カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]うみねこのなく頃に > title - うみねこのなく頃に 第6話『Episode II - I middle game』 感想

うみねこのなく頃に 第6話『Episode II - I middle game』 感想

うみねこのく頃に 第6話『Episode II - I middle game』より感想です。

新たにチェス盤は組み直される・・・。


『うみねこのく頃に』エピソード2。OPは肖像画が変更。ベアト様のふとましいミニスカート姿が素敵(笑) エピソードを跨ぐ度に変わる仕様なんでしょうか。

驚愕怒涛の前回ラストから一転、譲治と紗音のラブストーリーから物語は展開。しかしこのコンビはどうしても銀魂を思い出してしまいますw 紗音は前回エピソードで早々に退場してしまったから、くぎゅの声が馴染むまでは少し時間がかかりそうかな。

今回のお話はエピソード1の始まりだった1986年10月4日の親族会議以前のお話(明言されてはいませんが)。エピソード1の終わり方から予想された多層世界、ループといった概念よりは前日譚としての意味合いで捉えて良いように思えますが、本エピソードからは早々に魔女ベアトリーチェが登場し、紗音や嘉音といった人物に働きかけています。

前回のエピソードからは一転して、“魔女が存在する”前提で物語が進行している。これはエピソード2における軸として重要な要素かもしれません。譲治との身分違いの恋に悩む紗音と、“家具”としてしか存在できない嘉音に介入するベアトリーチェ。この裏で起こっていた魔女の暗躍を真実と見るか、二人の心象を具現化したイメージと見るか・・・敢えて魔女を否定して見てみるのも面白いかもしれませんね。かなり困難で険しい方法かもしれませんが(^^;

ベアトリーチェへの信頼を強める紗音は、自分とは反対に、使用人である嘉音に恋する朱志香を応援する事に。しかし嘉音は自分の存在意義を“家具”以外からは見出せず、その好意をふいにする・・・。そんな嘉音の前に現れたベアトリーチェは本性を現して・・・と、六軒島の連続殺人を前に布石が打たれたという印象の今回。新たに恋絡みの人間関係がファクターとして追加され、事件の真実を探る上ではヒントになるのか?と想像してしまいますけれど、そう簡単に推理はさせてくれないのでしょうね。

余談ですが文化祭のシーンはかなり遊び心が混じっていて面白かったです(笑) 東方キャラは同人からの繋がりでしょうけれど、そのまんまな姿で登場するとは思いませんでした。魔理沙コスの朱志香は必見です(´∀`*) さすがに“つるぺったん”までは再現できなかったようですけれど・・・代わりに流れた挿入歌の「どっきゅん☆ハート」もかなりアレな曲でした(笑) 次回以降の展開にもいろいろと期待したいですね(^^)


次回 うみねこのく頃に 第7話『Episode II -II early queen move』



<関連サイト>

TVアニメ「うみねこのなく頃に」公式サイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年08月07日 23:08:38

単純にエピソード0みたいな位置づけで見てましたが、違うわけですか。
今回のエピソードがあったから嘉音の対決シーンができたのだと思ったんですが…
毎回条件が変わるならば前回の推理が最初からになって、犯人を暴こうとした人は怒るような気がしますが、これを犯人探ししながら見てる人ってどう思ってるんでしょ?

文化祭のシーンは笑いました。
あれを見せたら「けいおん!」のさわ子先生みたいに相手がどんどん引いていくと思います(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年08月08日 13:43:47

>ヴィーさん

エピソード0という見方で合っているのかもしれません。そもそも時系列がどう繋がっているのか(ループであるのかないのか)不明ですので・・・。エピソード1の親族会議以前にもこんなやり取りがあったのかどうかですよね。あのボイラー室で感じられた嘉音の魔女への敵意はここから来ているのかも。それよりもっと深い因縁も無きにしもあらずですが・・・。

同じ物語をメタ視点で捉えて、一度見た限りでは分からない部分を補完していき、最後に大元のエピソード1に立ち返って完結を迎える・・・とか、単純にループだったり並行世界で語られる物語なのか、その辺りも原作の問い掛けの一つだそうですので、人それぞれに考察の余地があるという事なのでしょうね。

文化祭は思いきったなあという感じです(笑) 『ひぐらし』でもシエル・・・じゃなくて知恵留美子先生なんて出てきましたし(笑) あの界隈はかなりフリーダムですよね(笑)

- 野次馬アニメ - 2009年08月12日 08:16:11

原作読んだ印象からうみねこはあまり期待してなかったのですが
なんかいきなり盛り上がってきました・・・
どっきゅん☆ハートはたまげましたけどw

応援ポチッっとクリックです

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年08月13日 02:40:22

>野次馬アニメさん

応援ありがとうございます(^^) あの挿入歌には確かにビックリです(笑) ミステリー路線からは少し路線がずれてきましたけれど、続きが気になるアニメですよね。

トラックバック

wendyの旅路 - 2009年08月06日 17:32

日常と紙一重のせかい - 2009年08月06日 18:31

うみねこのなく頃に 第6話「EpisodeII-I middle game」

ふたたび うみねこのなく頃に 第6話「EpisodeII-I middle game」

ミナモノカガミ - 2009年08月06日 18:50

穹翔ける星 - 2009年08月06日 23:17

うみねこのなく頃に 6話 「EpisodeII-I middle game」

幸せ それは一瞬の輝きでしかなかった。

Time of bliss - ゲーム・アニメ音楽関連イベントの記録 - 2009年08月09日 09:15

うみねこのなく頃に episode II-I middle game

うみねこのなく頃に episode II-I middle game TOMIT...

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア