カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) > title - WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話 『器が傾いてるのに、気付かなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね』感想

WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話 『器が傾いてるのに、気付かなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね』感想

WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 

第13話 『器が傾いてるのに、気付かなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね』

WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話

最後まで・・・すれ違い。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話1

冒頭に冬弥と出会った新しい登場人物、松山めのう。初見では(見た目ではありますが)弥生さんに似た雰囲気を感じました。

以前に、マナが聞いていたラジオにその名前が出てきたような気がしましたが・・・今回は桜団のゲストとして呼ばれていたようですね。後期以降、由綺、理奈に続く第三のアイドルとして物語に絡んでくるのでしょうか。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話2

そして始まるそれぞれのイヴ、それぞれのコンサート。

桜団が、理奈が歌い、各会場で盛り上がりを見せる中、視聴者に聞かせるのは由綺の歌のみ。
ライブが終えるまで流れる由綺の歌は、このイブのコンサートの主役が誰であるかを如実に表しているように思います。

全てを飲み込む圧倒的な才能の開花、片鱗を見せていた歌姫としての森川由綺の誕生━━━。

場面が変わり他の誰かが映っても、その歌だけは絶えなく聞こえ続けるように、由綺の存在感を感じさせる演出でした。

理奈の「SOUND OF DESTINY」は聞いてみたかったのですが・・・後期にお預けでしょうか(^^;
カルマでのライブを終えてスタジアムへ急行する臨場感、後の由綺が会場を出る際の替え玉などの演出はアイドルの裏舞台を感じさせますね。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話3

ありがとう 来てくれて

約束だから・・・な

初めてですね。冬弥の心の独白以外で字幕が使われるのは・・・。お互いの気持ちが通じ合っている、そんな雰囲気を感じました。

『解禁だよね。連絡・・・』

そしてその後に続く『好き』という由綺の言葉。由綺の願いは叶い、冬弥は由綺の歌を聞いてここにいる。由綺にとってはここからが“始まり”。冬弥にとっては・・・“やり直し”でしょうか。やっと二人は恋人として再出発できる・・・そんな空気が流れたのも束の間。駐車場から由綺の乗る車が去ったあと閉じていく扉と、『ここには誰も戻ってこない』という英二のセリフが、二人の間を隔てるようで・・・。
決して冬弥と由綺の前途は明るくはならないのですね。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話4

あのコンサートを聞いて、何も感じなかったのかと冬弥に英二は問います。歌の神に愛され、虜になっている由綺の姿が見えなかったのかと・・・。

冬弥はコンサートを終えた由綺に、歌については何も触れず、ただ由綺のために多くの人が集まったことを凄いと言いました。それは確かに由綺がアイドルとして成長した事を指しているのですが、由綺が見てほしかったのは、アイドルとして大きくなった姿ではなく、誰に頼らずとも強くなったその姿こそを見てほしかったのではないでしょうか。

そのために冬弥を突き放してまで歌のレッスンを積み重ね、あのコンサートに繋げることができのに、しかしその背景は冬弥には届かず、由綺の内側に冬弥は入れていません。お互いの好意は通じあっているはずなのに、壁一枚を隔てているような、そんな錯覚・・・。英二がコンサートに来たファン全員がライバルだと言ったように、冬弥もまたそのファンの一人としての立場から脱却できていないのではないか・・・そんな風に思えます。

『相手が俺なら・・・ちょっと、怖いんじゃないか?』

相手が誰だろうと、例え歌の神が相手であろうと、もう由綺への想いに迷いはない。そんな冬弥に対する英二からの宣戦布告。これからの由綺に相応しいパートナーの座を賭けた挑戦状・・・というところでしょうか。冬弥自身の問題とお互いのすれ違いの他に、さらに障害の風が吹く・・・そんな展開を予想してしまいます。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話5

物事の端々から冬弥に対する美咲さんからの劣等を口にしてしまう彰は、いい加減狭量がないように見えてしまうのですが・・・。正面から美咲さんと向き合おうとせず、真っ向から冬弥と張り合おうともしなかったのに、こんな形で時期遅れの嫉妬心を見せてしまうのはどうかと。美咲さんも苦労が絶えそうにありません。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話6

冬弥の部屋の前で帰りを待つマナ・・・可愛いったらありませんね(笑)
周囲に誰もいない寂しさを紛らわせたい、けれど誰にも甘えることができなくて、冬弥を求めてしまうのは、それだけ冬弥がマナに好かれているという事なのですが・・・今は兄妹のようなこの関係が続くことを祈りたいですね。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話7

マナは熱を出してしまい、忘れものを届けにきた弥生さんに病院に送られ、次にやってきたのははるか。立て掛けられて地面に水の溜まった傘、家の中で誰かと過ごした様子に誤解して、冬弥はコンサートに行かず誰かと一緒にいたのだと思ったのでしょうか。すぐに走り去ってしまいました。

誤解されたと気付いて追いかける冬弥。この辺りはちゃんと気が回っていましたね(^^;

立て掛けてあった傘が美咲さんではなくマナの物だと知って、なぜマナが冬弥の部屋に行くのかと問い詰めるはるか。兄としての冬弥をマナに取られると思ったのでしょうか・・・。はるかの冬弥への依存もどんどん深まっているようです。


WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第13話8

そして、冬弥の父親に何かが起こっという彰からの急の知らせ。
立て続けに起こる出来事に翻弄される冬弥。由綺からの電話は当然繋がらず・・・

由綺がクリスマスプレゼントに贈った留守番電話は虚しく放置され・・・

始まりは・・・終わった

ただその字幕だけが、哀しく最後を告げました・・・。


冬弥と由綺は結局最後までその距離は縮むことはなく。
これから起こる出来事を予感させる・・・時期への伏線が目立った前期の最終回でした。

思いがけず、静かに第一幕は終了したという感想ですね。弥生さんも交えて、もっと激しい展開も予想していたのですが、少し意外でした。結末はあくまで第二期で・・・というところでしょうか。

全編を通してみても、物静かな印象ですね。『WHITE ALBUM』のタイトルが示すように、冬の物静かなイメージを意識して制作されている、そんな雰囲気づくりを感じました。全体的に文学的で静謐なイメージが漂っていたようにも思います。

演出的には、事象を最後まで見せずに、敢えて視聴者に展開を想像させるような部分や、字幕で表現する主人公の心の言葉が印象的。どちらも賛否両論あるかと思いますが、個人的にはこれらがあったことで、より作品に感情移入できたのではないかと。年代を意識させる随所の演出も十分表現できていたのではないでしょうか。

前期、後期と分けられ、期間が空いてしまうのは勿体ない気もしますが・・・その分後期には期待したいと思います。ひたすら由綺とのすれ違いが続き、静かに幕を閉じた第一幕。次に『WHITE ALBUM』が幕を開けるときは、果たして、どのような展開が待っているのでしょう・・・。冬弥を巡る絡まった人間模様は、簡単には解けそうもありませんね・・・。


ここまで感想にお付き合い頂いた皆様、本当にありがとうございました。
後期シリーズでもどうか再び巡り合えますように・・・。




<関連サイト>

TVアニメ 「WHITE ALBUM」公式サイト




sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年04月02日 01:40:16

弥生さんが冬弥に付き添うために出てきたのかと思ったら別キャラだったんですね。
宍戸留美は私の中ではアイドルなんですが(笑)
CD持ってるし。

最初は30分歌のPVみたいにするのかと思ってしまいましたが、三者三様のコンサートを上手く見せてましたね。
由綺と理奈のデュエットというか、それぞれがそれぞれの会場で歌ってるような感じでしたが、演出の問題だからCD化はされないのが残念。

冬弥はせっかく由綺に会えてもピントのズレた発言で距離を感じさせ、残りのキャラもここへきて一気に情動が動き出したかのような展開は、途中を端折ったほうが良かったんじゃないかとは思いますが、後期への期待感は高まりました。

原作を知らないのでなんとも言えませんが、後期は一週間ぐらいのことを濃密にやったりするんでしょうかね?
まさか夏になったりはしないと思うので(笑)

最後の作画が少し残念な感じなのはどういうことかと思いますが、その平板な絵が「ハートカクテル」みたいで、これのアニメがまた1986年開始というのはどんな偶然だと思いましたです。

あと、テレビ局にもう少し気を使ってほしいと思ったのは「ホワイトアルバムは今回で終了させていただきます」というテロップ。
定型文だけど、打ち切りみたいだから勘弁してほしい(^^;
本当に後期を放送しなかったら悲しいけど。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年04月02日 12:36:22

>ヴィーさん

実際には由綺しか歌っていないコンサート、あくまで今回は由綺と冬弥をメインにという演出を感じました。理奈には後期での活躍を期待したいですね(^^; 舞台は冬や雪をイメージをしているので、それほど季節の揺れ幅はないんじゃないかな? 終わりは新しい始まり・・・という事で、春を迎えて終了するという予感も。どんな結末になるのかは分かりませんが(^^;

最後に後期があることを知らせなかったのは確かに・・・これで終わり!?って思ってしまいますね。事の顛末は後期に全て引き継がせる終わり方でしたが、それでも期待して待ちたいと思います。

トラックバック

wendyの旅路 - 2009年03月29日 22:07

アマデウスの錯乱? - 2009年03月29日 22:20

WHITE ALBAM 第十三頁 『器が傾いているのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってないからね』

WHITE ALBAM 第十三頁 『器が傾いているのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってないからね』

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 - 2009年03月29日 23:14

(アニメ感想) WHITE ALBUM 第13話 「器が傾いているのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね」

WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]クチコミを見る 由綺のコンサートは成功するのか?そして冬弥と由綺の恋の行方は・・・。

穹翔ける星 - 2009年03月30日 14:53

らび庵 - 2009年03月30日 23:19

在宅アニメ評論家 - 2009年03月31日 02:54

WHITE ALBUM #13 器が傾いてるのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね

いよいよクリスマスコンサート対決開幕。 シリーズ前半の最終回です。

日記・・・かも - 2009年03月31日 14:09

WHITE ALBUM 第13話「器が傾いてるのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね」

ついにWHITE ALBUMの第1期も、最終回に突入。 第1期の最終回は、どのような結末を見せてくれるのでしょうか。

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア