カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒神 > title - 黒神 The Animation 第10話 『末路』 感想

黒神 The Animation 第10話 『末路』 感想

『黒神 The Animation』 

第10話 『末路』より感想です。

咎人達の終焉。


黎真と蔵木大地

黎真は集めたマスタールートを元神霊と契約させることが目的のようですが、何を目論んでいるにせよ、マスタールートはいいように扱われているだけという気がしますね・・・。

蔵木に対しては自分と契約するかと持ちかけるほど信頼を置いているように見せて、それを断る理由も見通しているように思えます。今は黎真に隠れて一人暗躍する蔵木ですけど、黎真の手の上で踊らされていた・・・なんてことにならなければ良いのですが。


比VSクロ

比のクロに対する執着とSとMが混じったような性癖は・・・やっぱり見てると嫌悪感が湧きますね(^^; 

最初に出てきた頃は冷酷非道なイメージだけだったのに、クロが絡んでからはどんどん倒錯してねじ曲がったキャラになってしまったなあ・・・。

戦闘は散々クロがいたぶられて、最後はイクシードで一発逆転。相手が比だけに殊更痛めつけられる描写が・・・もうこういう風に見せたいっていうのもあるんでしょうね(^^;

今回戦闘の流れで“シンクロ”していたように、あのシンクロシーンって必ずしも必要でない、逆に戦いの合間に挟んでしまうことで、テンポが崩れるような気がするんですよね。今回を見て尚のことそう思えました。シンクロ演出は限られた場面だけで良い。今回に限ってはそういった見せ方があったので良かったと思います。


慶太の母の死の真相。マイナスルートの存在。

比の契約者、七瀬忍は、慶太の母親のルートではなく、サブだった事が明かされました。
そして、慶太の母親を殺したのは忍だったということも。

ルートを殺したサブは、“マイナスルート”と呼ばれる存在になり、他人からテラを吸って生きるようになる・・・。

自分が生きるために、他のサブや慶太の母を殺したことは許されることではありませんが、サブとして生まれた忍の人生が悲惨だったこと、更に、恵まれた人生を歩むルートに自分の命を捧げなければならない絶望感・・・。自分の運命を変えたいと願って、比の甘言に乗ってしまった忍を、慶太は最後まで恨むことはできませんでした。

『どうして・・・どうしてドッペルライナーシステムなんてあるんだ!』

同じサブである慶太は、誰かが幸せになる代わりに、誰かが不幸になるというドッペルライナーシステムの存在に、ついに否定の考えを提示しました。黒神のストーリーの主軸になる問題ですよね。
クロたち元神霊が共存均衡を保つために見守ってきたこのシステムを、根本から変えることが最終的な慶太の目的になっていく・・・そんな予感がします。


蔵木大地と慶太の接触

茜さんと慶太を自分の元に招き寄せる蔵木。・・・このアニメ、2クールなんですね(^^;
正直、蔵木が動き始めたのは最終回をアニメオリジナルで終わらせるための伏線だと思っていたのですが・・・今のタイミングを考えると、中盤でお役御免・・・なんてことになりそうな気も・・・。

黎真から離反するのは目に見えていますし。それとも、慶太と共同戦線を張ることに・・・はならないかな(^^;

茜さんは魁音寺雪のドッペルライナーだから、いろいろと利用価値はあるんでしょうけれど、慶太に関わるのは何故でしょう。昔の親友だから、というだけなのか・・・。それも次回明かされそうですね。


ちなみに比の最期は、これまで自分が行っていた“テラ絞り”を、蔵木によって自分が体験するという因果応報ともいえる“末路”でした。

『気高き元神霊である君のテラは・・・“下劣な人猿”のために使わせてもらうよ』

『絞るなっていってんだろぉがああ』なんてセリフが滑稽で・・・クロに倒されるより相応しい最期かもしれませんね(^^; 



次回 黒神 The Animation 第11話 『再会』



<関連サイト>

『黒神 The Animation』オフィシャルサイト



Tag ⇒ | 黒神アニメ

sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年03月20日 00:16:41

本当にコレ2クールもするのか?という展開に(笑)

シンクロはお約束で入れてるんでしょうが、その他演出や絵を含めて新人が頑張ってやってるような気になるのは何故でしょう?

マイナスルートの側にマスタールートが居るとどうなるんだろう?とかいろいろ考えてしまいますが、恐らく答えはアニメでは出てこないでしょうね。

シンクロして氷の拘束から逃れますが、「丈夫な服だなあ」としか思えなかったのがどうにも。
なんか傷も服も回復するんだぜ!みたいな描写になってきたのが最初の頃に服もボロボロになってたのを考えると、作るのが面倒になってきたのかな、とか(笑)

文句言いつつ見てますけどね(笑)
この辺「鋼殻のレギオス」とかと同じ(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月20日 23:27:14

>ヴィーさん

アニメオリジナルキャラの蔵木が綺麗に締めてくれる事に期待しようと思っていたら2クール作品(笑) ホントに意外でした(^^;

マイナスルートの側にマスタールートというのは?・・・マイナスルートは元々サブがルートを殺して成りあがった存在ですよね。そうではなくて・・・?

やっぱりストーリー展開を盛り上げてほしいですね。細かい作画よりまずはそこが一番かと。あまりにも目に余るものもどうかとは思いますが(笑) 時間が許す限り視聴は続けたいのですが、感想を続けるかどうかは今後の展開しだいかな(^^;

- ヴィー - 2009年03月21日 00:10:06

説明が足りなかったです。

マスタールートは山ほど存在しますから、自分のドッペルライナーではないマスタールートの側にって話です。
そうなると、今まで何事も上手くいってた人が急に不幸になったりするのかな、と。
そう考えると今回連れてこられた人と忍は接触を禁じられてるのかな?とか。
あまりそこまで考えられてないような気がするのですが。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月21日 00:24:55

>ヴィーさん

なるほど、そういうことでしたか。説明では相手のテラを奪うくらいにしか言われていませんが、近くにいるだけで運そのものを吸収してしまえるかどうかですよね。忍を見た感じでは任意に他者からテラを吸い取る吸血鬼みたいなものかと思っています(^^;

- ヴィー - 2009年03月21日 00:38:10

正直言うと数値の説明がよくわからなくて、-100%とか言われると始終テラ吸ってないとダメだろうとか、どれくらい吸えば生活が成り立ったり戦闘ができたりするんだろうとか考え出すとよくわからないことに。

慶太だって30%のテラしか無いのかマスタールートと割り勘で一人死んでれば60%になるのかとかあんまり説明が無いですからね。
「とある魔術の~」の右手みたいにモヤモヤしたものは残ります(笑)

ただ、任意で吸うから忍が望まない限りは影響無いってことで良さそうですね。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月21日 00:50:14

>ヴィーさん

マイナスルートになると他人からテラを吸収しなければならないから、定期的に吸い取ってるのかとか、サブはルートと出会わなければいきなり死ぬことは無いだけで、いつかは早死にしてしまうのかとか・・・もう深くは考え無い方がいいのかもしれません(^^;

トラックバック

wendyの旅路 - 2009年03月13日 20:18

もす。 - 2009年03月13日 22:06

黒神 The Animation 第10話「末路」 感想。

何気に深夜に感想書くの久々な気がする……もう朝だけど。

うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 - 2009年03月14日 14:13

黒神第10話感想

#10「末路」 末路って、この人たちの末路だったんですね。確かにヒサンです。 比

おきらく委員会 埼玉支部 - 2009年03月14日 23:29

「黒神 The Animation」 第10話『末路』   

 第10話「末路」  黎真は蔵木に契約するかと、問いかけるが断る蔵木。 それを聞

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア