カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【書籍】“鋼屋ジン×Niθ”による『斬魔大戰デモンベイン』が12月23日発売!「デモンベイン」シリーズの新たな幕開けとなるファン必携の一冊 (12/02)
【PS4/NS】うたわれスピンオフ『義賊探偵ノスリ』発表!ダウンロード専用ソフトとして12/22に発売 (11/29)
【アニメ】『ニジガク』の新作OVAが制作決定!ショートアニメ『にじよん あにめーしょん』の放送情報や主題歌、PVも解禁 (11/25)
【アニメ】Twitter生まれの人気WEB漫画『夜廻り猫』がTVアニメ化!涙の匂いを辿って現れるしゃべる猫を描いた、心温まる物語 (11/22)
【アニメ】『事情を知らない転校生がグイグイくる。』TVアニメ化決定!西村さんと高田くんを描いたティザービジュアル&PVやスタッフ、キャストも公開 (11/19)
【アニメ】“成田良悟×藤本新太”による漫画作品『デッドマウント・デスプレイ』がTVアニメ化!逆異世界転生した死霊使いの活躍を描く現代ファンタジー (11/16)
【アニメ】Cygamesが新作オリジナルTVアニメ『THE MARGINAL SERVICE』を発表!“全員裸”なティザービジュアルやスタッフ&キャストが公開 (11/12)
【アニメ】『転生したらスライムだった件』の第3期が制作決定!リムルと対峙するヒナタを描いたティザービジュアル解禁! (11/10)
【アニメ】『ウマ娘 プリティーダービー』第3期制作決定!新作アニメ「Road to the Top」は2023年春頃に配信! (11/07)
【映画】『THE FIRST SLAM DUNK』の声優キャストと主題歌&劇伴アーティストが発表!予告映像も解禁! (11/06)
【洋ゲー】『The Witcher(ウィッチャー)』第1作が「Unreal Engine 5」でフルリメイク!開発スタジオ「Fool's Theory」との共同制作が決定 (11/02)
【アニメ】なろう小説『ラス為』がTVアニメ化!乙女ゲーの外道王女に転生した主人公が悲劇を回避するべく奮闘する異世界ファンタジー (10/30)
【アニメ】アフタヌーン連載『天国大魔境』2023年TVアニメ化決定!アニメーション制作はProduction I.Gが担当! (10/26)
【PS5/PC】サイコロジカルホラー『SILENT HILL 2』のフルリメイクが実現!制作には「Unreal Engine 5」を採用、戦闘システムなど様々な要素も再構成 (10/24)
【新作】竜騎士07氏がストーリーを手掛ける『SILENT HILL f』と海外のゲーム会社との共同制作による『SILENT HILL: Townfall』が発表! (10/20)
【アニメ】『うちの会社の小さい先輩の話』が2023年にTVアニメ化!背が低くて可愛い巨乳な先輩と新入社員が織りなすオフィスラブコメ (10/18)
【アニメ】水島努監督による新作『終末トレインどこへいく?』の制作が決定!終末を思わせる世界と少女達を描いたティザービジュアルが公開 (10/17)
【PC/PS4/Xbox/NS】『P3P』と『P4G』のリマスター版の発売日が決定!『P5R』を含む3作品の主人公と各ペルソナが揃う新ビジュアルも公開! (10/13)
【アニメ】『ラブライブ!スーパースター!!』第3期制作決定!「Liella!」3期生の新キャスト一般公募オーディションの開催も発表 (10/12)
【アニメ】『アイマス ミリオンライブ!』2023年秋より放送開始!春日未来、最上静香、伊吹翼の3人を描いたティザービジュアルと特報PVが解禁! (10/09)
【PS4/NS】『JINKI ‐Infinity‐(ジンキ インフィニティ)』が12月23日発売!RTSで展開するバトルの紹介動画が公開に (10/06)
【アニメ】ニトロプラスと松竹による新作『REVENGER(リベンジャー)』が始動!ティザービジュアル&PV第1弾公開! (10/02)
【アニメ】「SQ.」「J+」連載の『カワイスギクライシス』が2023年TVアニメ化!地球の動物の可愛さに悶える宇宙人のリアクションコメディ (09/30)
【アニメ】『NieR:Automata Ver1.1a』2023年1月より放送開始!スタッフ&キャスト情報やアニメビジュアルが公開に (09/26)
【アニメ】『るろうに剣心』の新作アニメが2023年ノイタミナ他にて放送!スタッフ&キャストを一新し、原作を第1話から再構築! (09/24)
【アニメ】週刊少年サンデー連載『葬送のフリーレン』アニメ化決定!魔王を倒した勇者一行の“その後”を描くアフターファンタジー (09/21)
【アニメ】人気オープンワールドゲーム『原神』のアニメ化プロジェクトが始動!制作を「ufotable」が担当することが明らかに (09/17)
【PS5他】ナンバリング最新作『龍が如く8』発表!「6」以降の物語を桐生一馬の視点から描く『龍が如く7外伝 名を消した男』の発売も決定! (09/17)
【PS5他】『ライザのアトリエ3 ~終わりの錬金術士と秘密の鍵~』発表!ライザ達の最後の冒険を描く「秘密」シリーズ完結作 (09/15)
【アニメ】ラノベ『婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む』TVアニメ化!俺サマ魔王と可憐な令嬢のハートフルファンタジー (09/13)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ゲーム]ゲーム情報 > title - 【アプリ】『VALKYRIE ANATOMIA ‐THE ORIGIN‐』は「VP1」以前の物語を描くスマホ向けRPG!事前登録受付スタート!

【アプリ】『VALKYRIE ANATOMIA ‐THE ORIGIN‐』は「VP1」以前の物語を描くスマホ向けRPG!事前登録受付スタート!

『VALKYRIE ANATOMIA ‐THE ORIGIN‐(ヴァルキリーアナトミア ‐ジ・オリジン‐)』

スクウェア・エニックスは、今春のリリースを予定している配信用新作タイトル『VALKYRIE ANATOMIA ‐THE ORIGIN‐(ヴァルキリーアナトミア ‐ジ・オリジン‐)』の続報として、本作がiOSとAndroidに対応したスマホ向けRPGである事を明らかにすると同時に、事前登録の受付を開始しました。 締切は4月26日(火)12時までとなっています。

また、ゲーム内容についての新情報も公開に。 プロデューサーの山岸功典氏によれば、本作はトライエースが開発を手掛けた人気RPG「ヴァルキリープロファイル」シリーズの第1作より以前の物語を描く作品になるとのこと。 さらに直訳すると“解剖学”となる「ANATOMIA(アナトミア)」は今回のストーリーに関わる重要な意味を持つ事が明かされています。

なお、スクウェア・エニックスの映像制作集団「ヴィジュアルワークス部」が手掛けた、『VALKYRIE ANATOMIA ‐THE ORIGIN‐』の初映像がYouTubeで公開中。映像は全3部作で、今回が第1弾となっています。



「神々よ…こんなことをいったいいつまで続けるのだ…」「死にたいか?このまま…終わりたいか?」「では来い。死の先を共に歩もう」「最も強き英雄よ。私はお前を、エインフェリアとして迎え入れよう……」といったモノローグが、声優の沢城みゆきさんらしき声で語られ、コンポーザーの桜庭統氏が手掛ける荘厳な音楽も相まって期待をかきたてられます。

映像の最後にはほんの一瞬、今作のヴァルキリーと思わしき姿も出てきますので、興味がある方はぜひご覧下さい。 今後も山岸氏のTwitterなどでゲームに関する情報が公開されていく予定ですので、気になる方は要チェックです。


◆「ヴァルキリープロファイル」シリーズについて

1999年に第1作が発売された「ヴァルキリープロファイル」シリーズは、北欧神話をモチーフとした独特の世界観をベースに展開する、人間の死と神々の存在を描く重厚なストーリーに加え、独自のバトルシステムで高い評価を得ているRPGです。 シリーズのパッケージ版の累計出荷本数は全世界で220万本を突破しています。

■第1作「ヴァルキリープロファイル」
  • 1999年にPS用ソフトとして発売されたRPG。
  • 北欧神話をモチーフに、半神半人の女神・ヴァルキリーが命を落とした英雄(エインフェリア)たちの魂を集めていく過程や、神々の戦いの背後で密かに進行する企みといった物語を描く。
  • 当時のトライエースならではの精妙なドットグラフィックが魅力的。戦闘でもイベントでもよく動く。
  • 戦闘ではタイミングよくボタンを押してコンボ(連続攻撃)を繋げるとゲージが溜まり、ド派手な演出の決め技を発動できる。4つのボタンに対応した各キャラクターの攻撃方法は実に個性的で、パーティ編成を考えるのも本作の楽しみのひとつ。
  • 北欧神話をベースにした重厚なストーリーはさることながら、英雄一人ひとりに用意されたバックストーリーとドラマチックな演出はシリーズを通しても特に評価が高い。
  • 粛々と魂を集め育成した英雄を天界に送り評価を高めるか、人間側に立って自分の本当の姿を追求するか、プレイヤーの行動次第でストーリー展開やエンディングが変化する。自由度の高いゲームデザインにも評価が集まった。
  • 2006年にはPSPへの移植作「ヴァルキリープロファイル -レナス-」がリリースされた。
■第2作「ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-」
  • 2006年に発売されたPS2用RPG。
  • 前作より数百年前の世界が舞台となる。
  • 第1作が神々の一員であるレナスの視点で描かれたのに対し、本作における新たな主人公は神々と敵対する存在として設定されており、前作では協力者として登場した神々が敵として登場する展開となっている。
  • 3DCGを駆使した美麗なグラフィックは幻想的な世界観ともマッチしており、PS2用タイトルの中でも最高峰の出来。
  • 戦闘システムは決め技ゲージ、コンボシステムなど前作より引き継いでいるシステムもあるが、フィールドの移動、AP(アクションポイント)など新たに導入されたシステムにより、感触は大きく異なっている。
  • 部位破壊などを取り入れた戦闘システムは慣れるほどに爽快感を生み、グラフィックも着実に進化している一方で、エインフェリアの扱いや後半のストーリー展開などで大きく評価が別れる作品である。特に前作にはまったプレイヤーほど否定的な意見が多い。
■第3作「ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-」
  • 2008年にニンテンドーDS用ソフトとして発売。
  • 第1作「VP1」の数十年前を描いた作品で、ヴァルキリーに復讐を誓う人間が主人公となる。
  • 戦闘はシミュレーションパートとターン制のバトルパートで構成されている。
  • 味方の潜在能力を引き出す「女神の羽」はゲームバランスを崩壊させるほどの効果を持つが、使用された仲間はその戦闘マップの終了後に必ず死んでしまう。戦闘不能ではなく文字通りの“死”であり生き返ることは無い。
  • 「女神の羽」を使わざるを得ない状況に陥る絶妙なバランスが秀逸で、使えば仲間が死んでしまうというジレンマを抱えながらゲームを進めることになり、主人公への感情移入度が高い。もちろん羽の使用次第でエンディングが変化する。
  • 前2作とは方向性が異なる外伝的な作品であるが、人を選ぶもののオリジナリティの高いゲームシステムやストーリーの評価は高く、一定のユーザーの支持を集めている。



タイトル
VALKYRIE ANATOMIA ‐THE ORIGIN‐(ヴァルキリーアナトミア ‐ジ・オリジン‐)
対応機種
iOS /Android
配信日
2016年春配信予定
価格
未定
ジャンル
RPG
プレイ人数
未定
メーカー
スクウェア・エニックス
スタッフ
  • プロデューサー:山岸功典
  • 音楽:桜庭統
  • シナリオ:藤沢文翁

(C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

<関連記事>

<関連サイト>

アクセスランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ
sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア