カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]CANAAN > title - CANAAN(カナン) 第13話(最終回) 『キボウノチ』感想

CANAAN(カナン) 第13話(最終回) 『キボウノチ』感想

CANAAN(カナン) 第13話(最終回) 『キボウノチ』より感想です。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』

約束された希望の地。


CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』1

アルファルドとの最終決戦。マリアを乗せた車両は時限爆弾で無常に破壊され、カナンは絶望に呑みこまれるのか・・・最悪のシチュエーションを思い浮かべたのも束の間、「ただ、そのまま、ありのままを見つめろ」と言うシャムの教えを反復し、アルファルドを見据えるカナン。その目に希望は消えてはいなかった・・・!

ユンユンの後半の頑張りっぷりは目立って見えていましけどまさか最終回でここまで活躍するとはね・・・切り離される車両を追い駆けて猛ダッシュ、マリアを救出するのに成功したのでありました。なんで最初からそうしなかったとか突っ込むのは無し!(笑) マリアが生きていることをカナンが確信したのは共感覚云々より心が繋がっているからって事なのかな。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』2

カナンに心を見透かされ、激昂した時点で勝負は見えたようなもの・・・。あっという間に形勢逆転され追い詰められるアルファルド。あの余裕はどこにいったのかと(^^; 覚醒モードに入ったカナンに敵は無いって感じです。

カナンの強さを、マリアという新しい“光”を見つけ、シャムの亡霊から解き放たれたからだと解釈するアルファルドに対して、カナンは光ではなく『友達だ』と返す。シャムの代わりを見つけるのではなく、マリアとの出会いで希望を得たカナンと、過去を捨て去ることで力を得ようとしたアルファルド。その差が勝負の明暗を分けることになったのでしょう。

『アルファルド、お前は無敵だ。だが、もし目的でなく個人としての欲望を持ったのなら・・・その時には、訪れるだろう。お前の新しい名が持つ意味・・・“孤独”が』

“アルファルド”とはうみへび座、蛇の心臓・・・総じて“蛇”を指すと同時にアラビア語で「孤独なもの」を意味する。ここにきて名前の伏線を回収してきましたね。名は体を表すとはまさにこの事ですか。結局アルファルドはシャムへの未練やカナンへの羨望も捨てきれず、過去に留まってしまっただけだったと。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』3

シャムが死んだ時にアルファルドの心も死んだ。過去に囚われ続けてきた。けれどカナンは違う。マリアやミノさん、ユンユンやハッコーたち、たくさんの人と出会い、前に進んできた・・・もう、二人のが見えているものは根本から異なっている。

『お前の心はもう死んだ・・・決定権は、生きているものにある。私は生きている・・・生きている者として命令する・・・お前をこれ以上、死なせない!!』

生きている者にこそ自由はあるんだと、ここでハッコーのセリフが生きてくるのは良かった・・・。それにしても、このシーンは『同病相哀れむ』という言葉を思い起こしてしまうなあ・・・。同じ名をもらって同じ人を尊敬して・・・もしシャムと出会うタイミング違っていたら、カナンとアルファルドはお互いの立場もそっくり入れ替わっていたのではないかと。経緯は異なるけど、同じ孤独を共有した者同士、その心も通じるものがあったのかもしれませんね。

『シャム・・・お前はどこまでも私に絡みついてくる。私は・・・“蛇”の呪縛を・・・解き放つ!!』

シャムと同じ刺青の入った自分の左腕を銃で撃ち千切り、アルファルドはカナンの手から離れ谷底へ・・・。こんな形でしか、もうアルファルドは過去と決別できなかったのかな。マリアの夢でカナンが語る『もう、元には戻せないよ』ってセリフがリンクしていて切ないですね・・・。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』4

場所は切り替わってマリアの病室。ユンユンの奮闘により助け出されたマリアは、追ってきたミノさんに救助されて無事生き延びたのでした。本当ユンユンは今回頑張ったなあ・・・いろんな意味で自分のスタイルを最初から最後まで貫いてくれました(笑)

カナンはマリアを守るために離れていったらしい。守られてるだけじゃなく、同じ立場の友達としてカナンの隣に立ちたかったマリアは置いて行かれたことを悲しむけど、ミノさんは、『隣に立つ事ができなくても、寄り添う事はできる』と伝える。たとえ境遇が違っても、離れていても、心が寄り添うことはできるから・・・。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』5

ミノさんは事件の中心と一般現実のギリギリに立って仲介役をこなしたってイメージかなあ。視聴者の立場に一番近い人間だからやっぱり感情移入してしまう。ハッコーとサンタナの面影を追うシーンは哀愁を感じます(泣 『いいケツしてたなあ』ってセリフでちょっと台無しだけどね!

ユンユンはマリアの父親が薬を複製できるから何とかなるらしい・・・という事はマリアとは今後ずっとお付き合いしていくってことですか。ボナーの生き残りは多分ユンユンだけだろうから、事件を知る誰かに正体が知られたらまずそうな気もするけど・・・上海で一旦お別れ。逞しくバイト生活をやり繰りしていく姿が目に浮かぶ・・・。

空港までミノさんとマリアを運ぶのはやっぱりタクシーおじさん(CV:ジョージ)。何となく出てくるんだろうなーとか思ってたらやっぱり再登場(笑) ネネの歌ももうお約束です(^^; ラストの挿入歌は「LIFE」。「チャイナ気分でハイテンション!」や「いのちなんだよ」とは違って、沁み入るような曲ですね。最終回に相応しい良い曲だ・・・。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』6

そしてそれぞれのエピローグ。ユンユンはいつも通り元気にバイト。薬は送ってもらう形になるんでしょうか。最初に登場した時はモブの一人かと勘違いした事もありましたが(笑)とんだ大穴でした(^^; 

蛇の組織の皆はお亡くなりになってしまったのかと思ってましたが、カミングズはなんと僧侶になって登場。生きていた事にも頭を丸めてしまった事にもビックリ(笑) リャンの死を一生弔っていくんだね・・・。リャン&カミングズは良い悪役だったなあ・・・(泣 そして片腕を失くしたアルファルドは人ごみの雑多に紛れるように・・・。目的の具体性には欠けるけど、CANAANの物語の敵としては良い人物だったのではないでしょうか? 一言で言うなら“アンチ・カナン”と言ったところ。ストーリーを通して最後に意味を持つキャラクターなのではないかと。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』7

最後はカナンが始めて登場した第1話を彷彿とさせるシーンで締めか・・・と思ったら何か見覚えのある人物が続々と(笑) 亜智らしき長髪の人と・・・一緒に居るのはひとみ? 後ろ姿と触覚がマリアとそっくりw ミノさんとマリアが上海で撮った写真の展示会では頭山親子と千晶も登場。千晶のアニメキャラは初めて登場ですが何とも知的な雰囲気だ・・・よく見たらアフロ(なすび)とかもしっかり出てるし、ゲスト総出演ですね。原作をやってると嬉しい演出です(^^)

『カナンは生きてる。その命は、激しく輝いて・・・この目で直接見るには、眩しすぎて。でも、目が潰れそうになっても・・・私は見つめることができたと思う。それはきっと・・・普通の女の子の物語』

「CANAAN」のプレートを間に挟んで、カナンとアルファルドの写真で結び。しばらく聞く機会のなかったオープニングテーマ「mind as Judgment」が流れるのも良い・・・。最後の最後、夏目から再び依頼を受けるカナン。ターゲットは“片腕の女”。物語はまだ続いていくって思わせる描写も気持ちいい、後味がスッキリした最終回でした。

CANAAN(カナン) 第13話(最終話) 『キボウノチ』8

物語の全体を通しての印象としては、B級映画のハードボイルド路線で展開する流れに乗せられつつ、カナンの持つ共感覚やウーア・ウィルスによって異能を持った人間など、独自のエッセンスを盛り込んだ世界観に引っ張り込まれたという感覚。

時にはやきもきする事もありましたけど、散りばめられた謎が明かされてパズルのピースのように当てはまっていく展開は楽しめたと思います。総じて人の死や儚さ、愛や葛藤、そういった感情に訴えるものがあったんじゃないかな?と・・・。

キャラクターに関しては13話の尺でそれぞれの人物たちが役割を全うしたと思えるのが半分、もっと魅力を引き出せたんじゃないかと思う部分が半分。その中ではリャン・チーが特に印象深いですね。田中理恵さんの演技はさることながら、心に残る悪役としてしっかり名前が刻まれました・・・。自分の愛を求めた結果はまさに因果応報なんだけど、死に際は寂しく切なくて、どこか憎み切れないというか。CANAANの物語で自分に一番正直なキャラクターだったのかもしれません。原作を知っている人はニヤリとする場面があったり、知らなくても楽しめる部分も良かったと思います。最後まで楽しめた良作でした。またどこかで、カナンたちの物語に出会えたら嬉しいですね。ここまでお付き合い頂いた皆様、本当にありがとうございました・・・。

(C)CHUNSOFT/Project CANAAN



<関連サイト>
CANAAN 公式サイト


アクセスランキング
ランキング参加中です。
にほんブログ村 アニメブログへ
1クリックの応援をお願い致します。
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2009年10月11日 00:20:58

最後にはそれぞれがそれぞれの道を歩き出したってことでしょうか。
カミングズは一生愛を貫くわけですね。
好感度一番のキャラになりました(笑)

終盤と序盤で辻褄があってないところもありますが、B級はノリが命、作ってるうちに考えも変わるさ、と思えば別に許せてしまう不思議(笑)

スコープで旅客機を覗いて「あたしんだ」ってのは猫?のぬいぐるみも含めてなのかな、とか思いましたが、いつかどこかでふと出会って、お茶して遊んで別れたりもするんじゃないかと。

ミノさんの見てたニュースは蛇が鎮圧されたというものでしたが、アルファルドはまた別の組織でも立ち上げましたかね?

いろいろ不明なところのかなりの部分がゲームで明らかになりそうなので、PS3を買った暁には(見られない化物語のブルーレイがあるので、いつかは買います)プレイしてみたいと思います。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年10月12日 01:39:21

>ヴィーさん

カナンが旅客機を見て言ったセリフはマリアと通じ合っている事を表す独白なのかな~と。アニメのストーリーはここで取り合えず終わるけれど、カナン達の物語は続いていくって描写が個人的に好みで良かったですね。中だるみした部分は確かにありましたが、最終話は最終話でしっかり締め括ってくれましたし、スッキリした終わり方でした。

『428』にはアニメのキャラクターにももちろん通じる部分はありますし、アニメとは違う新鮮な部分がたくさんあるのできっと楽しめると思います(^^) 

- ヴィー - 2010年02月27日 01:18:40

随分と古い話にコメントしますが、最近沢城みゆきさんのラジオでカナンについて語っている部分があり、なかなか面白かったので。

『沢城みゆきと十二の夜』
http://www.hibiki-radio.jp/description/sawashiro12.html

第五回放送にて、チュンソフトプロデューサーのイシイジロウ氏とトークしていますが、アルファルドが蛇の刺青のある腕を吹っ飛ばしたこと、何故アルファルドとカナンの両方に「カナン」の名が与えられたのか、など興味深い話が盛りだくさんです。
そして、キャラが終盤まで固まらなかったって話を聞いて、「辻褄があってないのはそのせいか」おニヤリ(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2010年03月01日 06:33:22

>ヴィーさん

おお~「428」の総監督のお話とはまた面白そう。キャラが固まってなかった…という事はやっぱり原作があってもアニメで動かすとなると難しいんでしょうね…また428をプレイしたくなってきました(笑)

トラックバック

Junk Head な奴ら - 2009年09月27日 19:37

アニメ CANAAN 第13話 「キボウノチ」(最終話) 感想

「ごめんね,カナン。わたしはあなたを…照らすことができない。ごめんね……カナン」

wendyの旅路 - 2009年09月27日 19:41

CANAAN 第13話 「キボウノチ」 感想

亡霊からの解放、そして―

在宅アニメ評論家 - 2009年09月27日 19:50

CANAAN #13 キボウノチ

絶体絶命のマリア。カナンvsアルファルドの決戦。 怒濤の最終回です。

アニメ-スキ日記 - 2009年09月27日 20:00

CANAAN 第13話(最終回)『キボウノチ』(感想)

「シルクロード饅頭」にワロタw ユンユンの活躍しか見所なかったかなw マリアも助

ミナモノカガミ - 2009年09月27日 21:49

Ηаpу☆Μаtё - 2009年09月28日 00:53

恋華(れんか) - 2009年09月28日 13:20

なんでもない日記 - 2009年09月28日 23:14

CANAAN 第13話 最終回 「キボウノチ」 感想

 カナンとアルファルドの最後の戦い・・・。

おきらく委員会 埼玉支部 - 2009年10月02日 20:40

「CANAAN」 第13話(最終回)『キボウノチ』

 第13話(最終回)「キボウノチ」  「ごめんね・・・カナン。 わたしはあなたを

穹翔ける星 - 2009年10月09日 06:52

CANAAN  13話 「キボウノチ」

彼女達が見つめたもの

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア