カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【新作ゲーム】スパチュン×トゥーキョーゲームスの新作『超探偵事件簿 レインコード』発表!「ダンガンロンパ」の制作スタッフが手掛けるダークファンタジーミステリー (11/28)
【NS】『CHAOS;HEAD NOAH / CHAOS;CHILD DOUBLE PACK』がSwitch向けに発売!カオヘは初のHDリマスター、歴代OPムービーのHDリマスター版も収録 (11/27)
【新作ゲーム】「うたわれるもの」20周年記念作品『モノクロームメビウス 刻ノ代贖』が発表!オシュトルらの過去の姿を描く新作で2022年発売予定! (11/25)
【アニメ】シリーズ最終章『うたわれるもの 二人の白皇』が2022年7月より放送!スタッフ&キャスト情報やティザービジュアル&PVが公開! (11/25)
【アニメ】月刊アフタヌーン連載『スキップとローファー』TVアニメ化決定!ちょっとズレた天然少女が知らずに周囲を明るくしていくスクールライフコメディ (11/24)
【映画】CLAMP『xxxHOLiC』が実写映画化!四月一日役は神木隆之介さん、侑子役は柴咲コウさんに決定! (11/23)
【アニメ】ジャンプラ連載の『魔都精兵のスレイブ』がTVアニメ化!和倉優希役は広瀬裕也さん、羽前京香役は鬼頭明里さんに決定、制作はSeven Arcsが担当 (11/23)
【映画】劇場版第15弾『ONE PIECE FILM RED』が2022年8月6日に公開!公式サイトにて「歌声、赤髪。」と記されたキービジュアルやシャンクスが登場する特報が解禁! (11/22)
【アニメ】諸葛孔明がクラブ音楽による天下泰平を志す『パリピ孔明』のTVアニメ化が決定!「P.A.WORKS」が初めて漫画原作のアニメ制作を担当! (11/21)
【アニメ】サッカー漫画「シュート!」を原作とした『シュート!Goal to the Future』が2022年TV放送決定!アニメーション制作はEMTスクエアードが担当 (11/19)
【PS4他】「DB」の新作ゲーム『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』が発表!圧倒的な超戦士と一般市民が“脱出劇”を繰り広げる非対称型アクション (11/18)
【アニメ】『ガールズ&パンツァー』の10周年プロジェクトが始動!「ガルパン博覧会」10周年バージョンも企画進行中! (11/15)
【PC】目黒将司氏による新作JRPG『Guns Undarkness(ガンズ アンダークネス)』が発表!核戦争後の世界を舞台にした「ステルスRPG」として開発中 (11/13)
【漫画】荒川弘先生の新連載『黄泉のツガイ』が「少年ガンガン」2022年1月号よりスタート! (11/12)
【アニメ】週刊少年サンデー連載『よふかしのうた』が“ノイタミナ”でTVアニメ化!「だがしかし」のコトヤマ先生が描く真夜中の“ボーイ・ミーツ・吸血鬼”ストーリー (11/11)
【アニメ】『TIGER & BUNNY 2』がNetflixシリーズとして2022年4月より全世界独占配信!劇場版「The Rising」後の世界を描く完全新作ストーリーを全25話で展開! (11/10)
【アニメ】Netflix映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ』が前・後編で制作決定!メリオダスの息子・トリスタンを主人公とした「七つの大罪」のスピンオフアニメ (11/09)
【アニメ】『文豪ストレイドッグス』第4期となる新シーズンの制作が決定、ティザービジュアル公開! (11/08)
【アニメ】『ブラック★★ロックシューター DAWN FALL』の放送時期が2022年春に決定!スタッフ情報やキービジュアルが公開に (11/07)
【映画】『劇場版 呪術廻戦 0』の主題歌が“King Gnu”書き下ろしの新曲「一途」に決定!予告映像と特報第2弾が公開! (11/05)
【アニメ他】コナミ×ストレートエッジによる『シャインポスト』が始動!小説・アニメ・漫画・ゲーム・ライブなど様々なメディアで展開する新アイドルプロジェクト (11/04)
【アプリ】『グラブル』が『ドラえもん』とコラボ!12月上旬よりイベント開催決定! (11/02)
【アニメ】話題沸騰の人気漫画『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』が2022年TVアニメ化!ロイド役に江口拓也さんが決定! (11/01)
【アニメ】磯光雄監督の15年ぶりの最新作『地球外少年少女』が2022年1月より前・後編で劇場上映決定!Blu-ray&DVDも同時発売! (10/31)
【PS5他】「SO」シリーズ最新作『スターオーシャン6 THE DIVINE FORCE』発表!W主人公制が復活、移動やバトルでは空間を自在に飛び回ることが可能に (10/29)
【アニメ】「Yostar Pictures」初のオリジナル作品『空色ユーティリティ』が発表!クリエイターのTwitterでの発信が切っ掛けで実現したゴルフアニメ (10/27)
【アニメ】『ドールズフロントライン』が2022年1月より配信&放送!追加キャストやEDテーマも発表に (10/25)
【アニメ】Hypergryph×Yostarによるスマホゲー『アークナイツ』がTVアニメ化!シーズン01「黎明前奏」鋭意制作中! (10/25)
【アニメ】『ラブライブ!スーパースター!!』のTVアニメ第2期が制作決定! (10/24)
【アニメ】TVシリーズ第3期『かぐや様は告らせたい‐ウルトラロマンティック‐』2022年4月より放送開始!アニメ映像を使用したティザーPVが公開! (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [ゲーム]ゲーム情報 > title - 【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』バトルシステムなどの新情報が公開!

【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』バトルシステムなどの新情報が公開!

PSP用ACT・ARG『キングダムハーツ バース バイ スリープ』におけるバトルシステムなどの新情報が公開されました。続きからはファミ通誌上に掲載された野村哲也氏のインタビューもまとめていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。


『キングダムハーツ バース バイ スリープ』はディズニーとスクウェア・エニックスのキャラクターが共演するファンタジーアクションRPG『キングダムハーツ』シリーズの最新作。本作ではテラ、ヴェン、アクアの3人の主人公による独立した3本のシナリオを収録。新ワールドとして「リロ&スティッチ」の“ティープスペース”が初登場となる他、バトルコマンドや成長システムにも新要素が加えられているとのこと。


キャラクター


『テラ』


鍵の形をした剣、“キーブレード”使いの青年。年長者で、頼りになる存在。3人のリーダー格。冷静沈着な性格だが、友のために戦う熱い心を秘めている。バトルでは力強い一撃を放って敵を圧倒する、パワータイプのキャラクター。


『ヴェントゥス』


愛称は“ヴェン”。3人の中で最年少であり、さまざまなものに興味を示しては目を輝かせる。移動や攻撃のスピードに優れ、バトルではその速さを活かした立ち回りがカギとなる。


『アクア』


非常にマジメで、3人の中でいちばんのしっかり者。常ににふたりを心配し、気にかける女性らしさもある。バトルでは、キーブレードと魔法を連繋させた華麗なアクションを見せる。


バトルシステム


『ベースコマンド』


“ベースコマンド”は〇ボタンで発動。“たたかう”などの基本的な攻撃を出せる。コマンドスタイルが変化した場合は、そのスタイル固有の連続技が、スタイルが変化しなかった場合はフィニッシュコマンドが追加される。


『デッキコマンド』


技や魔法などの“デッキコマンド”は△ボタンで発動できる。使用したいコマンドは、事前にセットしておく仕組み。なお、一度コマンドを使うとチャージ状態になって技を出せなくなるが、時間の経過で再度使用可能になる。


『COMMANDゲージ』


デッキコマンドやベースコマンドを使用して敵にダメージを与えると、画面左下にある“COMMAND”ゲージが上昇していく。ゲージが最大になると、“コマンドスタイル”が変化するか、“フィニッシュコマンド”が発動するかに分岐。


『コマンドスタイル』


スタイルの変化には、ゲージが溜まる過程で使用したコマンドの種類などが影響する。使用したコマンドが、あるスタイルへ変化するための条件を満たしていた場合のみスタイルが変化し、スタイルチェンジ後は固有の技などが使えるようになる。コマンドスタイルの種類は多く、性能もさまざま。キャラクター固有のものと、ふたり、あるいは3人共通のものとが存在する。


『フィニッシュコマンド』


“COMMAND”ゲージ最大時にスタイル変化の条件を満たしていなかった場合は、強力なフィニッシュコマンドを発動可能。フィニッシュコマンドは、ある条件を満たすとより強力なものへと進化。敵の動きを止めるなどの特殊効果を持つ技もある。


野村哲也氏インタビュー


  • 冒頭で誰を操作するかを決めて、そのキャラクターをクリアするまでひとりを操作することになる。
  • 別のキャラクターで遊ぶと、他のキャラクターではわからなかった事実が繋がっていく仕組み。
  • 同じワールドでも3人分のシナリオがあり、それぞれボスも違っているので3本のゲームが入っているようなもの。
  • 1キャラクターのプレイ時間は15時間程度。
  • デッキのカスタマイズにかかる時間を含めると3人全員のプレイ時間は50時間以上のボリュームに。
  • 基本的に3人は別行動だが、ふたりや3人が合流する場面もある。
  • マスター・ゼアノートを探るテラ、テラを追うヴェン、ヴェンを捜しながらテラを心配するアクアという展開。
  • アクアは真面目で優等生キャラ。凛とした女性で、3人の中で一番しっかりしている。
  • アクアのバトルモーションは「魔女っ子」をイメージしたもの。
  • ロクサスに似たヴェンの正体、テラの行く末など、想像できるようにヒントを沢山入れてある。
  • ヴェンはロクサスやソラに通じる部分はあるが、性格的には前向きでソラに近い。ただしシリアスになる部分があるので、ソラとロクサス半々というイメージ。
  • ヴェンのバトルスタイルはキーブレードを逆手に持つなど、プレイ感覚はソラともロクサスとも異なるものになっている。
  • 新たな敵「アンヴァース」は英語表記で「Unversed」になり、負の感情から芽生えし、「生命に精通しない者」という意味を持つ。
  • 今回の物語はディズニー作品としての物語にも深く関わっている。
  • ヴェンとジャックというように、全てではないが、サブキャラクターと行動する場面がある。
  • 「リロ&スティッチ」はスティッチと呼ばれる前の物語。ワールドはハワイではなく宇宙空間がメインになる。
  • 「358/2 Days」「コーデッド」を経て、本作はもっとも進化した「キングダムハーツ」になる。
  • 主人公たちは全員超人的な動きをするので、ソラとはまったく違うプレイ感覚になり、シリーズでいちばん爽快感のある戦闘を楽しめる。
  • デッキコマンドを使ったバトルはじっくり考えながら戦うというより、反射神経で戦うことが多い。
  • デッキ内のコマンドは事前にカスタマイズしておく仕組み。事前にデッキ構築をして、バトル中はどんどん技を使うイメージ。
  • デッキコマンドはカードのように減りはしないが、チャージは必要になる。
  • 成長システムはやり過ぎたというくらい、かなり変わっている。(ミニゲーム風?)
  • スタイルチェンジは仕組みを理解できれば狙ったスタイルになれるが、基本的にはあまり考えずにプレイしてもらって、やり込む人が狙うイメージ。
  • スタイルチェンジによってダメージが増加したり、敵の弱点属性を突けるなどのメリットがある。
  • まだ未公開の「D-LINK」システムという要素が存在。
  • 連打するだけでも単調にならず、変化が楽しめるバトルシステムにしている。
  • 発売日は「FF XIII」が先になる。ただしそんなにお待たせしないで遊べる時期に発売する予定。
  • クリア後はシークレットムービーが存在。「つぎ」の作品が遊びたくなる気になる要素がたくさん用意されている。
  • 「つぎ」とは「キングダムハーツIII」?⇒野村氏「つぎは、つぎですね(笑)」

【情報元】
ファミ通.com
・http://www.imagebam.com/image/3bfa1f46647290


キングダム ハーツ バース バイ スリープ


【対応ハード】PSP
【発売日】未定
【価格】未定
【ジャンル】アクションRPG
【プレイ人数】1人
【メーカー】スクウェア・エニックス
【CERO年齢区分】審査予定




<追加記事>
【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』公式サイトオープン!ファーストトレーラー公開!
【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』“ディメンションリンク”やマルチプレイの情報が公開!
【PSP】『KH BbS』主人公たちの師匠“マスター・エラクゥス”&「コマンドボード」の情報が判明!
【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』発売日が2010年1月9日に決定!公式サイト大幅更新!
【PSP】『KINGDOM HEARTS Birth by Sleep“KINGDOM HEARTS EDITION”』PSP-3000同梱版の発売が決定!
【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』シングルプレイ、マルチプレイの新情報を紹介!
【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』に『FFVII』のザックスが登場!
【PSP】『キングダムハーツ バース バイ スリープ』ジャンプフェスタ2009トレーラー公開!

<関連サイト>
KINGDOM HEARTS Birth by Sleep 公式サイト


アクセスランキング
ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 ゲームブログへ
お役に立ちましたら1クリックをお願い致します。
sponsored link

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます - - 2009年10月20日 16:06:15

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- Juliesky@管理人 - 2009年10月21日 04:20:32

正しくは「マスター・ゼアノートを探るテラ、テラを追うヴェン・・・」ですね。
ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア