カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【映画】オカルトアクション漫画『HELLSING』がハリウッドで実写映画化!脚本を「ジョン・ウィック」シリーズのデレク・コルスタッド氏が担当 (03/05)
【PC】「東方Project」の第18弾『東方虹龍洞』が発表!霊夢、魔理沙、咲夜、早苗の4人が様々なキャラの能力を使用して異変に挑む (03/04)
【アニメ】SF作品『ターミネーター』がNetflixでアニメ化!制作をProduction I.Gが担当! (03/04)
【アニメ】「なろう」発のラノベ『リアデイルの大地にて』がアニメ化!黎明期から支持を集める異世界転生ファンタジー (03/02)
【アニメ】『魔法科高校の劣等生 追憶編』のアニメ制作が決定!達也と深雪の過去を描く人気エピソードが映像化 (03/01)
【NS】『Pokémon LEGENDS アルセウス』が2022年初頭発売!「アクション」と「RPG」が融合した新ジャンルのポケモン最新作 (02/28)
【NS】「ポケモン ダイパ」リメイク作『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』が2021年冬発売! (02/27)
【PS5】『FFVII REMAKE INTERGRADE』が発表!「ユフィ」の新規エピソードや新ボス「ヴァイス」が追加!『FFVII』関連の新作アプリも発表に (02/26)
【PS4/NS】日本一ソフトウェアの新作『わるい王様とりっぱな勇者』が発表!勇者の娘とドラゴンの魔王の絆を描く絵本風RPG (02/25)
【アニメ】『ラブライブ!スーパースター!!』がEテレにて7月より放送!「Liella!」デビューシングル「始まりは君の空」は4月7日発売! (02/25)
【アニメ】きららMAX連載の『ぼっち・ざ・ろっく!』がTVアニメ化!陰キャ少女のバンド活動を描くガールズストーリー (02/23)
【アニメ】『東京ミュウミュウ にゅ~♡』が2022年放送!メインキャスト5名によるユニット「Smewthie」やスタッフも発表に (02/22)
【PS4他】『GUILTY GEAR ‐STRIVE‐』に「イノ」が参戦!『サムスピ』×『ギルティギア』のコラボも決定! (02/21)
【PS4/NS他】『サガフロ リマスター』の発売日が決定!新主人公「ヒューズ」編の詳細や「退却」「強くてニューゲーム」の追加なども明らかに (02/20)
【PS4/NS】フリューが『Caligula2 ‐カリギュラ2‐』を発表!理想の仮想世界から現実への帰還を目指す学園ジュブナイルRPGの続編 (02/18)
【NS】スクエニの新作タクティクスRPG『Project TRIANGLE STRATEGY』が2022年に発売!体験版の配信がスタート! (02/18)
【PS4/NS/PC】『聖剣伝説 Legend of Mana』のHDリマスター版が6月24日に発売!PSの名作がアレンジ楽曲や新機能を搭載して復活! (02/18)
【NS】スカウォのHDリマスター版『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』と特別デザインのJoy-Conが7月16日に発売決定! (02/18)
【NS】スプラ最新作『スプラトゥーン3』が発表!「バンカラ地方」で新たなナワバリバトルの幕が上がる! (02/18)
【PS4/NS/PC】織田信長と明智光秀の視点で描く『戦国無双5』が今夏発売!キャラデザやストーリー等を一新した「戦国無双」シリーズ最新作 (02/18)
【アニメ】スニーカー文庫の『暗殺貴族』がTVアニメ化、2021年7月より放送開始!メインスタッフ&キャスト発表! (02/16)
【アニメ】『鬼滅の刃』第2期「遊郭編」が2021年放送!音柱・宇髄天元を描いたティザービジュアルや第1弾PVが公開に (02/15)
【PS4】『那由多の軌跡:改』の発売日は6月24日!予約特典は全60曲を完全収録した「コンプリート・サウンドトラック」に決定! (02/14)
【アニメ】ガストブランドのRPGを原作とした『BLUE REFLECTION RAY/澪』が4月より放送開始!スタッフ&キャストやOP主題歌アーティストが発表! (02/13)
【アニメ】『スーパーミルクチャンForever♥』始動!毒舌とパロネタ満載の「スーパーミルクチャン」が令和の時代に復活! (02/11)
【アニメ】『擾乱(じょうらん)THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』が日テレにて4月より放送!舞台化やコミカライズも決定! (02/10)
【PS4他】『GUILTY GEAR ‐STRIVE‐』のオープンβに向けた対戦動画が公開!カイの「ドラゴンインストール」など新技も要チェック! (02/09)
【映画】『私に天使が舞い降りた!』完全新作アニメの劇場公開が決定!スペシャルPV公開! (02/07)
【映画】「マクロスF」10年振りの完全新作『劇場短編マクロスF ~時の迷宮~』が2021年に公開!江端里沙氏によるシェリルとランカの新ビジュアルが解禁 (02/07)
【PS4/PC】『アイドルマスター スターリットシーズン』の発売日は5月27日!新アイドル「奥空心白」の登場も明らかに (02/07)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]CANAAN > title - CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』 感想

CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』 感想

CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』より感想です。

CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』

“蛇”に巻かれる者たち。


CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』1

共感覚を駆使して銃弾をかいくぐり、マリアの許へ向かうカナン。カミングズが言う通り、もう“共感覚”の定義では収まりきらない能力と捉えた方が良さそうです。人や感情に色が見えるのは劇中で把握できますが、あとは常人の理解の及ばない超感覚であるとしか・・・今回は特にそう思いました。

予告で危険なフラグが立っていたリャン・チーは暴走一歩手前で引き留まりましたけど、最愛のアルファルドから切り捨てられた事でカナンへの敵意が増すのは明白・・・。逆に病的な愛情に狂ってアルファルドに牙を剥くような想像もできますが、アルファルドが誰かに倒されるイメージが今のところ全く湧きません(^^; いずれにせよ今後の動向が気になるキャラクターですね。それにしてもカミングズが健気で泣けてきます・・・。

CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』2

ウーア・ウィルスを無力化する抗ウィルス剤を手に入れるため、マリアの父、大沢賢治を呼び寄せるアメリカの対策本部。しかし“蛇”によって仕掛けられた爆弾で車を爆破されて・・・とあんまりあっさり死亡が告知されるものだからビックリ(^^; 原作キャラをこんな簡単に退場させて良いのかと・・・。後半でしっかり生きていた事を知ってホッとしたのは言うまでもありません。

実際には大沢賢治が車に乗った直後の映像と、車を爆破した映像を繋ぎ合せて、あたかも殺されたように見せかけていたのですが、これを行ったのは“蛇”自身かそれに関わる勢力だと考えていいのでしょうね。抗ウィルス剤の希望が断たれたとアメリカ本部が知り、ウーア・ウィルスの感染拡大を防ぐためにステルス爆撃機による攻撃が開始される・・・このテロの目的はアメリカにこの行動を取らせる事にあったように思います。

『中国政府も一枚岩じゃない。上海閥にとっては好機でしょうね』

アメリカによる上海への爆撃は当然国際問題に発展するでしょうし、夏目が言うように中国内部の対立関係を煽った内戦誘導も“蛇”の思惑の内なのでしょう。

CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』3

大沢賢治と共に抗ウィルス剤が届いた事をアメリカ本部が知るも時すでに遅く、会場への爆撃は開始。
アメリカは上海到着まで大沢賢治の存命すら知らない状態だったから、アメリカが取引を交わしている中国政府とは違う派閥が“蛇”と絡んでいるのかな?さすがに護送してきた連中自身が“蛇”というのは考えにくいですし。大沢賢治を殺害する事も拉致する事もなく小細工を仕掛けたのは、抗ウィルス剤を“蛇”が入手するためだとか想像はできますけど、今のところはっきりしませんね・・・。次回きちんと説明されると良いのですが。

米軍のナブスター衛星群にハッキングをかける夏目にも驚きですが、カナンがPCを扱えた事にも驚き(笑) あまりそういうイメージがなかったので(^^; 例によって共感覚でハッキングデータを絞り込み、爆弾の着弾点をずらすことには成功。しかしこの時点でアルファルドの目的は達せられていたのでした。

CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』4

お互いの無事を喜び合うカナンとマリア。でも事件は解決どころか混迷の度合いを増しているわけで・・・。前代未聞のテロは最悪の事態こそ免れたものの、アメリカの取った行動は権威を失墜させるには十分なものですし、中国との情勢悪化を招いたことや、戦争という名の火種を巻いてしまった事実には変わりありません。完全にアルファルドの掌で踊らされたという印象ですね。

そしてカナンは共感覚を酷使しすぎたためか、後遺症を残すことに・・・。

共感覚で見ている“色”が見えなくなって、本来の世界の景色が見えているようだから、能力を失くしてしまったという事なのかな? 次回への不穏が漂う終わり方でした。

CANAAN(カナン) 第7話 『慕漂』5

『私の名もカナンだ。今はその名を捨てたがな』

アルファルドにも“カナン”と呼ばれた時期があったのは前話の回想で明かされていましたが、その名付け親であるシャムをアルファルド自身が手に掛けた理由、カナンとの因縁は未だ不明。カナンとアルファルドの過去を結ぶエピソードは物語の根幹に関わる事なのでしょうね。

目立ってこそいませんが今回大活躍だった夏目も、ただ蛇の反攻勢力に属しているというわけではないようで。実はスパイなのではなんて思ってましたけど、『過去と向き合うために』とセリフを残している所を見ると、サンタナのように“蛇”と何らかの因縁を持っているようにも考えられます。どの人物にも言える事ですが、ほとんどが過去の背景は謎のまま。これから明かされていく事を期待したいです。


次回 CANAAN(カナン) 第8話 『乞』

CANAAN(カナン) 第8話 『乞』



<関連サイト>

CANAAN 公式サイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople

Tag ⇒ | CANAANカナン第7話慕漂感想

sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年08月29日 09:34:17

バレーのおかげで一回休止になってようやく放送されました。(こちらではフジ系列)

過去の因縁から何から全てが「愛ゆえに」になりそうな雰囲気ですが、それだけに感情で動かないアルファルドが一番正しく見えてしまいます。

中国はアメリカの爆撃をなじり、アメリカが中国の対処能力の無さをなじったりするんでしょうか。
あんまり公開されてない(特に上面)とはいえ、B-2が変すぎたのには笑いました。
これだったら、かつての上司が「どうやって強度計算の方式を確立させるんだか」と言わないで済むけどステルス性は中途半端にすぎます。

あの丈夫過ぎるタクシーの車体が、次はどんな責め苦に遭うのか(笑)

ところで、カナンの中の人がファントムにキャルで出てますが、「どうしてこうなった…」と言わんばかりのキャルの変貌ぶりに驚いています。
あの体型は2年で何があったのやら。
そのみゆきち、GAやうみものがたり、ディケイド等に出てましたが、今度は宙のまにまににも出てきました。
ホッタラケの島にも出てるし眠る暇あるのかしら?

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年08月31日 03:16:57

>ヴィーさん

思想無きテロリストってイメージが今のアルファルドの全てですが、カナンに何かを求めているような節もありますし、過去の因縁が現在のアルファルドの行動に繋がっているのかもしれませんね。

「ファントム」は組織脱走編まで進みましたか。同一人物とは思えない成長ぶりですよね(笑)アニメでは沢城さんが声優なんですね。原作ゲームのこおろぎさとみさんボイスもハマリ役でしたけど、クールなみゆきちボイスのキャルも良さげですね~(笑)

トラックバック

wendyの旅路 - 2009年08月16日 17:59

CANAAN 第7話 「慕漂」 感想

タイムリミット―

在宅アニメ評論家 - 2009年08月16日 18:19

CANAAN #07 慕漂

引き続き囚われのマリア。 蹴られても踏まれても泣きません!

ミナモノカガミ - 2009年08月16日 18:50

CANAAN 第7話「慕漂」

爆撃回避。

深・翠蛇の沼 - 2009年08月16日 19:17

CANAAN 第7話「慕漂」

「判断力に欠けた駒が手元にあると計算が狂う」 って、それなら野放しにしたら尚更メチャクチャにされるのではw

アニメ-スキ日記 - 2009年08月16日 21:06

CANAAN 第7話 『慕漂』(感想)

共感覚凄すぎ!!! しかしカナンの様子が・・・・・。 アルファルドもカナン!?

穹翔ける星 - 2009年08月28日 08:29

CANAAN  7話 「慕漂」

楽園への導き手

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア