カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【映画】『キングダム』実写映画の続編が製作決定!前作の主要キャストが再集結、原作者・原泰久先生も脚本に参加 (05/29)
【PS4/NS/PC】「リゼロ」の新作ゲーム『Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補』がスパチュンより今冬発売!「死に戻り」がシステム面で重要になるタクティカルアドベンチャー (05/29)
【ゲーム】『ダイの大冒険』の新作ゲームプロジェクトはスマホ、アーケード、家庭用の3タイトルが同時進行中! (05/28)
【アニメ/漫画】『ダイの大冒険』はテレ東系列にて10月より放送開始!スタッフ&キャストも発表!「Vジャンプ」ではアバンを主人公とした新連載が決定! (05/28)
【アニメ】『GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)』の主要スタッフが企画・制作の裏側を語る“プロジェクトPV”が公開! (05/26)
【アニメ】『神様になった日』の監督は「Charlotte」の浅井義之氏、ヒロイン「ひな」役に佐倉綾音さんが決定! (05/25)
【OVA】「ナナシス」新作アニメ『Tokyo 7th シスターズ ‐僕らは青空になる‐』が2020年夏に公開!“777☆SISTERS”を主役とした70分の完全新作ストーリー (05/24)
【アニメ】第3期『のんのんびより のんすとっぷ』が2021年1月より放送開始!スタッフ&キャストやキービジュアルが解禁! (05/23)
【NS】『BAROQUE‐オリジナルバージョン超完全移植版‐』が発売決定!1998年発売のオリジナルバージョンの移植版がSwitchに登場 (05/22)
【映画】アニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の新作劇場版が制作決定! (05/21)
【アニメ】『呪術廻戦』は10月より“スーパーアニメイズム”枠で放送!「両面宿儺」役は諏訪部順一さんに決定、スタッフ情報やPV第1弾も解禁! (05/20)
【OVA】『デート・ア・バレット』の前編「デッド・オア・バレット」が全国劇場にてイベント上映決定!「白の女王」らのキャストも発表! (05/18)
【アニメ】「NUT」の制作によるオリジナル作品『デカダンス』が7月より放送開始!スタッフ&キャストや主題歌が発表! (05/18)
【アニメ】『ラブライブ!』新シリーズプロジェクトのメインキャラが公開!TVアニメのスタッフも発表! (05/15)
【NS】ペーマリ最新作『ペーパーマリオ オリガミキング』がSwitch向けに7月17日発売!ペラペラのマリオが“オリガミ”の野望に立ち向かう! (05/15)
【PS4】期待の新作『Ghost of Tsushima』18分超えのプレイ映像が公開!モノクロ時代劇のような「SAMURAI CINEMA」やフォトモードなども明らかに (05/15)
【技術デモ】次世代ゲームエンジン『Unreal Engine 5』が初公開!PS5上で動作するリアルタイムデモがお披露目! (05/15)
【PC】Epic Gamesストアにて『Grand Theft Auto V』の無料配布が開始!「Epicメガセール」もスタート! (05/15)
【アニメ】Kラノベブックス『俺だけ入れる隠しダンジョン』のTVアニメ化が決定!スタッフ情報とティザービジュアルが公開! (05/13)
【アニメ】「少年ジャンプ+」連載の『終末のハーレム』が2021年にTVアニメ化!男性絶滅の危機に瀕した世界で描く近未来エロティックサスペンス (05/13)
【アニメ】『SSSS.DYNAZENON』のキャスト情報とメインキャラクターを描いたキービジュアルが解禁! (05/11)
【アニメ】麻枝准×P.A.WORKSによる新作『神様になった日』が10月より放送開始!「殺伐RADIO」の復活も決定! (05/10)
【アニメ】「犬夜叉」の続編『半妖の夜叉姫』が2020年秋より放送開始!殺生丸と犬夜叉の娘達が活躍するオリジナルストーリー (05/10)
【Xbox】バンダイナムコスタジオの新作『Scarlet Nexus(スカーレットネクサス)』が発表!未来の都市を舞台に超能力を駆使して戦う3Dアクションゲーム (05/08)
【アニメ】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』の新たな放送時期が2020年7月に決定! (05/07)
【PS4/NS】『ブレア・ウィッチ 日本語版』が6月25日発売!中井和哉さんの吹き替えによるトレーラーも公開に (05/05)
【PC】「ANIPLEX.EXE」ブランド第1弾『ATRI』&『徒花異譚』の体験版が配信開始!感想投稿キャンペーンも実施中! (05/04)
【アニメ】スマホRPG“キンスレ”がTVアニメ化!『キングスレイド 意志を継ぐものたち』として2020年秋より放送開始! (05/04)
【Multi】アサクリ最新作『アサシン クリード ヴァルハラ』発表!テーマは“ヴァイキング”、現行機に加えPS5やXbox Series Xでも発売予定! (05/01)
【アニメ】ブシロードの新コンテンツ『D4DJ』が『D4DJ First Mix』のタイトルでTVアニメ化!監督を水島精二氏、制作はサンジゲンが担当! (04/29)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ニュース]ゲーム関連 > title - 【PS4/Xbox One/PC】『DEAD OR ALIVE 6』発表!“リアルさ”を重視し、格闘ゲームとしての「DOA」を追求した最新作!

【PS4/Xbox One/PC】『DEAD OR ALIVE 6』発表!“リアルさ”を重視し、格闘ゲームとしての「DOA」を追求した最新作!

『DEAD OR ALIVE 6』

コーエーテクモゲームスは、「Team NINJA」が開発を手掛ける対戦格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE(デッド オア アライブ)」シリーズの最新作『DEAD OR ALIVE 6』を、PS4/Xbox One/PC(Steam)の3機種に向けて開発していることを発表しました。

前作から約7年ぶりのナンバリングタイトルとなる『DEAD OR ALIVE 6』は、爽快なアクションや3すくみの要素など、基本となるシステムを踏襲しつつ、強力なコンボや必殺技を繰り出せる「スペシャルボタン」が新たに導入されます。これにより、初心者が熟練の格闘ゲーマーのような連続技を叩き込んだり、一発逆転の大技を簡単に発動できる他、上級者は既存のシステムにスペシャルボタンによるアクションを組み込むことで、より高度な駆け引きができるようになり、戦略性がさらに増しているとのこと。

また、『DEAD OR ALIVE 6』は格闘ゲームとしての“リアルさ”を重視しているのも特徴です。キャラクターが激しく動けば汗をかき、力を振り絞ると顔が歪み、攻撃を受けると傷を負う…こういった人間としての挙動や表現はもちろん、ステージ演出でも、ふっ飛ばされた先に観客がいれば押し返され、その時にスキが生まれるというような、当たり前のリアルさが強調されています。


発表に合わせてオープンした公式サイトでは、トレーラー第1弾が公開。発売時期は“EARLY 2019(2019年初頭)”と記されています。続報は6月11日に公開されるとのことです。



  • 現在判明している登場キャラクターは、かすみ、ハヤテ、ザック、エレナ、ジャン・リー、ハヤブサの6人。完全新規のキャラクターも登場する。「バーチャファイター」や「THE KING OF FIGHTERS」といった他社の格闘ゲームからのゲスト参戦については検討中。
  • 各キャラクターの基本動作や爽快なアクションの数々はこれまでのシリーズを踏襲。打撃、投げ、ホールド(カウンター技)という3すくみの要素もある。
  • 開発者が「初心者でもあきらめないボタン」と称するスペシャルボタン(PS4コントローラのR1ボタン、Xbox OneコントローラのRBボタン)を導入。このボタンを連打すると「フェイタルラッシュ」という強力なコンボが出せる。
  • 攻撃をヒットさせたりダメージを受けたり、ガードしたりすることで「ブレイクゲージ」というゲージが溜まる。ゲージが満タンになると、スペシャルボタンを使ったコマンドで超必殺技のような「ブレイクブロー」や脱出技の「ブレイクホールド」が繰り出せる。
  • 本作のステージ演出は派手さより“当たり前のリアルさ”を重視している。あるステージのギミックには、観戦している人々の方向へふっ飛ばされると、彼らに押し返されるというものがあり、この時によろけが発生して、一瞬無防備になってしまう。こういったリアルな挙動によって試合の展開が変わっていく。
  • シリーズ特有の極端な揺れを表現するやわらかエンジンは採用せず、キャラクターのコスチュームも肌の露出は控えめ。今回は“かっこいいDOA”を意識しているので、セクシーになりすぎないようにしている。女性キャラもしっかり格闘家として描いていく。
  • キャラクターのモデリングや表情、演出に至るまでリアル感を重視する。激しく攻撃すれば汗をかき、力を振り絞ると顔が歪むのはもちろん、攻撃を受けると傷も負う。この表現は女性キャラクターにも適用される。
  • ハヤブサやハヤテといった忍者キャラクターが顔面に攻撃を受けると覆面が破れることもある。他のキャラクターでもメガネが吹っ飛ぶといった、様々なダメージ表現を取り入れていく。汗の表現にしても、運動量によって変わったり、キャラクターによって汗のかきかたが若干違ったりなど、細かい表現にこだわった格闘アクションにしていく。
  • 最初から「かっこよく見せよう、可愛く見せよう」と作るのではなく、環境の変化などで自然とリアリティが作り出されるものを目指す。
  • オンラインだけでなくストーリーモードをはじめとした1人プレイ専用モードにも力を入れていく。エピソード形式のような構造が特徴の『DOA5』のストーリーモードに近いものにはなるが、新しい工夫も加えていく。
  • トレーニングモードやアーケードモードなどの他、1人で楽しめる新しいモードも導入する予定。

※情報元:IGN JAPAN




タイトル

DEAD OR ALIVE 6

対応機種

PS4 / Xbox One / PC(Steam)

発売日

2019年初頭発売予定

価格

未定

ジャンル

対戦格闘

プレイ人数

1~2人

メーカー

コーエーテクモゲームス

CERO年齢区分

審査予定


(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.



<新着記事>

<関連サイト>

アクセスランキング
にほんブログ村 ゲームブログへ
sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア