カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】“ファ美肉おじさん”こと『異世界美少女受肉おじさんと』がTVアニメ化!サイコミ発のトランスセクシャル異世界コメディ (05/17)
【映画】アニメ『Fate/Grand Order ‐冠位時間神殿ソロモン‐』の劇場公開日が決定!スタッフ&キャストや本予告、キービジュアルが解禁、前売券の販売もスタート! (05/16)
【アニメ/ゲーム】『SCARLET NEXUS』の放送情報とスタッフ&キャストが発表!原作ゲーム体験版の配信日も決定! (05/14)
【映画】劇場版『ドラゴンボール超』の新作が2022年公開決定!「ブロリー」に続く第2弾は“意外なキャラ”が大活躍!? (05/12)
【映画】アニメ『五等分の花嫁』の続編が劇場映画として2022年公開決定! (05/12)
【アニメ】『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の第2期が制作決定!放送は2022年を予定 (05/11)
【PS5他】「JUDGE EYES」シリーズの完全新作『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』が発表!主人公・八神隆之(演:木村拓哉)が新たな事件に挑む! (05/10)
【アニメ/映画】TVシリーズ第4期『オーバーロードIV』と“聖王国編”を描く完全新作劇場版の制作が決定! (05/08)
【アニメ】TVシリーズ第2期『メイドインアビス 烈日の黄金郷』2022年放送決定!ファプタとガブールンを描いたティザービジュアルが公開! (05/06)
【PS4/NS/PC】『メイドインアビス』のゲーム化が決定!ジャンルは“度し難いアクションRPG”でスパイク・チュンソフトより2022年発売予定 (05/05)
【アニメ】「花とゆめ」で連載された『贄姫と獣の王』のアニメ化が決定!人間の少女と人外の王様のロマンスを描くファンタジー作品 (05/04)
【アニメ】『マブラヴ オルタネイティヴ』のスタッフ&キャストが発表!武・純夏・冥夜による最新ビジュアルと戦術機「吹雪」が登場する第2弾PVも公開に (05/03)
【アニメ】ヤングガンガン連載『その着せ替え人形は恋をする』がTVアニメ化!“コスプレ”を軸に描く少年少女の青春ラブコメディ (05/01)
【新作ゲーム】『地球防衛軍6』の1stトレーラーが公開!シリーズ第2、3作のNintendo Switch版の発売も決定! (04/29)
【映画】『Free!』完全新作『劇場版 Free!‐the Final Stroke‐』が前・後編で公開決定!スタッフ&キャストや前売券情報などが公開! (04/27)
【アニメ】ガンガンJOKER連載の『ジャヒー様はくじけない!』が今夏TVアニメ化!魔界復興を夢見て頑張るジャヒー様の奮闘コメディ (04/26)
【映画】『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ〈ワルプルギスの廻天〉』制作決定!“さあ、物語をつづけましょう。” (04/25)
【漫画】『ゾンビランドサガ外伝 ザ・ファースト・ゾンビィ』がウルジャンにて5月19日より連載開始!“ある人物の伝説の過去”を描いた物語 (04/25)
【アニメ】キャラ原案・渡辺明夫氏による『逆転世界ノ電池少女』プロジェクトが始動!メインスタッフやティザービジュアルが公開! (04/24)
【PS4/NS/PC】『大逆転裁判1&2』が7月29日に発売!謎解きも自動で行うオート機能などが追加、番外編エピソード等の過去のDLCも収録! (04/23)
【PS4他】『テイルズ オブ アライズ』の発売日が決定!対応機種にPS5とXSX/Sが追加、新キャラやバトルシステムの情報も公開! (04/22)
【アニメ/TCG】アニプレックスがオリジナル作品『ビルディバイド』を発表!TCGとTVアニメが連動するメディアミックスプロジェクト (04/21)
【PS3/PSV】ソニーがPS3とPS VitaのPS Storeサービス終了を撤回!今夏以降も利用可能に。PSPの購入機能は予定通り終了(※追記有り) (04/20)
【アニメ】オーバーラップ文庫『最果てのパラディン』TVアニメ化決定!「小説家になろう」発の王道ハイファンタジー (04/18)
【アニメ】異世界コメディ『このヒーラー、めんどくさい』TVアニメ製作決定!ニコニコ静画でカルト的な人気を誇る漫画作品がアニメ化 (04/17)
【PS4/NS】ホラーADV『真 流行り神3』が7月29日発売!“恐怖演出”がさらに強化された「真 流行り神」シリーズの完全新作が登場 (04/15)
【アニメ】週マガ連載の『テスラノート』がTVアニメ化!「TIGER&BUNNY」の西田征史氏が原作を手掛けるスパイコンビアクション (04/14)
【映画】『機動戦士ガンダム』のハリウッド実写映画はNetflixで展開!監督と脚本を務めるスタッフも明らかに (04/13)
【ドラマ】「オトメイト」の幕末恋愛ADV『薄桜鬼』がWOWOWにて実写ドラマ化!土方歳三役は崎山つばささんに決定! (04/12)
【アニメ】月マガ連載の『恋は世界征服のあとで』がTVアニメ化!正義のヒーロー戦隊と悪の秘密結社に所属する2人が織りなすラブコメディ (04/10)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]うみねこのなく頃に > title - うみねこのなく頃に 第5話『Episode I - V fool's mate』 感想

うみねこのなく頃に 第5話『Episode I - V fool's mate』 感想

うみねこのく頃に 第5話『Episode I - V fool's mate』より感想です。

甦る魔女。そして“結末”へ・・・。


『うみねこのく頃に Episode I』も今回で終了。ハイペースな進行と超展開にどんどんお話が流されていく印象がありますが、他の視聴者の皆さまがどんな印象を持たれたのか気になるところです・・・。

まずは前回ラストで起こった“第5の殺人”から。最初に殺された6人と同じように顔を削り取られ、真里亞は壁に向かって歌を歌っているという凄惨にして異様な光景を目の当たりにする戦人たち。部屋の内側には鍵が掛けられていたにも関わらず、真里亞以外の3人は殺されていました。

真里亞は魔女ベアトリーチェに壁を向いて歌を歌うように言われ、それを忠実に実行していただけとのこと。戦人が渡してくれた魔除けのおかげで、魔女は自分にだけは手が出せなかったということですが・・・。

普通に考えれば密室の中に居た唯一の生存者に犯人の疑いが掛かるのは当然。しかし真里亞に大の大人3人を殺せたとは考えらにくいですから、鍵を開けて犯人を手引きした線が一番有力に思えます。書斎に籠城した時の手紙の件といい、そもそもの犯人=魔女肯定発言といい、真里亞の共犯説が色濃くなってきたかな・・・というところで物語は既に終焉に差し掛かっていました。

夏妃は戦人が武器代わりに持ってきた燭台をかんぬきがわりにして扉を閉め、部屋に子供たちを置いて自分一人でベアトリーチェに対峙。真里亞が言うには手紙を読んで外に出て行ったという事ですから、呼び出されたと見るのが妥当でしょうか。もっとも手紙の痕跡が無かったから、真里亞が何らかの理由を以って一人で出ていくよう差し向けた可能性も考えられますが・・・。

ベアトリーチェと思われる存在に夏妃は銃を発砲するも、何故か自分の額を打ち抜かれ、敢え無く死亡。そして碑文の条件たる生贄が満たされ、復活するという魔女ベアトリーチェ。黄金の蝶が戦人たちの周囲を漂い、何者かの高笑いが聞こえ始めたところで・・・唐突に幕引き。いずこかの海岸に流れ着くボトルメールから語られる真里亞のモノローグ。

『これを貴方が呼んだのなら、その時私は死んでいるでしょう。死体があるか無いかの違いはあるでしょうが・・・。これを読んだ貴方。どうか真相を暴いて下さい。それだけが、私の望みです。 右代宮 真里亞』

結局ベアトリーチェの正体も、戦人たちがどうなったのかも分からず、『ひぐらし』の圭一ライクなエピローグが流れるという結末。なぜ真里亞がこんな文章を残したのかも疑問ですが・・・。さらに視聴者を困惑させる“お茶会”への発展はどう捉えたら良いのか困りますね(笑) 

死亡した登場人物まで出演者として登場し、メタ視点から物語のヒントを与える舞台裏の展開になるのかと思いきや、ここで改めて姿を現すベアトリーチェと魔女を否定する戦人の問答。さらに『ひぐらしのく頃に』のとある人物(笑)を彷彿とさせる“ベルンカステル”と名乗る新たな魔女の登場など、難解で不可解なエピソードの終末をこれでもかというほど一編に詰め込んでくれました。

実際原作をプレイしていてもどうなってるの・・・という感想でしたけれど、アニメでは更に困惑の濃度が上がっているというか(^^; いろいろと端折り過ぎていて、事態を飲み込みづらいというのもあったかもしれません。ベアトリーチェが現実世界のルールの擬人化であるという興味深いくだりもありませんでしたし・・・。

結論から言えば『Episode I』だけで推理は不可能、何がどうなったのか結末も語られません。今回で一端終了した物語が『Episode II』からどのような形で始まるのかを知れば、事件の推理だけでなく『うみねこのく頃に』の世界の在り方への疑問など、これまでのミステリー・サスペンス路線からは根底から異なる考察を強いられることにもなるでしょう。

今回は終わりではなくて、これが始まりとでも言えましょうか。王道のミステリー路線から入った物語が『Episode II』以降どう変化し、その演出を表現するのかに注目したいと思います。



次回 うみねこのく頃に 第6話『Episode II - I middle game』



<関連サイト>

TVアニメ「うみねこのなく頃に」公式サイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年08月02日 14:24:26

いきなり登場人物が自分と舞台の中間に出てきてお茶会を始めるという展開に顎が外れました(笑)
でも、面白いですね。
エルフのYU-NOみたいに客観視点からループすることもできるという設定なのかなと思いました。
戦人が魔女の存在を認めるか、もしくは完全に否定できるまでこれが続くのかな。
で、そのままだとエンドレスエイトになっちゃうから少し設定が変わったりするとか…
何にせよ目が離せません。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年08月04日 03:56:39

>ヴィーさん

原作でも明確な答えは出ていない・・・というかまだ現在進行中で謎が展開されてますから、それぞれの受け取り方で正解だと思います。あのお茶会が現実なのか、あるいは戦人の妄想か、物語をメタ視点で捉えた俯瞰の産物か・・・。でもこのお茶会を取り入れてくれたのは次回エピソードに入りやすくするための配慮と言えるかもしれません(^^;

トラックバック

八月の鍵 - 2009年07月30日 16:45

うみねこのなく頃に 第5話 Episode I-V fool's mate

もうあの方が出てきてくれたので僕は満足です(^^) 原作既プレイですのでネタバレを嫌う方は読まない方が良いかと思われます。

ミナモノカガミ - 2009年07月30日 17:29

wendyの旅路 - 2009年07月30日 18:55

深・翠蛇の沼 - 2009年07月30日 20:37

うみねこのなく頃に 第5話「Episode I-V fool's mate」

夏妃さん死亡。 EP1では主役級だったのに、この死に様は少々呆気ないな……

青空のむこう~どらちゃんのアニメ恋旅~ - 2009年07月30日 20:57

うみねこの鳴くころに 第4話 おいてけぼりぃ魔女のティータイム

さぁおいてけぼりを喰らってしまった・・・うみねこ気合い入れて感想いってみましょう。

もす! - 2009年07月30日 22:33

うみねこのなく頃に episode?-?「fool's mate」 感想。

なんか余計分からなくなってしまったぜ

穹翔ける星 - 2009年07月30日 23:14

うみねこのなく頃に 5話 「EpisodeI-V fool’s mate」

あなたは、屈しますか? 屈しませんか?

Time of bliss - ゲーム・アニメ音楽関連イベントの記録 - 2009年07月31日 03:06

うみねこのなく頃に episode I-V fool's mate

うみねこのなく頃に episode I-V fool's mate ババァ!俺だ...

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア