カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【PS4/NS/PC】『リゼロ 偽りの王選候補』の発売日が決定!新キャラを紹介するトレーラーやゲームを構成する4つのパートの情報も公開! (09/29)
【乙女ゲーム】「はめふら」がゲーム化!『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… ~波乱を呼ぶ海賊~』“オトメイト”ブランドより2021年発売! (09/28)
【映画】セガの人気タイトル『龍が如く』の実写映像化プロジェクトがハリウッドで始動! (09/28)
【アニメ】『彼女、お借りします』第2期制作決定!ヒロインによる録り下ろしボイスと記念イラストを収録した特報映像が公開! (09/27)
【アニメ】『宇崎ちゃんは遊びたい!』第2期の制作とサウンドトラック+SUGOI OMAKEアルバムの制作が決定! (09/27)
【PS5他】『真・三國無双8 Empires』発表!「攻城戦」や「政略」の駆け引きが楽しめる他、進化した「エディット機能」を搭載! (09/27)
【アプリ】「ニーア」新作RPG『NieR Re[in]carnation』の事前登録受付が開始!新キャラ&キャストやゲーム内映像が確認できるPV第2弾も公開に (09/25)
【PS4/Xbox One/PC】『NieR Replicant ver.1.22474487139...』の発売日が決定、予約受付開始!限定版「White Snow Edition」や特典情報も公開! (09/25)
【アニメ】Gファン連載の『ホリミヤ』がCloverWorksによりTVアニメ化!2021年1月から放送開始! (09/25)
【アプリ】「ロックマンX」の新作『ロックマンX DiVE』がスマートフォン用ゲームとして2020年秋に配信! (09/23)
【アニメ】TVシリーズ第2期『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』が2021年放送!第1期の再放送も決定! (09/23)
【アニメ】“内海紘子×ボンズ”による新作『SK∞ エスケーエイト』が発表!“青春∞!”なスケボーレースバトルを描くオリジナルアニメーション (09/22)
【アニメ】『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』が2021年初春に劇場上映決定!原作でも人気の短編エピソードをアニメ化 (09/21)
【アニメ】SAOのリブート作『ソードアート・オンライン プログレッシブ』のアニメ化が始動!公式サイトにて告知映像&ティザービジュアルが公開! (09/21)
【アニメ】演劇×アイドル『ゲキドル』2021年1月より放送開始!劇中劇「アリスインデッドリースクール」のアニメ制作も決定! (09/19)
【PS4/NS】『魔界戦記ディスガイア6』が2021年1月28日に発売!主人公は「ゾンビ」でシリーズ初の3Dモデルを採用! (09/18)
【NS】ルンファク最新作『ルーンファクトリー5』が2021年春に発売!Switch版「4」との連動特典もアリ (09/18)
【NS】モンハン新作『モンスターハンターライズ』がSwitchに登場!「ストーリーズ」続編の発売も決定! (09/18)
【アニメ】『SHAMAN KING』のスタッフ&キャストが発表!制作はブリッジ、麻倉葉役は日笠陽子さんに決定! (09/17)
【PS5】『FINAL FANTASY XVI (FF16)』がPS5向けに発売決定!ジャンルは“アクションRPG”、プロデューサーを吉田直樹氏が担当! (09/17)
【ゲームハード】『PlayStation 5』の発売日と価格が決定!予約受付は9月18日よりスタート! (09/17)
【AC】EXVS.シリーズ最新作のタイトルが『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト』に決定!11月上旬にクローズドβテストを実施! (09/15)
【アニメ】『銀河英雄伝説 Die Neue These』の続編が全24話で制作決定! (09/15)
【アニメ】10月よりスタート『ラブライブ!ニジガク』放送&配信日時決定!「高咲侑」のキャストやOP&ED主題歌CDのリリースも発表! (09/13)
【アニメ】怪異×医療ファンタジー『怪病医ラムネ』がTVアニメ化!スタッフ&キャスト情報やビジュアルが公開! (09/12)
【PS4/Xbox One/PC】『プリンス オブ ペルシャ 時間の砂 リメイク』がユービーアイソフト初の完全リメイク作品として2021年1月に発売! (09/11)
【ゲームハード】『Xbox Series X』と『Xbox Series S』の国内での発売日&価格が決定!予約受付は9月25日よりスタート! (09/10)
【NS】『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が11月20日発売!「BoW」の100年前を舞台にした「ゼルダ無双」シリーズ最新作が登場! (09/09)
【ゲームハード】歴代最小サイズな『Xbox Series S』が発表!次世代パフォーマンスを備えたXboxの新機種 (09/08)
【PS4/NS】D3P×FELISTELLAによる新作『MAGLAM LORD(マグラムロード)』が発表!「サモンナイト」シリーズのスタッフが集結して送るアクションRPG (09/08)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ニュース]ゲーム関連 > title - 【PC】新作RPG『百英雄伝』が発表!「幻想水滸伝」シリーズのスタッフが集結して送るJRPGが始動へ

【PC】新作RPG『百英雄伝』が発表!「幻想水滸伝」シリーズのスタッフが集結して送るJRPGが始動へ

『百英雄伝』

100人のキャラクターが登場し、戦争と絆の織り成す物語を描くという新作RPG『百英雄伝(英題:Eiyuden Chronicle ‐HUNDRED HEROES‐)』が発表されました。

『百英雄伝』は、コナミから発売された「幻想水滸伝」シリーズのスタッフが集結して送るJRPG。「幻想水滸伝」の生みの親である村山吉隆氏と、シリーズ第1作&第4作のキャラクターデザインを手掛けた河野純子氏が、25年ぶりのタッグを組んで新たなRPGの制作に挑みます。

本作のプラットフォームはPCで、アメリカのクラウドファンディングサービス「Kickstarter」にて資金調達を行い、2022年秋のリリースを目指して制作するとのこと。Kickstarterは7月27日から8月28日まで実施され、ストレッチゴールを達成した際には家庭用ゲーム機への追加対応も行われる予定です。


スタッフは、脚本とゲームデザインを「幻想水滸伝」「幻想水滸伝2」の村山吉隆氏、キャラクターデザインを「幻想水滸伝」「幻想水滸伝4」の河野純子氏、システムデザイン&ディレクションを「幻想水滸伝ティアクライス」の小牟田修氏、アートディレクション&プロデューサーを「キャッスルヴァニア ~暁月の円舞曲~」「ヒーローバンク」などの村上純一氏が担当。

楽曲に関しては、「テイルズ オブ」シリーズの桜庭統氏や、「ワイルドアームズ」シリーズのなるけみちこ氏をはじめとした、スペシャルアーティストが続々と参加を予定しているとのこと。

また、『百英雄伝』の制作にあたり、クリエイター自身がクオリティに責任を持ち、その追及を行うためとして、「Rabbit & BearStudios」という新会社を設立。ゲームファンが真に求める作品は何か、常にその問いかけを胸に抱き、その答えを追い求めながら、作品の制作を行っていくとのことです。

各ゲーム情報サイトでは、ストーリーやキャラクター、アート&スクリーンショットなどが公開。『百英雄伝』は初代PS時代に輝いたJRPGをリスペクトするタイトルであり、JRPGならではの冒険要素、高解像度の2.5Dグラフィックス、ドットで表現される生き生きとしたキャラクターが登場するとのこと。

戦争下の物語と群像劇、主人公の冒険に加わる個性豊かな100人のヒーロー達、自軍を強化するための城塞建築システムといった要素からは、「幻想水滸伝」シリーズの系譜も感じられます。

さらに本作では、参加するギルドによって街が発展していくシステムを採用。戦闘は6人パーティによるターン制コマンドバトルとなり、環境によって配置やカメラアングルがダイナミックに変化し、臨場感溢れるバトルが楽しめるそうです。

◆ストーリー

多くの価値観、文化を持つ国が集まる場所、オールラーン大陸。その一地方から物語が始まる。
剣とそして、神秘的な力を秘めた魔導レンズ(ルーンレンズ)が力を振るい
人、獣人、エルフ、砂漠の民、それらが時に協力し、時には覇を争い合っていた。

その中で魔導レンズの力の研究で一日の長を持ち、その力を引き出す技術を習得した
帝国、ガルディアは更なる魔導レンズの力を求めて各地に捜索の手を広げていた。

その捜索の任にあたった帝国の若き俊才士官セイ・ケースリング、
そしてその捜索隊に加わりセイと友情を交わす事になる辺境の村出身の少年ノア。

二人は運命に導かれ、新たな戦乱の世で探し求めることになる。
それぞれの正義と真実を。


  • 村山氏が追求してきた群像劇、戦争に関わる話の延長上にある企画。ずっとこだわってきた世界観に、もう一度全力でチャレンジする。
  • 出てくるすべてのキャラクターをそれぞれ英雄として描く。全員がもの凄い英雄というよりも、それぞれ異なる分野で力を発揮していた小さい英雄が集まって、大きな歴史の流れを作り上げるストーリー。
  • 基本的にはどこまで仲間にするか、誰を仲間にするか、どのキャラクターを自分のメインパーティとして使うかは、ユーザーが自由に決められるゲームにしたい。
  • 物語の舞台は、中世ファンタジーをベースに、本作の魔法要素である「魔導レンズ」と呼ばれるアイテムを中心として世界観を構築している。
  • 本作の世界には様々な勢力が存在しており、魔導レンズからいかに力を引き出すかというところで、魔術的な技術を用いる場合もあれば、工業的な技術でその力を取り出そうとする場合もある。
  • メインキャラクターのノアとセイは物語の序盤で出会い、それぞれに志があることを知る。戦乱に対して心を痛めていて、基本的には同じ志を持っており、それがきっかけで友情を結びながらも、やがて歴史が2人の歩む道を変えていく。
  • 戦争を描くというストーリーの目的に加えて、ゲームデザインとストーリーがシステム的に融合するということを目指している。ゲームを遊びながら、それがしっかりストーリーとも関連していくという部分で、密接な繋がりを追求していきたい。
  • 今回のバトルで一番大事にしているのは100人以上のキャラクターが全員活躍できること。ただ戦闘が強いだとか、パラメータが違うだけの差ではなく、攻撃以外にもそれぞれのキャラクターの個性が出るようなシステムを目指している。
  • ビジュアル的には、これまでのJRPGのように整列して戦うコマンドバトルではなく、キャラクターがバラバラに配置されていて、シチュエーションに応じてキャラクターごとの個性が活きる場所にいるという、見た目も楽しいコマンドバトルにしたい。
  • まだ企画中ではあるが、大量のキャラクターが入れ乱れるようなバトルはやりたい。戦争を描くので、戦争を現すようなバトルは多分ある。攻城戦もやってみたい。
  • 6対6のバトルだけでなく、複数のパーティーであるか、もしくは1人であるかなど、いろんなバリエーションを考えたい。物語上、一対一で戦うシーンは出てくるかも。
  • 「城塞建築システム」は、街のようなものをプレイヤーが育てていけるシステム。例えば、畑があって農業が出来るとか、建てたい建物を選んで育てていくとか、そういうシステムをRPGの世界観に当てはめて、ひとつの遊びとして提供する。できるだけカスタマイズもできるようにして、プレイヤーごとに違いが出てくるようにしたい。
  • 街を発展させるために、キャラクターが特定のギルドに加入してパーティを組んで、一緒に何かの目的を達成するような仕組みを考えている。プレイヤーが複数のパーティを行動させたり、各キャラクターをギルドに配置することで、彼らの人間関係も見られるシステムにしていきたい。
  • 大量のキャラクターがいるという特徴をどこまで利用できるのかということで、いろんなパターンを考えている。本編は誰でもクリアまでできるRPGを想定して作っているが、逆に大量のキャラクターをどううまく活かしてパーティーを組んでフロアを突破していくのか、という高難易度モードもやってみたい。
  • 『OCTOPATH TRAVELER』のように、キャラクターごとの能力が戦闘外でもいろいろと使えるシステムを設定して、今度はそれをいかにうまく組み合わせるかという遊びを追求したい。
  • キャラクターは懐かしさがしっかりと感じられるドット絵に、背景は表現できることが多くなる3Dでデザインしている。
  • 昔に遊んだRPGを今作ったら「こういう感じだよね」というのを表現したいので、キャラクターについては2Dの進化みたいなものを目指している。
  • 開発はまだまだ初期段階。これも予算の集まり具合によって変わってくるが、最終的にはできるだけすべてのコンシューマープラットフォームに対応したい。

──IGN Japan:「幻想水滸伝」シリーズのクリエイターによる新作JRPG『英雄伝』特別インタビューより


※情報元:ファミ通.com


<新着記事>
<関連サイト>

にほんブログ村 ゲームブログへ
sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア