カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ニュース]ゲーム関連 > title - 【JRPG】ウェスタンパンクRPG『ARMED FANTASIA』とゴシックホラーRPG『PENNY BLOOD』の開発が決定!WAシリーズとシャドハシリーズそれぞれのスタッフが手掛ける“精神的続編”が始動

【JRPG】ウェスタンパンクRPG『ARMED FANTASIA』とゴシックホラーRPG『PENNY BLOOD』の開発が決定!WAシリーズとシャドハシリーズそれぞれのスタッフが手掛ける“精神的続編”が始動

Armed Fantasia/Penny Blood

ウェスタンパンクRPG『ARMED FANTASIA(アームドファンタジア)』とゴシックホラーRPG『PENNY BLOOD(ペニーブラッド)』という2タイトルの大型JRPGの制作を目指す「ダブルキックスターター」キャンペーンが8月30日に発表。初日でミニマムゴールの75万ドル(1億円)を達成し、開発が確定となりました。

この2タイトルの開発プロジェクトは、“口笛と荒野のRPG”として知られる「ワイルドアームズ(WA)」シリーズと、オカルト要素を含んだ現代的な世界観が特徴の「シャドウハーツ(シャドハ)」シリーズの開発スタッフが、それぞれのタイトルの“精神的続編”となる新作JRPG(日本的なRPG)の開発に取り組むというもの。

発表された2タイトルは、どちらも過去作との繋がりは無いとされていますが、その世界観や雰囲気、用語やシステムには各シリーズの特徴が受け継がれており、まさに“精神的続編”と呼ぶに相応しい作品となっています。


『ARMED FANTASIA』の作品概要


『ARMED FANTASIA』は、「ARM」と呼ばれる武器を手に、世界を行き交う冒険者<渡り鳥>達が、滅びゆく世界を舞台に冒険を繰り広げる、新たな“荒野と口笛”のRPG。発売時期は未定で、プラットフォームはPC(Steam)、PS5、Xbox Series X|Sが発表されています。

トータルゲームデザイン・シナリオは、「WA」シリーズの生みの親である金子彰史氏、キャラクターデザインは佐々木知美氏、音楽になるけみちこ氏と上松範康氏、Elements Gardenが参加し、「WA」シリーズを手掛けてきたスタッフが再集結して挑む完全新作となっています。

コンセプトは、「1990年代のJRPGのアップデート」と、「金子彰史の原点回帰」。西部劇を思わせる荒野に、魔法やモンスターなどのファンタジー要素、佐々木知美氏のデザインによるキャラクター、そしてARM(Aether Reaction Maximizer)と呼ばれる機械兵器の存在が、「WA」シリーズを強く感じさせます。ただし、本作はあくまで“精神的続編”であり、「ワイルドアームズ」とは舞台も物語も関連は無い、まったくの新作であるとのこと。

戦闘は、ターン制のコマンドバトルをベースにしながらもテンポ感を追求したバトルシステム「クロスオーダータクティクス」で展開。キャラクターの連続行動が要になる「オーダーチェイン」と、割り込みコマンド「フォースブレイク」で、戦略をじっくり考えるコマンドバトルの醍醐味と共に、緊張感のあるアクション性を両立しているとのこと。

ダンジョン探索では、キャラクターごとの固有アクション「ガジェット」が活躍。行く手を阻むパズルのようなギミックに対し、使うガジェットを切り替えながら解法を考え、ちょっとした気づきで一気に道が拓けるカタルシスが味わえるそうです。

公式サイトでは、メインキャラクターのイングラム、アリシア、ユークリッドの3人(この他に3名がいる模様、シルエットを確認)や、「カイジュウ」と呼ばれるモンスターの情報の他、ストーリー、世界観などが公開されています。



『PENNY BLOOD』の作品概要


『PENNY BLOOD(ペニーブラッド)』は、“狂騒の1920年代”を舞台に、闇から襲い来る脅威と対決するダークで凄惨なホラーRPG。そのタイトルは19世紀のイギリスで流行った大衆小説から取られており、日本語に置き換えると三文小説という意味になるのだとか。発売時期は2025年春頃の予定で、プラットフォームはPC(Steam)、PS5、Xbox Series X|Sとなっています。

主人公であるBOI捜査官「マシュー」は、猟奇的な事件を捜査する中、闇に包まれた謎の解明に挑んでいくことに。物語の舞台はアメリカからアジア、ヨーロッパに至り、不安定な情勢下で巻き起こるおぞましい戦いの数々を体験していくことになります。

開発においては、「シャドウハーツ」シリーズのディレクション、シナリオなどを手掛けた町田松三氏が総監督・脚本を担当する他、キャラクターデザインの加藤美也子氏、作曲家の弘田佳孝氏といったスタッフ陣が「STUDIO WILDROSE(スタジオワイルドローズ)」として制作に参加します。なお、本作は「シャドハ」シリーズと世界観は似ているものの、過去作とはまったく関係ない新作とのこと。

主人公・マシューはショットガンと格闘術を武器に敵と戦う、28歳のアイルランド系アメリカ人。「シャドハ」シリーズの主人公・ウルのように、“フュージョンモンスター”へ変身する能力を持っています。この他のキャラクターとして、イギリスの秘密情報部の局員であり、身体をサイボーグ化した25歳の女性・エミリア、日本の対怪異殲滅機関「カムヅミ」に所属する17歳の霊能者の少女・大月須勢璃(おおつき すせり)が公開されています。

本作のバトルには、「ジャッジメントリング」を思わせる「サイコシギル」というシステムが存在。従来のターン制RPGの戦略性と、攻撃の可能性を最大限引き出すための素早い反応が組み合わさっているとのこと。魔物との戦いはキャラクターの“正気度”を示す「サニティポイント」に影響し、このポイントを失いすぎると仲間は狂気に呑まれ、正気を失って暴走することに。その代わり、戦闘力は増幅する仕組みとなっています。

サニティポイントはゼロになって暴走しても、プレイヤーがコントロールを失うことはないものの、ガードや逃走といった防御系のコマンドは選択不能に。暴走状態になると攻撃力が上昇し、この状態でないと使えないスキルも出現するとのこと。暴走を不利な状況と捉えるのではなく、あえて戦略に組み込むことも重要になりそうです。

おどろおどろしいホラーな雰囲気、グロテスクなデザインの敵モンスターは、「シャドハ」シリーズならではのもの。人間の負の感情から生まれたエネルギーである「マリス」や、アートマンに似た「アタム」の存在など、「シャドハ」シリーズのファンならニヤリとする部分が多く見受けられます。

なお、“狂騒の1920年代”が舞台となっている理由は、「シャドハ」シリーズにおいて空白の年代であるためで、シリアスだけでなく、「シャドウハーツII」にあったコメディ要素も含んでいるそう。ただしストーリーは基本的に全編シリアスな、もの悲しくも切ない物語になるのだそうです。



キックスターター アナウンスメント・トレーラー



※参考:
『アームドファンタジア』情報まとめ。『ワイルドアームズ』開発スタッフによる新作RPGの登場キャラやバトルシステムなどを紹介 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
『ペニーブラッド』情報まとめ。『シャドウハーツ』開発スタッフによる新作RPGの対応機種や登場キャラなど基本情報をお届け | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

(C)アームドファンタジアDEMO. / WILD BUNCH Production
(C)STUDIO WILDROSE INC. YUKIKAZE Co.,Ltd.


<関連サイト>

にほんブログ村 ゲームブログへ
sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア