カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]咲 -Saki- > title - 『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」 感想

『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」 感想

咲 -Saki- 第7話 「伝統」より感想です。

『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」

“のどっち”の覚醒・・・。


『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」1

清澄高校予選第1回戦、副将戦開始!

ペンギンのぬいぐるみを抱いていよいよ登場の和。会場内への不要物の持ち込みは大丈夫なのかと思ったら、審査が通れば問題なし。まあぬいぐるみ持参なんて考えてみれば前代未聞のような気もしますけど(笑)

対戦相手の邪悪な笑みがどうしても気になるんですが引き立て役の演出なのかなこれは・・・。点差は歴然なのに和を舐めきっていて逆転する気でいるのか何なのか。最終的に期待は裏切らない結果にはなるわけですが(^^;


『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」2

相手の手を読んだ圧倒的な打牌スピードと、計算され尽くしたミスのない打ち筋が和の本来のスタイルですか。ネット麻雀を少しやってみて解ったのですが、確かに相手が早打ちだと焦りますね?考える時間がなくって・・・。本来の麻雀でもやっぱりプレッシャーを感じるものなんでしょうね。

このまま攻勢一方になるのかと思ったら、一順目は流局とパッとしない展開。

咲のように運に頼らない打ち方だから結果そうなったということなんでしょうか。こういう時はもう少し麻雀に詳しければと思ってしまいます(苦笑 咲の対局は考える必要もなく演出と勢いで押し切られますが、和の場合はもっと細やかに“麻雀”をしているという感じ。


『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」3

ここまでは意外に淡々と進行するなぁ・・・と思ったら和に翼が生えました(笑)

そしてネット麻雀の覇者“のどっち”のアバターらしきものが出現・・・透華にしか見えていないようだけど、これがあのオープニングでのバトルシーンに繋がるわけですね(^^; 

終わってみれば他の3人は和に手を塞がれて何もできずじまいという結果。『理論派の麻雀』って「咲-Saki-」の演出的にはどうなるのかと思いましたけど、こういった形で表現するのはさすがだな?と。“のどっち”の実力の片鱗を見せただけでこの演出・・・ライバル認定の透華とのトンデモ麻雀が楽しみです(笑)


『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」4

この勢いで咲の初戦デビューもどんな演出が待っているんだろうと思ったら、いつの間にか試合終了で1回戦突破。
う?ん圧勝になるのは目に見えているとは言っても、試合の様子は見てみたかったというのが本音ですが・・・咲の存在感を際立たせる意味もあるんでしょうね。これまで咲の周りでしか見えなかったその強さが他校の、それも龍門渕の部員の様子から感じられるのというのは新しいかも。“天江衣”のシークレットな強さの見せ方とはまた違っていて面白いです。


『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」5

龍門渕と言えばまた個性が強い面々が揃っているのが印象的。風越女子と比べても、お嬢様にオトコ女、ボクっ娘に無口キャラと個性派のメンバー。天江衣は見た目通りだし・・・。

その衣の代役のバニーメイドさんは今回のみ登場なんでしょうか(笑) セバスチャンな執事のハギヨシといい、脇役も優遇されている気がします。それにしてもボクっ娘の国広 一は透華の専属メイドだったのか・・・メイドからは明らかに離れた服装なので意外でした(^^;


『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」6

風越女子は去年3位の実力校を初戦でとばして圧勝。猫耳の池田って娘は実は強いんですか・・・これまた意外。

初戦の勝利を皆で祝って部員たちの仲の良さをアピールしたり、チームの団結力の高さは鉄板かなとのんびり見ていたらコーチのスパルタ指導にビックリ・・・。
キャッキャウフフなアットホームなイメージからはギャップが強すぎます(汗 
池田が去年振り込んだ負けを責めたり、指導者として尊敬を求められるような人物には見えませんが。

『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」7

風越女子をまとめ上げるのはやはり部長の福路美穂子。
カリスマとその容貌からも人気が高そうですが、閉じられた片目がやっぱり気になります・・・。もしかして牌が見えたりするような反則的な特殊能力があったりするんでしょうか(^^; 

龍門渕戦の前のライバル校として注目です。・・・ってその前に鶴賀学園と当たることをすっかり忘れていたりします(汗 抽選会場以来これまで出番が無いので皆目実力不明なんですが・・・もしかして今予選のダークホースだったり・・・はしないかなw


『咲 -Saki-』 第7話 「伝統」8

ここまでぐいぐい予選が進んで早いペースで進行していると思ったのですが、まさかエンディングが変わるとは・・・。2クールものとしてはかなり早い段階での変更ですね。

熱烈歓迎わんだーらんど」の賑やかで楽しいテーマとは違って、今回のエンディング「残酷な願いの中で」はシックなイメージで咲と和を中心にしたエンディング。百合な感じが際立っている部分はもう清々しさを感じます(笑)

原作ストックはあまり無いと聞きますし、これからはオリジナルストーリーが含まれたりするんでしょうか?
2クールの間でどこまで物語が描かれるのか気になりますね・・・。



次回 咲 -Saki- 第8話 『前夜』

咲 -Saki- 第8話 『前夜』



<関連サイト>

咲 -Saki- アニメスペシャルサイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople

Tag ⇒ | 咲-Saki-麻雀伝統

sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年05月19日 18:51:33

本当に麻雀知らない人に優しくないアニメですね(笑)
とりあえず知ってるだけの私もついていくのが大変です。
わからない言葉はググってもらうとして。

>このまま攻勢一方になるのかと思ったら、一順目は流局とパッとしない展開。

一萬を切ってピンズの待ちでリーチをかければ一発ツモだった展開ですが、まだ三萬が出そうな雰囲気を感じて和は一気通貫を狙ったと。
ヒット5本よりホームラン3本のほうが打点が高くなるだろうと思えば。

和の強みは状況から次に何をするかをプログラムの如く一瞬で判断できることですから、それをうまく表現したなと思います。
焦った相手が点差を取り返すべく高い手を狙おうとしてもさっさと上がって突き放してしまうんですから。

咲は焦らしてるんでしょうけど、5万点近いものを飛ばしたってのは何をやったんでしょう?
親の役満が48000点だから部室のときみたいなカンで四暗刻でもやったかな。

龍門渕のメイドさんである歩はアニメオリジナルですが、こんなの出すと先の展開で困るんじゃ?と思ってるんですが、原作に絶妙なアレンジをするゴンゾだから期待していいんでしょうか。
一の専属メイドについては決勝戦で語られることでしょう。

風越女子は飛ばしたんじゃなくて池田華菜が大将で最終戦だったってことです。
部長の福路美穂子は先鋒になります。
福路の能力は読んでてもよくわからないんですが、まさに感想に近いような能力なんじゃないかとさえ思います。

鶴賀学園はOPでは風越の次にネット麻雀をしてるところで、今回だと終わり間際のトーナメント表を見てる人たちの左側にいます。
五人目を見つけるのは大変ですが、この五人目がお気に入りだったりします(笑)

- ヴィー - 2009年05月19日 20:09:59

クソ長いコメントをしてしまいましたが、さらに追加。

エンドカードといい、食事のときの「タコスの中あったかいぢょ」といい、優希の扱いが酷いと思います(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年05月21日 01:51:32

>ヴィーさん

丁寧なご説明、ありがとうございますm(_ _)m 和の理論派麻雀はより高い可能性を以て確実に勝てる方向に攻めていくという感じでしょうか。しかも一切のミスもなく・・・。咲とは良い意味で対照的ですね。地味どころか演出もあの通りでしたし、まだまだ期待できそうです。

部長の福路美穂子は先鋒で、池田が大将だったのですか・・・一番強い人が大将という考えは、駆け引きでいえばその限りではないんですね。能力は実際に見るまで楽しみにしておきたいと思います。

すっかり忘れていた鶴賀学園の中で更に影の薄い人・・・OPで闇のオーラを出していた人かな(笑) ちょっと気になりますね^^; 優希はたまに“タコス”で脳内変換されて本名が頭に浮かばなかったりします(汗々

- ヴィー - 2009年05月21日 06:42:27

麻雀はそれなりの人であれば場の牌からどうすればいいかは簡単に見えてきます。
和はその理論値を瞬時に計算できるんですね。
で、藤田プロの言葉「ホーラ率しか考えない人と期待値まで考える人」というホーラが和了で、上がるってことですが、私も含めて普通は上がりやすいことしか考えませんが、和はトータルでどう上がればいいかまで考えます。
いきなりホーラと言われて漢字が思い浮かぶのも知ってる人だけでしょうけど(^^;
つまりは勝ち数で最高ではなくても最終結果が一位になるような打ち方ができるわけです。
そこにはツキを呼び込むとか咲みたいにリンシャン牌がわかるというようなオカルト要素は一切入りません。

どう戦うかは各校まちまちでしょうが、タコスが先鋒で大暴れしたときに部長の久が「他校がセオリーどおり強い人を先鋒に…」と言ってるので、スタートダッシュには最強をあてるようですね。

OPのアレは闇のオーラではありませんが、是非とも気にしてください(笑)
個人的には智紀が喋ることにも注目してますが、キャラならこちらです。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年05月23日 01:06:25

>ヴィーさん

デジタル打ちと聞いてもぱっとイメージが湧かなかったのですが、最近になって少しずつ違いが分かってきたかもしれません。スロットなども運が絡んでいるようで法則があったり、ギャンブルとしての麻雀が色濃い咲と理論で攻める和が対極に描かれているのも特徴なのかな・・・と感じるようになりました。

まだ露出の少ない鶴賀学園の中でも影が薄い人物・・・影が薄いことそれ自体が能力になっていそうですね(^^;

トラックバック

つれづれ - 2009年05月18日 19:26

咲 -Saki- 第7局 「伝統」

 咲の試合はカット。主役なのに。和と透華と風越女子なお話でした。それにしても龍門渕って何でみんな制服が全然違うのでしょう?

リリカルマジカルS - 2009年05月18日 19:39

咲‐Saki- 第7話 「伝統」

やはり、透華も穿いてなかったか(*´д`*) しかし、見ようによってはスジにも・・・w

wendyの旅路 - 2009年05月18日 20:04

らび庵 - 2009年05月18日 20:29

咲 -Saki- 第7話「伝統」

和と咲のターン!

ミナモノカガミ - 2009年05月18日 21:43

日常と紙一重のせかい - 2009年05月18日 22:46

咲 -Saki- 第7話「伝統」

のどっち、最初の覚醒 咲 -Saki- 第7話「伝統」の感想です。

穹翔ける星 - 2009年05月19日 03:44

咲-Saki- 7話 「伝統」

聖天使のどっち降臨!

おきらく委員会 埼玉支部 - 2009年05月19日 21:16

「咲-Saki-」 第7話『伝統』

 第7話「伝統」 ネット麻雀で伝説と言われた最強の打ち手。”のどっち”が、今ここ

明善的な見方 - 2009年05月19日 23:32

咲‐Saki- 第7話「伝統」

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)(2006/12/25)小林 立商品詳細を見るついに清澄高のA’sのデビュー戦です!

電撃JAP - 2009年05月20日 00:27

咲 -Saki- 第7局「伝統」

博士「高校デビューwww」 助手「意味が違うわいwww」

ニコパクブログ7号館 - 2009年05月20日 02:44

咲 -Saki- 第7話

第7話『伝統』咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]今回は、前回の続きです。って、そら当たり前か。

F-Shock DL Blog - 2011年02月18日 00:44

☆咲-Saki- 第7話 「伝統」

「のっどち」は、ネットマージャン界では最強といわれていた。

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア