カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】「ダンボール戦機」のスピンオフ『装甲娘』がTVアニメ化!『装甲娘戦機』としてゲームとは異なるストーリーが展開 (06/01)
【アニメ】なろう産ラノベ『チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~』のTVアニメ化が決定! (05/31)
【映画】『キングダム』実写映画の続編が製作決定!前作の主要キャストが再集結、原作者・原泰久先生も脚本に参加 (05/29)
【PS4/NS/PC】「リゼロ」の新作ゲーム『Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補』がスパチュンより今冬発売!「死に戻り」がシステム面で重要になるタクティカルアドベンチャー (05/29)
【ゲーム】『ダイの大冒険』の新作ゲームプロジェクトはスマホ、アーケード、家庭用の3タイトルが同時進行中! (05/28)
【アニメ/漫画】『ダイの大冒険』はテレ東系列にて10月より放送開始!スタッフ&キャストも発表!「Vジャンプ」ではアバンを主人公とした新連載が決定! (05/28)
【アニメ】『GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)』の主要スタッフが企画・制作の裏側を語る“プロジェクトPV”が公開! (05/26)
【アニメ】『神様になった日』の監督は「Charlotte」の浅井義之氏、ヒロイン「ひな」役に佐倉綾音さんが決定! (05/25)
【OVA】「ナナシス」新作アニメ『Tokyo 7th シスターズ ‐僕らは青空になる‐』が2020年夏に公開!“777☆SISTERS”を主役とした70分の完全新作ストーリー (05/24)
【アニメ】第3期『のんのんびより のんすとっぷ』が2021年1月より放送開始!スタッフ&キャストやキービジュアルが解禁! (05/23)
【NS】『BAROQUE‐オリジナルバージョン超完全移植版‐』が発売決定!1998年発売のオリジナルバージョンの移植版がSwitchに登場 (05/22)
【映画】アニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の新作劇場版が制作決定! (05/21)
【アニメ】『呪術廻戦』は10月より“スーパーアニメイズム”枠で放送!「両面宿儺」役は諏訪部順一さんに決定、スタッフ情報やPV第1弾も解禁! (05/20)
【OVA】『デート・ア・バレット』の前編「デッド・オア・バレット」が全国劇場にてイベント上映決定!「白の女王」らのキャストも発表! (05/18)
【アニメ】「NUT」の制作によるオリジナル作品『デカダンス』が7月より放送開始!スタッフ&キャストや主題歌が発表! (05/18)
【アニメ】『ラブライブ!』新シリーズプロジェクトのメインキャラが公開!TVアニメのスタッフも発表! (05/15)
【NS】ペーマリ最新作『ペーパーマリオ オリガミキング』がSwitch向けに7月17日発売!ペラペラのマリオが“オリガミ”の野望に立ち向かう! (05/15)
【PS4】期待の新作『Ghost of Tsushima』18分超えのプレイ映像が公開!モノクロ時代劇のような「SAMURAI CINEMA」やフォトモードなども明らかに (05/15)
【技術デモ】次世代ゲームエンジン『Unreal Engine 5』が初公開!PS5上で動作するリアルタイムデモがお披露目! (05/15)
【PC】Epic Gamesストアにて『Grand Theft Auto V』の無料配布が開始!「Epicメガセール」もスタート! (05/15)
【アニメ】Kラノベブックス『俺だけ入れる隠しダンジョン』のTVアニメ化が決定!スタッフ情報とティザービジュアルが公開! (05/13)
【アニメ】「少年ジャンプ+」連載の『終末のハーレム』が2021年にTVアニメ化!男性絶滅の危機に瀕した世界で描く近未来エロティックサスペンス (05/13)
【アニメ】『SSSS.DYNAZENON』のキャスト情報とメインキャラクターを描いたキービジュアルが解禁! (05/11)
【アニメ】麻枝准×P.A.WORKSによる新作『神様になった日』が10月より放送開始!「殺伐RADIO」の復活も決定! (05/10)
【アニメ】「犬夜叉」の続編『半妖の夜叉姫』が2020年秋より放送開始!殺生丸と犬夜叉の娘達が活躍するオリジナルストーリー (05/10)
【Xbox】バンダイナムコスタジオの新作『Scarlet Nexus(スカーレットネクサス)』が発表!未来の都市を舞台に超能力を駆使して戦う3Dアクションゲーム (05/08)
【アニメ】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』の新たな放送時期が2020年7月に決定! (05/07)
【PS4/NS】『ブレア・ウィッチ 日本語版』が6月25日発売!中井和哉さんの吹き替えによるトレーラーも公開に (05/05)
【PC】「ANIPLEX.EXE」ブランド第1弾『ATRI』&『徒花異譚』の体験版が配信開始!感想投稿キャンペーンも実施中! (05/04)
【アニメ】スマホRPG“キンスレ”がTVアニメ化!『キングスレイド 意志を継ぐものたち』として2020年秋より放送開始! (05/04)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒執事 > title - 黒執事 第20話 『その執事,脱走』 感想

黒執事 第20話 『その執事,脱走』 感想

黒執事  

第20話 『その執事,脱走』より以下感想です。

次々と消えてゆく登場人物たち・・・


事件の真相

親書を持っていたジョン・スタンレーは、ラウに殺されていた。スタンレーの事を聞いたシエルにラウが“知らない”と答えた時点で、裏切りは確定していたということでしょうか。

『ねえ伯爵。それに何が書かれていたと思う?ドイツとイタリアに対して軍事同盟を申し入れる外交文書さ。君の新愛なる女王はね、ヨーロッパを・・・いや、世界を戦争に叩きこもうとしているんだよ。アヘン・・・いや、“レディーブラン”によるフランスへの侵略を口火に。そう、かつて君の国が私の母国をアヘンで侵略したように』

ファントムハイヴの製品を偽装して麻薬を売っていたのはマフィアのコラールで、そのコラールはスタンレーからの依頼で麻薬を作っていた。アッシュいわく、スタンレーは女王の命令で動いていたということですから、これで事件の背後関係ははっきりしましたね。

女王はスタンレーを通じてコラールに麻薬をばら撒かせ、それを理由に戦争を仕掛けようとしている。ラウがスタンレーを殺害したのは、スタンレーがラウにちょっかいを出したという事を考えると偶発的なものとも思えますが・・・。 ともかく“親書”を手に入れたラウは、それをシエルが探していると知って、“ある文書”をシエルが入手したと誤情報をばらまいてシエルをオトリに使い、自分はその“親書”を手土産に外国へと渡ろうとしていた。

アッシュの言う“女王”が本物の女王なのかが気になりますが・・・女王は傀儡になっているのかアッシュが成り変わっているのか、どちらにしてもシエルの敵になりそうな予感。アンジェラも生きてましたし・・・。実はアンジェラとアッシュって同一人物なのかとも思えてきます。天使っていう特性から考えて。


ラウの裏切りの理由

ラウの手に腕だけを残して吹き飛ばされた女の子、英国服を着た人間たちにいたぶられる幼少時のラウの姿・・・。

冒頭の『胡蝶の夢』を詠むラウの回想から伝わる英国から受けた苦しみは、本人が英国に対する恨みが裏切りの理由とは違うと否定していても、今回の件に至るまで確実にラウの根底にあったものなんでしょうね。カリー品評会の時に女王が姿を見せた時、目を開いたラウの一瞬の表情も伏線だったのかと思うと、あの回も無駄ではなかったように思えてきます^^;

シエルのを裏切った理由を退屈な日常に飽きたからと答えるラウですが、その刹那的な人生観は大切なものを失ってしまったからだと考えると、少し切ないですね。


アバーラインの死

裏の世界で一人孤独に生きようするシエルの親身になっていたアバーライン。
前回立ててしまった死亡フラグを回収するという形で、シエルを庇ってラウに刺され、死亡・・・。

アバーラインはシエルが未来ある子供だとして守ろうとしました。シエルは既に未来を引き換えにしている身だというのに・・・。アバーラインらしい行動ですけれど、子供の未来を信じているなら尚の事、自分の妻と生まれてくる子供のために生き延びてほしかった。黒執事の“表”を担って事件に関わってきた人物だけに、今回の退場は残念です・・・。


セバスチャンとシエル

『片っ端から食い散らかすような真似はもう飽きました・・・。私が欲しいのは坊ちゃんだけ。他に欲しいものなどありません』

セバスチャンがシエルをどんなに大切に想っているかを表すこの言葉。最終回くらいまで取っておいてほしいセリフでしたが^^; 

セバスチャンがシエルを欲している理由は、使命を果たすためなら他を顧みない強さにもあったように思いますが、今回ラストでアバーラインを看取ったシエルに顔をしかめたのは、それに反する弱さを見てしまったからでしょうか。

アバーラインが自分を庇って死んでも、それを踏み台にして生きる意志を見せるような姿をセバスチャンは望んでいたのかもしれません。でも、アバーラインの死の前にシエルはそんな姿ではいられなかった。セバスチャンが今後シエルに対する評価を変えてしまうような事になるんでしょうか・・・。


登場人物が次々と退場し、孤独になっていくシエル。最後に自分の近くにいるのはセバスチャン1人だけになってしまうように思わせる展開。そのセバスチャンとの関係にも変化が起こりそうで・・・。
次回は使用人たちのお話のようですし・・・不安です。



次回 黒執事 第21話 「その執事,雇傭」



<関連サイト>

黒執事 公式サイト



ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople

Tag ⇒ | 黒執事アニメ

sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年02月28日 01:41:33

カティサークが就役してるってことはアヘン戦争なんか過去の話であることを押さえておくべきでした。

カティサーク(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF

しかし、イギリスがドイツ、イタリアと手を組んでフランスを侵略しようと考えるなどとは…この女王は間違いなく偽者です(笑)
イギリスがヨーロッパに手を出すはずが無くて、それをやらざるを得なくなって凋落したのがWW1、WW2なんですから。
それはまだもう少し先の話だと思います。

アバーラインが死んだときのセバスチャンのキツい目は坊ちゃんの心がひと時と言えどもアバーラインに寄り添っているのが我慢ならない嫉妬の炎だと解釈しました。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年02月28日 21:44:36

>ヴィーさん

19世紀のイギリスの史実をモチーフにしているだけでなくて、時系列も取り入れてるんですね(^^; それを踏まえるとこの女王は偽物で、最後の黒幕は偽の女王か天使・・・なんてことになるんでしょうか。

セバスチャンの「愚かですね」という言葉から、直感的にシエルが人間の持つ弱さを見せたからかなと思ったのですが、嫉妬という解釈もあり得ますね。

トラックバック

日常と紙一重のせかい - 2009年02月28日 08:24

黒執事 第20話「その執事、脱走」

交わってはならないもの 黒執事 第20話「その執事、脱走」の感想です。

獄ツナBlog5927 - 2009年03月01日 12:07

黒執事第20話 「その執事、脱走」

アニメ黒執事。「アン

深・翠蛇の沼 - 2009年03月02日 18:46

黒執事 第20話「その執事、脱走」

セバスチャン 「実はヨーロッパに黒死病を流行らせたのは私なんです」 500年以上前のことなのに……

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア