カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】ファンタジア文庫『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』のアニメ化が決定! (10/22)
【アニメ】『デート・ア・ライブ』アニメ新シリーズ企画進行中! (10/22)
【アニメ】TVシリーズ第4期『ハイスクールD×D HERO(ヒーロー)』2018年放送!スタッフ&キャスト、ティザーPV公開! (10/22)
【アニメ】『フルメタル・パニック!IV(Invisible Victory)』ストーリーやスタッフ&キャスト情報が更新!TVシリーズ第1期“DC版”イベント上映の公開日も決定! (10/22)
【PS4】“フルメタ”がゲーム化!『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』2018年にPS4向けSRPGとして発売予定 (10/22)
【アニメ】野球漫画「MAJOR」の続編『MAJOR 2nd(メジャー セカンド)』がTVアニメ化!来年4月よりNHK Eテレにて放送開始! (10/21)
【アニメ】河森正治監督の新作『重神機パンドーラ』が2018年春よりTVアニメシリーズとして放送開始! (10/20)
【アニメ】プリキュア最新作?『HuGっと!プリキュア』が東映アニメーションの商願情報から明らかに (10/19)
【PC】メガテンACTゲーム『真・女神転生 SYNCHRONICITY PROLOGUE』が期間限定で無料配信中! (10/18)
【アニメ】『ゴールデンカムイ』TVアニメ公式サイトオープン!メインスタッフ発表! (10/17)
【アニメ】“ジェノスタジオ”がSF漫画『刻刻(こっこく)』のTVアニメ化を発表!「ゴールデンカムイ」と大森貴弘監督の新作を手掛けることも明らかに (10/17)
【アニメ】『グランブルーファンタジー』新作TVアニメーション制作決定!BD&DVD第7巻収録“Extra2「カボチャのランタン」”の情報や特典ジョブスキン「グラン&ジータ(水着ver.)」も公開! (10/16)
【アニメ】2018年1月新番『からかい上手の高木さん』スタッフ&キャスト発表!PV第1弾公開! (10/15)
【アニメ】『だがしかし2』の放送時期が2018年1月に決定!新キャラ・尾張ハジメ役を赤崎千夏さんが担当&紹介PV公開! (10/14)
【アニメ】『バジリスク ~桜花忍法帖~』2018年1月より放送開始!スタッフ&キャスト、主題歌情報が解禁! (10/13)
【PC/PS4】4K対応のフルHDリマスター版『スターオーシャン4 ‐THE LAST HOPE‐ 4K & Full HD Remaster』が11月28日発売! (10/12)
【アニメ】『奴隷区 僕と23人の奴隷』がTVアニメ化!公式ティザーサイトオープン! (10/11)
【PS4/PSV】『銀魂乱舞』の発売日は2018年1月18日!限定版や特典情報、“SPYAIR”による主題歌を使用したコラボMV、PV第1弾が公開! (10/11)
【PC】Steam版『シャドウ・オブ・モルドール(Middle Earth:Shadow of Mordor)GOTY Edition』がGeForce Experienceのユーザーに向けて無料配布中! (10/10)
【映画】アニメ『夏目友人帳』劇場版制作決定!2018年に公開! (10/09)
【映画】『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』公開日は2018年2月9日!「ワルキューレ」の3rd LIVEも開催決定! (10/09)
【アニメ】『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』続編制作決定! (10/08)
【アニメ】長谷敏司先生のSF小説『BEATLESS(ビートレス)』がTVアニメ化!2018年1月より放送開始! (10/08)
【新作ゲーム】GEシリーズ最新作『GOD EATER 3(ゴッドイーター3)』発表!家庭用のナンバリングタイトルとして開発中! (10/07)
【アニメ】『東京喰種トーキョーグール:re』がTVアニメ化、2018年に放送!主人公「佐々木琲世」役は花江夏樹さんに決定! (10/06)
【アニメ】2018年冬アニメ新番組『ポプテピピック』のスタッフ情報が公開! (10/05)
【アニメ】2018年1月新番『キリングバイツ』公式サイト開設!スタッフ情報&ティザービジュアル公開! (10/04)
【映画】山田尚子監督の最新作『リズと青い鳥』が「響け!ユーフォニアム」の完全新作映画として2018年4月21日に公開! (10/03)
【アニメ】『SAO』シリーズより「アリシゼーション」編と外伝小説「GGO」がTVアニメ化!キャスト情報も解禁! (10/02)
【アニメ】TVシリーズ第3期『とある魔術の禁書目録III』制作決定!第3期公式サイト&「とある」プロジェクトポータルオープン! (10/01)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ゲーム]ゲーム紹介 > title - 【PC】往年の名作FPS『RtCW』の紹介&HD化や拡張パッチなどMOD導入方法のメモ

【PC】往年の名作FPS『RtCW』の紹介&HD化や拡張パッチなどMOD導入方法のメモ

Return to Castle Wolfenstein : Tides of War Xbox ワールドコレクション 「DOOM」や「Quake」といったタイトルに並んで“FPS”(ファースト・パーソン・シューター)の祖と名高い「Wolfenstein 3D」。 その続編(リブートという方が正しいかも)として2001年にPC向けに発売された『RtCW』こと『Return to Castle Wolfenstein(リターン トゥ キャッスル ウルフェンシュタイン』は、シングルキャンペーン・マルチプレイ共に評価が高く、海外では今なおMOD(Modification、PCゲームにおけるユーザー制作の改変データ)の制作が続けられるなど、根強い支持を誇る名作です。(後にコンシューマー版がXbox向けに発売)

SteamやGOG.comなどのPCゲームDL販売サイトでは、比較的お手頃な価格で入手できる上、よくセールも行われています。 古い作品ではありますが、第二次世界大戦時の色濃いミリタリーにオカルトをミックスした独特の世界観、当時としては珍しいステルス要素を導入したゲームデザインなど、今遊んでも楽しめる部分は多くあると思います。日本語に対応していないのがネックですが、ゲームをプレイするのに大きな支障はありません。

今回、PC版『RtCW』をより楽しむためのMODの導入方法を掲載しました。ゲームを高画質化&高音質化し、新たな武器やアイテムを追加したり、敵のAIとゲームバランスを改善する事ができます。今後『RtCW』をプレイする方はぜひご利用下さい。

『RtCW』ってどんなゲーム?


『RtCW』は、第二次世界大戦(WWII)を時代背景としたFPSゲーム。敵軍・ナチスドイツの要塞と化した古城「ウルフェンシュタイン城」に潜入した連合国軍工作員ウィリアム・ジョセフ“B.J.”ブラコウィックが、ナチスの恐るべき計画を阻止する為に戦う…というストーリーが展開します。

WWIIを舞台とするミリタリー系STGは数多くありますが、本作ではナチス兵に加えて、墓から蘇ったゾンビや、ナチスの科学技術が生み出したサイボーグ&怪物など、クリーチャーが敵として登場するという点が他と大きく異なります。 WWII当時を反映したシチュエーションと、狂的なナチスの思想にミックスされたオカルト要素が本作独自の世界観を生み出しており、このミリタリーホラーな雰囲気も本作の魅力の一つとなっています。

ゲーム内容としては、オールドスクールなFPSながら、ステルス要素を取り込んだプレイスタイルが特徴的で、敵に気付かれないよう背後から忍び寄り、ナイフでサイレントキルしながらステージを攻略していく、というのが主な戦術となります。 ただ、敵の死体を隠したり人質に取って盾代わりにしたりといった、昨今のステルス系アクションに見られるシステムは存在せず、特別に難しい操作も必要としません。あくまでも主体はクラシックなFPSとなっています。 「Quake3」と同じエンジンで制作されているため、オールドスクールのFPSならではのテクニックである「ストレイフジャンプ」がそのまま使えるのもポイントです。

また、ステルス性を重視しているといっても、ステージの進行上、敵との銃撃戦に発展する場面も少なくはなく、銃器の挙動をしっかり把握しておく必要があります。 基本的に、撃つ時はしっかり止まらないとまず弾が当たりません。ひたすら撃ちまくってずんずん進んでいく大味なプレイスタイルには適さないと言えましょう。 しゃがみ込んで、弾がバラけないように集弾を意識して撃つ事が必要になってきます。遠くの敵ならタップ撃ちを駆使し、ヘッドショットも狙えるようになると攻略が大分楽になるでしょう。 後半のクリーチャーはかなり硬いので、強力な武器をここぞという場面で使えないと詰んでしまう可能性もあります。

『RtCW』を名作たらしめる理由のひとつがマルチプレイなのですが、現在サーバーがほぼ機能していない状態なので、遊ぶのはまずムリ。利用可能なMAPは多いですし、他のプレイヤーを擬似的に模倣するボットツールもあるそうですので、機会があれば導入したいのですが…。

ちなみに、『RtCW』は有志による日本語化が進められており、テキストもほぼ完成していたのですが、パッチ制作の途上で続報が途絶えたままになっている模様。ゲーム中はセリフの字幕も無いので、英語の聞き取りが得意な方でないとストーリーの完全理解は難しいかもしれません。(ゲーム自体は英語が理解できなくても問題なくプレイできます。)

⇒日本語訳:【1】【2】
(※古い作品のせいか、日本語訳が掲載されていたサイトが消えてしまっているものも多いです…;;)


MODの導入


※MODの導入はくれぐれも個人責任でお願いします。
※ファイルを入れ替えたりパッチを当てる際には、元データをバックアップした上で行って下さい。
※下記のいずれかを導入した事で発生した如何なる不具合も筆者は責任を負いかねます。


◆v1.42d非公式パッチ
《概要》
  • このパッチによってWindows 7に起因するクラッシュを修正する。
  • ワイドスクリーンのサポートを追加。
  • 「nVidia Surround」と「ATI Eyefinity」のサポート、メニュー内のカスタムビデオモード、その他のいくつかの修正と調整を行う。
  • RtCW SPマップ「ダム」からRtCW SPマップ「パーダーボルン」(別名Village2)へのマップレベルでのクラッシュを修正。
  • 様々なオブジェクトに新しい「scralign」属性を追加して編集し、ワイドスクリーンビデオモードでのスケーリング方法を変更。「System.menu」と「ingame_system.menu」も編集され、新しいビデオモード、異方性フィルタリングサポート、およびハードウェアガンマサポートが追加。
  • メニューファイルを変更する改造やマップパックは、これらの変更を複製するために編集する必要があります。そうしないと、このパッチで正常に動作しません。
《導入方法》
  • http://www.markshan.com/knightmare/downloads.htm」から「rtcw-sp-1.42d-win32-bin.zip」をダウンロード。
  • zip書庫を解凍し、抽出された「Main」フォルダと各ファイルを「Return to Castle Wolfenstein」のインストールフォルダに上書きする。
◆RTCW Venom Mod
《概要》
  • 敵のグラフィック、ゲームプレイ、AIを改善。
  • 新しい武器の高解像度でのリワーク等。
  • SPおよびMPモードの視覚効果を改善。
《導入方法》
  • http://www.moddb.com/mods/rtcw-venom-mod」で最新バージョンのVENOM_MOD(Ver 5.0)をダウンロードする。
  • 解凍した「Venom Mod v.5.0」フォルダ内の「Main」フォルダにある「mp_pak6-7-8」及び「sp_pak5-6-7」を、「Return to Castle Wolfenstein」インストールフォルダ内の「Main」フォルダに置く。
  • 「Venom Mod v.5.0」フォルダ内の「Main」フォルダにある「Choice your autoexec!」フォルダより、「Extreme quality (saturated lights and colors, detail textures ON)」か「Max quality (default lights and colors, detail textures OFF)」のどちらかを選び、いずれかの「autoexec.cfg」ファイルを「Return to Castle Wolfenstein」インストールフォルダ内の「Main」フォルダにある「autoexec.cfg」へ上書きする。
  • Venom Mod v5.0を新しいエンジンioRTCW 1.5aで試してみたい場合は、「Venom Mod v.5.0」フォルダ内の「Main」フォルダにある「sp_pak7 for ioRTCW」フォルダより、「sp_pak7」ファイルをコピーし、「Return to Castle Wolfenstein」インストールフォルダ内の「Main」フォルダにあるsp_pak7へ上書きする。

※「Extreme quality (saturated lights and colors, detail textures ON)」は飽和光と色、ディテールのテクスチャをオンにする。
※「Max quality (default lights and colors, detail textures OFF)」はデフォルトのライトとカラー、ディテールテクスチャをオフにする。

※ゲームのフレームレートが低い場合(Windows 7-8-10ユーザーの場合)、ゲームの実行ファイル「Wolf SP.exe」の名前を「WolfSP.exe」に変更することをお勧めします。

◆TDA Addons
《概要》
  • 『RtCW』の大型MOD「THE DARK ARMY」の制作者によるアドオンの数々。
  • 「Battlefield 1942」由来の医療キットや弾薬ボックス、リメイドされた武器、クロスヘアなどを追加する。
《導入方法》
  • http://www.moddb.com/company/85/addons」にアクセス。いずれかのアドオンをダウンロードする。(Additional weaponsとRemade Weapons — Beta [MP40]はマルチプレイ非対応)
  • 書庫を解凍してできたフォルダの中から、それぞれのpk3ファイルを「Return to Castle Wolfenstein」インストールフォルダ内の「Main」フォルダに置く。
◆Qeffects GL
《概要》
  • QeffectsGL:OpenGLベースのゲーム用グラフィックMOD。
  • OpenGLベースのゲームにいくつかのグラフィカルな機能を追加したOpenGL疑似ドライバ。
《導入方法》
  • https://code.google.com/archive/p/qeffects-gl/downloads」へアクセス。
  • 「QeffectsGL.1.2.zip」をダウンロードして解凍した後、抽出した「opengl32.dll」ファイルを「Return to Castle Wolfenstein」インストールフォルダ内の「Main」フォルダに置く。
◆Return to Real Wolfenstein
《概要》
  • RealRTCWは、古典的なWolfensteinに現実感をもたらす。AIを改善し、新しい武器が追加され、バランスの取れたゲームプレイを期待できる。
  • 新しいエンジン「iortcw」に基づいて制作。新しい武器、オーバーホールされたサウンドを提供する。
  • ワイドスクリーンのサポートを提供するioRTCWエンジンをベースに、より良いサウンドとx64サポート。
  • 新武器としてP38、TT33、MP34、PPSH、モシンナガント、M1ガーランド、BAR、MP44、MG42、G43、M97ショットガンを追加。
  • 世界モデルを含むバニラ兵器の新しいモデル。
  • バランスのとれた武器の特性。
  • リバランスされたAI。
  • オーバーホールされたサウンド。
  • 新しいHUDとUI。
《導入方法》
  • http://www.moddb.com/mods/return-to-wolfenstein-hd-upgrade/news/return-to-real-wolfenstein」へアクセス。
  • 最新Verの「RealRTCW 2.1」をダウンロードし、書庫を解凍する。
  • 抽出された「realrtcw2.1」フォルダから、「z_realrtcw.pk3」ファイルと、x64またはx86いずれかの実行ファイルとdllを、「Return to Castle Wolfenstein」インストールフォルダ内の「Main」フォルダに置く。
  • 実行ファイル「ioWolfSP」からゲームを起動する。

※ワイドスクリーンがうまく動作しない(menu、loadscreens、fov)問題がある場合は、半角/全角キーを押してコンソールを開き、 "/ cg_fixedaspect 2"と入力してください。次に、 "/ vid_restart"と入力します。それで解決するはずです。

◆RealRTCW 2.1 HD Textures Pack
《概要》
  • RealRTCW 2.1に対応したHDテクスチャのアップデートパック。
《導入方法》

▼参考サイト



<関連サイト>

アクセスランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ

Tag ⇒ | WolfensteinPCSteamGOG

sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
b_02.gif
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
相互リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
注目のゲーム
注目のBD&DVD
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
ブログパーツ
スポンサード リンク
サイトマップラス
サイトマップラス
Powered by SEO対策
フリーエリア