カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【ドラマ】科学ADVシリーズ第2弾『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』がハリウッドで実写化!TVシリーズドラマとして企画進行中! (01/27)
【ドラマ】藤沢とおる原作『湘南純愛組!』実写ドラマ化決定!アマプラにて全8話を配信! (01/26)
【アニメ】2020年夏新番『GREAT PRETENDER』キャスト発表!ティザービジュアル&PV公開! (01/25)
【アニメ】『イエスタデイをうたって』の放送・配信日時と主演キャストが発表!キービジュアル&特報PV公開! (01/24)
【アニメ】筒井康隆作『富豪刑事』がTVアニメ化、フジテレビ“ノイタミナ”他にて4月より放送開始! (01/24)
【アニメ】pixiv発の漫画『恋と呼ぶには気持ち悪い』がTVアニメ化!イケメンエリートとオタク女子高生のラブコメディ (01/23)
【アニメ】5年ぶりの新作続編『ログ・ホライズン 円卓崩壊』がNHK Eテレにて10月より放送開始! (01/22)
【PS4/AC】『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』の家庭版が2020年発売!“エクバ”のアーケード最新作も始動! (01/22)
【PS4/PC】アイマス家庭用最新作『アイドルマスター スターリットシーズン』発表!各シリーズのアイドルが出演する“アイドルプロジェクトプロデュース”ゲーム (01/21)
【話題】『ラブライブ!』シリーズの新プロジェクト始動が発表! (01/20)
【話題】『魔法少女リリカルなのは』シリーズの新プロジェクトが始動! (01/20)
【アニメ】『メイドインアビス』続編制作決定! (01/18)
【映画】自転車ロードレース漫画『弱虫ペダル』が実写映画化!永瀬廉さん、伊藤健太郎さん、橋本環奈さんの出演が決定! (01/18)
【アニメ】『デジモンアドベンチャー』の新作TVアニメが4月より放送開始!小学5年生の太一らが登場、2020年を舞台とした完全新規ストーリー (01/17)
【アニメ】『ゼノンザード THE ANIMATION』第1話の配信日と放送日が決定! (01/16)
【PS4】『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売延期が発表、新たな発売日は4月10日に (01/15)
【PS4/NS】日本一ソフトウェアの女装覚醒ADV『ボク姫PROJECT』の発売日が決定!店舗別の特典情報を公開! (01/14)
【アニメ】『刀剣乱舞‐花丸‐』新プロジェクト企画進行中! (01/12)
【映画】『刀剣乱舞』実写映画の続編が2021年公開に向けて準備中! (01/12)
【映画】『劇場版ポケットモンスター ココ』が7月10日公開!ポスタービジュアル&特報映像には新キャラクターの姿も (01/12)
【NS】ポケダン赤・青のリメイク版『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』がSwitch用ソフトとして3月6日発売! (01/11)
【アニメ】大今良時『不滅のあなたへ』TVアニメ化決定!NHK Eテレで10月より放送開始! (01/10)
【アプリ】『アークナイツ』の日本国内サービス開始日は1月16日!Yostar Picturesによるフル版アニメPVや特報PVが公開! (01/08)
【アニメ】『グレイプニル』4月より放送開始!各キャストが発表、OPテーマ担当はH-el-ical//(ヘリカル)、第1弾PVも公開! (01/08)
【アニメ】『ひぐらしのなく頃に』の新プロジェクトが始動!キャラデザは渡辺明夫氏、アニメーション制作はパッショーネ! (01/07)
【アニメ】異世界クマっ娘冒険譚『くま クマ 熊 ベアー』のTVアニメ化が決定!公式サイトプレオープン! (01/07)
【PC】ライアーソフト制作の『徒花異譚 ‐Adabana Odd Tales‐』が「ANIPLEX.EXE」ブランドの第1弾として2020年に配信予定! (01/06)
【PC】「ANIPLEX.EXE」ブランド第1弾『ATRI ‐My Dear Moments‐』が2020年配信!ゆさの氏と基4氏によるキャラクターのイラストやサンプルボイスが公開 (01/06)
【OVA】異色のクトゥルフ漫画『姉なるもの』のアニメ化が決定!飯田ぽち。先生の描く名状し難い異形の姉弟愛がOVAに (01/06)
【アニメ】たつき監督の新作『へんたつ』がTVアニメ化&放送開始! (01/06)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル 第24話(最終話) 『鋼鉄の華』 感想

鉄のラインバレル 第24話(最終話) 『鋼鉄の華』 感想

鉄のラインバレル 

第24話(最終話) 『鋼鉄の華』より感想です。

大団円へ・・・。


絵美の死によって覚醒するラインバレルと浩一。

絵美もラインバレルのファクターだから死なないとか、そういうことはないんですね・・・。
巨大マキナと合体したマサキをエグゼキューターで叩き斬ろうとするも、その一撃は届かず。

力尽きようとする浩一に語りかける絵美の意思・・・。

浩一を励ます『あなた、最低です』
このフレーズを最終回で光らせるために予告でずっと続けてきたのかな(^^;

元の自分を取り戻した浩一に共鳴し、再び立ち上がる仲間たち。最終決戦に相応しい熱い展開です。


マキナ人間として操られる宗美は沢渡とユリアンヌに自分を殺すよう懇願を・・・。
あまり深く掘り下げられなかったキャラだけど、最後に自分の意思が取り戻せたことは少しでも救いになるかな。いろいろともったいない人だったなぁ・・・。

エグゼキューターで巨大マキナを倒したものの、その衝撃で向こう側の世界とこちら側の世界がぶつかり合い、崩壊してしまうかもしれないという事態に。

それを止めるには、ラインバレルに全てのマキナの力を集めて次元の歪みを断ち切るしかない。
例えそれがマキナの搭乗者の死も意味していても・・・それでも浩一に賭ける皆の気持ちは変わらない。

発動するプロジェクトJUDAのファイナルフェイズ。

『俺はこの世界を守りたい。ここに住む、全ての人達を守りたい。だから俺は行く!それが俺の正義なんだ!!』

全員の意思と力をラインバレルに。
さりげなく宗美のタリスマンも参加してます・・・。
流される挿入歌も相まって王道的なクライマックス展開はお約束だと理解しつつ感動できるものがあるかと。

全員の力を集めた一撃で向こう側の世界との接触は断たれ、世界は救われたものの、ファクターたちの反応はなく・・・。でも最後は絵美も含めてやっぱり復活。ラインバレルが助けてくれたからって解釈でいいのかな(^^; ここまできたら深く考えたら負けのような気もします(笑) 

『早瀬が正義の味方であることを本当に望む人々がいた・・・。そして、望みどおり世界は守られた。皆にそうあれと望まれ、人は初めて正義の味方になるんだ』

浩一が誰もが望む本当の正義の味方へ成長できたからこそ、最後の結末へ結びついた。それでいいんじゃないかな。森次もこれまでの責任を死を以て償うなんて終わりじゃなくて良かった・・・。

捕らわれた人々も無事解放され、誰も欠けることはなく、最後の大団円へ。
絵美とは結局キスまではいかなかったけれど、それもある意味“らしい”のかも。成長過渡期の子供っぽさというか、大人として成長するのではなく、早瀬浩一としての成長を描き切ったのでしょうね。


物語が始って当初は絶対好きになれない主人公だな?と思って見続けてきましたが、物語の中で成長していく浩一の姿にどんどん惹きつけられていったように思います。始まって数回のうちは何度も打ち切ろうかと考えたものですが(笑)

重いテーマを掲げるより、終始浩一の成長を描き続けていた作風は分かりやすくて気持ちいい。
最終回に至るまでの調整や物語の方向性の転換は好き嫌いが別れるところですが、これはこれでありかなと。原作未完の作品を、アニメオリジナルとしてよく描かれていたんじゃないかと思います。王道的な展開もロボットアニメとして久しくなかった熱い気持ちを思い出させてくれました(^^) 

ちなみに、最終話のタイトル『鋼鉄の華』。ラインバレル原作の読み切り版の名前だったんですね。
そしてラスト直前、浩一と絵美の前に現れた二人が、その読み切り版の主人公とヒロインだったと・・・。パラレルワールドということで解釈すればいいのかな?原作を並行世界で意識してみるのも面白いかもしれませんね。


最後に、今まで視聴と感想を続けてこられた事に感謝を。TBやコメント、感想を読んで頂けた皆様、本当にありがとうございました。

またいつか、浩一たちの物語の続きに出会えたら嬉しいです。

スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。



<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年03月21日 22:21:25

とにかく、燃えれば何でもいいじゃないかというのは「スクライド」にも通じるのかな。
ファイナルフェイズで全員の力を一つに!なんて恥ずかしい表現を臆面もなくやってこそラインバレルです。
「どうすればいいかじゃなく、どうしたいか」「正義の味方を望む人が居る」というのがラインバレルの原作で一貫したテーマだと思うんですが、それを見事に表現しているな、と。
ちなみに、ファイナルフェイズにはジャック・スミスは仲間はずれでしたね(笑)

復活した理由はよくわかりませんが、社長が何か仕込んであったか「鋼鉄の華」が何かをしたか(笑)
とにかくあのロボットの出演にはビックリでした。
結局最後までキバイダーは出ませんでしたが…ドラマCDには出てるみたいだからいいのか?

「鋼鉄の華」はラインバレルとは全く違った話ですが、これもまたいい話です。
桂正和のヒーローもの読み切りのようなニュアンスを感じました。

とにかく、これだけの熱い展開、悪く言えば古臭い展開をそのまま前面に打ち出して、しかも最後も(ほぼ)誰も死なないで終わらせたスタッフに喝采です。

DVDも買わないといけないかなあ、と思いつつ、最終巻に収録される25話では牧さんの秘密が明かされるのかに期待。
原作11巻に収録されてるんですが、衝撃だと思いますよ。
モデルは誰が見ても「怪奇大作戦」の牧さん(岸田森)でしょうが、生きてたら何て言ったかな(笑)

CMで12巻が出てることを知ったしこれは買いにいかないと。
もう完全にトリコにされてます(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月22日 01:08:29

>ヴィーさん

思い描いたまま最終回まで“鉄のラインバレル”を貫いてくれましたね(^^) 王道だからこそ納得できるラストでした。
ジャックスミスってそういえば体はマキナなんでしたっけ・・・何でファイナルフェイズに参加しなかったんだろう(笑)

『鋼鉄の華』の出演は、別の世界でもラインバレルの物語が綴られていることを伝えるようで、興味深い演出でした。原作読み切りということは単行本収録かな?アニメでは悲しい役どころだった宗美の活躍も気になりますし、是非読んでみたいです。

牧さんにはどんな秘密があるんでしょう・・・?気になります!(笑)

- ヴィー - 2009年03月22日 01:59:01

宗美は6巻が丸々エピソードですが、こちらは最初から読んだほうがいいでしょうね。
このエピソードに限れば原作の勝利ですが、アニメに組み込む人間が居たらバカでしょう。
ただ、アニメでは人数合わせに使われた感が否めませんが。

「鋼鉄の華」は番外編の0巻収録です。
例の南国の話もこれに収録だし、がんばれロボコンの公式スピンオフであるロボ子ちゃんも収録なので、とりあえずはこれから読むのが一番かと。

牧の秘密はWikipediaではあからさまな誘導がされていますが、原作11巻でそれを見たときはあまりの衝撃にしばし言葉も出ませんでした(笑)

そういえば - ヴィー - 2009年03月22日 06:18:19

真の姿ってまんまトランザムでしたね(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月23日 01:16:49

>ヴィーさん

宗美は扱いがアニメと逆転しているそうですね。原作では味方で良い人というそうですが・・・アニメはあんまりな最期でした;;

番外編の0巻と共に・・・というか古本屋で見つけたらまとめて購入してみようかな。牧さんの秘密、気になります(笑)

ラインバレルの最後の姿は確かにトランザム(^^; ガンダム00を意識した作品には違いないのかも(笑)

- ヴィー - 2009年03月25日 21:57:13

コミック12巻とチャンピオンRED買ってきました。

未海がビックリするほどヤンデレでファクターになっちゃいましたけど、矢島も復活か?という場面もあり、こちらはこちらで面白いです。
やっぱりアニメ向きじゃありませんが(笑)

チャンピオンREDは携帯ストラップ目当てに買ったんですが、掲載された作品は…次は買わないかな(^^;

原作も読んだ後にアンサイクロペディアを読むといっそう趣が増します(笑)
アンサイクロペディアはストライクウィッチーズとかガンダム00とか名(迷)記事盛りだくさんですね(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年03月25日 23:35:15

>ヴィーさん

美海は原作でヤンデレなんですか・・・。アニメのキャラに思いこみの激しさを強化してあげると意外に馴染んだりして(^^; 言われてみると何となく納得してしまいます(笑)

チャンピオンRED・・・シグルイと聖闘士星矢とラインバレルくらいしか分かりませんでした(^^; 結構コアな漫画が多いのでしょうか。

アンサイクロペディアは真面目にネタで解説されているから困ります(笑) それにしても何となく合っているから困る・・・。

トラックバック

マリアの憂鬱 - 2009年03月21日 22:39

鉄のラインバレル 最終話「鋼鉄の華」

今週は「鉄のラインバレル」最終話の感想です。

soraの奇妙な冒険00R2 ~今にも堕ちてきそうなsoraの下で~ - 2009年03月22日 00:41

アニメ 鉄のラインバレル 最終回 感想

アニメ 鉄のラインバレル 第24話 『鋼鉄の華』 の感想。原作未読。 俺も、『あなた、最低です♪』と罵られたい(マテ。

腐麗蝶の柩 0210 - 2009年03月22日 01:31

鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」 感想

感想を読む// 誠さん: ピッコロさん: nanajigoさん: Julieskyさん: グレートさん: ソニアさん:

在宅アニメ評論家 - 2009年03月22日 01:41

鉄のラインバレル #24 鋼鉄の華

最後の戦いに挑む正義の味方。 「あなた…最低です(ハァト」

ミナモノカガミ - 2009年03月22日 02:40

らび庵 - 2009年03月22日 08:37

ゼロから - 2009年03月22日 09:14

鉄のラインバレル #24 「鋼鉄の華」

城崎絵美、戦死で怒りモードになった浩一。暴\\走しまくっても、敵を征圧できるのはラインバレルの性能\\と絵美への愛情ですね。

はじまりの渓谷 - 2009年03月22日 16:55

鉄のラインバレル 第24話(最終話)「鋼鉄の華」

今週の流れをあっさりまとめると 浩一「てめぇがラスボスか、上等だぜ」 ↓

パール - 2009年03月22日 23:33

紅蓮の煌き - 2009年03月23日 00:06

鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華(最終回)」

鉄のラインバレル 第24話(最終話)感想です。 正義の味方であるために

Little Colors - 2009年03月23日 02:27

鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」(最終話) 感想

鉄のラインバレル #24 「鋼鉄の華」 最終話 世界が救われました。 浩一は地球を守りきり、正義の味方となったのでした。

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア