カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【映画】『ツルネ ‐風舞高校弓道部‐』の劇場版が制作決定!京アニによるTVアニメから映画化へ (10/23)
【アニメ】なろう産ファンタジー『月が導く異世界道中』が2021年にTVアニメ化!スタッフ&キャスト発表、特報PVと第1弾キービジュアルも公開に (10/22)
【OVA】『デート・ア・バレット』後編「ナイトメア・オア・クイーン」のEDテーマがRinamooNの「Precious」に決定!予告編や入場者特典の情報も公開! (10/20)
【PS4/PC】『GBVS』に新キャラ「ユエル」が参戦!「カリオストロ」は10月20日より配信開始! (10/19)
【アニメ】『SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)』の第1弾PVとキャラクター設定画が公開!追加スタッフ発表! (10/17)
【映画】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の新たな公開日が2021年1月23日に決定!特報第3弾も解禁! (10/16)
【アニメ】YJ連載『シャドーハウス』のTVアニメ化が決定!顔の無い一族「シャドー」とその“顔”役の「生き人形」が織り成すゴシックファンタジー (10/16)
【PS5】『Devil May Cry 5 Special Edition』のPS5向けパッケージ版の発売日が11月12日に決定!DL版と共にPS5のローンチタイトルとしてリリース! (10/15)
【実写ドラマ】“ジョジョ”のスピンオフ『岸辺露伴は動かない』がTVドラマ化決定!露伴役を高橋一生さんが担当! (10/14)
【PS4/PS5/PC】『GUILTY GEAR ‐STRIVE‐』の発売日が決定!新キャラ「ジオヴァーナ」と「御津闇慈」の参戦も発表に (10/13)
【PS4】ラブライブ!のリズムゲー『スクフェスAC』の新作がPS4に登場!家庭版だけの新要素もアリ (10/12)
【アニメ】『ひぐらしのなく頃に 業(ごう)』が正式発表!OPテーマ・亜咲花「I believe what you said」、EDテーマ・彩音「神様のシンドローム」の情報も公開! (10/10)
【映画】『バイオハザード』の実写映画がリブート!ゲームの世界観に重きを置いた完全新作として2021年公開! (10/08)
【アニメ】ボンズ×オレンジによる完全新作『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』がTVアニメとして2021年4月より放送、Netflixでは日本先行で全世界独占配信! (10/07)
【アニメ】不朽の名作漫画『スプリガン』が2021年にNetflixにてアニメ化!メインスタッフ発表! (10/06)
【映画】完全新作『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』2021年公開!「ワルキューレ」ライブツアーの再始動も決定! (10/05)
【アニメ】電撃文庫『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』が動画工房により2021年TVアニメ化!スタッフ&キャスト情報、ティザーPV公開! (10/05)
【アニメ】『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』公式サイトにてキャスト解禁!吉田役に興津和幸さん、沙優役に市ノ瀬加那さんが決定! (10/03)
【アニメ】『五等分の花嫁∬』の放送開始時期が決定!キービジュアル&番宣CM公開! (10/02)
【アニメ】『WIXOSS DIVA(A)LIVE(ウィクロス ディーヴァアライブ)』2021年1月より放送開始!スタッフ&キャストが発表、ティザービジュアルやPVも公開! (10/01)
【PS4/NS/PC】『リゼロ 偽りの王選候補』の発売日が決定!新キャラを紹介するトレーラーやゲームを構成する4つのパートの情報も公開! (09/29)
【乙女ゲーム】「はめふら」がゲーム化!『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… ~波乱を呼ぶ海賊~』“オトメイト”ブランドより2021年発売! (09/28)
【映画】セガの人気タイトル『龍が如く』の実写映像化プロジェクトがハリウッドで始動! (09/28)
【アニメ】『彼女、お借りします』第2期制作決定!ヒロインによる録り下ろしボイスと記念イラストを収録した特報映像が公開! (09/27)
【アニメ】『宇崎ちゃんは遊びたい!』第2期の制作とサウンドトラック+SUGOI OMAKEアルバムの制作が決定! (09/27)
【PS5他】『真・三國無双8 Empires』発表!「攻城戦」や「政略」の駆け引きが楽しめる他、進化した「エディット機能」を搭載! (09/27)
【アプリ】「ニーア」新作RPG『NieR Re[in]carnation』の事前登録受付が開始!新キャラ&キャストやゲーム内映像が確認できるPV第2弾も公開に (09/25)
【PS4/Xbox One/PC】『NieR Replicant ver.1.22474487139...』の発売日が決定、予約受付開始!限定版「White Snow Edition」や特典情報も公開! (09/25)
【アニメ】Gファン連載の『ホリミヤ』がCloverWorksによりTVアニメ化!2021年1月から放送開始! (09/25)
【アプリ】「ロックマンX」の新作『ロックマンX DiVE』がスマートフォン用ゲームとして2020年秋に配信! (09/23)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル 第23話 『死に方が決める生き方』 感想

鉄のラインバレル 第23話 『死に方が決める生き方』 感想

鉄のラインバレル 

第23話 『死に方が決める生き方』より感想です。

最終決戦。


JUDA&加藤機関の共同戦線

かつての敵が今は味方に、世界の希望を託されて、一丸となって最後の敵と戦う・・・ここまで来たらこの勢いのまま大団円に向かってほしいところですが(^^; 

マリアンヌと沢渡の二人は『あのキャラが仲間になったらこうなる』を見せてくれて楽しいですね。 もっとも、イズナとマリアンヌは孤島の一件でフラグが立っていたわけですけど(笑) 沢渡はあのノリが味方になって活かせて良かったな?という感じ。デミトリーも仲間枠に入っていてもおかしくなかったのにね・・・。

無差別テロを引き起こしていた連中も今や頼れる味方。賛否両論あるんでしょうけれど、こういう展開はやはり盛り上がります。


向こう側の軍勢

グランネイドルと菅原マサキに率いられる向こう側の世界からの軍勢。

今更だけどマサキはやっぱり最後の敵として損な役を与えられてしまったキャラクターですね・・・。
加藤機関を離脱した石神社長の後を引き継いだっていう設定は他に活かせたと思うし、加藤機関での過去を思わせるところもあっただけに方向転換された感じは拭えません。もっとも損な役回りと言ったら勝手にマキナ人間にされてた桐山や宗美はとっても不遇な扱いを受けてるわけですが(^^; 
この展開でなるべくしてそうなったという所でしょうか。


“正義の味方”に後を託して

『加藤機関総司令としての最後の命令を伝える。理想の未来を想像し、それを必ず実現せよ。
・・・絵美・・・済まなかったな』


浩一に後を託して、敵に突撃する加藤と石神社長・・・。

石神社長は常に浩一の近くでその行動を見守り、加藤は敵であった時から浩一を育て、成長させる父親の役割を果たしていました。ラインバレルにおける子供を導く父親的な存在だったんですよね、この二人は。先達が死を以て活路を開くという展開、予想はしていましたが、やっぱり最後まで生き残って浩一の活躍を見届けてほしかったです・・・。


正義の味方

宇宙で繰り広げられるグランネイドルの本体、ネイキッドとラインバレルの戦闘。

これ以上の戦いは無意味だとして降伏を迫るマサキ。劣勢の末、皆が諦めかける最中、浩一だけは
いつもの浩一で在り続けました。例え理にかなわなくても、自分の信じる格好いい正義の味方を押し通す。あるがままの浩一の意思が感じられるシーンですね。驕りでも虚勢でもなく、加藤に問われた正義の味方の姿は、浩一自身の現在の姿として映っているんでしょう。本当に主人公らしく成長してくれたなあ・・・。


現実は無慈悲に

最後まで希望を失わない浩一に絶望を与えるように、マサキの一撃がラインバレルごと絵美を貫く

『早瀬くん・・・本当の、正義の味方に・・・なってください――』

浩一の前で倒れる絵美、真の姿に覚醒するラインバレル――。

このまま一気に終わらせてくれない最終回直前の悲劇・・・でもここにきて絵美退場なんてことにはならないでしょう。まだ浩一に大切な気持ちは伝えていないし、ヒロインとしての役割は残したままです。きっと来週は復活してくれる・・・はず;;

ラインバレルも残すところあと1話。

敵の兵器に細胞状態にされて取り込まれた紗季と美菜(あと降谷)の復活も含めて、最後は大団円で終わることを期待したいと思います。



次回 鉄のラインバレル 第24話 『鋼鉄の華』(最終回)

予告で絵美の『最低です』がないと寂しい・・・;;



<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト



ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- たっけ - 2009年03月14日 21:10:34

[アニメ壁紙を紹介するブログ]から[PC・PSP・アニメの3大ブログ]とブログ名を変えさせていただきました。
変更をお願いします

- Juliesky@管理人 - 2009年03月15日 01:14:05

>たっけさん

ブログタイトル変更の件、了解致しました。リンク名も換えさせて頂きまね。

ラインバレルはバイセクシャル? - kinuhiro - 2009年03月15日 21:08:29

そうか・・・「鉄のラインバレル」って何が言いたいのかと考えていましたが、
「ラインバレル、男なのか女なのかハッキリしろ!!」って事でしょう。きっと。うんうん。

絵美、きっと復活しますよね、マキナの力で。
既に一人復活してますもんね。ええ。

それだとガンダムには無い展開だぁ。

しかし、セントラルのやる事と言ったら「タマゴにまで還元しておいてあの完成度かいっ。」
って心の中で感じました。

今思い返すと絵美の世界にも漢字があるんですね。
子供の頃の絵美の髪型が印象的でした。未開封ってこと?

- ヴィー - 2009年03月15日 21:26:42

なんで加藤が死んでしまうんだ?と思ってしまいましたが、加藤なりの責任の取り方なんですかね。
これが加藤の「生き方」だったと。

クライマックスシーンの「その方がカッコいいからだ!」は何度も見返してしまいました。
この盛り上がりは「THE 地球防衛軍」に通じるものがあります。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm606628

「2」の絶望感溢れる展開も好きですが。
あと思い出すのはやっぱり「デモンベイン」

絵美が死ぬとはとても思えないのはラインバレルのファクターだから。
矢島の事とか考えると、浩一、絵美、ラインバレルが一蓮托生だと思うんですよね。

ところで、原作を1~11巻(最新刊)まで一気読みしました。
原作どおりではアニメに向いてないのを見事に換骨奪胎してますよ。
未海が浩一を好きなのもそんな理由があったのか…とか(笑)
もちろん宋美みたいに失敗している事例もありますが。
キャラ設定やストーリーは違うものの、読むとさらに理解が深まりますよ。

ちなみに、マサキへの浩一の返答はガンダムとか意識してんのかな~とか思いましたが、次回のサブタイトル「鋼鉄の華」には吹きました。
今週のガンダムは「命の華」でしたね(笑)
原作で「死に方が決める行き方」の題が付いてるのは森次の過去の話でしたが、こちらの方がしっくりきました。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月16日 01:13:42

>kinuhiroさん

ラインバレルの性別・・・って性別あるんでしょうか(^^; ファクターとして生き返った例なら浩一や森次もそうですし、サトルも病気を治してもらってますね。絵美はラインバレルのファクターだった事を考えると・・・どうなるんでしょう。

絵美の髪型・・・というより帽子かな?そちらの方に目が行きました(^^;


>ヴィーさん

『おじいちゃんの地球防衛軍』、熱いですよね~何度も見ました(^^) デモンベインには同意です。あの燃え要素とラスト近くでヒロインが一時離脱してしまう展開も繋がるものがありますね。

そういえば絵美は元々ラインバレルのファクターなんですよね(^^; 基本的にファクターはマキナと一連托生、死ぬことはありえない・・・のかな?次回しっかり復活してほしいです。

加藤はあれで敵役としての責任を取って逝ったと考えると納得してしまいます・・・。最後まで自分のスタンスを崩さなかった人でした;;

原作も読んでみたいとは思うのですが、中々時間が取れなくて・・・(汗 積んでいる本を早く片付けて、それからじっくり読みたいです(^^;

ガンダム00を意識している節がまたタイトルに(笑) 『メメントモリ』といい、『鋼鉄の華』といい・・・色んな意味で比較されそうです(^^;

そういえば - ヴィー - 2009年03月17日 08:37:33

敵はマザーコンピュータが世界を支配して戦争の無くなった世界から戦争をふっかけているわけですが、これもヴェーダとイオリアの目指した恒久平和を皮肉ってるのかもしれませんね。

自らの信じる善を押し売りする、と(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月18日 00:45:26

>ヴィーさん

ヴェーダって所謂巨大なコンピュータみたいなものですよね?作戦の指標となる計算を打ち出したり・・・エヴァでいうMAGIみたいな(^^; 
セカンドシーズンに入ってから存在感がなくなってリボンズに奪われて・・・というか乗っ取られたのかな?そういう意味ではコンピュータによる~というものも考えられます。

イオリアの計画は・・・戦争根絶ではなくって、人類の未来をイノベイターとヒトの直接の進化の二つの可能性に分けていたということですが、それならファーストの武力介入ってどんな意味合いがあったんでしょうね・・・。

- ヴィー - 2009年03月18日 01:02:25

説明が無いのでよくわからないんですが、ヴェーダが世界のネットワークを管理しているような描写があった気がします。

ファーストの武力介入は勢力統一とそれによる宇宙への進出が目的だったんでは?と思いますが、今や誰も彼もが個人的な思いに終始してそんな話はどこかへ吹っ飛んでしまいましたから(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月19日 01:44:49

>ヴィーさん

セカンドシーズンに入ってからの路線変更は明らかですね(^^;) 物語に決着を付ける意味では間違いではないかもしれませんが。個人の内面を重視して描こうとした結果なのかもしれません。

トラックバック

腐麗蝶の柩 0210 - 2009年03月14日 19:41

鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」 感想

感想を読む// 誠さん: nanajigoさん: Julieskyさん:

在宅アニメ評論家 - 2009年03月15日 00:03

鉄のラインバレル #23 死に方が決める生き方

ラス前の急展開。シャングリラは沈み、そして城崎も崩れた。 「早瀬くん、本当の正義の味方になってください…」

ミナモノカガミ - 2009年03月15日 02:16

ゼロから - 2009年03月15日 12:25

鉄のラインバレル #23「死に方を決める生き方」

手伝ってくれるのは、ありがたいが鯖寿司だけは、ごめんだぞ。by加藤久嵩美味しいのに残念だ。

らび庵 - 2009年03月15日 13:56

鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」感想

いよいよ最終決戦ですよー。 シャングリラとフラッグがドッキング。

紅蓮の煌き - 2009年03月15日 22:53

鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」

鉄のラインバレル 第23話感想です。 何という地獄絵図

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア