カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ゲーム]ゲーム情報 > title - 【PS/NS】日本一ソフトウェアの新作『シカトリス』が6月29日発売!教師として学園生活を送りながら異能を持つ生徒達を率いて戦う学園RPG

【PS/NS】日本一ソフトウェアの新作『シカトリス』が6月29日発売!教師として学園生活を送りながら異能を持つ生徒達を率いて戦う学園RPG

『シカトリス(Xicatrice)』

日本一ソフトウェアの新作タイトル『シカトリス(Xicatrice)』が、PS5、PS4、Nintendo Switchに向けて6月29日に発売されます。

本作は、教師として学園生活を送りながら、教え子である生徒達を率いて危険な任務に立ち向かう「異能×学園RPG」。プレイヤーは、授業を通じて計画的に生徒を育成し、有事の際は「RAUT(予備対異常異能班)」と呼ばれる7人の生徒達で構成された部隊を指揮して、異能が関わる事件の解決にあたっていくことになります。


ストーリー&キャスト


人類が「異能」と呼ばれる超常の力に目覚め始めて約1世紀。その力を使い社会で活躍する者もいれば、悪用する者、制御できず暴走する者もおり、異能使いによる事件は後を絶たなかった。

こうした事件に対応するため、国家は異能使いで構成された警察機関である「AUT(対異常異能班)」を設立する。しかし、それでも対処が追いつかないほど異能事件は増加していく。

そんな中、異能が発現した子供の保護・育成を名目とした特殊学級「RAUT(予備対異常異能班)」が設立される。この学級の生徒たちは学生の身でありながら、有事の際は異能事件の解決に動員されることもあった。

2023年、ある事件をきっかけに異能を失った元AUT隊員が、教師としてRAUT三〇二分隊に赴任するところから物語は始まる。

【キャスト】
  • 朝日透真(CV:白砂沙帆)
  • 涼平春樹(CV:今井文也)
  • 永宮志弦(CV:伊藤彩沙)
  • 篠森若葉(CV:夏目妃菜)
  • 上城勇一(CV:野田てつろう)
  • 浪崎 圭(CV:野村香菜子)
  • 音羽一姫(CV:陶山恵実里)
  • 神谷蓮史(CV:高塚智人)
  • 安久津孝之(CV:津田拓真)
  • 安久津 塁(CV:矢野優美華)


授業を通じた生徒達の育成


生徒達の育成は、日常の授業を通して行うことに。プレイヤーは教師となり、毎週授業のスケジュールを立てて、7人の生徒を育成していきます。

選択した科目に応じて、生徒達は体力や判断力といった「基礎力」が上昇し、スキルを習得することが可能になります。各生徒にはそれぞれ得意科目や苦手科目があり、基礎力の伸びやすさに違いがあります。

また、基礎力は戦闘だけでなく、定期試験といった学校生活でのイベントにも影響することがあります。週末には、生徒と一緒に外出することができ、ここでも基礎力を上げることが可能です。授業や外出などを行うたびに時間は進んでいくので、待ち受ける戦闘イベントに向けて、計画的に育成を行わなければなりません。

7人の生徒はそれぞれ初期ステータスと伸びやすい基礎力に違いがありますが、どういった性能のキャラクターに育てるかはプレイヤー次第です。個性を伸ばすか、弱点を補うか…。授業を通じた育成は戦闘の有利不利にはたらきますので、プレイヤーの教師としての手腕が問われます。


自由度の高いスキルビルド


授業で覚えたスキルは、戦闘前にキャラクターに装備させます。装備数には上限があるので、戦う相手に合わせて取捨選択することが攻略の鍵です。スキル装備数の上限は、生徒の成長に応じて増えていきます。

スキルの種類はアクティブスキルとパッシブスキルを合わせて約300種もあります。どんなスキルを習得するかは、その生徒の「専攻」次第です。一見扱いにくいスキルも、組み合わせ次第で真価を発揮するかもしれません。

専攻はスキルの傾向ごとに15種のカテゴリーに分類されており、スキルを習得するには、そのスキルが分類されている専攻を選択した上で、生徒の基礎力を一定の値まで上げる必要があります。専攻は月ごとに変更可能であり、成長に応じて同時に選択できる専攻も増えていきます。


アクティブスキルとパッシブスキル


スキルは、「スマッシュ」などの直接の行動として提案される「アクティブスキル」と、装備するだけで効果が発揮される「パッシブスキル」に分けられます。

パッシブスキルには、敵への攻撃回数分自らの攻撃力を高める「慎重行動」や、味方への物理攻撃をかばう「護識:破」など、条件を満たさないと発動しないものの、その分強力な効果を発揮するスキルもあります。

アクティブスキルとパッシブスキルの組み合わせは、バトルを攻略するうえでとても重要です。例えば、パッシブスキルの「慎重行動」を装備したキャラクターがアクティブスキルの「ダブルアタック」を使うことで、1ターンに2回分の攻撃力上昇を得られます。

また、「スタートダッシュ」は戦闘開始ターンに限りますが、複数のステータスを大きく上昇させることができ、「クイックアタック」と組み合わせれば、先制の一撃で敵を沈めることも可能です。スキルの組み合わせによる相乗効果を狙いましょう。


“提案と選択”によって生徒達と共に戦う


主人公と7人の生徒たちは、「RAUT(予備対異常異能班)」として異能が関わる事件の解決にあたります。

敵は人の負の感情が生み出した「異形」や、異能使いの犯罪者達です。戦闘はコマンドバトル形式となっており、プレイヤーは生徒達が提案してくる行動の中から、1ターンに1つだけ行動を選択し、的確な指揮で生徒達を勝利に導いていきます。

生徒達は装備したスキルに基づき、毎ターン行動を提案してくれます。任務の対象にたどり着くまで、異形との戦闘は連続して発生しますので、各キャラのHPや消費SPをうまく管理しながら立ち回りましょう。また、同じスキルでも使用キャラクターの基礎力によって威力と消費SPは変動します。

バトルでは毎ターン生徒からの行動提案を1つだけ選び、その生徒だけが行動するというのが基本です。しかし、装備スキルによっては「提案を選択されなかった生徒」も行動を起こすことができます。

パッシブスキルの中には、毎ターン確率で装備しているアクティブスキルを自動発動するものや、味方の特定の行動に誘発されて追撃を行うもの、敵の攻撃を受けたり回避したときに反撃するものがあります。これらのスキルを装備することで、1ターンに行動する手数を増やすことが可能になります。

◆戦局を変える一手「オーダースキル」

オーダースキルとは、1ターンに限り生徒の攻撃力を強化するなど、間接的に戦闘をサポートできる主人公の特殊なスキルを指します。また、オーダースキルにはストーリー進行に伴い解禁される、“生徒ごとに固有の強力なスキル”もあります。

どちらも発動するには1ターンに1つ溜まっていくオーダーポイントが必要です。このポイントは、バフやデバフ、回復といった行動を選択することでも増やすことができます。消費ポイントが大きいオーダースキルは使いどころの見極めも肝心です。

なお、生徒の基礎力次第ではありますが、敵の弱点や警戒すべき特性は戦闘前に看破できます。厄介な相手には、スキル構成やメンバー編成で対策を講じましょう。


バッドエンドと戦闘評価


異能使いは自らの心の傷と向き合い、乗り越えられなければ、異能に呑まれてしまいます。教師であるプレイヤーが生徒の抱える問題を理解し、危険な任務を成功に導くことができなければ、悲劇的な結末を迎えてしまうことも……。

ただ、特定の条件を達成したりバッドエンドを迎える度に、2周目のプレイから好条件でゲームを進めるための「ボーナスポイント」を獲得できます。失敗を糧に、より自由な育成を楽しみましょう。

定期的に発生する戦闘イベントは、ボス撃破までの戦いぶりに応じて4段階で評価され、この評価に応じて報酬は増減します。最高ランク“S”の評価を受けると「バッドエンド時と同様にボーナスポイント」まで手に入れることができるので、腕に自身があれば挑戦してみるのも良いでしょう。


難易度設定で自分に合ったプレイが可能


ゲーム開始時にイージー、ノーマル、ハードのいずれかの難易度を選択することができます。また、ある程度ゲームを進めれば、途中からでも難易度を下げることが可能です。

難易度に応じて敵のスキルや行動も変化するため、さくさく攻略してストーリーを追いたい、強敵を相手に試行錯誤して歯応えのある戦闘を楽しみたいという方まで、幅広いプレイスタイルに対応しています。さらに、ある条件を達成することで、ハード以上の高難易度も選択可能になります。


生徒達の「日常」と「非日常」


生徒達は、命がけの任務にあたるRAUTの一員である一方、普通の学生としても日々を過ごしていきます。緊張感ある任務の幕間に、高校生らしい一面が垣間見えることも…。「定期試験」といった学校生活ならではのイベントも発生し、生徒同士の交流や時に反発し合うといったキャラクターの関係性を知ることができます。

一方で、RAUTは異能使いの集団であり、異能の暴走で自我を失う「異常異能」になる危険性を抱えています。異常異能になるのを防ぐためには、自らのトラウマと向き合い、乗り越える必要があります。

トラウマを克服するため、生徒達は「CUAD(集合的無意識通信機器)」と呼ばれる装置を使い、仮想空間で自らの無意識と接触します。この空間には異形も現れるため、戦闘を繰り返しながら深層へ進んでいくことになります。CUADは効率よくトラウマを克服できる一方、失敗すれば異常異能を発現し、処分されてしまうことから「死刑執行マシーン」と呼ばれることもあるようです…。

仮想空間の深奥で待ち受けるのは、心の傷が擬人化した「ドッペル」という存在です。ドッペルは自身の無意識、心の暗部を擬人化した存在であるため、対話を重ねることで自らのトラウマを乗り越えることに繋がります。ドッペルの姿は黒い影や自分そっくりに見えることもあれば、心の傷が具現化したかのような、恐ろしい姿で現れることもあります。


ムービー








タイトル

シカトリス

対応機種

Nintendo Switch / PS5 / PS4

発売日

2023年6月29日

価格

6,980円(税別)

ジャンル

異能×学園RPG

プレイ人数

1人

メーカー

日本一ソフトウェア

CERO年齢区分

C:15歳以上対象

スタッフ情報
  • 開発責任者(CV:辰己拓馬)
  • キャラクターデザイン(CV:最上大河)
  • モンスターデザイン(CV:日比野翔)

(C)2023 Nippon Ichi Software, Inc.


<関連記事>
<関連サイト>

にほんブログ村 ゲームブログへ
sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア