カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
【アニメ】「まどそふと」の学園恋愛ADV『ハミダシクリエイティブ』がTVアニメ化!5分尺のショートアニメとして2024年に放送 (09/01)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒執事 > title - 黒執事 第22話 『その執事,解消』 感想

黒執事 第22話 『その執事,解消』 感想

黒執事  第22話 『その執事,解消』より以下感想です。

シエルが求めるもの・・・。


アバーラインの妻、マリアに贈られた、シエルからと思われるプレゼントの山。やはり、シエルが残されたマリアと子供の今後を補償することになるんでしょうか。

セバスチャンが、このシエルの持つ優しさをどう捉えているのか・・・ラウとアバーラインの死からわだかまっていた二人の関係の溝が表れた第22話。


シエルの迷い

パリ万博を訪れている女王に謁見するため、ロンドンを離れるセバスチャンとシエル。

『駒の思惑と戦略を把握しなければゲームにならない。・・・それだけだ』

口では何と言っても、アバーラインとラウの死に感傷的になっているのはどう見ても明白。
セバスチャンのシエルを見つめる目は、その様子鋭く見据えるものでした。

パリに着いた先で襲い来る天使の剝製。灯りが消えた中、シエルは“明るい出口”を目指して走ります。この時の描写も、暗い人生を歩んできた只中から抜け出そうとしているシエルの心底を思わせますね。人としては正しいことなのに、それを望んではいけないという葛藤。揺らいでいるシエルの心を垣間見せているように思いました。


女王の真実の姿

矢継ぎ早に明かされる女王に関わる真実。

幼い少女のような容姿で、シエルの前に姿を現したヴィクトリア女王。その姿は、先立ってしまった夫、アルバートの体を、シエルの両親のように繋ぎ合わせた結果、心が浄化されたからとのこと。
・・・何だか色々と無茶をやりますね・・・。アッシュが天使だったのは想像通りですが・・・。

そしてこれまで汚れ役を請け負ってきたファントムハイヴ家を、浄化の名目で滅ぼそうとした事実。
シエルの両親の仇は、他ならない主、ヴィクトリアその人であったことが判明しました。

天使連中と組んでいるのか、操られているのか・・・はたまた偽物なのかと思いましたが、あっさり本物であると語られてしまいました(^^; というか本物でいいんでしょうか・・・こんな人が女王っていうと、いろいろ問題ありそうな気が。最終的な敵は天使だけかと思いましたが、一国の女王本人を持ってくるとは少し意外です。


セバスチャンとシエルの決別

シエルは、セバスチャンにアッシュと女王を殺すよう命じます。この時点での覚悟は本気だったのでしょうけれど、二人の戦いで被害に巻き込まれる人々の姿を見て、戦いを中止するように促すシエルに、セバスチャンは信じられないというような目をシエルに向けています。

全てをなげうって果たしたかった復讐を目前にしながら、人々を助けるためにその命令を取り下げるシエル。アバーラインが死亡した時。彼が盾になった際、その死を踏み台にしてでも目的を貫こうとする姿をセバスチャンは期待したのではないでしょうか。

けれどシエルがセバスチャンに見せたのは、人としてその死を悼み、今復讐を果たせるその時すらも他を顧みてしまう“弱い心”だった。

この結果が、セバスチャンがシエルの元から離れることになってしまいました・・・。


無力な子供として

荷馬車から下ろされお金だけふんだくられるは、宿屋にすら泊まれず、港に一人で辿りつくこともできない。シエルもちょっと考えなし過ぎるというか、ファントムハイヴの名前を出せばなんとかなると思ったり、簡単に騙されたりとらしくないのは、セバスチャンを失って無力になった姿を描きたかったんだろうけど、少しわざとらしくも思えます。セバスチャンが傍にいない心の動揺も少なからずあったのでしょうけれど。

しかしまだ、シエルの目にセバスチャンとの“契約の印”が残っていたのは、まだその絆が切れていない証拠。まだ試しているのかもしれませんね。枷でもあり力でもあったセバスチャンを失ったシエルが、このまま安寧の道に進むのか、以前のように孤独な生き様を求めるのかを・・・。


次回予告はセバスチャンではなく、初めてシエルが担当。

『僕は走る。赤く燃えるロンドンを。僕は走る。何のために。僕は走る。あいつの求める魂で終わりを迎えるために。次回、その執事,炎上。あくまで執事、の主人ですから』

アバーラインが語った未来を求めるではなく、セバスチャンが望む孤高の魂である事を選ぶのでしょうか。執事とその主の行く末、次回に注目です。


次回 黒執事 第23話 『その執事,炎上』



<関連サイト>

黒執事 公式サイト



Tag ⇒ | 黒執事アニメ

sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年03月14日 00:11:54

急に猟奇を見せられても戸惑うというか、「聞いてないよ!」な大どんでん返しを仕掛けての衝撃の展開。
私はこういうのには醒めてしまいます。

旦那の体を継いで若くなっちゃった~ってその旦那は腸チフスか癌で死んでますが(笑)
そんな体でも不浄じゃないんですね。
それ以前に大英帝国を繁栄させた女王が配偶者の死ごときでそこまでやるのか疑問ですが、確かに史実ではその後引篭もっちゃうんですよね。
アヘン戦争を支持しちゃう人が(笑)

今までのセバスチャンだとシエルの無理難題も聞き入れて実行してたと思いますが、やはり前回からのしこりが残ってるんでしょうね。
このまま復讐を果たすも「ぼっちゃんの魂に価値は無くなりました」とか言って去ってしまうんでは?とか思います。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月15日 01:12:00

>ヴィーさん

女王がアレ系な人だったのは少し意外でしたけれど、夫を失ってショックなところに天使が付け込んだ・・・とか、そんな所でしょうか。体を繋ぎ合わせて若返るというと妙に思えますが、体より心の浄化の意味合いなんでしょうね。それが何で若返りに繋がるのかって言われるとまた疑問ですけれど深くは考えない方がいいのでしょう(^^;

最終的に天使達と決着をつけてどうなるかがアニメでの最終地点でしょうか。シエルの許から去るのか、それとも契約が履行されるのか、それとも今までどおりの日常を送るのか・・・とにかく最後まで見届けようと思います。

トラックバック

心のおもむくままに - 2009年03月13日 19:09

黒執事 第22話「その執事、解消」

第22話「その執事、解消」 セバスチャンの視線が冷たく痛く突き刺さる回でした。■

こう観やがってます - 2009年03月13日 20:41

黒執事 第22話「その執事、解消」

 うわぁ、主人に対する目つきじゃないわw その執事、歌唱(2008/12/24)セバスチャン(小野大輔)商品詳細を見る

腐麗蝶の柩 0210 - 2009年03月14日 03:40

黒執事 第22話 「その執事、解消」 感想

感想を読む// 十六夜さん: Julieskyさん: グレートさん:

獄ツナBlog5927 - 2009年03月14日 11:22

日常と紙一重のせかい - 2009年03月14日 19:12

黒執事 第22話「その執事、解消」

契約解消 黒執事 第22話「その執事、解消」の感想です。

Ηаpу☆Μаtё - 2009年03月14日 23:45

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア