カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【映画】『劇場版 生徒会役員共2』が2020年7月10日に公開!上映館や前売券、スタッフ&キャストの情報が解禁! (12/07)
【アニメ】『かくしごと』の放送開始時期とスタッフ&キャストが発表!ティザービジュアルやPVも公開に (12/07)
【アニメ】『群れなせ!シートン学園』の放送日時とスタッフ&キャストが発表!キービジュアルや第1弾PVも公開! (12/05)
【アニメ】“ヒプマイ”がTVアニメ化!『ヒプノシスマイク ‐D.R.B‐ Rhyme Anima(ライムアニマ)』として2020年放送! (12/05)
【映画】劇場版第24弾『名探偵コナン 緋色の弾丸』2020年4月17日公開!赤井一家が集結したキービジュアルが解禁! (12/04)
【映画/漫画】『ジョゼと虎と魚たち』の劇場アニメ化とコミカライズ連載が決定! (12/03)
【アニメ】“シャチバト”こと『社長、バトルの時間です!』のTVアニメ化が決定! (12/02)
【アニメ】『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』が2020年春よりYouTubeにて無料配信!過去作も順次配信中! (12/01)
【アニメ】『ド級編隊エグゼロス』のメインキャストが決定!炎城烈人役は松岡禎丞さん、星乃雲母役は加隈亜衣さんが担当 (11/30)
【アプリ】Key×WFS『Heaven Burns Red(ヘブン バーンズ レッド)』制作決定!麻枝准氏による13年ぶりの完全新作ゲームが始動 (11/29)
【PS4】『VVVテューヌ』の新キャラ「ミイ」と「ユウ」や、ダンス要素の「BeatTik」、動画にちなんだ「ドウガバトラー」などのシステムが明らかに (11/29)
【PS4】ネプテューヌ新作タイトルは『ブイブイブイテューヌ(VVVテューヌ)』!四女神とVアイドルが電脳世界を救う物語 (11/27)
【話題】新規メディアミックス企画『IDOLY PRIDE(アイドリープライド)』発表!サイバーエージェント、ミュージックレイン、ストレートエッジの3社による大型アイドルプロジェクトが始動へ (11/27)
【アプリ】サイゲの新作スマホゲー『ワールドフリッパー』が発表!シテイルとタッグを組んで贈るピンボール風アクションゲーム (11/26)
【新作ゲーム】ネプテューヌシリーズ最新作は“VTuber”がキーワードに。ネプ子による告知動画が公開 (11/26)
【アニメ/アプリ】新TVシリーズ『SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!』2020年1月より放送開始!新作リズムゲーム『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』のリリースも決定! (11/25)
【アニメ】WJ連載『呪術廻戦』TVアニメ化決定!主人公・虎杖悠仁ら3名のキャストが発表! (11/25)
【PS4/NS/PC】『侍道外伝 KATANAKAMI』の発売日が決定、予約受付開始!特典情報も公開! (11/24)
【漫画】三部けい最新作『水溜まりに浮かぶ島』がイブニング24号より連載スタート! (11/23)
【OVA】Keyによるノベルゲーム『planetarian』の15周年で外伝小説「雪圏球(スノーグローブ)」のOVA化プロジェクトが始動! (11/23)
【アニメ】西尾維新『美少年シリーズ』アニメ化決定! (11/22)
【アニメ】スニーカー文庫の『回復術士のやり直し』がTVアニメ化!過激な表現も目立つ“なろう産”ダーク・ファンタジーのアニメ展開が始動 (11/21)
【実写映画】青春ダイビング漫画『ぐらんぶる』が実写で映画化!2020年初夏に公開! (11/20)
【実写ドラマ】JKキャンプ漫画『ゆるキャン△』のTVドラマ化が決定!テレビ東京(木ドラ25枠)他にて2020年1月より放送開始! (11/20)
【PS4/Xbox One】『ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS』発売日決定&予約受付開始!第5弾PVも公開に (11/19)
【PS4】「NEW GUILTY GEAR」の正式タイトルは『GUILTY GEAR ‐STRIVE‐(ギルティギア ストライヴ)』!“ファウスト”らしきキャラの参戦も決定! (11/19)
【アニメ】DX文庫『はてな☆イリュージョン』がTVアニメ化、2020年1月より放送開始!スタッフ&キャストや主題歌が発表! (11/18)
【映画】リズムゲーム『DEEMO(ディーモ)』の劇場アニメ化が決定!制作はProduction I.Gがサポート、主題歌を梶浦由記氏が担当! (11/17)
【アニメ】モン娘医療ラノベ『モンスター娘のお医者さん』が2020年にTVアニメ化!メインスタッフ発表! (11/16)
【アニメ】久米田康治『かくしごと』2020年TVアニメ化決定! (11/15)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]化物語 > title - 化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』 感想

化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』 感想

化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』より感想です。

化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』

“重い”は“想い”に繋がって。


化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』1

化物語第二話。OPが入ったことでより感じられるようになったシャフトの演出は今回も随所で全開です。この作品、まずはここで好き嫌いが別れるんだろうな?・・・。 

OPは「ひたぎクラブ」のキーキャラクターでヒロインの戦場ヶ原ひたぎ役、斎藤千和さんが歌う「staple stable」。ホッチキスを使った独特の演出も見られましたが、各エピソードごとにボーカル&OPの演出効果は変わるんですか・・・化物語が各エピソード単位で語られるお話だという事は理解してましたけれど、何とも凝ったつくりですね。こういう部分に力を入れるのもシャフトらしいと言えるのかもしれません。


化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』2

冒頭、忍野は文字演出を使った1枚絵でひたぎを皮肉った昔話を語ってるんですが、これに限らず初見では間違いなく見逃してしまうものがいくつか。お馴染みの演出の一つと見逃せばそれまでですが・・・第1話もそうでしたけど、2回以上見ることを前提にしないといけないかも。

・・・で、開始早々見せつけられるひたぎさんのシャワーシーンとか裸とか下着姿とか。えーとこれは原作がこの通りこういう事なんですよね?(笑) ひたぎの毒舌が混じった馬鹿にしてるんだか誘ってるんだか冗談なのかよく分からない言動に暦が突っ込みを入れる、これが化物語の日常なのか・・・それにしてもエロス。作品内容が飛ばしてるんなら製作側にもそりゃ力が入るってもんですよねきっと(;´∀`)


化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』3

Aパートを存分に使ってサービスシーンを見せたかと思いきや、話の本題に入る“蟹”との対面に至る流れは全く別物の重いテーマを引き摺っていて、これはやられたと正直思いました。

二人が忍野の許に向かう辺りからスイッチが入ってシリアスパートへ移行していくんですが、忍野が神たる“蟹”の在り様について語る言い回しが、『化物語』の根底である伝奇小説の世界観をしっかりイメージさせてくれるのが良い。BGMも場の雰囲気に合っていて好感触でした。見た目はふざけた感じですけど、“忍野メメ”という人物がこの物語の日常と怪奇を橋渡ししている、そんな印象です。


化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』4

ひたぎが「重さ」を失ったのは“蟹”のせいではなく、ひたぎが自分自身の忌むべき過去と重圧から逃げてしまったことにありました。

幼少時にひたぎが患った大病で心労を重ねた母親は、心の拠り所を求めて宗教に走り、ひたぎが手術で九死に一生を得たことで更にのめりこむという結果になってしまった。そしてその宗教の幹部がひたぎに乱暴を働こうとし、抵抗したひたぎが幹部に怪我を負わせてしまったことで、母親は心を壊し、ひたぎは助けてくれなかった母親への絶望を感じると同時に、その心を壊してしまった罪の意識に追いやられていく。そんな時行き遭ったのが“重し蟹”だった・・・。


化物語 第二話 『ひたぎクラブ 其ノ貳』5

“重し蟹”は“想いし神”。ひたぎの“想い”や“しがみ”・・・しがらみを肩代わりした“蟹”はそのまま“重さ”を奪うことになってしまったけれど、ひたぎにとっては悪い神様じゃなかったんですね。それでもその“重さ”には母親との大切な想いも混じっていたから、どうしても切り離すことはできなかった。過去と向き合うことで母親への想いを全て取り戻し、それまでの自分を受け入れた。終わった過去は何も変わらない、けれど変わった現実は確かにある。

『・・・何も変わらないなんて事はないわ。それに、けして無駄ではなかったのよ。少なくとも、大切な友達が一人、できたのだから』

『誰のことだ?』

『あなたのことよ。阿良々木君』

あの猛毒吐いてた女の子が急にデレると違和感バリバリなんですが、これが本当のひたぎってわけじゃないですよねそうですよね(笑)次回にはきっともとのツンドラに戻っているはず(^^; しかしエンディングテーマの入り方といい、『良い最終回だった』って言葉は今回によく当てはまると思います。もちろん良い意味で。話の構成が上手いんですよね。演出とかは別にして、決められた尺を使って綺麗に収められているのが素晴らしい。エピソード完結型のシナリオ構成としては最良の部類に入るんじゃないでしょうか。あとは良くも悪くも濃すぎるシャフトのノリをどう受け止めるかで評価は割れそうですが、個人的に続きを見たいと思わせてくれる作品だと思います。

EDテーマはsupercellのryoさんが手掛ける『君の知らない物語』。ガゼルさん・・・じゃなくて今はnagiさんでしたか。久しぶりに声を聞いたんですがやっぱり良いなぁ・・・(´∀`*) あとどうでもいいけどスタッフロール読ませる気なさすぎです(笑)次回も期待!



次回 化物語 第三話 『まよいマイマイ 其ノ壹』

化物語 第三話 『まよいマイマイ 其ノ壹』



<関連サイト>

化物語 オフィシャルサイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年07月17日 00:49:15

ひたぎどうなっちゃうんでしょう?
前回と全く違った雰囲気に驚きました。
これは「いらない」と言った母にも是非勧めなければ。

小ネタがゴチャゴチャして見にくいのはシャフトの伝統芸みたいなものだから、無視できる人とできない人で選別されるんでしょうね。

相変わらず自転車の二人乗り部分ではテロップが出ますが、「宙のまにまに」の4連続テロップというギャグを見てからは全然気にならなくなりました(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年07月18日 03:49:30

>ヴィーさん

シャフトの演出は好き嫌いが別れるとして、中身はかなり好印象でした。あれだけ前半を遊ばせておいてスッキリ終わらせる構成は脱帽です。何かこう、引き寄せられる面白さがありますね。

『宙のまにまに』、4回連続の「2人乗りは禁止」テロップ・・・ですか(^^; 道路交通法厳しい・・・(笑)

トラックバック

つれづれ - 2009年07月11日 14:29

化物語 第二話 ひたぎクラブ 其ノ貮

 ひたぎの変わりように驚いてしまいました。前半の暴言ばかりの彼女は面白いですが、最後のいい子っぽい彼女はかわいいですね。

よう来なさった! - 2009年07月11日 14:42

化物語 第2話「ひたぎクラブ 其ノ貳」

この掛け合いや言い回しの面白さは思わず原作を読みたくなる気持ちにさせてくれますね。それくらい2人のトークは痛快で爽快。

ミナモノカガミ - 2009年07月11日 16:42

Time of bliss - ゲーム・アニメ音楽関連イベントの記録 - 2009年07月11日 17:46

化物語 第二話 ひたぎクラブ其ノ貮

化物語 第二話 ひたぎクラブ其ノ貮 ありゃりゃぎさんのこの顔wwwwww [ ひ...

wendyの旅路 - 2009年07月11日 19:09

24/10次元に在るブログ - 2009年07月11日 20:16

化物語 第2話 「ひたぎクラブ 其ノ貮」 の感想

化物語(上) (講談社BOX)VOFAN by G-Tools 引き続き 戦場ヶ原様無双!!

Ηаpу☆Μаtё - 2009年07月11日 23:20

ワルキューレBlog - 2009年07月12日 09:53

化物語(バケモノガタリ) 2話「ひたぎクラブ 其ノ貮」

化物語(バケモノガタリ) 2話「ひたぎクラブ 其ノ貮」の感想

二次元放浪記 - 2009年07月13日 03:21

化物語 第2話「ひたぎクラブ 其ノ貳」

さて、このアニメに関してはtvkの放映日の遅さが完全に負け組ですね(´・ω・`)

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア