カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】『「ヒプノシスマイク‐Division Rap Battle‐」Rhyme Anima』の放送・配信情報が解禁!スタッフやOPテーマも発表! (03/31)
【アプリ】「ニーア」シリーズの新作スマホゲーム『NieR Re[in]carnation (ニーア リィンカーネーション)』のリリースが決定! (03/29)
【PS4/Xbox One/PC】『NieR Replicant ver.1.22474487139...』発売決定!「ニーア レプリカント」に新要素を追加したバージョンアップ版! (03/29)
【アニメ】『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』の続編制作が決定! (03/28)
【アニメ】「SHOW BY ROCK!!」の新作『SHOW BY ROCK!! STARS!!』の制作が決定!シアンやほわん達、シリーズお馴染みのバンドメンバーが集結! (03/28)
【アニメ】『WIXOSS(ウィクロス)』のTVアニメ新シリーズが制作決定!世界観やストーリー・キャラを刷新し2020年放送! (03/28)
【映画】『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のメインキャストと主題歌アーティストが解禁!ギギ、ケネスのビジュアルや特報映像第2弾も公開! (03/25)
【アプリ】『シャニマス』に新ユニット「noctchill(ノクチル)」が登場!キャストやプロフィールが公開! (03/24)
【PS4】『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』の発売日が決定、予約受付開始!AC版未実装の新機体&キャラや新モードなども明らかに (03/24)
【アニメ】『BLEACH』最終章「千年血戦篇」のアニメ化が決定!2021年冬には原画展も開催! (03/23)
【漫画/映画】久保帯人『BURN THE WITCH(バーン・ザ・ウィッチ)』の連載化と劇場アニメ化が決定! (03/23)
【アニメ】『弱キャラ友崎くん』TVアニメ化決定!スタッフやキャスト情報が解禁! (03/22)
【PS5】『PlayStation 5』のスペックや技術情報が公開!PS4との互換性も明らかに (03/20)
【アニメ】ごちうさ第3期『ご注文はうさぎですか? BLOOM(ブルーム)』が10月より放送開始!スタッフ&キャスト発表! (03/19)
【映画】アニメ『きんいろモザイク』の新作劇場版が制作決定!きららMAXでは特別編の連載も準備中! (03/19)
【PS4/NS】日本一ソフトウェアの新作『少女地獄のドクムス〆』が発表!「毒娘」と名乗る少女と二心一体となって戦う陣取りアクションRPG (03/18)
【アニメ】デアラ第4期『デート・ア・ライブIV』の制作が決定! (03/17)
【PS4/NS/PC】『聖剣伝説3 ToM』の体験版が配信決定!「クラス4」ジョブや新エピソードなどの追加要素も明らかに (03/17)
【アニメ】電撃文庫『86‐エイティシックス‐』TVアニメ化決定!悲壮な戦いに赴く少年少女達の物語を描いたミリタリーSFアクション (03/16)
【アニメ】2020年夏新番『アクダマドライブ』スタッフ&キャスト発表!「ダンガンロンパ」のタッグが原案を手掛けるオリジナルTVアニメ (03/14)
【PS4】『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』が2021年発売!TVアニメ「鬼滅の刃」が対戦アクションとしてゲーム化! (03/13)
【アニメ】『ラブライブ!』新シリーズプロジェクトのティザーイラストが公開!メインキャスト一般公募オーディションの受付も開始! (03/12)
【VR】ワイルドマンが『パンツァードラグーンVoyage Record』を発表!初代・ツヴァイ・AZELのパンドラ3作品を追体験できるVRシューティング! (03/11)
【PS4/NS/PC】“告白されると爆死”する異色の学園ラブコメ『デスマッチラブコメ!』が6月25日発売!ケムコの人気ノベルADV「D.M.L.C」のフルリメイク作が登場 (03/10)
【PS4】OW時代劇アクションADV『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』の発売日が決定!新映像「ストーリートレーラー」も公開に (03/08)
【アニメ】「GANMA!」の人気漫画『多数欠』のアニメ化プロジェクトが始動!CAMPFIREにてクラファンが開始、渋谷マルイにてコラボもスタート! (03/07)
【アニメ】『ぶらどらぶ』作品公式サイトがオープン!スタッフ情報や第1弾キービジュアルが公開、「声優さん当てクイズ」も実施中 (03/06)
【アニメ】怪異探検サバイバル『裏世界ピクニック』がTVアニメ化!スタッフ&キャスト情報とPVが公開! (03/05)
【アニメ】畑健二郎『トニカクカワイイ』TVアニメ化決定!2020年10月より放送開始! (03/05)
【アニメ】別マガ連載の『100万の命の上に俺は立っている』がTVアニメ化、10月より放送開始!スタッフ&キャスト情報やアニメビジュアルが解禁! (03/03)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]うみねこのなく頃に > title - うみねこのなく頃に 第11話『Episode II-VI back rank mate』感想

うみねこのなく頃に 第11話『Episode II-VI back rank mate』感想

うみねこのく頃に 第11話『Episode II-VI back rank mate』より感想です。

魔女への敗北=チェックメイト。


何だかいろいろ詰め込んだなあという感想が一番に浮かびます・・・『うみねこのく頃に』第11話。というか今回でエピソードIIは終わりだったんですね。26話1クールでエピソードI?IVまで、もう1クールで残り4エピソードを消化して完結させるみたいだから・・・1エピソードは大体6話程度の構成。原作の膨大な文章量をまとめるために駆け足になるのは仕方ないとして、今回のラストはもうダイジェストを見ているような感覚に陥りました(笑)

譲治を守るために紗音はバリアを展開してましたけど、もうこのくらいじゃ驚けない不思議。それよりもベアトリーチェ様のべらんめぇな口調とか、下品な言葉遣いとか、ノリノリな悪役ぷりの方が気になる(笑)エピソード冒頭で紗音と仲良くお茶してたのが嘘みたいな外道っぷりは本性を表したって事でいいんでしょうか。

譲治と紗音は第四の晩と第五の晩の碑文に見立てられ、抵抗むなしく退場。

ちょっと気になったのは殺されてから行方不明だった南条先生と熊沢さんが、膝と足にナイフを突きたてられ、第七の晩と第八の晩を再現する形で発見されたところ。エピソードIでは顔を潰されてからそれぞれナイフが刺さっていて、同エピソードの第一の晩と被る形で殺されていたので深く考えなかったのですが、よく考えたら第七の晩と八の晩による殺害方法は直接的には死因にならないんですよね・・・。今回は特にとってつけたような感じがするのはあの魔法バトルで殺害された経緯もあるんでしょけど、魔女による仕業と思わせる数々の演出も含めて、見立て殺人の犯人の意図も事件の大きな謎の一つかな?と。


とは言っても今回は完全に魔女ベアトリーチェが実行犯として動いているわけで・・・叙述トリックとかフィルターのかかった演出とか言ってられないような部分もあるのですが(汗

第九の晩を迎えた戦人はいつの間にかベアトリーチェに屈服し、『家具』になり、金蔵と一緒に晩餐として山羊たちのパーティの前に差し出されるのでした・・・。原作だと「ワインとなり肉となりパンとなる」でしたっけ? 戦人が裸で登場した時はなんですかこれはって思いましたけど、しっかりアニメでも再現されるとは思いませんでした(笑)もっとトンデモナイのが後に待ち受けてるんですけどね。

山羊頭の異形から真里亞を庇いながら逃げる楼座はまさに無双。『見せてやるよ・・・黄金の夢ってやつを!』とか叫びながらインゴットの入ったカバンで山羊の群れをなぎ倒してます(笑) 楼座と真里亞の親子愛を感じるはずのシーンなのに・・・何かもう展開が早過ぎて(^^;

楼座の回想がカットされていきなり“美食の宴”のシーンまで飛んだのは少しもったいない。会話内容を聞けば十分補完できるものではありますけど、なぜ楼座が真里亞に虐待を強いるのか、その理由にも繋がっているシーンだっただけに・・・。 

楼座に振舞われる美食とは、蔵臼、絵羽、留弗夫たち兄弟の体を材料にした料理の数々。

首だけの真里亞とか、まあよく再現できたものです。規制がかかっても全然おかしくないシーンだと思ってましたし・・・。楼座への仕打ちに耐えかねたのか、『家具』になったはずの戦人はいきなり復活。『楼座おばさんが粘ってくれたおかげで再び戦う気力を取り戻せたぜ!』なんて言ってるシーンはさすがに笑ってしまいましたw 全然ダメだって戦人が一番ダメダメな気がするんだけど・・・もうギャグ展開としか言い様がないですね?最後のラストスパートは(笑)


お茶会が終わった後は、新たな魔女“ラムダデルタ”が参戦表明。ラムダデルタ=ギリシャ文字でΛΔ=3と4・・・これの意味するところは『ひぐらしのく頃に』の鷹野三四という事で、容姿は幼少時の鷹野さんと瓜二つ。梨花にそっくりなベルンカステルと対立する関係にあるって部分も何だか意味深です。

超展開に次ぐ超展開でごっそり精神力を削ぎとられたような気がしますが、とりあえずはこれで仕切り直し。今回のエピソードはベアトリーチェの一人勝ちだったような印象ですが、戦人は今度こそ主人公らしい立ち振舞いを見せてくれるんでしょうか。ラムダデルタも含め、新キャラクターの活躍に期待を持って次回へと臨みたいと思います・・・。


次回 うみねこのく頃に 第12話『Episode III-I castling』



<関連サイト>
TVアニメ「うみねこのなく頃に」公式サイト


ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年09月11日 00:03:47

あっという間に終了して、まさにED後の提供クレジット中で流れる早回しみたいな感じ(笑)
もとより推理してないから楽しむだけですが、杭って7本全部の声優さん発表されてましたよね?
これからも出るのか…

「全然ダメだぜ」と言う戦人の後ろからハリセンかましたくなるのは私だけではあるまい(笑)
でも、もっとこの作品を好きになりました。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年09月14日 00:53:42

>ヴィーさん

正直展開は早過ぎるとは思いましたが許容範囲内・・・ではあるかな(笑) 戦人はギャグを言ってるのかと一瞬焦りました(汗 今までの自分はどこかに置いて生まれ変わったのかと(^^;

七杭はまだ出番ありますね。新キャラクターも登場するようですし、期待したいと思います。

トラックバック

24/10次元に在るブログ - 2009年09月10日 17:53

うみねこのなく頃に 第11話 「EpisodeII-VI back rank mate」 の感想

片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ志方あきこ by G-Tools これなんて楼座祭り??

ミナモノカガミ - 2009年09月10日 18:11

日常と紙一重のせかい - 2009年09月10日 18:30

うみねこのなく頃に 第11話「Episode II-VI back rank mate」

復活の宴 うみねこのなく頃に 第11話「Episode II-VI back rank mate」

wendyの旅路 - 2009年09月10日 19:04

深・翠蛇の沼 - 2009年09月10日 21:17

巨人☆アニメ.jp - 2009年09月10日 22:21

うみねこのなく頃に 第11話「EpisodeII-VI back rank mate」

Nice boat. うみねこのなく頃に 第11話「EpisodeII-VI back rank mate」の感想です。 評価…★☆☆☆☆☆☆☆☆

穹翔ける星 - 2009年09月10日 22:24

うみねこのなく頃に 11話 「EpisodeII-VI back rank mate」

メインディシュに屈服を 屈辱をデザートにして さあ晩餐会を始めようではないか!

気ままに日日の糧 - 2009年09月15日 22:25

うみねこのなく頃に 第11話 EpisodeII-VI back rank mate

「こんな一方的なワンサイドゲーム。退屈ね」  戦人に勝ち目がない様に見えたけど、

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア