カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
【アニメ】「まどそふと」の学園恋愛ADV『ハミダシクリエイティブ』がTVアニメ化!5分尺のショートアニメとして2024年に放送 (09/01)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒神 > title - 黒神 The Animation 第9話 『母の影』 感想

黒神 The Animation 第9話 『母の影』 感想

『黒神 The Animation』 

第9話 『母の影』より感想です。

陰謀渦巻く沖縄編。


獅子神黎真

魁音寺雪は佐野茜のルートである事は以前から言われていましたが、今回それを怪しむべき点がいくつか。雪の父親である魁音寺グループ総裁が、雪を閉じ込めるように扱っており、雪本人もそれが原因で自分が実はルートでないのではないかと疑問を感じ始めているというのがまず一つ。

もう一つは、いつも傍にいる黎真が雪の契約者ではないということ。黎真自身は雪を必要とする素振りを見せていますが、利用するためのポーズを取っているようにも見えるんですよね。雪が黎真に依存している点もフラグめいているかと。

『理由と目的を教えてもらおう。魁音寺グループに入り込み、マスタールートを生産している。我々に人間向けの理想論を語る必要はない。』

『君たちは自分たちが正しく、私が間違っているという前提のもとで話をしている。そういう連中にする説明はない。』

シュタイナーと黎真の邂逅。下界(人間界)を浄化するために、自らの一族を殲滅し、各地で霊石を破壊し、マスタールートを量産する黎真の真意は、今まで以上の事は何も語られず。ただ、今の世界を壊したいという事と、『真の神は私ではない』と言った事が気になりますね。その“真の神”が彼の契約者ということでしょうか。

エクセルとシンクロしたシュタイナーを、シンクロなしで難なく退ける姿は正に最強の風格といったところ。クロと慶太が渡り合えるようになるのはまだ当分先になりそうです・・・。


蔵木大地

少しずつ見えてきた大地の人物像。独自にドッペルライナーシステムを解き明かし、黎真の元に辿りついた大地。それを知ろうとしたきっかけは、慶太の母親の死が起因しているようですが・・・。

『僕はルートですか、サブですか』

『お前は怖くないのか?』

『自分の運命を知ることより、ただ待っている方が怖いです』

自分がサブであったなら、ルートを殺してでも生き延びてみせる。その強い意志と才能を買われ、黎真に取り入る形で部下となった大地。しかし黎真の目的は世界を破壊することである事を知り、黎真に一族を滅ぼされた元神霊の雷呀を手駒に、謀反を企んでいる様子。

単純に黎真が世界をどうこうするからという理由ではないようにも思えますが、慶太に関する執着が少なからず見られる事からも、一筋縄ではいかない性格が窺えます。黎真に隠れて上手く暗躍してくれると良いのですが・・・。


慶太の成長

慶太が捜していた母親にそっくりな写真の人物、七瀬忍は、慶太の母、麻季のドッペルライナーであり、比の契約者。慶太に同情を装って近づいてテラを吸い尽くそうとする辺り、やっぱりまともな人物ではなかったようですね。比のパートナーという時点で何となく予想はつきますが(^^;

テラを吸い取られ、立つこともままならない状態で、クロの危険を感知して立ちあがり、サウザンドを放つ慶太。戦いの面でもパートナーを助ける主人公の面でも成長の様子が見られました。今までクロのブースター的な役割だった慶太が、攻撃手段を持った意味は大きいですね。前回のサウザンド発動時より明らかに“攻撃”の度合いが強くなっていましたし。

後は“サブ”であるネックがどうなるかですが・・・これは物語の進行に応じて解消する問題になりそう。・・・ちなみにこれって2クールでしたよね?(^^;


比に囚われたクロ、雷呀によって攫われ、おそらくは大地の手に落ちたと思われるカクマ。沖縄にやってきた黎真・・・と事態がどんどん展開してきました。沖縄編を契機に、戦闘シーンもストーリーも張りがあって面白くなってきたように思います。慶太自身の成長も見込めますし、次回も期待できそうです。



次回 黒神 The Animation 第10話 『末路』



<関連サイト>

『黒神 The Animation』オフィシャルサイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople

Tag ⇒ | 黒神アニメ

sponsored link

この記事へのコメント

- westernblack - 2009年03月12日 02:17:09

予備知識なしで見始めたので知りませんでしたが、雑誌情報だと2クールのようですね。だとすると、これは次クール以降、予想外の波乱万丈が見られるかも…?
尺があるなら、大地が注目キャラというご意見に同意です。こういう状況を引っ掻き回してくれるキャラは大好物です♪彼をはじめ、ここまでくると敵キャラは全員一癖も二癖もある感じですね。主人公ペアにはない吸引力を作品に与えてくれている感じです(でもしつこいですがクロが好きです)
慶太は、「母と同じ顔」の忍に、はっきり敵と分かった時点で迷わず敵意を向けたことに拍手です。他所様で「結構急成長するかも?」という情報をいただいていましたので、これでもうすぐ終わりならつまらんと思いましたが、2クールならOK!ここから、さらなる試練と絡めて深いテーマに踏み込んでくれるとよいですね。間延びするだけなら嫌ですが…でも前にコメントさせていただいたように、基本はクロが健気でかわいければ見続けます。そして今回も比許すまじ…
それでは失礼します

- ヴィー - 2009年03月12日 23:24:39

これ2クールなんですか?
もう終わりに入ってるのかと思ったのに(笑)

冷静に考えるとドッペルライナーシステムでは人が死にすぎると思うんですがどうなんでしょう?
全人口の1/3がオリジナルの顔で、残りの2/3が同じ顔、ということは人種的にも同じだからどう考えてもすぐに出会ってサブが死んで人口が急激に減少して人類あぼーんな気がします(笑)

ともかく、殴り合いがキモというかそれ以外が無いんだからもう少し頑張ってくれないと(^^;
作画はものの見事に韓国人ばかりでしたね。
20年ほど前に見た韓国の漫画は技術的にもまだまだでしたがここまで成長したわけですか。
その意味では温かい目で見てあげるべきものなんでしょうね。
個人的にはやっぱりガンガン系は受け付けないなとしか思えないんですが(^^;
それでも見る(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月13日 22:09:59

>westernblackさん

2クールということをまず初めて知りました(^^; てっきり1クールで終わるものと思っていましたので・・・。そうなると今の状況から後半一変する可能性も出てきますね。慶太の成長も多いに見込めることですし(^^) あとは・・・2クール終わるまで視聴できるかが問題なのですが(;;) 時間が許すかぎり視聴は続けたいです・・・。


>ヴィーさん

う~んストーリー的に調整の意味合いもあるのかもしれませんが(^^; 日本国内外でどうなってるんでしょうね?(汗

慶太たちの住んでいる街では意図的にルートが作られるように仕組んでいたらしいので、死亡事故なんかは絶えなかったのだろうと思われますが・・・。全人口の3/1が同じ顔って考えてしまうとおそろしい(笑)

原作が韓国人の方で、ネームバリューもあるそうですから、そっちの方から人も集まるのかもしれませんね。戦闘は一旦盛り下がってから、少しずつ頑張ってきてる感じでしょうか。

2クール目まで視聴できるか分かりませんが・・・(^^;
後半の展開に期待したいと思います。

トラックバック

wendyの旅路 - 2009年03月07日 19:17

黒神 The Animation 第9話 「母の影」 感想

進展はありましたが、何だかいまいち(>_

おきらく委員会 埼玉支部 - 2009年03月08日 11:20

「黒神 The Animation」 第9話『母の影』   

 第9話「母の影」 黎真は沖縄行きを魁音寺雪に告げると、マスタールートに未だ成れ

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア