カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】『イース・オリジン』のNintendo Switch版が2020年発売!「イース」シリーズの原点(オリジン)を描く不朽の名作がSwitchに登場 (07/08)
【アニメ】『ひぐらしのなく頃に』2020年10月より放送開始!新作コミカライズの連載やWEBラジオ配信も決定! (07/07)
【アニメ】カバディが題材の漫画『灼熱カバディ』がTVアニメ化!テレビ東京他にて放送予定 (07/07)
【アニメ】『おそ松さん』第3期が2020年10月より放送開始!超ティザービジュアル&解禁映像公開! (07/06)
【アニメ】『戦翼のシグルドリーヴァ』のキャスト第1弾とメインスタッフ情報が解禁!キービジュアルやキャラクターPVも公開! (07/05)
【アニメ】『Dr.STONE(ドクターストーン)』第2期の放送開始時期が決定!新キャラ登場のティザービジュアルやPVも公開に (07/04)
【アニメ】『すばらしきこのせかい The Animation』2021年放送!公式サイトにてスタッフ&キャストやティザービジュアル、PVが解禁! (07/04)
【アニメ】『アイドルマスター ミリオンライブ!』のTVアニメ化プロジェクトが始動!スタッフ情報公開! (07/04)
【アニメ】「マガポケ」連載の『イジらないで、長瀞さん』がTVアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (07/03)
【映画/ゲーム】新作劇場版『シドニアの騎士 あいつむぐほし』2021年公開!スマホ向けのゲーム化も決定! (07/03)
【アニメ】Twitterの人気漫画『先輩がうざい後輩の話』がTVアニメ化!制作を動画工房が担当! (07/02)
【PS4】『デート・ア・ライブ 蓮ディストピア』の発売日と各種特典が発表!ゲーム内容を紹介するPVも公開! (07/01)
【恋愛ADV】メモオフ20周年特番で完全新作『SINce Memories(シンスメモリーズ)』が発表!シリーズ7作品を移植した『メモリーズオフ ヒストリア』の発売も決定! (06/30)
【音楽】『ラブライブ! ニジガク』のアニメPV付きシングル第1弾が7月29日発売!中須かすみのソロ曲「無敵級*ビリーバー」と9人の歌う「未来ハーモニー」の試聴動画が公開中 (06/29)
【アニメ】『蜘蛛ですが、なにか?』は2021年1月より連続2クールで放送!キービジュアル第1弾公開! (06/28)
【アニメ】『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』2021年放送開始!キャスト第1弾発表! (06/27)
【アニメ】『サイバーパンクエッジランナーズ』制作決定!話題のAAAタイトル『サイバーパンク2077』が“TRIGGER”によりアニメ化 (06/26)
【アニメ】スクエニの人気ゲーム『すばらしきこのせかい』のアニメ化が決定! (06/26)
【アニメ】「まいてつ」のTVアニメ作品『レヱル・ロマネスク』がTOKYO MXにて今秋より放送!登場キャラやスタッフ&キャストが公開! (06/25)
【映画】京アニの新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の新たな公開日と主題歌「WILL」の発売日が決定! (06/25)
【PS4/NS/PC】『Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補』の新キャラ「メルティ」が発表!ティザートレーラーも公開に (06/24)
【EDF】シリーズ最新作『地球防衛軍6』&『デジボク地球防衛軍』発表!絶望の未来で戦う最新ナンバリングタイトルとボクセル世界が舞台の変わり種な一作 (06/24)
【PS4/Xbox One】12年ぶりの完全新作『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』が発表!初代三部作の精神を引き継ぐ正式ナンバリングタイトル (06/23)
【アニメ】『ヒーリングっど♥プリキュア』に新プリキュア「キュアアース」が登場!後期主題歌シングルの発売やキャラソンCDの詳細も発表に (06/23)
【アニメ】『半妖の夜叉姫』の放送情報が公開!「犬夜叉 完結編」の再放送も決定! (06/22)
【アニメ】『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第2期が制作決定!破滅フラグはまだまだ続く!? (06/21)
【アニメ】劇場版『銀魂』第3弾に関連した“新作アニメ特別編”がdTVにて配信決定! (06/20)
【PS5/Xbox/PC】カプコンの完全新規タイトル『PRAGMATA(プラグマタ)』が発表!近未来の月面世界を舞台としたアクションADVゲーム (06/19)
【PS4/NS】MAGES.の「このすば」AVG第2弾『この素晴らしい世界に祝福を! ~この欲望の衣装に寵愛を!~』が発売決定!初回特典はシューティングゲームのDLC (06/18)
【PS4/NS】日本一ソフトウェアの新作『MAD RAT DEAD(マッド・ラット・デッド)』が発表!リズムゲームと横スクロールACTが融合した新感覚リズムアクション (06/18)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ゲーム]ゲーム情報 > title - 【PS3】『ファイナルファンタジーXIII』担当声優、バトルシステム、クリエイターインタビューなど

【PS3】『ファイナルファンタジーXIII』担当声優、バトルシステム、クリエイターインタビューなど

ファイナルファンタジーXIII メーンビジュアル1

ファイナルファンタジーXIII』の主要キャラクター4人の声優、バトルシステム、クリエイターインタビューの情報のまとめです。


『ファイナルファンタジーXIII』の体験版が同梱される『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱)』は4月16日に発売されます。




『ファイナルファンタジーXIII』各キャラクター担当声優


ライトニング(CV:坂本真綾)

スノウ(CV:小野大輔)

ヴァニラ(CV:福井裕佳梨)

サッズ(CV:江原正士氏)




『ファイナルファンタジーXIII』バトルシステム



戦いの始まりは『シンボルエンカウント』

『FFXIII』はシンボルエンカウントのシステムを採用。マップ上の敵(シンボル)に触れると画面が切り替わり、バトル開始。


『タイムゲージ』を軸としたバトル

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット1

バトルは、基本的にリアルタイムで進行する。時間の経過とともにタイムゲージ(スクリーンショットの左下、3つに区切られている一番長いゲージ)が溜まっていき、必要な量まで溜まるとコマンドを実行可能。なお、これまでのシリーズの『アクティブタイムバトル』(ATB)と異なり、タイムゲージが最大まで溜まっていなくても、必要量が溜まっていればコマンドを実行できる。


コマンドには『コスト』が存在する

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット2

全てのコマンドには、そのコマンドに応じたコストが設定されている。コマンドの実行時には、コストに応じた量のタイムゲージが消費されるという仕組み。タイムゲージの最大はコスト3に相当するので、最大まで溜まった状態なら、コスト1のコマンドは3つまで実行できる。コスト3のコマンドなら、その一つの行動でタイムゲージは空になる。

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット3

コマンドを実行せずにストックした場合、そのコマンドはタイムゲージの上部に表示される。タイムゲージを最大まで溜めた後、ストックした複数のコマンドを、一気にまとめて実行することも可能(事前に入力されたコマンドが連続攻撃となって一気に発動する)。また、最大まで溜めたあとコスト1のコマンドをふたつだけ実行し、タイムゲージを温存する事もできる。

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット4

バトル画面内にはMPを示す表示が見られないので、魔法もMPではなく、すべてがコストで管理される可能性あり。例えば単体魔法のファイアはコスト1だが、全体魔法のファイアはコスト3となっており、強力な魔法ほどより多くのコストが必要となり、連発できない仕組みになっている。


『チェイン』をつないで『ブレイク』へ

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット6

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット7

敵を連続で攻撃すると、画面右上に表示されたチェイン数とゲージが上昇していき、それと共に敵へのダメージ量も増加していく。なお、魔法や技ごとにゲージの伸び率が異なる。

さらに、ある程度連続でダメージを与えることで敵が赤く点滅し、“ブレイク”状態に突入する。ブレイク状態の敵には、より大きなダメージを与えられるようになる。なお、ゲージ下にある“BONUS”についての詳細は不明。ブレイクを狙う際に重要な数値になる模様。


ブレイクした敵は『うちあげ』で追撃が可能

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット8

ブレイク状態になった敵は、“うちあげ”コマンドで空中に浮かせることができる。浮かせた敵にはより大きなダメージを与えられるので、魔法などのコマンドとうまく組み合わて使えば効果も倍増。
“うちあげ”からの連続攻撃は、ダメージアップが見込めるだけではなく、見た目にも華麗で爽快感バツグン。『FFXIII』の醍醐味となる攻撃システムになるかも。ただし、大型モンスターなど、“うちあげ”が効かない敵も存在するとのこと。


HPとタイムゲージは一覧表示

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット5

画面右下にはパーティーメンバー全員のHPとタイムゲージが表示されている。トレイラーで見られたライトニングとスノウの連携攻撃のように、本作ではタイムゲージを確認しつつ、仲間とタイミングを合わせて行動することが重要になってくる場面もあるかも?


リザルト画面

ファイナルファンタジーXIII スクリーンショット9

バトル終了時にはリザルト画面が表示され、その戦闘における評価を教えてくれる。評価は5段階で、星の数で表現される模様。画面右下には“TP BONUS”の表示があることから、バトルで高評価を得るほど、より多くの“TP”を入手できるシステムと推測できるが、“TP”の詳細はまだ不明。過去の『FF』シリーズでは、アビリティ修得に関連して“AP”や“LP”などが存在した。『FFXIII』の“TP”もそういった数値なのかもしれない。



『ファイナルファンタジーXIII』クリエイターインタビュー



世界観について

・聖府の軍人は人々を弾圧しているわけではなく、コクーンに出没している野良モンスターを退治するなど、コクーンの警察のような活動をしている組織。

・ファルシとは目に見えないものではなく、物質として存在している。本編では様々な形のファルシが登場する。

・本作では大きく分けて「パルスのモンスター」「コクーン内の野良モンスター」「聖府の軍用モンスター」の3種類が存在。全てデザインも変わっている。


キャラクターについて

ライトニング

性格は厳格な上、容赦がない。パーティメンバーすら殴ることも。ただ、心の中には強い優しさも秘めている。
坂本真綾さんに声を当ててもらうことで、クールなイメージだけでなく、女性ならではの可憐な部分も引き出せた。モデリングに関しては、剣士という設定なので、あまり華奢ではなく、かといって筋肉質にし過ぎないバランス取りに苦労した。

スノウ

最初は体育会系で怒鳴り散らす「不良番長」のような性格だったが、そこからヤンチャな部分を残しつつ、兄貴分的なキャラに進化させた。小野大輔さんの声もはまっている。ちなみに頭はニットキャップを被っているのではなく、布を頭に巻いている。バンダナよりも「デューラグ」の形状に近い。

サッズ

ラフイメージではトレンチコートを着たロン毛の白人だった。そこからスキンヘッドの黒人になり、キャラクターのイメージに合わせて最終的にアフロヘアーに。
性格は基本的には陽気だが、物語が進むと重い何かを背負っていることが判明する。そういった両面を演じられるベテラン声優として、江原正士さんに声をお願いした。収録した音声はアドリブも満載。体験版にもアドリブが収録されている。

ヴァニラ

今回の物語は、「語り部」であるヴァニラのナレーションを挟む形で進行する。活発で元気な女の子と、語り部としての両方を演じられる福井裕佳梨さんに声優をお願いした。衣服は実際に存在する部族の衣装をモチーフに、ラテン風に仕上げている。腰に下げた武器はゲーム中で面白い使い方をする。


ノラメンバーたちのコンセプト

マーキー

内向的で引っ込み思案という設定。家に閉じこもりがちだったのをスノウが引っ張りだしてノラに加えた経緯がある。そのおかげで、スノウのことをとにかくリスペクトしており、スノウを近づきたい気持ちが衣装にも現れている。(腕章、手袋、スノウに比べて小柄な身体のラインを隠すために厚着をしているなど)

レブロ

実年齢より大人びた口調や性格をしていて、しっかり者の姉御肌。戦場に不釣り合いな服装は、日常生活からいきなり戦場に運ばれた流れから。レブロはアジアのビーチリゾートを舞う蝶をイメージしている。細身ではなく、ムチムチした健康系なプロモーションを意識したコンセプトに。

ガドー

大柄なスノウより背は低いが、身体はマッチョというイメージ。スノウの幼馴染でよく一緒にいるので、一目見て違いがハッキリするように気を付けてデザインされている。モヒカンヘアはガドーのデザインコンセプトである炎を象徴したもの。服装についてはNBAを意識していて、バスケットシューズやハーフパンツなどをエスニック風にアレンジしている。


バトルについて

・バトルはシームレスではないが、切り替えのスピードは早く、シームレスバトルと同じ感覚で遊べるように仕上げている。バトル終了後の切り替えも非常にスムーズになっており、読み込みという面ではストレスなく遊べる。

・コマンドを入力して美しく連続攻撃を決めるというイメージを、システムとして表現したものが今回の戦闘システム。

・チェインカウンターの伸び率は技や魔法ごとに異なる。魔法はチェイン数を稼ぎやすい。

・バトルリザルトではチェインやブレイクを駆使して戦うと高評価に。

・モンスターは重さが設定されており、巨大な敵は打ち上げにくい。

・戦略性を意識した新しいシステムが製品版には入る予定。

・全滅してもバトル直前に戻れるリトライを用意している。

・仲間への指示は臨機応変に対応できるものを検討中。

・操作キャラの変更については、新しい感覚のシステムが導入される。


グラフィック・視点について

・CGムービーのクオリティでリアルタイム部分も作り込んでいる。

・肌や毛の質感、衣服の生地感など、手触りまで伝わるような質感を表現できた。

・移動中は自由にカメラを動かすことができる。

・魔法の臨場感にもこだわっており、ファイア系魔法なら着火点から発生した煙が残ったり、ブリザド系魔法なら氷が散らばったあとにその破片が周囲に残っていたりする。


システムなど

・コマンド選択に関しては体験版からのブラッシュアップに加え、ショートカット的な機能などを織り交ぜてより快適になるよう検討中。

・単にレベルが上がるのではなく、『FFX』のスフィア盤や『FFXII』のライセンスボードなど、システム的なものを用意する予定。

・今までにないほどメニュー画面が作り込まれている。


体験版について

・PS3の性能を引き出せたのは、体験版の段階で50%程度。しかし製品版では100%近い段階まで能力を引き出せるはず。

・体験版のバトルは新ATBの基本的な要素のみで、5割程度の要素しか入っていない。ストーリーも触りの部分のみだが、この先どうなるのかという片鱗を見ることができる。

・体験版のバトルはやさしめのバランスだが、製品版では少々難易度が高め。今までよりゲームオーバーになりやすいかもしれない。

・体験版での注目の演出として、リアルタイムな状況変化がある。(後ろで大きな音がして振り返ると飛行機が墜落している、サッズが指差した方向でリアルタイムな戦闘シーンが目撃できるなど)

・体験版には勝利時のファンファーレはないが、製品版には「FFXIII」用にアレンジされたものが用意されている。

・体験版の見どころはズバリ、バトル部分。とにかく爽快感を重視しているので楽しんでほしい。ストーリー的な見どころはライトニングたちの登場シーン。スタート時から派手なアクションを見ることができる。



<情報元>
ファミ通.COM

スキャン画像1スキャン画像2スキャン画像3


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray DiscファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc
(2009/04/16)
不明

商品詳細を見る



<関連記事>

【PS3】『ファイナルファンタジーXIII』のバトルシステム“新・ATB”の内容が判明

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』プレミア試写会開催決定!

【PS3】『ファイナルファンタジーXIII』公式サイト更新 キャラクターにNORA<ノラ>が追加、プロデューサーメッセージが公開!

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』デンゼル主人公のOVA他、特典映像の詳細が公開!

【PS3】『ファイナルファンタジーXIII』新イメージビジュアルと新キャラクターが公開

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』公式サイトにてトレーラームービーが公開!

【Blu-ray】『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』「FF XIII」体験版同梱パッケージ、PS3本体同梱パッケージが4月16日に発売決定!

【PS3/PSP】『ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII』公式サイトオープン!

【PS3/PSP】“ファブラ ノヴァ クリスタリス”3作品『ファイナルファンタジーXIII』『ファイナルファンンタジーヴェルサスXIII』『ファイナルファンンタジーアギトXIII』のDKΣ3713上映トレーラーが公開!

【PS3・PSP】『ファブラ ノヴァ クリスタリス FFXIII』関連情報

【ゲーム】スクウェア・エニックスのプライベートイベント「DKΣ3713」記事情報まとめ1

【PS3】FFXIII(FF13) 欧米にてXbox360で発売予定



<関連サイト>

FINAL FANTASY XIII 公式サイト

スクウェアエニックス オフィシャルサイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 ゲームブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- RIKU - 2009年04月01日 02:16:01

FF13にはまたされっぱなしですorz

ATBより、ドラクエ見たいなほうが、個人的にはすきなんだw

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年04月02日 12:13:05

>RIKUさん

初出から随分時間が経ちますものね(^^; 大作RPGにはつきものと言えば、それまでになっちゃいますが・・・。確かにターン制のRPGの方がまったりしてる部分もあるけれど、ATBも臨場感があって良いかな。ドラクエとFF、どちらも楽しみです(^^)

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア