カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
【アニメ】「まどそふと」の学園恋愛ADV『ハミダシクリエイティブ』がTVアニメ化!5分尺のショートアニメとして2024年に放送 (09/01)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード』は2024年2月2日発売!限定版や各種特典が発表、“P3R”の魅力が詰まったPV第2弾も公開に (08/27)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]CANAAN > title - CANAAN(カナン) 第10話 『想執』 感想

CANAAN(カナン) 第10話 『想執』 感想

CANAAN(カナン) 第10話 『想執』より感想です。

CANAAN(カナン) 第10話 『想執』

想執、妄執、喪失・・・・。


CANAAN(カナン) 第10話 『想執』1

『CANAAN』第10話にして初めてのメインキャラクターの死亡。
まさかここまで鬱展開になるとは思いませんでした・・・。

『フラワーガーデン計画』は、やはりウィルスの副作用を利用して第二のカナンを生み出すための実験計画であり、そのためにハッコーやユンユンの村が犠牲にされた・・・。ハッコーがカナンに対して一時的な殺意を抱いたのは、その計画の発端であったからに他ならなかった訳ですが、本当に憎むべき存在は自分たちを利用し、苦しめ続けた“蛇”以外の何者でもない。それを自覚して、カナンを共に殺そうと唆すリャン・チーと訣別し、サンタナを守ろうとするハッコー・・・でもここからが今回の悲劇の始まりでした。

『解っていたんだ・・・消えた村に行くことを望まれた時点で解っていたんだ。俺が守りたかった幸せな日々は、あいつには牢獄でしかなかった』

だから、ハッコーが自分を愛せるはずがないんだとサンタナは思っていたんだけど、そんな事はなくて・・・(涙

ハッコーがカナン達を村に連れてきたのは、こうなった経緯と現状を知ってほしかったんじゃないかな。特にカナンに対しては。それも単純な感情ではなくて、少なからずカナンに殺意を持った事からも分かるように、何が、誰が原因で、今の自分達の現状があるのか、それらを見極めた上で、迷いを捨ててハッコーは組織と対峙する道を選んだ。サンタナを守ろうと行動を起こそうとした。その結果は、これまでになく酷薄で残酷な・・・非情としか言えない結末に至ってしまったわけですが・・・。

『私は・・・私はあなたを可哀想な人だと思っているわ。大切な者を持たず、死んでいくあなたを』

CANAAN(カナン) 第10話 『想執』2

しかし、全ての決着を着けるために、ハッコーが“声”を発した先に居たのは、リャン・チーではなく、自身が守ろうとしたサンタナだった・・・。

ここまで解りやすい誘導になぜ引っ掛かるとか、対象を確認しないで声を発しちゃダメだとか、そんなものは置いておいて、お互いの愛がすれ違った先に、やっと向かい合えた結末が悲劇であったと・・・しかしハッコーの真意を知らないサンタナにとっては体と心を同時に引き裂くようなこのセリフ。リャン・チーの仕掛けた罠は非道すぎる・・・。

サンタナが自分を憎んでいるだろうと聞いて、ハッコーが必死に首を横に振るシーンとか、苦しむ事も構わず、サンタナが“愛してる”と言ってくれって懇願するシーンとか・・・ただ切なすぎるとしか言い様がありません・・・。

“声”が特殊能力になっていること自体が伏線だったんですね、この結末は、今になって思えば・・・。アルファルドからは必死になって愛とやらを求めるくせに、他人を踏みにじるリャン・チーは確実に碌な死に方はできないんだろうなあ・・・。

CANAAN(カナン) 第10話 『想執』3

サンタナの遺志を引き継いで漢を見せるミノさんは最高でした。これまでヘタレていたのが嘘に思えるくらい(^^; カナンが共感覚で見た、ミノさんが赤く発したオーラは、ハッコーを救おうとする強い意思の色を表しているのかな・・・。その後に二人を包んだ金色のオーラは何を意味しているんでしょうね。今後の重要な伏線になりそうな気がします。

CANAAN(カナン) 第10話 『想執』4

シリアス展開なはずの今回に果てしなく脳天気で場違いなマリアとユンユンのコンビ。マリアはいつの間にかタ○に戻ってるし・・・そりゃそのかぶり物は落ち着くはずでしょうよ(笑)

カナンたちとは別ルートから施設に侵入した二人が見たのは、氷漬けになったカナンの風貌を持つ誰か。目が赤いところを見ると実験の被験者か何かなのか?そして現れた夏目は、何故かマリアたちに銃を向ける・・・と何やら緊張感が漂う中で今回は幕引き。

“贖罪”を訴えていたはずの夏目がどうして?ってところですが、本意は別にあるって事なんだろうか・・・。サンタナに『過去と向き合うために』と語っていた事は嘘とは思えないのですが、夏目の動向は気になりますね。死亡フラグなんてものともしなかった登場人物も後半に向けて退場者が続出しそうな展開。この不安感漂う雰囲気は苦手です・・・。


次回 CANAAN(カナン) 第11話 『彼女添』

CANAAN(カナン) 第11話 『彼女添』

(C)CHUNSOFT/Project CANAAN



<関連サイト>

CANAAN 公式サイト




ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年09月20日 00:31:18

サンタナは「ハッコー喋るな」と思うぐらいわかりやすい罠でしたが、その前に歩いてる映像見せられてたから、捕まってるとは思わなかったのかな。

夏目は氷の下のカナンもどきに銃を向けたのだと思いますが、これはカナプロトタイプなのかな?
カナンゼロとかいう名前で。というのは「シャングリ・ラ」

少なくともマリアが記憶を取り戻さないことには結末が迎えられない気がしますが、さて、どうなることやら。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年09月20日 01:31:11

>ヴィーさん

サンタナが捕まる前に録画された映像を見せられて、既に捕えられているとは思わなかったって事なんでしょうか・・・いずれにせよあんまりな最期でした・・・。

夏目に関しては次回を見るとどんな人物なのか理解できると思います。カナンの言葉がヒントになるかも。マリアの記憶は・・・どうでしょうね・・・大事な部分はほとんど明かされてしまいましたし、それほど重要視されていないかもしれません。アルファルドに関連する部分で何かあったかな・・・。

トラックバック

Ηаpу☆Μаtё - 2009年09月06日 16:43

CANAAN 第10話 想執

愛してる。

在宅アニメ評論家 - 2009年09月06日 18:18

CANAAN #10 想執

リャン・チー絶好調!  そしてサンタナ&ハッコーの悲劇。

ミナモノカガミ - 2009年09月06日 18:25

CANAAN 第10話「想執」

愛奪い死。

wendyの旅路 - 2009年09月06日 19:41

CANAAN 第10話 「想執」 感想

残酷な愛の形―

24/10次元に在るブログ - 2009年09月09日 01:27

CANAAN 第10話 「想執」 の感想

mind as Judgment飛蘭 by G-Tools カナンの本当の名は・・糸       色望

穹翔ける星 - 2009年09月18日 08:10

CANAAN  10話 「想執」

生まれた『愛』の行き先

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア