カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【PS5/Xbox/PC】最新作の舞台は日本!『アサシン クリード シャドウズ』11月15日に発売決定!くノ一と侍のW主人公が戦乱の日本を駆け巡る! (05/17)
【アニメ】青山剛昌『YAIBA』新作アニメ化決定!青山先生による監修のもと“完全アニメ化”へ (05/09)
【AC】美少女格闘ゲームの先駆け『あすか120%』が令和に復活、『あすか120%エクサレント』として開発が決定! (05/02)
【アニメ】『まほやく』スタッフ&キャスト解禁!制作はライデンフィルム、主人公・真木晶役に花守ゆみりさんが抜擢 (04/26)
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ニュース]ゲーム関連 > title - 【Wii U/3DS】スカイADV『ロデア・ザ・スカイソルジャー』2015年春発売!Wii U版初回生産分にWii版「天空の機士ロデア」が同梱!

【Wii U/3DS】スカイADV『ロデア・ザ・スカイソルジャー』2015年春発売!Wii U版初回生産分にWii版「天空の機士ロデア」が同梱!

「ロデア・ザ・スカイソルジャー」1st デビュートレーラー

角川ゲームスは、Wii Uとニンテンドー3DS向けに、新作アクションゲーム『ロデア・ザ・スカイソルジャー(RODEA THE SKY SOLDIER)』をリリースすると発表しました。 発売時期は2015年春で、価格はWii U版が7,200円、ニンテンドー3DS版が5,800円(共に税別)。

本作は、当初Wii&3DS向けアクションとして開発が進められていた『天空の機士ロデア』の正式タイトルです。 同作は2009年末に角川ゲームスとプロペの共同プロジェクトとして発足し、2011年にWiiと3DSでリリースされることが発表されていました。 「ソニック」や「NiGHTS(ナイツ)」を手掛けたプロペの中裕司氏が制作指揮を務めるフライングアクションゲームとして話題となりましたが、長らく続報が途絶え、久方振りに進捗状況が明かされたのは2013年7月。 開発は継続中であり、予定通りWiiと3DSで発売することが告知されましたが、その後は再び開発の状況に関する発表がないままとなっていました。

しかし今回、『ロデア・ザ・スカイソルジャー』とタイトルを改め、プラットフォームをWii Uと3DSに変更し2015年春にリリースされることが発表。 プラットフォームの特性に合わせたゲームデザインのリニューアルを経てパワーアップした“スカイ・アドベンチャー”となって、遂にユーザーの前にその姿を現します。


Wii U版の初回生産分にはWii版『天空の機士ロデア』が同梱!


Wii Uというプラットフォームによって、よりスケールアップした作品となって発売されることに期待する一方、『天空の機士ロデア』の発表当初から注目していた方の中には、リモコン操作による具体的な操作方法まで紹介されていたWii版がお蔵入りとなることに、寂寥を感じる方も多いのではないでしょうか。

そんなユーザーの心を推し量ってか、Wii U版『ロデア・ザ・スカイソルジャー』の初回生産分に、『天空の機士ロデア』のWii版が特典として同梱されることが決定。 実はこのWii版は2011年6月の時点で既に完成しており、納品も終えていつでも発売できる状態だったのですが、3DS版の開発難航が影響したのかこの時点では未発売となっていたのです。 このような経緯もあって幻となりかけたWii版が、特典として同梱されることになった背景には、紆余曲折の中でも開発陣が抱いていた「すべての任天堂ユーザーに、このゲームを届けたい」という思いがあったとのこと。このWii版には『天空の機士ロデア』から険しい道のりを乗り越えてきた開発者の万感の想いが込められているといっても良いでしょう。

『ロデア・ザ・スカイソルジャー』は「探索」「収集」「成長」といったRPG的なやり込み要素などが用意されるのに対して、Wii版の『天空の機士ロデア』は純粋なアクションゲームとなっています。 Wiiリモコンによる直感的な操作でロデアの疾走感や一体感を楽しめるので、空を飛び回るフライング・アクションをより堪能したい方はこちらに熱中するのも良いかもしれません。


『ロデア・ザ・スカイソルジャー』のゲーム概要


11月25日に開催されたメディア向け発表会「KADOKAWA GAMES × FROM SOFTWARE MEDIA BRIEFING 2014 AUTUMN」から『ロデア・ザ・スカイソルジャー』に関する発表内容を以下にまとめました。

●『天空の機士ロデア』だった当初はWiiリモコンを使った新しい操作方法を表現するプロジェクトだった。しかし実際にWiiリモコンでポインティングし、空を飛び回る楽しさを実現したものの、その斬新さが仇となって一度はお蔵入りになりかけた。

●『ロデア・ザ・スカイソルジャー』のコンセプトは“懐かしさの中に新しさを秘めたアクションゲーム”。記憶を失った主人公の人型ロボット「ロデア」が、天空の大地「ガルーダ」を舞台に、360度に広がる空の世界を縦横無尽に飛び回るという内容になっている。

●ポイントは「隅々まで自由に飛びまわれる空を舞台としたアクション」「ゲームを進めることでロデアが失われた記憶を取り戻し全体像が見えてくるストーリー」「ゲーム史上最大のスケールで描かれるボスバトル」の3点。

●ボスとの戦いは「東京タワーと戦うようなスケール感」と表現されるほど。「もし本作より大きいボスをご存知の方はご連絡ください」とはディレクターを務める長谷川仁氏の言。

●舞台となる「ガルーダ」は、美しい自然に囲まれ、大海原のように広がる空に浮かんだ浮島群で構成された大地。ゲームのプレイ中は多彩な風景を楽しめる。

●冒険の最中は、ヒロインの「イオン」がロデアの後ろを飛空船でついてきている…という設定で、ゲーム中はロデアに掛け声をかけたり、様々なリアクションでプレイをサポートしてくれる。

●RPGとまではいかないが、世界を「探索」したり、レアアイテムを「収集」したり、ロデアをカスタマイズする「成長」要素などが用意される。

●Wii U版は成長などの要素が加えられ、やり込むことでより多くの人がエンディングにたどり着ける設計になっている。対して特典のWii版は純粋なアクションゲームになっている。

●Wii U版と3DS版はどちらも2画面を使ったプレイが可能。Wii U版は1画面でもプレイできる。また、共に入力体系が似ていることから、画面サイズや携帯性の有無といった点を除けば、ほぼ同じゲーム体験を得られる。

●Wii U、3DS版、そしてWii版の3機種いずれもストーリーとキャラクター、空を舞台としたゲーム内容は共通している。つまり同じ世界で2つの遊びを体験できる仕上がりになっている。

●3DS版は立体視に対応。Newニンテンドー3DSでプレイすれば、動きの速いアクションシーンも立体視で楽しめる。

●世界観とストーリーの構築には「テイルズ オブ」シリーズの宮島巧氏、シナリオはアニメ版「妖怪ウォッチ」のシリーズ構成を手掛ける加藤陽一氏を起用。アクションはもちろんストーリーにもこだわり、まるで映画のように楽しめる。


ストーリー・イントロダクション


■永き眠りから覚めた伝説の魔人「ロデア」

空に浮かぶ、自然に彩られた天空の大地“ガルーダ”。

そこに住む好奇心旺盛な少女「イオン」は、古代の遺跡からガルーダの伝説で“魔人”と呼ばれる機械仕掛けの兵を発見する。「ロデア」と名乗るそのロボットはメモリー(記憶)が曖昧で、右腕が完全に破壊されていた……。

時を同じくして、地上の機械帝国ナーガが1000年の時を超えて復活、ガルーダに眠る「グラビティストーン」を狙って機械軍団を侵攻させた。戸惑い怯えるガルーダの人々のため、ロデアとイオンが機械軍団に立ち向かう!

ロデアの失われし記憶に残る「過去の激戦」や「イオンに面差しの似た少女」とは?
強大な機械帝国との正体とは? 全ての真実は激戦の彼方で明らかとなるだろう。

■360度に広がる空の世界を自由自在に冒険

『ロデア・ザ・スカイソルジャー』は、360度に広がる空の世界を冒険できるスカイ・アドベンチャーゲーム。主人公ロデアが備えし“空を駆け飛行する”能力を駆使し、自由自在に大空を駆け抜ける。

フィールドに様々な形で点在するエネルギーの結晶“グラビティストーン”等の飛行エネルギーを入手しながら、襲い来る機械帝国の機械兵へ闘いを挑む。


chayさんとの主題歌タイアップが決定!


『ロデア・ザ・スカイソルジャー』の主題歌は、シンガーソングライターのchay(チャイ)さんによるタイアップソング「Forever」(ワーナーミュージック・ジャパン)に決定しました。

「Forever」は、ゲームの物語のテーマが「永遠の絆(きずな)」ということで、chayさんが本作をイメージしながら、ゲーム中で明かされるロデアの“千年の眠り”のエピソードと、自身の実体験に基づいて書き下ろしたという新曲。 主人公とヒロインとの永遠の絆を歌い上げた、ミディアムテンポのバラードとなっています。 以下のファースト・トレーラーでその楽曲の一部を聴くことができますので、ぜひご覧下さい。





タイトル
ロデア・ザ・スカイソルジャー
対応機種
Wii U/ニンテンドー3DS
発売日
2015年春発売予定
価格
  • Wii U版:7,200円(税別)
  • ニンテンドー3DS版:5,800円(税別)
ジャンル
スカイ・アドベンチャー
プレイ人数
1人
メーカー
発売元:角川ゲームス/開発:角川ゲームス、プロペ
CERO年齢区分
審査予定
特典内容
Wii U版の初回生産分はWii版『天空の機士ロデア』を同梱した「スペシャルパッケージ」となります。特典は数量限定です。
スタッフ
  • プロデューサー:安田善巳
  • エグゼクティブディレクター:中裕司
  • ディレクター:長谷川仁
  • 世界観・ストーリー構築:実弥島巧
  • シナリオ:加藤陽一
  • 主題歌:chay

(C)2015 KADOKAWA GAMES / PROPE

<関連記事>

<関連サイト>

アクセスランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ
sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア