カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]宇宙をかける少女 > title - 宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』 感想

宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』 感想

宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』より感想です。

宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』

不穏な動向・・・悲しい別れ・・・。


捕らわれた秋葉、風音の指示で行動を開始した仲間たち、ネルヴァル側の各人物、謎の第3勢力「ウーレ人民共栄圏」・・・それぞれの陣営が一気に動いて物語が加速する第21話。

宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』1

まずは徐々にその姿を現してきた“ウーレ”。月基地から風音が飛び立った際に姿を見せていた中国系の人物は、この“ウーレ”の情報局員だったようで。それにしても、「未知の脅威」にさらされているカークウッドそのものを殲滅するなんて危険な行政府の思想は、保身主義の表れなのか、ウーレがネルヴァル勢を一掃するために仕組んだものか、あるいは互いの利害関係が一致した結果なのか・・・。

月基地のヤマギワ司令官は正義漢なんだけど、盗聴器でしっかり職権濫用の現場を押さえられちゃったのはイタイなあ(笑)いろんな意味で損な役回りですね(^^;

いずれにしても、ここにきて政治絡みのキナ臭いお話が出てくるのはどうにも・・・。これまで描かれてきた秋葉とネルヴァルの異なる主義の主張、そのぶつかり合いの最中に水を差されたような気もしますが、これからの展開にどう影響するんでしょうね・・・。


宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』2

レオパルドを『本物の漢』にするために四苦八苦する皆さんですが、その中でどう考えても巻き込まれたようにしか思えない“つつじ&ベンケイペア”(笑) 見事にスイッチの入っちゃったつつじさんよりベンケイが一番の被害者に思えるんですけれどw まさか“太陽”に突っ込むことになるとはね・・・。

『私たちがどうしてこんな状況に置かれているかわかる?ベンケイ』

『お前のせいだろう!獅子堂総帥にまんまと乗せられ、為す術もなかった!』

いや全くおっしゃる通りですベンケイさん・・・。でも当のつつじ本人は『大いなる宇宙の意思』かナニかに挑戦する気まんまんのようで・・・一体何と戦っているんでしょうこの方は・・・。

『私は・・・!今、最高に生きているゥゥゥ?!!』

ああ、つまるところ生の実感が欲しかったわけですか。自己主張も極まったらこうなるのかと(^^;

でも当初の目的はおおよそ達成されているわけで、これ以上を求めるのが間違っていたのか・・・。
プロキシマの冠は手に入れたものの、つつじ本人は大宇宙に放り出されてしまったもよう・・・。
いや、きっと元気に復活するでしょう彼女のことですから!・・・ホント死ぬとかあり得ない人種だと思う(汗


宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』3

いつきと生徒会は秋葉の捜索へ。
その道中にいつきと生徒会長の時雨が同じ『地球孤児』である事が判明。

意外な共通点ですが、しかし遠い昔に立てた時雨といつきのフラグが、ここに来て目覚めの予兆を見せているのはどうなんでしょうねぇ・・・。はっきり賛成派と反対派に分かれそうな気がします。いつきの保護者のウルの目が黒いうちは簡単にはくっつかないでしょうけれど。

『そらかけ』で主要人物の浮いた話なんて正直違和感あるから、反対派が多そうな気はしますが・・・。『いつきを庇って時雨倒れる』みたいな展開には・・・ならないといいですね。ちなみにつつじが時雨に憧れていた設定って活かされることはないんでしょうか・・・。


宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』4

一方囚われの秋葉はというと、箱の中の快適空間を満喫しておりました・・・。
中から飲食物を取り出し放題な上、嫌なものに関わらずに済み、閉鎖的な空間で自己を主張できる快適空間に取り込まれつつある秋葉。・・・いわゆる“引きこもり”を演出してるんでしょうけれど、ネルヴァルの過保護を解りやすく表現していて面白いですね(^^; 

『イモは・・・イモは、お嬢様と離れ離れなんて、絶対イヤですから━━━!!』

その箱の中は確かに快適だけれど、秋葉が“大好きなもの”は存在しない、触れ合えない・・・。

ダメ人間と化していく秋葉に、その事を気付かせてくれたのは、やっぱり大切な親友のイモちゃんでした。今回はこの小さな『親友』のありがたみを一心に感じるべきお話です・・・(涙


宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』5

ネルヴァル側の人員の動きも気にするべきですね、特に今回は。
前回ウーレの暗殺ドロイドから刺されたナミは、『重傷』で済んだようで・・・。あれだけラストに思わせぶりだった割には呆気なく復帰。まあそれは良いとして、ネルヴァルの“お父さん化”はどうなの・・・。当初のネルヴァルってもっと支配者然としていたような気がするんだけど、最近は人間を知ろうとする理解者って位置付けなんですよね。秋葉たちと対立させるには都合が良い転換なのかもしれないけれど・・・。

ネルヴァルが作った『不味いナポリタン』。ここに引っ掛かるキーワードと言えば“軌道喫茶エニグマ”ですが、ネルヴァルが既に確保済みで、しかもアレイダがここを『思い出の場所』と認識しているというのは驚きでした。つまり、神楽としてネルヴァルと戦っていた時の拠点であったという事を覚えている・・・そう考えるべきでしょうか。マインドコントールで操られている可能性は消えませんが、神楽自身の意思でネルヴァルに付いたという線もあり得なくはないような気もしてきました・・・。

宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』6

ネルヴァルがナミと顔を突き合わせて食事をするという行為も人間の文化を知る一環だったようですね。人の姿を取る意味はこういう事を行うためでもあるのでしょう。

ナミにとっては寂しい獅子堂家の食卓を思い出すという食事風景の話に興味を示すネルヴァル。

『折好く3人目の獅子堂の娘がやってくる』

この言葉に強烈に反応するナミ・・・。秋葉はナミの存在価値を薄らげてしまう、居場所を奪われる怖れを抱かせる人物であるから当然でしょうけれど、気分を害して出ていくナミにいまいち反応しきれないネルヴァルはちょっとリサーチ不足だったのかな? 皆から必要とされる人間とそうでない人間、獅子堂家の二人の姉妹にも当てはまるものですが、そこまで把握しきれていなかったというのは・・・ネルヴァルがまだ人間を掴み切れていない証拠でもあるという事なのかも。


宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』7

地球に向かったほのかは追手の高嶺と交戦に。本格的なQTアームズ戦って久しぶりだなあ・・・。最近戦闘シーンって呼べるものが無かったので新鮮に感じます。戦いの最中に既に限界が来ているほのかに危険を感じるのですが・・・地球に辿りつくことで問題解決の糸口が見つかったりしないのかな;; 

ナミの乱入でQTアームズは破壊されるものの、頭部の脱出ポッドでほのかは地球へ降下。

しかし・・・ナミ、高嶺へ八つ当たりして鬱憤を晴らす→反撃する高嶺→攻撃を受けてナミ覚醒?その影響を受けて高嶺の洗脳解除(?)・・・この流れはちょっと強引さを感じてしまう。もっとこう、秋葉や風音を含めた姉妹同士の戦いの中でカタルシスを感じさせるような・・・そんな展開を予想していたのですが・・・。そこまで手が回らない時期ですものね。その辺りは秋葉とナミの決着に期待したいと思います。


宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』8

『箱』の依存から脱却し、そのままクサンチッペから脱出した秋葉とイモちゃん。
でもやっと帰還したカークウッドは、政府によるネルヴァル一掃作戦が開始されていて・・・。クサンチッペを通したネルヴァル・エクスクルーシブ・コントロールによりミサイル攻撃は無効化できたものの、今度はカークウッド全域を巻き込むほどの威力を持つ“反物質ミサイル”なんてものが撃ちこまれてきました。

カークウッドへの被害を防ぐには、着弾の前に起爆を促すしかない・・・。

宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』9

(ごめんなさい、お嬢様。一緒にまん丸焼き、食べられなくなっちゃって・・・。お嬢様と一緒に居られて、イモは、とっても幸せでした・・・)

この展開は・・・予告で感じていた不吉な気配は感じてましたけど、そんなのすっかり忘れてたのに・・・

(もし・・・もしもう一度生まれ変われたら、また、お嬢様のお傍にいたいな・・・)

『お嬢様・・・大好きです・・・』

そんな笑顔のままで居なくなったりしないで・・・(涙
しかも秋葉へのお別れの言葉は届いてないっていうのに・・・イモちゃんを失ったことすら知らない秋葉があんまりすぎます;; この終わり方とエンディングが今までにないくらいマッチしていて・・・泣けました。今回のラストは・・・。

でも何だか急ぎ足な展開・・・第3勢力の登場に巻き込まれる形で物語が動いているような気もしますし。一番の親友だったイモちゃんを退場させることに秋葉の成長を見るなんて事になるのは、正直イヤだなぁ・・・。

ウーレの登場が安易に共闘フラグと呼べるものとは思えませんが、秋葉たちにとってもネルヴァルと共通の敵であることには違いなさそうですね。人間味を感じさせるようになったネルヴァル、ウーレの暗躍。ナミの覚醒(?)に・・・そういえばつつじも一応生死不明でした。(と思ったらまた次回予告で生存確認・・・)いろいろと急展開ですが、各方面で事態が拡散していく中でどんな形で収拾をつけるんでしょう・・・。



次回 宇宙をかける少女 第22話 『冥い旅路』

宇宙をかける少女 第22話 『冥い旅路』



<関連サイト>

『宇宙(そら)をかける少女』オフィシャルサイト

サンライズ オフィシャルサイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

秋葉が引きこもりの危機を越えて見出したのは - westernblack - 2009年05月27日 09:28:20

「身近な大切な人」との絆でしたねね…ご予想的中におめでとうございますと言ってよいのか悪いのか、私は全然予想していなかったので、まずご予想に驚き、本編にも素直にショック&泣けました
つつじは鬱屈したり無題に威張った表情が多いキャラだったので、今回大きく採録されている爽快な笑顔はよかったですね。「やりたかったこと」自体への個人的な賛否は人によって大きく分かれるでしょうが、いい顔に描かれていたと思います。そんな彼女のニアデス描写に大ショック。そんな自分に大ショックの私でした。いつのまにかこんなに好きなキャラに…
いつきと時雨その他の件と関連することですが、何かここにきて、「もっと尺があればもっと面白かったかも」という感想があちこちでチラホラ。まあでも、この際ですから勢いで楽しませていただきましょう。ああ、もう5月も終わりかあ(笑)
それでは失礼します

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年05月29日 01:12:26

>westernblackさん

前回の予告で一人涙しながら微笑むイモちゃんに何となく死亡フラグを感じてしまいました・・・イヤな予感が的中です_| ̄|○ il||li つつじの方はまた予告バレで生きていそうですし問題ないかな~なんて楽観視しております(^^; ベンケイが漢を見せたりする・・・かな?

学園組やその他のキャラの出番については、秋葉の周囲のみを映しすぎたのが原因かもしれません。結果他の人物は事態から置いてけぼりでしたから・・・。冒頭あたりの空気をもっと感じていたかったというのは正直ありますね。少し混迷してきた様相ではありますが、どんな結末を迎えるのか見守りたいと思います。

- ヴィー - 2009年05月31日 22:50:43

頭のほうのドタバタは売るための仕掛けだったんだろうと思いますが、それが長すぎた印象です。

もしくは、50年前に起こった出来事を殆どの人間が知らないように、今回も一部の人間しか概要さえ知らない状態なので、それを視聴者にも体験させてるか。
何が起きてるかわからないでイラつくこともありますが、それは劇中の人物たちも同じであろうと。
そういう演出がいいのか悪いのかは置いておきますが。

ナポリタンに関しては「まあ、待て。落ち着け」と思いましたが(笑)

まだまだ秋葉とナミの対立は続くだろうし、もしかしたら最後まで解消されないかもしれません。
それはそれでアリだとは思いますが。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年06月01日 01:48:01

>ヴィーさん

確かに巻き込まれてるのは学園の生徒だったりICPだったり・・・当該の人物以外は何が起こってるのか未だに分かっていない状態ですものね。

その辺りも含めて今後どう展開をまとめていくのか・・・“結末は劇場版で!”という逃げ道はなさそうですし(笑) 上手く締め括ってほしいですね。

トラックバック

こう観やがってます - 2009年05月26日 20:44

宇宙をかける少女 第21話「小さな勇気」

「私は今、最高に生きているうううううううううう!」  ほんとステキすぎるよこのお方は。

つれづれ - 2009年05月26日 20:46

在宅アニメ評論家 - 2009年05月26日 21:01

宇宙をかける少女 #21 小さな勇気

普通に復活のナミ。 そして焼き芋へ。

日常と紙一重のせかい - 2009年05月26日 21:22

宇宙をかける少女 第21話「小さな勇気」

玉砕 宇宙をかける少女 第21話「小さな勇気」の感想です。

wendyの旅路 - 2009年05月26日 22:07

丸正の日々の思い。 version2 - 2009年05月26日 22:19

宇宙をかける少女 第21話

「小さな勇気」 宇宙をかける少女 Volume 3 [DVD](2009/06/26)MAKO遠藤綾商品詳細を見る

アニメ-スキ日記 - 2009年05月27日 03:16

宇宙をかける少女 第21話 『小さな勇気』(感想)

「もう、まんまる焼き食べられないの?」 反物質ミサイルに突っ込んでいったイモちゃ

地図曹長道中記 - 2009年05月27日 21:38

宇宙をかける少女 第21話

予想外の展開が多すぎるんですが…

ニコパクブログ7号館 - 2009年05月28日 02:16

宇宙をかける少女 第21話

第21話『小さな勇気』宇宙をかける少女 Volume 1 [Blu-ray]今回は・・・いろいろありました。

紅蓮の煌き - 2009年05月29日 19:33

宇宙をかける少女 第21話 「小さな勇気」

宇宙をかける少女 第21話キャプ感想です。 ……鬱だ;

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア