カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]コードギアス 反逆のルルーシュ > title - コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 19 『裏切り』を中心に、疑問点などを考察してみました。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 19 『裏切り』を中心に、疑問点などを考察してみました。

最近の“コードギアス 反逆のルルーシュR2”の、所謂、『超展開』について、各所で様々な批判意見が挙げられていますね。

納得いかない方も多いと思いますので、私見ではありますがその疑問点などを取り上げてみることにしました。

主人公、ルルーシュ・ランペルージ

外見の格好よさと内面の脆さと矛盾を内包する主人公、ルルーシュ。
彼の行く着く先は・・・。



【シュナイゼルによる黒の騎士団メンバーへのギアスバレ→ゼロ背信の流れ】

これは19話でほとんどの方が納得いかなかった部分でしょうか。

それまで頼り切っていたゼロへのあっけない裏切りと、シュナイゼルの言葉を鵜呑みにする団員たち。

ギアスという超常的な表現をそのまま使わず、『強力な催眠術のようなもの』とソフトに表現したのは、シュナイゼルなりにゼロが特殊な力を持っていると団員たちに伝えようとした事とは思いますが・・・。


・・・うん、改めて見直すと無理がありますね^^;

でも私は視聴当時、この部分をさして疑問には思わなかったんです。

制作側が狙った、奇跡のネタばらしによる団員の背信。これにまんまと引っ掛かってしまった・・・。

私が鈍感なところが大部分なのですが(笑)

というのは、私の中で“ギアス”なんて力が“コードギアス”で当たり前になってたからですね。他サイト様の識者の方々は、ちゃんと分かっておられました・・・お恥ずかしいかぎりですorz

ただ、制作側がコードギアスの“ギアス”という力の存在を、それまでのストーリーで馴染ませる事を意識していたんだとしたら、このギアスバレによる団員たちに過剰な驚きがなかった事に関しては、制作者にとって『既にギアスが世界観に織り込まれたものとして認識されているだろう』と視聴者を見た・・・或いは侮った結果からという気がします。

・・・だとすれば、私はまんまとそれに乗せられてしまったということになりますが^^;

団員達が見ていない所で、ルルーシュはバンバンギアスを使っていましたし、それまで視聴側から見たルルーシュ(ゼロ)なんて、いい所はギアスに頼る力任せな部分が多かったんじゃないでしょうか?

またギアスかよ・・・というような(笑)

それまで当り前のように使われていた秘密の力、“ギアス”が、ストーリーでバラされること。
これを意識した視聴者なら、尚のこと今回の展開に対して違和感を持つ抵抗力に薄かったのではないかと・・・。

私見ですが、以上のようなイメージを持ちました。のめり込んでも、ちゃんと客観的に意識しないと、ダメですね・・・今回私が反省した点です。



さて、シュナイゼルが用意した“証拠”についてですが・・・。

まずはその流れ。

『ゼロは不可能を可能にする奇跡の人』、という黒の騎士団メンバーのゼロに対する認識。シュナイゼルからのギアスのタネ明かし直前の、ディートハルトからもあるように、『我々はゼロを系譜ではなく、起こした奇跡によって認めている』というセリフ・・・。

これも奇跡のタネばらしへの布石ですよね。

ゼロの行動が理解しがたい部分があっても、最後は“結果”を出していた人物であるということ。その結果が普通ではありえない奇跡がかった成功であったから、ゼロへの信頼は(一部を除いて)損なわれなかったし、カリスマを得られていた。

団員たちの、不審を抱く前のイメージをここで表現し、後の背信行為へ備える・・・準備描写ですね。

そして、用意された裏切りの駒(証拠)をどんどん置いていくことによって、ゼロへの裏切りを決定付ける、と。

この駒もよく考えると曖昧な所が多いのですが。


・柩木神社でのスザクとルルーシュの会話で盗聴された、『ユフィをギアスによって操り、日本人を虐殺しろと命じた』という記録。

・・・これはいくらでもねつ造できそうですね?^^; シュナイゼルも証拠ならありますって自信を持って突きつけるだけに、うっかり見落としがちですが・・・。


ただこれらの曖昧な証拠を団員たちが認識する条件として忘れてはならないのが、それまで積み重ねてきた藤堂側メンバーによるゼロへの不信感。ラクシャータが指摘していたギルフォードやジェレミアの離反への疑問。朝比奈が遺した証言もその一環ですね。

だからといってこんな曖昧な証拠を容認するというのはどうかと思いますが。


・ギアスをかけられた疑いのある人物のリスト

草壁、片瀬少将や、仮面を作らせたマスターまで・・・どうやって調べたんでしょう?

それはさて置き、これで『説明がつく』かどうかは・・・「催眠術にかけられた人物がこの方々ですよ」って写真を見せられて説明されても、納得できるものでしょうか?


上記のとおり、シュナイゼルが用意した証拠は、どれも決定的とは言い難いものです。
それまでの状況と疑惑を一気に畳み掛けて、『これで納得できるだろう』と思わせるところが
再度視聴してみて感じられました。

用意周到、一手二手を先に行くシュナイゼルの手腕・・・。でもその本分は巧みな話術と人を引き寄せる力にある・・・と、キレイな言い方で終わりにします^^;



裏切りを助長させる演出

玉城という直情的、ゼロへの信頼度の高い(玉城自身が)キャラクターをその場に持ってくることで、シュナイゼルの用意した証拠への反応、“これだけ証拠を見せつけられて我々はゼロを信じられなくなりました”という視聴側への思い込ませ方。

わざわざ思考能力の弱い(笑)人物をここで発言させるのは効果的だったとは思います。
玉城に合った役割だったと言えるかも・・・(失礼?w)


・扇の転身。

もともと駒のような扱いをされていたことは自覚していたのでは?・・・なんて言うと怒られそうですが・・・。一期ラストと二期のはじまりでも、他の団員から指摘されてるんですよね。
それでもゼロについていこうとしたあなたはどこに行っちゃったの?という気が。



う?ん・・・見直してみると結構矛盾している部分やアレ?と思うところがありますね?・・・。
今回何度か視聴してみても、話に流されている自分に気がついたり。

しっかりこれらの疑問を捉えられている方を見習わなくては・・・(;´Д`)




【成長しない主人公】

19話冒頭は一期ラストを彷彿とさせる展開でしたね。ナナリーの窮地に周りが見えなくなり、大勢など放っておいて妹ナナリーのためにひた走る主人公ルルーシュ。

もともと彼の行動原理がナナリーを守ることと、父親への復讐であるとはいえ、TURN7で見せた『自分だけの戦いじゃない』という考えも一気に払拭。(悪い意味で)

更に何かを失うことによってやっと行動を起こすという主人公原理。

もうとっくに後には引けないという事を分かっていないの?と思わざるをえない部分が二期になってからもちょくちょく見られました。




【フレイヤによる被害のニーナの認識】

撃て撃てとあれだけノリ気だったニーナの、フレイヤ発射後の心変わり。

これはどう考えてもおかしいですよね。
開発者ではるはずのニーナが、その威力と予測される範囲について知らなかったとはいえません。
スザクにフレイヤ弾頭を託す時でさえ、『ユフィの騎士であるあなたに、仇を討つためこれを撃ってほしい』という意思をビシビシ感じましたし・・・。まぁ、それ以前のロイドのセリフが伏線になっている部分もあるんですが。

『感情が先走って、後にもたらす結果など考えてもみなかった』

結論としてはこんなものでしょうか。彼女にまともな思考を求める方が間違いなのかも。




【シャーリーの死によるギアス嚮団壊滅→V.V.死亡への流れ】

個人的にどうしても納得のいかないシャーリーの死の原因。

ギアスによって?ギアスの為に命を落とした?彼女がギアスによって翻弄されたのは確かですが、
元々ルルーシュが巻き込んだのが全てのはじまり。過程でギアスが絡むとはいえ、そんな抽象的な力を仇として見るのはどうなんでしょう?

はっきり言ってしまえば、殺害したのはロロの突発的な行為からです。

正直、ロロがシャーリーを殺害したと知った時点で、ルルーシュがロロに対して何の直接的な報復を行わなかった時点で唖然としました・・・。

『え?なんでそこでギアス嚮団をぶっ壊すってなるの?』

こう思われた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そしてギアスという存在を消し去るために嚮団へ突入→黒幕のV.V.死亡・・・。

こうしてみると、シャーリーの死ってV.V.を退場させるため、ルルーシュを物語の『謎』に導くための・・・
演出だったの?と考えてしまいます・・・。そう思うと、残念でなりません。




【全てにわたって影響するストーリーの展開の早さ】

コードギアス第一期でおさまりのつかなかったストーリーの尺度と謎と伏線の詰め込み具合。

第二期でしっかり順を追って消化されるのかなー・・・と思いきや、ストーリー後半を過ぎても半分程度(それ以上?)がまだ謎のまま。

新たに追加されたアーニャの正体についての謎、マリアンヌの存在と死亡した理由、皇帝の真意と『ラグナレク』の意味、アーカーシャの剣の存在意義、C.C.の本名と過去の映像に出てきた少女の正体、『Cの世界』の謎、“コード”の意味とギアスの関係・・・

パッと思い付くだけでも結構残ってますよね。

でも、この展開の早さなら三話ぐらいで全部消化してしまいそうな気もします^^;

ストーリーの展開が早いということは、登場人物の描写も少なくなるということ。
これからナイトオブラウンズの新メンバーも登場するというのに、またヴァルキュリエ隊のようにあっさり死亡・・・なんて事になったら目も当てられません・・・。

その点、ルキアーノは頑張った方でしょうか。

一番問題なのがこの急展開のスピードなんですよね。このせいで今回のような強引なストーリー展開が生みだされたり、肝心の登場キャラクターが光を見ないまま消えて行ったり・・・。



後残すところ6話となったコードギアスR2。

視聴者に納得する終わり方をさせられるのか・・・最後まで見守りたいと思います。





※こちらは視聴直後の感想となります。今回の本文と考察が違うような部分が見受けられると思いますが、御容赦くださいますようお願い致します・・・m(_ _)m

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第19話 TURN 19 『裏切り』 感想



<関連サイト>

コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト



アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- 叶 翔 - 2008年08月20日 17:48:02

ども♪

かなり矛盾や怪しい点が多いですよね
残り話数が足りなくて説明が不足している印象を受けます


私はロロが斑鳩を脱出する前にどうして扇らを、というか斑鳩そのものを蜃気楼で破壊しなかったのか

なぜ蜃気楼の潜水機構を使って逃げなかったのかなど、色々気になります

まあ、一番はあれだけ信用していたゼロよりも敵であるシュナイゼルの不十分な証拠を騎士団が信じたことですけどね…

来週のシンクーや神楽耶の反応が気になります

長文失礼しました

すべて同意です! - samada - 2008年08月20日 20:35:52

今晩は!
こういう記事こそレビューと言えるのでは、とネットのみなさんに声を大にして言いたい!
>ただ、制作側がコードギアスの“ギアス”という力の存在を、それまでのストーリーで馴染ませる事を意識していたんだとしたら、このギアスバレによる団員たちに過剰な驚きがなかった事に関しては、制作者にとって『既にギアスが世界観に織り込まれたものとして認識されているだろう』と視聴者を見た・・・或いは侮った結果からという気がします。
この部分の考察は冴え渡ってますね!そのとおりというしかない!みんなこのページに集まれと言いたいですよ(笑)
その他の考察点も納得、同意してしまいます。
この「超展開」には他の方がたも気付き始めたようですね。目を覚ますのが遅すぎたか・・・。ネット上でのギアスの記事数は相当なものなはず。もっとはやくに多くの方が気付いていれば、ストーリーの「超展開」がまぬかれたかも!?
私は最近になって、ギアスに関してはアニメにどの程度リアリティを求めるかという自分の尺度が間違っていたと思うようにしました。簡単に言えば、期待しすぎていたってことですね。Julieskyさんのように自分もまんまとはめられたのは自分が悪いのだと。ある意味逆切れっぽい考えですがね(笑)
今は、最後くらいはまとめるだろうという期待感を持っているのですが、どうですかね。きっちりと終わって欲しいものです。終われなかったら劇場版に突入でもいいですが(笑)
では。。。

- Juliesky@管理人 - 2008年08月20日 23:05:01

コメントありがとうございます!

>叶 翔さん

そうですよね~細かいところまで見るとホントにいろいろと・・・
ロロのギアス能力に関しても、あれだけ強力な能力なのに、戦闘シーンがいかんせん少なすぎました。個人的に最強に近い能力だと思ったのですが・・・東京決戦の時だってもっと活かされて良かった気がします。

TURN19でも、同じ疑問が湧いてきますよね・・・。
斑鳩を破壊しちゃったらストーリー的に、黒の騎士団全滅はマズイと制作側も考えたのかもしれませんが・・・。あの能力で直ぐに斑鳩を撃破すれば終わってましたよね^^;

蜃気楼も、ステルス性の高い仕様だったのかな?で、あれば、海中に逃げた方が危険性は少ないはずですよね・・・あわよくばロロのギアスを最小限に抑えて逃げ切れたかもしれないのに・・・。 細かい所を言うとキリがありませんね^^;

とにかく、今後は視聴者に納得のいく展開を期待したいところです・・・。


>samadaさん

たくさんのコメント、ありがとうございます!
記事内で書いているとおり、視聴当時はさして疑問に思わなかったんです。
でも、他のサイトの方々の『ここがおかしい』という記事を拝見させて頂いて、「あれ・・・そういえば何でこれで納得しちゃったんだろう、自分?」と疑問が湧いてきて・・・今回このような記事を書こうと思い至りました。
 何だろう、結局流されちゃってるんですよね、私自身も、ストーリー自身も。展開早いなー先が読めないなーって考えた時から気づくべきだったのかもしれません・・・。

もう、とにかくちゃんと決着を着けてキリよく終わって!と願いたいところなんですが・・・どうなるんでしょうね^^; 

- ちっちきちー - 2008年08月22日 14:20:37

確かに蜃気楼は潜水機構あるけど
シュナイゼルならポートマンⅡを海の中に伏せておいてる
気がするのだが僕だけかな?(考えすぎ?w
潜水艦見つけるのはあれだったけど
追跡なら可能じゃないかな?
ロロのギアスは体感時間5秒(?)止めるだけだから
ポートマンⅡ物理的なものでスピードは落ちないと思われ・・・
空に逃げるのは妥当だったと思う
まぁもぐりながら逃げる方向変えれば、
かく乱にはなるかもしれないけどね

- Juliesky@管理人 - 2008年08月22日 21:48:47

>ちっちきちーさん

私は蜃気楼の性能と能力がどの程度のものか分からないので、はっきりとは言えませんが・・・^^;

蜃気楼の海中潜航速度がよくわからないので、海に逃げれば逃げ切れた?と言われれば確かに不明ですね~。でも仮にポートマンⅡを伏せていたとしてもロロのギアスで対応する分には空中とは変わらないかもしれないし、(これも蜃気楼の変形時の海中移動能力及び適応能力による)物理的な動きを言ったら海中でボートマンⅡに劣るかと言われれば、劇中での蜃気楼の海中戦闘は皆無でしたし・・・。空中での対応能力が海中での変形した蜃気楼のスピードにどの程度劣るか、またはどれほどの差があるのか?など調べて考えてみれば答えに行きつくかもしれませんが・・・

はっきりいえば、『ストーリーの流れでそうしなかった』この一点に付きますw 
前コメでもあるようにルルーシュを蜃気楼内に入れてから斑鳩を破壊することも可能だったかもしれません。そんなことになればストーリーどうなっちゃうんでしょうね^^; 色々“可能性”はあるかと思いますが、空中に逃げたのはストーリーの流れでいいかもしれませんね♪

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア