カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]うみねこのなく頃に > title - うみねこのなく頃に 第9話『Episode II-IV skewer』 感想

うみねこのなく頃に 第9話『Episode II-IV skewer』 感想

うみねこのく頃に 第9話『Episode II-IV skewer』より感想です。

全ては魔女の手の内に。


前回のSF幻想ファンタジーバトルアクションには驚かされましたが、現実に起こった出来事を創作の魔法幻想に置き換えていると考えればいろんな無茶があっても不思議ではない・・・かな。もちろん現実的に推理を試みるうえであればこそで、単純に視聴するならこの超展開に呑まれても悪くないように思います。


朱志香と嘉音が殺された部屋はまたしても密室状態に。駆けつけた戦人たちは推理論法を展開していますが、どれも当たり障りなくそこにある事実をはっきりさせただけという感じ。というか戦人の場合は推理にすら及んでいないような(^^;

使用人たちが持っているマスターキーと、朱志香自身が持っていた鍵でしか部屋の扉は開けられないから、まずその場にいない使用人の嘉音を犯人と楼座が疑うのは当然のこと。それに対して、朱志香がベアトリーチェの部屋を開ける際に嘉音から預かったマスターキーをそのまま持っていたから、嘉音は朱志香の部屋を開閉できる鍵を持ち歩いてはいない=嘉音は犯人ではないと説明する戦人。その後疑われるのはアリバイの不確かな郷田と熊沢・・・なんですが、戦人はここにきて「こんな良い人たちが殺人するなんて思えないよ!」なんていう理屈と感情論で無理やり場を収めてしまいました。

結局密室状況や消えた嘉音の説明はできてないんですよね・・・。取り合えず誰でも疑うのはマズイですよって訴えるだけで。マスターキーは5本あると明言されているから推理の余地はありそうですが、これでは戦人は探偵役に向いているのか懐疑的になってしまう・・・。『Episode II』は完全に魔女に屈する前提でお話が進行しているように思えます。印象的だったのは『Episode I』の夏妃の立場をそっくり楼座が受け継いでいるってところなんですが、この共通点は何を意味しているんでしょうね。まずはこの並行世界の謎が解けないとどうにもならない気はしますが・・・。


行方不明になっていたはずの嘉音が使用人達の前に姿を現して、実は生きていたのかと思いきや、魔女の手先になって襲いかかるという超展開。前回ベアトリーチェが“死者を辱める”と言っていたことから考えれば、死体を操られてしまったと考えるのが妥当かな。熊沢と南條先生は嘉音の剣で首をかき切られて死亡。それにしても今回はエグいモザイクが目立ちます(汗 

紗音がボイラー室から見つけてきた蜘蛛の巣を押し付けられて、苦しむように姿を消す嘉音。ベアトの眷属が蝶だから蜘蛛は天敵という事ですか・・・。紗音と源次が冷静に対処できたのは嘉音と同じ“家具”だからで、一連の顛末を見届けた郷田は普通の人というのであれば、これ以上にない魔女の証明になると思うんだけど、今のところ戦人の目の前でこれらの魔法幻想が行われないのは引っ掛かりますね。

あのバトルシーンが叙述トリックによる嘘の描写で、嘉音が朱志香を殺害し、その後何らかの方法で密室状態を作り自分は脱出、使用人達に襲撃をかけて熊沢と南條先生を殺害するものの、紗音と源次によって撃退されたって仮定もできなくはないですが、ベアトは赤字で“嘉音は朱志香の部屋で殺された”と明言しているし・・・それとも時間には触れていないから後になってあの部屋で殺された?しかしそもそも赤字ルールって信用して良いものなのか・・・うーんもう堂々巡りです(笑) 次回もこんな感じで魔女幻想が展開するんでしょうか。味気ない推理よりも魔法シーンの方が楽しみになってしまいます(^^;


次回 うみねこのく頃に 第10話『Episode II-V accept』



<関連サイト>

TVアニメ「うみねこのなく頃に」公式サイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年08月27日 18:24:52

だんだん推理してもいいのかも…ぐらいには思えてきましたが、どうせこのエピソードも終盤でひっくり返されるのかと思ったらあまり真剣に考える気力が(笑)

嘉音は、誰かがあの部屋に入るために死体を使い、殺害に及んだのでは?と考えたんですが、そうなるとそれは誰よ?という話になって思考停止。
まさか嘉音の体に爆薬が仕込んであって、それで杭を飛ばして二人を殺したなんてことないですしねえ。

ともあれ、このエピソードはずっとファンタジーでいくんでしょうね。
楽しみではありますが(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年08月28日 05:07:45

>ヴィーさん

各エピソードで推理を成功させてどこで生きてくるのかなんですよね・・・。多角的に事件を検証して一つの事実を導き出そうという雰囲気は感じるんですけど、そもそもこのループする世界はどう説明するんだろうとか考え始めると深みにはまってしまいます(^^; エピソード2はファンタジーを楽しみながら超展開に期待するのが正しい見方なのかもしれません(笑)

トラックバック

ミナモノカガミ - 2009年08月27日 17:37

イチゴ☆とチョコ☆とデザートイーグル! - 2009年08月27日 19:31

wendyの旅路 - 2009年08月27日 19:37

日常と紙一重のせかい - 2009年08月27日 19:43

うみねこのなく頃に 第9話「Episode II-IV skewer」

狼と羊のパズル うみねこのなく頃に 第9話「EpisodeII-III weak square」

穹翔ける星 - 2009年08月27日 22:37

うみねこのなく頃に 9話 「EpisodeII-IV skewer」

‘くも,を掴む‘存在,‘くも,に掴まれる‘存在,

24/10次元に在るブログ - 2009年08月28日 01:05

うみねこのなく頃に 第09話 「EpisodeII-IV skewer」 の感想

片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ志方あきこ by G-Tools 画伯の本領発揮

気ままに日日の糧 - 2009年08月29日 00:18

うみねこのなく頃に 第9話 EpisodeII-IV skewer

「他の誰でも無い、そなた自身が扉を閉ざしているのだ」  ベアトリーチェが再構築

サイネリア~わたしのひとりごと~ - 2009年09月06日 01:01

うみねこのなく頃に 第9話~ヒントは時計!?~

毎回作中でヒントが描かれているとしたら……毎話のイベントシーン、アイキャッチに必ず描写される“時計の時刻”なのではと思慮する。

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア