カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【PS4/NS/PC】『リゼロ 偽りの王選候補』の発売日が決定!新キャラを紹介するトレーラーやゲームを構成する4つのパートの情報も公開! (09/29)
【乙女ゲーム】「はめふら」がゲーム化!『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… ~波乱を呼ぶ海賊~』“オトメイト”ブランドより2021年発売! (09/28)
【映画】セガの人気タイトル『龍が如く』の実写映像化プロジェクトがハリウッドで始動! (09/28)
【アニメ】『彼女、お借りします』第2期制作決定!ヒロインによる録り下ろしボイスと記念イラストを収録した特報映像が公開! (09/27)
【アニメ】『宇崎ちゃんは遊びたい!』第2期の制作とサウンドトラック+SUGOI OMAKEアルバムの制作が決定! (09/27)
【PS5他】『真・三國無双8 Empires』発表!「攻城戦」や「政略」の駆け引きが楽しめる他、進化した「エディット機能」を搭載! (09/27)
【アプリ】「ニーア」新作RPG『NieR Re[in]carnation』の事前登録受付が開始!新キャラ&キャストやゲーム内映像が確認できるPV第2弾も公開に (09/25)
【PS4/Xbox One/PC】『NieR Replicant ver.1.22474487139...』の発売日が決定、予約受付開始!限定版「White Snow Edition」や特典情報も公開! (09/25)
【アニメ】Gファン連載の『ホリミヤ』がCloverWorksによりTVアニメ化!2021年1月から放送開始! (09/25)
【アプリ】「ロックマンX」の新作『ロックマンX DiVE』がスマートフォン用ゲームとして2020年秋に配信! (09/23)
【アニメ】TVシリーズ第2期『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』が2021年放送!第1期の再放送も決定! (09/23)
【アニメ】“内海紘子×ボンズ”による新作『SK∞ エスケーエイト』が発表!“青春∞!”なスケボーレースバトルを描くオリジナルアニメーション (09/22)
【アニメ】『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』が2021年初春に劇場上映決定!原作でも人気の短編エピソードをアニメ化 (09/21)
【アニメ】SAOのリブート作『ソードアート・オンライン プログレッシブ』のアニメ化が始動!公式サイトにて告知映像&ティザービジュアルが公開! (09/21)
【アニメ】演劇×アイドル『ゲキドル』2021年1月より放送開始!劇中劇「アリスインデッドリースクール」のアニメ制作も決定! (09/19)
【PS4/NS】『魔界戦記ディスガイア6』が2021年1月28日に発売!主人公は「ゾンビ」でシリーズ初の3Dモデルを採用! (09/18)
【NS】ルンファク最新作『ルーンファクトリー5』が2021年春に発売!Switch版「4」との連動特典もアリ (09/18)
【NS】モンハン新作『モンスターハンターライズ』がSwitchに登場!「ストーリーズ」続編の発売も決定! (09/18)
【アニメ】『SHAMAN KING』のスタッフ&キャストが発表!制作はブリッジ、麻倉葉役は日笠陽子さんに決定! (09/17)
【PS5】『FINAL FANTASY XVI (FF16)』がPS5向けに発売決定!ジャンルは“アクションRPG”、プロデューサーを吉田直樹氏が担当! (09/17)
【ゲームハード】『PlayStation 5』の発売日と価格が決定!予約受付は9月18日よりスタート! (09/17)
【AC】EXVS.シリーズ最新作のタイトルが『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト』に決定!11月上旬にクローズドβテストを実施! (09/15)
【アニメ】『銀河英雄伝説 Die Neue These』の続編が全24話で制作決定! (09/15)
【アニメ】10月よりスタート『ラブライブ!ニジガク』放送&配信日時決定!「高咲侑」のキャストやOP&ED主題歌CDのリリースも発表! (09/13)
【アニメ】怪異×医療ファンタジー『怪病医ラムネ』がTVアニメ化!スタッフ&キャスト情報やビジュアルが公開! (09/12)
【PS4/Xbox One/PC】『プリンス オブ ペルシャ 時間の砂 リメイク』がユービーアイソフト初の完全リメイク作品として2021年1月に発売! (09/11)
【ゲームハード】『Xbox Series X』と『Xbox Series S』の国内での発売日&価格が決定!予約受付は9月25日よりスタート! (09/10)
【NS】『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が11月20日発売!「BoW」の100年前を舞台にした「ゼルダ無双」シリーズ最新作が登場! (09/09)
【ゲームハード】歴代最小サイズな『Xbox Series S』が発表!次世代パフォーマンスを備えたXboxの新機種 (09/08)
【PS4/NS】D3P×FELISTELLAによる新作『MAGLAM LORD(マグラムロード)』が発表!「サモンナイト」シリーズのスタッフが集結して送るアクションRPG (09/08)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]宇宙をかける少女 > title - 宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』 感想

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』 感想

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』より感想です。

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』

わだかまる人々


さて・・・前回の王道的な展開で事態が収束していくのかと思ったら、今回の超展開で予想を完全に覆されてしまいました(笑) 別におかしな方向に突っ走ってるわけではないんですが、尺に余裕のない状態で敢えてこの道を進むのはもうエンディングのシナリオが出来上がってるいるからなのでしょうか?

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』1

イモちゃん生存の件は、ポッドで体当たりする寸前にネルヴァルがミサイルを撃墜して、後で何事もなく無事救助されてましたよというオチ。・・・いろいろ突っ込みどころはありますが、理由なんて付けようと思えばいくらでも出てくるものですのでこの辺りはもう割愛(^^;

それにしてもイモちゃんを失った事への秋葉の絶望から、生存判明してから復帰、成長へ至るスパンが短く感じてしまうなぁ・・・。

実際“生きていて良かった”で感動なんかを求める状況ではないですし。いつきとほのかの秋葉への叱咤、激励は親友として秋葉を立ち直らせる当然の行動ですけれど、死亡撤回が早かった分、意義が薄れたように感じてしまう・・・。良く分からない第3勢力の介入も取って付けたような感じでしたし。余裕があるように見せかけて実は展開急いでるんですかね・・・だからこそ今回が意外なんですよね。


宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』2

イモちゃんを助けに行こうとする秋葉を監禁する風音お姉さん。元々の性格に沿った実に風音さんらしい行動であります。ネルヴァルと戦うための態勢を取り戻して、その鍵となる秋葉に勝手に居なくなられてしまってはどうしようもないと。大局で見たら合理的、身近で思うところは冷酷と、まさに指揮官らしい行動ではありますが・・・。

ナミへの対応の結果や今回の秋葉の件を見ると、どうも風音の行動の一端は裏目に出てるようにも見えるんですよね。大局的見地では正しくても、身内への接し方で正解とは決して言えません。第1話で秋葉にいきなり政略結婚押し付けたのは事の始まりでもあって、一番風音さんらしさを感じる場面でもありました(笑)

姉妹関係の軋轢も『宇宙をかける少女』のテーマの一つだと思うのですが、秋葉とナミの対立は描かれる一方で原因の近くにある風音はほぼ絡んでこない状態。ある意味大人と子供の価値観の違いを明確にしてるようにも見えますが・・・。桜は仕方ないにしても、一番お姉さんしてる高嶺の出番が少ないのが個人的には残念です;;

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』3

風音やウルたち大人の意見より、秋葉との友情を優先するいつきとほのか。何が正しいかの判断なんてよりも、やっぱりこの場面ではこれが一番正しい展開なんでしょう。ヒロイン3人組の友情が目立つようになってきたのは嬉しいところ。

・・・それにしてもブーミンとエリカ&リリーのコンビが対立してるのはキャラが被ってるせいなんだろうか(笑)


宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』4

最近はネルヴァルが全く悪役に見えない件。クサンチッペを使って人間を資源として扱う一面を見せたり、死後も無駄のないリサイクルな人間の有効活用をして循環と言わしめたりと、機械的な人間社会の支配を一貫するのかと思ったらそうではなく・・・。

ネルヴァルが人間を知るために取った行動の数々や、利欲に走る第三勢力を一掃する有様は、親近感を抱かせるには十分すぎるほど効果があったように思います。

元々プレインコロニーの役割として住民を管理するのが目的であって、その方法に正しいか否かの是非が掛かっていたわけですが。今の状態を見るとどうなんでしょうね・・・ネルヴァルが閉塞と安息の世界を築こうとする、それに対して秋葉たちが自分達で未来を掴み取るという対立のようなもの、根底のテーマが保たれてるのかと考えるとどうも違ってきたような・・・。 まあ今回の展開だけで見るのは早計かもですが(^^; 物語も終盤だけに・・・。


宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』5

ナミやつつじが考えていた人類の支配者としてのネルヴァルの人物像の差異。
それが今回はっきりとした訣別という形で表れていました。もっともつつじはそんな事関係なく独走状態だったように思いますが(^^;

『はっきり申しましょう。今のあなたは、昔話に出てくる人間になりたいブリキ男そのものです。本来組み敷くべき人類に妥協し、媚びへつらっているようにしか見えませんね』

・・・何だかネルヴァルが可哀想に見えきますねこれは(笑) 『私たち人間は、あなたが思っているよりずっと狡猾で悪意に満ちた存在』とか、いちいち的を射た発言をする辺りがつつじらしくてもうね・・・。一族がネルヴァリストだったとかちょっと意外でしたけど、そんな血統吹き飛ばすくらいつつじはどてらい性格してます(笑) 

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』6

『私の計画は世界の破滅のためにあるのではない。コロニーと人間の合理的な関係を究めるためのものだ』

人を理解することはできないと言ってなお、その信念は変わる事はなく。ナミの提唱するような破壊の権化になるわけでもなく。ネルヴァルってやっぱり敵として認識されても悪では描かれない人物なんですね。ナミは互いの意見が異なる事を言い渡され、また自分の居場所が無くなる事を恐れてますが・・・アフターケアをきちんとしないとまた以前の二の舞になるような気がしてなりません(^^;

しかし『宇宙をかける少女』としてネルヴァルがナミに求めていたものって結局なんだったんだろう・・・アンチQTとは別物のように思いますが、ラストワードは依然不明のまま。最終回間際に明かされるんでしょうか。


宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』7

次回への展開を更に読み辛くした今回一番のメインイベント、レオパルドの大暴走。

完全武装で自己実現を達成したかのように思われたレオパルドの心に現れる『プリンスオブダークネス』=本当の自分・・・って引きこもりから今度は中二病ですか?なんて思わず突っ込んでしまいます
(^^; しかし“剣”が妖刀でその突貫工事が原因で暴走とか・・・自分たちが推し進めた自己実現の早期達成が今回のレオパルド暴走に繋がったと解釈すればいいんだろうか・・・。クサンチッペが50年前の悪夢の再来なんて言ってますし、何か曰くあり気ですけれど。

ベンケイがネルヴァルに反旗を翻す前に、けじめとして譲り受けたミラーを返上しようと現れたところへ問答無用の一撃。毎回割に合わない目に遭うのはいつもの事だけど、今度はつつじがピンチに。けれどすぐに元気な姿を見せてくれるはず・・・きっと、いや絶対;;

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』8

調子に乗るレオパルドを窘めるべくネルヴァルが出現。

『その様子ではまだまだこの世界は譲れんな・・・息子よ!』

はっきり息子宣言・・・。ブレインコロニーがフォン博士に開発されたなら関係上は兄弟のはずですが・・・。製造なんかは別に関わってたりするんでしょうか。 突飛な所はあるにせよ、展開的には面白いんですけど、これどうやって終結させるのかちょっと予想がつきません(^^; 

前回でも挙げましたが本当に残ってる問題の数々を1話で完結させそうな勢い。というか何よりここで新展開を持ってきた事が意外です。全26話なら残すところあと2話なんですが・・・綺麗に終幕を迎えられるんでしょうか。放送枠以降で後日談とかはあまり望みたくないです・・・。とりあえず次回は宇宙規模の壮大な親子喧嘩に期待(笑)



次回 宇宙をかける少女 第25話 『黄昏れる神々』

宇宙をかける少女 第25話 『黄昏れる神々』



<関連サイト>

『宇宙(そら)をかける少女』オフィシャルサイト

サンライズ オフィシャルサイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年06月21日 01:15:29

色々と本当に予想を覆すものの、サンライズ特有と思われる「今考えました」な展開はどうにも受け付けません(^^;

壮大な親子喧嘩と姉妹喧嘩の相克で終わらせるんでしょうけど、どうにも「劇場版」なんて言葉が頭をよぎります。
この作品では集客無理でしょうから最後のDVDに完結編ぐらいでしょうけど。

ネルヴァルは人間を自分の思う最大幸福で統治するために支配するという古臭いSFみたいな話ですが、どうしても根本では致命的に食い違ってるのが最後の齟齬になるような気がします。
ナミに対しては行動する中で自分みたいに人間を知って共存への道を模索することを期待したんじゃないでしょうか。
獅子堂家には父親が居ないので、その代わりなんだろうし。

個人的にはつつじのコロニーに行くのが一番充実した人生を送れそうな気がしますが(笑)

エリカとリリーは、前に「キャラ被ってるし」と不満を言ったことがありましたね(笑)

風音の思惑を超えて行動した秋葉が正解というオチは勘弁してもらいたいので、風音の工作あってこそ秋葉の無茶が活きてくる、な展開を期待します。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年06月22日 01:47:46

>ヴィーさん

力を手に入れて暴走レオパルド・・・この時点で急展開はどうなんだろうとか、“妖刀”って設定は何?とかいろいろ突っ込みたくなってきます(笑)

人間を知ろうとしていたネルヴァルの行為がナミの家族愛への求めに繋がっていくのかと思いきや、最終的に逆のパターンを持ってきちゃいましたね。ネルヴァルも父親として十分に機能したとは言えないですし、ナミは秋葉との対面以来接点が少なすぎて何とも。いろいろと消化できてない気がします。

団結の無い姉妹とレオパルドの暴走、ネルヴァルの思惑と・・・最後はどのように締め括られるのでしょうね・・・。

- westernblack - 2009年06月22日 17:50:09

レオパルドは不穏な雰囲気どころではありませんでしたね。引きこもりから中二病というか、これは通り魔…まあ、自分はライオンだとか言ってたリアルの彼もある種の中二病でしょうか
私自身のコメントもそうなのですが、現実の引きこもりへの見方によって、キャラの誰を支持するかが大きく変わってくる作品のような気がします。こちらを拝見していると、特に強く感じます(笑)記事中のご示唆は、ネルヴァルが「人間の問題は人間に解決させる」というある意味一番賢明な選択にたどり着く可能性を感じさせます(だとすると今取り巻きのネルヴァリストの動向が不安…っていうかあいつら人間だったのか?だったら自分たちは人間以上の存在みたいな口を叩くな)
そしてナミがある一線を越えて「何か」に気づけば、(秋葉とともに)その担い手になる可能性も?同系スタッフの過去作品の例から見て、主題に絡むことは最終回で超スピード展開で一気に決着というご予想に同意です。というかもうほぼそうなっているのではないでしょうか。コードギアスもある意味ではそれに近い構成になっていたと思います
最後に、ブーミンと交通課婦警コンビの確執については全力で賛同させていただきます。何しろ私自身が「かわいい不幸担当ギャグキャラ」大好きですから(笑)
「ちょっと出番多いからっていい気にならないでよね…お客さんは本来私たちのことが見たいと思ってるんだから。ホントだったら皆私たちのファンだったのに。怪奇課のくせに生意気…」
「何よ。悔しかったらQTアームズに乗って戦ってみなさいよ。ミニパトで悲鳴あげるしか能がないくせに…私たちはね、ちゃーんとストーリーに絡んで…」
というセリフが視聴中、私の脳内でリアルタイムで…(笑)どちらのコンビも大好きで選べませんと言ったらやはり怒られてしまうでしょうか。いや、むしろ逮捕してください(笑)
それでは失礼します

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年06月23日 02:12:33

>westernblackさん

いろいろ予想はしてみても、土壇場で覆りそうな気がしてなりません(^^; 王道を往くと思ったら最終回直前にしてレオパルド大暴走、残った秋葉や仲間たちもバラバラ意識でまとまりようがないし、ナミとの決着やアレイダの因縁はどう落し前を付けるんだろうと考えるとやっぱり超スピード展開になってしまうんでしょうね・・・。奇をてらって手を伸ばしていろいろ試したけれど、収集つかなくて尺が足りないッなんて叫びがどこかから聞こえてくるような気もします(^^; 

ブーミンと婦警コンビは良いキャラしてますよね(笑) カワイイ不幸担当・・・激しく同意です(笑) エリカ、リリーにもう少し出番が欲しかったです・・・(涙

トラックバック

マリアの憂鬱 - 2009年06月16日 19:29

宇宙をかける少女 第24話「終末の呼び声」

「プリンス・オブ・ダークネス」

アニメ-スキ日記 - 2009年06月16日 19:35

宇宙をかける少女 第24話 『終末の呼び声』(感想)

「レオパルド大暴走!?」 イモちゃんが生きていたというのにレオパルド暴走で話めち

在宅アニメ評論家 - 2009年06月16日 19:59

宇宙をかける少女 #24 終末の呼び声

プリンス・オブ・ダークネス降臨。 ラストへ向けて急展開です。

つれづれ - 2009年06月16日 19:59

宇宙をかける少女 Mission 24「終末の呼び声」

 レオパルドが黒くなってしまいました。ある意味彼らしい行動に見えますけど・・・。

wendyの旅路 - 2009年06月16日 20:14

深・翠蛇の沼 - 2009年06月16日 20:23

宇宙をかける少女 第24話「終末の呼び声」

イモちゃん生存の真相 あんな小さな飛行体でミサイルを破壊できるわけが無い。 ミサイルはカテドラル・ベンディスカが撃墜した。

日常と紙一重のせかい - 2009年06月16日 20:46

宇宙をかける少女 第24話「終末の呼び声」

自己実現は早い? 宇宙をかける少女 第24話「終末の呼び声」の感想です。

悪のめいどブログ - 2009年06月16日 22:35

宇宙をかける少女#24

Mission 24「終末の呼び声」?

穹翔ける星 - 2009年06月17日 00:21

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア