤボーン戦士 ペインキラー美海。 「浩一くんは私が守る!」

日常と紙一重のせかい - 2009年02月21日 19:20

鉄のラインバレル 第20話「運命の男」

いよいよ佳境へ向かうかな。 鉄のラインバレル 第20話「運命の男」の感想です。

らび庵 - 2009年02月21日 19:41

紅蓮の煌き - 2009年02月21日 20:35

鉄のラインバレル 第20話 「運命の男」

鉄のラインバレル 第20話感想です。 実はドS中島のターン

せーにんの冒険記 - 2009年02月21日 22:27

鉄のラインバレル 第20話「運命の男」

死亡フラッグ。 最低じゃないだと… 鉄のラインバレル Vol.4 [DVD](2009/03/25)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア