カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】『Pokémon LEGENDS アルセウス』が2022年初頭発売!「アクション」と「RPG」が融合した新ジャンルのポケモン最新作 (02/28)
【NS】「ポケモン ダイパ」リメイク作『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』が2021年冬発売! (02/27)
【PS5】『FFVII REMAKE INTERGRADE』が発表!「ユフィ」の新規エピソードや新ボス「ヴァイス」が追加!『FFVII』関連の新作アプリも発表に (02/26)
【PS4/NS】日本一ソフトウェアの新作『わるい王様とりっぱな勇者』が発表!勇者の娘とドラゴンの魔王の絆を描く絵本風RPG (02/25)
【アニメ】『ラブライブ!スーパースター!!』がEテレにて7月より放送!「Liella!」デビューシングル「始まりは君の空」は4月7日発売! (02/25)
【アニメ】きららMAX連載の『ぼっち・ざ・ろっく!』がTVアニメ化!陰キャ少女のバンド活動を描くガールズストーリー (02/23)
【アニメ】『東京ミュウミュウ にゅ~♡』が2022年放送!メインキャスト5名によるユニット「Smewthie」やスタッフも発表に (02/22)
【PS4他】『GUILTY GEAR ‐STRIVE‐』に「イノ」が参戦!『サムスピ』×『ギルティギア』のコラボも決定! (02/21)
【PS4/NS他】『サガフロ リマスター』の発売日が決定!新主人公「ヒューズ」編の詳細や「退却」「強くてニューゲーム」の追加なども明らかに (02/20)
【PS4/NS】フリューが『Caligula2 ‐カリギュラ2‐』を発表!理想の仮想世界から現実への帰還を目指す学園ジュブナイルRPGの続編 (02/18)
【NS】スクエニの新作タクティクスRPG『Project TRIANGLE STRATEGY』が2022年に発売!体験版の配信がスタート! (02/18)
【PS4/NS/PC】『聖剣伝説 Legend of Mana』のHDリマスター版が6月24日に発売!PSの名作がアレンジ楽曲や新機能を搭載して復活! (02/18)
【NS】スカウォのHDリマスター版『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』と特別デザインのJoy-Conが7月16日に発売決定! (02/18)
【NS】スプラ最新作『スプラトゥーン3』が発表!「バンカラ地方」で新たなナワバリバトルの幕が上がる! (02/18)
【PS4/NS/PC】織田信長と明智光秀の視点で描く『戦国無双5』が今夏発売!キャラデザやストーリー等を一新した「戦国無双」シリーズ最新作 (02/18)
【アニメ】スニーカー文庫の『暗殺貴族』がTVアニメ化、2021年7月より放送開始!メインスタッフ&キャスト発表! (02/16)
【アニメ】『鬼滅の刃』第2期「遊郭編」が2021年放送!音柱・宇髄天元を描いたティザービジュアルや第1弾PVが公開に (02/15)
【PS4】『那由多の軌跡:改』の発売日は6月24日!予約特典は全60曲を完全収録した「コンプリート・サウンドトラック」に決定! (02/14)
【アニメ】ガストブランドのRPGを原作とした『BLUE REFLECTION RAY/澪』が4月より放送開始!スタッフ&キャストやOP主題歌アーティストが発表! (02/13)
【アニメ】『スーパーミルクチャンForever♥』始動!毒舌とパロネタ満載の「スーパーミルクチャン」が令和の時代に復活! (02/11)
【アニメ】『擾乱(じょうらん)THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』が日テレにて4月より放送!舞台化やコミカライズも決定! (02/10)
【PS4他】『GUILTY GEAR ‐STRIVE‐』のオープンβに向けた対戦動画が公開!カイの「ドラゴンインストール」など新技も要チェック! (02/09)
【映画】『私に天使が舞い降りた!』完全新作アニメの劇場公開が決定!スペシャルPV公開! (02/07)
【映画】「マクロスF」10年振りの完全新作『劇場短編マクロスF ~時の迷宮~』が2021年に公開!江端里沙氏によるシェリルとランカの新ビジュアルが解禁 (02/07)
【PS4/PC】『アイドルマスター スターリットシーズン』の発売日は5月27日!新アイドル「奥空心白」の登場も明らかに (02/07)
【NS】SNK×カプコンによる対戦格闘ゲーム『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』がニンテンドーeショップにて2月18日より配信開始! (02/05)
【PS4/NS】日本一ソフトウェアの新作『探偵撲滅 <タンテイボクメツ>』が5月27日発売!14人の探偵が連続殺人鬼と対決する探偵シミュレーションADV (02/04)
【アニメ】「サンデーうぇぶり」連載の『死神坊ちゃんと黒メイド』が2021年にTVアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (02/02)
【アニメ】ウザかわ青春ラブコメ『友達の妹が俺にだけウザい』がTVアニメ化!メインキャストはドラマCD版から続投! (02/02)
【アニメ】『処刑少女の生きる道』のTVアニメ化や『ダンまち』第4期、『ゴブスレ』第2期決定などGA文庫&GAノベルの新作アニメ情報が一挙解禁! (02/02)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]ガンダム00 ファーストシーズン > title - ガンダム00 第1期の考察、まとめ(その2)

ガンダム00 第1期の考察、まとめ(その2)

前回のまとめ(その1)より続きです。


(ネタバレもありますのでシリーズ視聴前の方はご注意下さい。)
 ガンダム00を見終わっての感想

個人的な感想という事で・・・もし間違いがありましたらお許し下さい。m(_ _)m


 ガンダム00発表当時。4人のガンダムマイスター、破壊による再生・・・。正直いってあまりピンとこないなーというのが本音でした。前知識に「ガンダムW」があったため、それと似たような展開を予想していたのですが・・・。確かに似ている部分を上げればいくつもありますよね?でもそれは固有名詞的なものであって中身は全然意味の違うものであるなぁ・・・と思いました。破壊活動を行う主人公達とワンオフ機のガンダム勢。多分中身を見ずに設定だけ見たら同じように感じますよね^^;

 ガンダムWは少年マンガ?のように安心して見られたんですよね。有体に言えば、戦死者がほとんどでない(味方側に限って)キャラクターが大切にされているせいか、どれだけ傷付いても必ず復帰するだろうと期待できる・・・これは物語を通して見た後だから言える事なのですが。(最近のアニメはこういう傾向にないようですね^^;)

 ガンダム00もそういう点では当初安心して見ていました。圧倒的な性能を持つガンダム。相手にならない敵勢力。どこで勢力図が変わるのかと期待して見ていましたが・・・。圧倒的物量で少数を押し潰す。最初の危機は正に正攻法を地でいく展開でしたね。特殊なMSや協力なライバル機などが出現する以前の段階ですから、逆に現実感があって良かったと思います。

 私が予想したガンダムのうちいずれかが鹵獲されて、後に研究され新しいMSが出てくる・・・というのは見事に外れてしまいました^^; そういう展開だったにもかかわらず、そうはならなかったのは製作者側の意図だったのでしょうか。

 ターニングポイントはトリニティが出てきてからの展開でしょうか?いつもの日常が崩れ去る悪夢。沙慈とルイスは戦争とは遠い所にいたはずだったのに、ルイスが巻き込まれた所から視聴に危機感を伴いましたね・・・。 何だか危ない展開になってきたぞ、と。キャラが立っていて魅力的なだけに、痛恨するものがありました。 

 感情移入できる細かい心理描写があったからこそ、登場人物を際立たせて見せていたと思います。無感情に見えたティエイアが凄く繊細な所とか、ロックオンが皆の兄貴分である理由なんかはストーリーを通してみると納得できますね?^^ この人がリーダーなら皆くっついていってしまうようなイメージですからね^^ 事実、皆に好かれてました・・・ロックオン;;

 ちょっと残念だったのは王 留美(ワン リューミン)でしょうか?物語当初から存在していたにも関わらずエージェントとしての一面しか記憶にないような気が・・・(休暇の部分は置いておいて^^;)マリナと共に二期での活躍に期待したいですね。 

 それと、ちょっと疑問点なのが第一期の黒幕(表向きでは)と目されていたアレハンドロ・コーナーの存在。静かな大物イメージから後半一転して私欲に走る小物イメージにw これは製作段階からこういうイメージ転換だったのかとちょっと問いたいです。 リボンズに世界をどうするかと聞かれた時も自分は監視者にすぎない、世界が滅ぶならそれでもいいっていうスタンスが伺えたのに・・・。 

 それが自らの計画を裏で操っていたポーズだったとしても、ラスト付近では刹那達に当てがわれた「世界の歪み」の象徴としてうまく機能してくれた・・・というイメージが拭えないんですよね・・・。

 リボンズはある程度予測がついたというか・・「古谷 徹」を起用する以上、端役ではないと思いましたが。アレハンドロ自らがMAに乗って出てきてからは正に絵に描いたような展開・・・。 

 ついでといっては何ですが、トリニティの3人組、明らかに出番が少なかった・・・。ミハエルは言わずもがな、ヨハンも呆気なく死亡。ネーナを生かしたのは伏線あっての事でしょうが・・・アリーがプロフェッショナルすぎたって事でしょうか。絹江さん、悲しすぎる・・・;;

 後半、怒涛のラッシュでクルーやメインキャラが死んでしまったのは痛かったですね。ロックオンは・・・彼の死は物語上成り立っていると個人的には思います。悔しいですが。 できれば生還して二期で・・・という希望はありますが、例のそっくりさんがいる以上期待は薄いでしょうか・・・。

 死亡描写のなかったアリーは別として、グラハム、コーラサワーは復帰が伺えましたね。コーラサワーは・・もう幸運(悪運)の塊とでも考えておきましょう^^; あれで死ななかったんですから正に(死亡)フラグクラッシャーですね! 

 グラハムはあの状況で生き残っていたのは驚きですが、まさか仮面で復活とは思いませんでした。第二期でどうなっているのでしょう?ハレルヤは消滅みたいな感じで消えてしまいましたが・・是非またオールバックで復活を望みます・・・。

 プトレマイオスのブリッジクルー。何でっていうくらい死亡率が高いです。医療スタッフのジョイス・モレノさんは何の台詞もなく宇宙の藻屑に。ラッセはラストで熱い展開を見せてくれただけにもったいない・・・。でも死亡描写は無いからもしかしたら復帰の線もあるんでしょうか・・・。クリスとリヒティ。第一期で一番まざまざと死の描写を見せ付けられたという気がします。正直、この二人の死亡はなくてよかったんじゃないでしょうか?リヒティが守ってみせたと思ったのに、あれは酷すぎる・・・。

 あの二人の死で製作者は何を伝えたかったのでしょう?戦争の無慈悲でしょうか。世界を変えるという悲痛な思いでしょうか。それ以前にロックオンの死が前提にあって、なおそれを伝えようというのなら、納得できないと私は思います。

 ガンダム00第一期ではラストスパートの展開が心残りである事は確かです。人物の描写が素晴らしかっただけあって・・・。第二期は4年後という設定ですが、一期で出番の薄かった人物やこれからの動向が気になるキャラクターもいる事ですし、期待を持って待ちたいと思います。 思った事をだらだらと書いてしまいましたが・・・これにて感想を終わりたいと思います。駄文、失礼しました。m(_ _)m



 他、回収されていない伏線や謎だった所

・墓参りの時に姿を見せたロックオンに似た人物は何者?また既に供えられた花を見たときにつぶやいた「あの人」とは?

・ロックオンの回想に出てきた本来4人分であるはずの食事が5人分用意されていた事。

・死の間際つぶやいたライルの生きる未来・・・のライルとは?

・アレルヤの宇宙漂流の時何があったのか?

・アレルヤがソーマ・ピーリスを見てマリーと呼んだ理由は?

・ヴェーダにアクセスできるティエリアの正体。また、ラストに出てきたティエリアそっくりの人物(リジェネ・レジェッタ)は何者?

・スメラギの犯した過去の過ちとは?

・クリスは鹵獲作戦の際自分の死が迫った時アレルヤに助けを求めたが、それは単純な好意から?

・リヒティの体が半分機械化していたのは今後の伏線か?

・GN粒子に細胞障害を引き起こす物質が含まれているというのは、擬似太陽炉に限らずオリジナルの太陽炉でも同じ?

・王 留美が世界を変えたがる理由とは?

・ハロとネーナの黒いハロの関係。(80年前の木星付近で発見された調査船の中の情報端末?)

・トリニティは誰かによって作られた存在?ラグナ・ハーヴェイとの関係は?

・ナドレのトライアルシステムはヴェーダにリンクしている機体を制御下に置くというものだったが、その姿を見せる事自体に問題があったのか?

・沙慈・ルイス・刹那のつながりは今後どう生きる?

・エイフマン教授が掴んだ秘密とは?イオリアの目的は戦争根絶などではない・・・の下りは、リボンズがヴェーダを掌握する以前のものなのか?

・リボンズ・アルマークの正体。



名前の語源についての考察


ソラン・イブラヒム

・イブラヒム=アブラハム 
・イブラヒム(アブラハム)は「最初のイスラム教徒」また、旧約聖書にも出てくる人物。


ロックオン・ストラトス

・ロックオン・ストラトス=「神以外に、飛空するものを許さず、逃さず」という文がそのまま古典にある。
・ストラトス=「成層圏」という意味の「stratosphere」からの造語。


ティエリア・アーデ

・ティエリア=tierraはスペイン語で「地球」のもじり
・アーデ=erdeはドイツ語で「地球・大地」


アレルヤ・ハプティズム

・アレルヤ=→「神を讃えよ」
・ハプティズム=→洗礼の意
・ハレルヤ=ヘブライ語由来の言葉で、「主をほめたたえよ」


マリナ・イスマイール

マリナ=聖書のマリア? 
イスマイール=イスマイル 預言者イブラヒムの子供。イスラム教の聖典コーランではアラブ人の祖。


ヴェーダ=サンスクリット語で「知識」


イノベイター=変革者




ガンダムの名称

熾天使(セラフ、セラフィム)
智天使(ケルビム、ケルプ)
座天使(スローネ、オファニム、ガルガリン)
主天使(キュリオス、ドミニオン)
力天使(デュナメスヴァーチェ
能天使(エクシア、パワー)
権天使(プリンシパリティ、アルケー、アルヒャイ、)
大天使(アークエンジェル、アルヒアンゲロイ、アルヒアンゲロス)
天使 (エンジェル、アンゲロイ)

ナドレ=ナバホ神話のなかで男女のよき理解者、両性具有的なイメージ。


以上・・・何かあればまた付け足すかもしれませんが、これにて終了したいと思います。間違いなどありましたらコメント頂ければ幸いです。



アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- 鹿島 - 2008年04月04日 22:41:36

最初は自分もWと被ってるなと思ってたんですけど、00は内容が妙にリアルで全然違うなと思いましたね...
こう丁寧にリストを挙げて下さると随分謎が多いんだなと改めて実感します^^;
色んなフラグ立ちまくりですからね~、二期はどうなることやら...

- あぽぶあ - 2008年04月05日 00:02:28

00が他の作品と違って共感できる点と言えば
機体性能を持ってしても物量戦には勝てないと言うところでしょうか?
中傷するわけではないのですが、前作のSEEDなどでは1機いればほとんどの戦場は勝利できる
00にはそれがあるようでそうではなかったところがリアルでした

戦争を題材にするガンダムですが、00はどちらかと言えばテロや紛争を題材にし、現在の世界に近い気がしますね

ただ、少しばかりあのキャラクター処理はどうかと・・・

そして、一番の悩みどころは二期まで遠いところですかね(汗)

- Juliesky@管理人 - 2008年04月05日 01:58:29

鹿島さん
ありがとうございます~m(_ _)m うまくまとめられなくって書きたい事だけ書いちゃったような感じです^^; 二期で伏線回収はもちろん納得いく続編を作ってほしいですよね。

あぽぶあさん
確かにSEEDのフリーダム無双とかはちょっと・・・って感じでしたね^^; 戦争を通したリアリズムも感じられましたが・・・実際のキャラクターでやられると凹みますorz 二期は半年後でしょうか? コードギアスの後番組なのかな・・続報を期待しましょう^^

- 叶 翔 - 2008年04月05日 03:51:53

最初はガンダムの最強っぷりを見せつけるのに話を割きすぎてダラダラしたイメージがありましたが、後半になって一気に死亡続出の急展開になったのには驚きましたね


2期がとても楽しみなのですが、伏線を回収しきれるかどうかが不安です

そしてまさかの受験生orz

- Juliesky@管理人 - 2008年04月06日 01:35:16

叶 翔さん
後半の展開はちょっと急ぎすぎた感はありますね~。無駄に死者を作るのはやめて!>< 二期でもっと新キャラを出したいんでしょうか・・・。 
受験ですか~^^; いやな時期に重ならないように祈りましょう!(無責任ですみませんw)

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
お気に入り&巡回先のサイト
ブロとも一覧
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア