カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]アニメ紹介 > title - ?今期のアニメの主人公を勝手に見比べてみる?他アニメ・漫画・ゲームの主人公いろいろ。

?今期のアニメの主人公を勝手に見比べてみる?他アニメ・漫画・ゲームの主人公いろいろ。

現在視聴中のアニメの主人公をちょっとピックアップしてみようかな?なんて思いつきでいろいろと^^;

今期のアニメの主人公たち

【視聴中のアニメ】

・とらドラ!
・黒執事
・鉄のラインバレル
・テイルズ オブ ジ アビス
・とある魔術の禁書目録
・ガンダム00 セカンドシーズン

ジャンルも現代高校生からロボットもの、ファンタジーとありますが比べてみると性格の似ているところや対照的な部分が見つかって面白いですね。他にもお気に入りの主人公なんかを取り上げてみました(^-^)


とらドラ!より

とらドラ! 高須竜児

高須竜児

見た目がおっかないのに主夫な性格の上かなりのMである(爆)っていうか大河の激しいDVぶりに耐えられる人物は彼しかいないんじゃないでしょうか・・・(;´Д`) 

見た目と反比例して穏やかな気質の竜児クンと見た目に反して凶暴な大河との恋愛劇が早く見たいです。今のところ大河はツンデレどころじゃないようなのでw 外見で誤解されてクラスメイト全員から引かれてる所なんかは下手な不幸体質よりずっと不幸といえるのでは・・・。現在解消されてるようですが。櫛枝さんにはいい人、友達からランクアップされるのかなー?





黒執事 より

黒執事 セバスチャン・ミカエリス

セバスチャン・ミカエリス

妖しい・・・とにかく妖しくて妖しい。狙い過ぎてるワケじゃない(ある?)んだろうけどBL的な雰囲気を感じるのは仕方がないでしょうね?^^; 

キャラクター的には掴みどころがないようでギャグパートをこなしたり愛着を持てる部分もあるのですが、本性を現した時の悪魔的な笑みと人の心の葛藤などを楽しんで眺める様子に人以外の何かという演出を感じさせます。小野Dの声も相まってナイスセクシーw 個人的に大好きな主人公です(^-^)





鉄のラインバレル より

鉄のラインバレル 早瀬浩一

早瀬浩一

DQN主人公その一。見る人によってかなりの嫌悪感をもたらす直球を突いた性格なのは狙ってなのかどうなのか・・・。「浩一クンのいいところってなぁ?に?」って聞かれても調子に乗りやすいところかな・・・としか答えられません^^; 力を持たせちゃマズイ人間の典型という意味では分かりやすくて・・・というかこれから酷いしっぺ返しを受けて更生していく(成長?)感が見え見えなのはどうにも。あまり悪く言うのも何ですが現状そう見せているとしか思えないので仕方がないかな(;^ω^)

どう転がっても被害を受ける親友の安否を気遣いながら成長していってと願うばかりです・・・。





テイルズ オブ ジ アビス より

テイルズオブジアビス ルーク・フォン・ファブレ

ルーク・フォン・ファブレ

DQN主人公その2。やっぱり原作を知っていると知らないのでは違うものなんでしょうか?浩一に比べるとルークの方がまだマシに見えてくる不思議w 戦うことへの葛藤とか自分を庇って傷ついたティアを心配したり、カッコ悪いけれど共感は持てるのは等身大主人公っていう意味では成功してると思います。イオン様を気遣ったりしてますしね^^ でもティアが大事なネックレスを売ってまで馬車に乗せてくれたのに、「靴が汚れなくて助かる」の一言で一気に引いたのは私だけじゃないはずw お坊ちゃまで世間知らずのわがままと旅して歩くにはかなり気苦労しそうな性格です^^;

まだまだ成長の見込みはあるのでとりあえず今後に期待ということで・・・。あとOPなんかで見られる短髪になってからのルークの人相が長髪と比べて全然違うのは仕様ですかw タレ目気味のヤンキー風から幼い少年のイメージに早変わりするのはゲームと一緒なのかな(笑)




とある魔術の禁書目録 より

とある魔術の禁書目録 上条当麻

上条当麻

気だるそうな顔をした元祖熱血系主人公。自分が傷つくより他人が傷つくことが許せない性格。ぶっきらぼうな言葉使いは不器用な証拠か・・・。更にはフラグ体質というおまけ付き。不幸体質のくせにフラグ体質とはこれ如何に?(;^ω^)

とにかく懐かしい主人公像を彷彿とさせる良キャラクターだと思うのですがどうでしょう。不幸な体質がまだ味付けにしか感じないのはもったいないけど、これからどんどん不幸な部分を見せてほしいとか思ってしまう。 3話にして既にインデックスと小萌先生(大人だけど)というロリキャラの心を掴んでしまう恐ろしい男でもありますw どんどんやっちゃってください(爆)





ガンダム00 セカンドシーズン より

ガンダム00 刹那・F・セイエイ

刹那・F・セイエイ

ファーストシーズンでは独断専行が目立ったりアレハンドロに操縦技術の未熟さを指摘されたり、まだ幼さが残る部分がありましたが、後半の展開に至るまで任務を追うごとに成長、ラストでは刹那の言葉が目に染みました;; 

セカンドシーズンになってそれまでマイスターたちを引っ張ってきたロックオンの遺志を引き継ぐがごとく、ソレスタルビーイングの中心的な人物に。容姿も大人びて、タイトル名を冠する00(ダブルオー)ガンダムも刹那の搭乗機となりまごうことなく『機動戦士ガンダム00』の主人公になりましたね^^ 

何の事情も知らないライルをいきなり引っ張ってきたり、ダメだって言われてるのにトランザムを起動させたり、救出したてのアレルヤに有無も言わさず「アリオスが来る」って言ってみたりとゴーイング・マイウェイな所はそのままw 刹那の魅力と言ってもいいでしょう(^-^) マリナも(やっと)ヒロインぽくなってきて刹那に近づいたのは嬉しいです。 今後も期待の主人公ですね。







<番外編>

ゲームでもマンガでもアニメでも、私はこの人が大好きなんだァーッ!!っていう主人公たち。




【ゲーム】アーク・ザ・ラッド? より

アーク ザ ラッド2 

アーク・エダ・リコルヌ

赤い鉢巻きがトレードマークの『勇者』。アニメじゃないほうで・・・というかアニメ未視聴^^;

『1』ではまだ子供っぽさが残ってたのに、『アークザラッド2』になってから本来の主人公エルクを食う主役っぷり。なんていうか、ストーリー自体は長いんですが、あれだけ多くの仲間がいて薄れない主人公アークのかっこよさが素敵。彼ほど勇者って言葉が似合う主人公はいないんじゃないかな?。こう、変に熱く語ったりしないんだけど存在自体で仲間が付いていくっていう感じがGOOD。あと結城比呂(現 優希比呂)さんの気合の入った戦闘ボイスが素晴らしすぎました・・・(´∀`*)




【ゲーム】聖剣伝説2 より

聖剣伝説2 ランディ

ランディ

なぜかふと頭に浮かんだ思い出の主人公。最初はいじめられっこのヘタレな性格だったのに、優しい心のままどんどん強くなっていく(ゲームの要素も含めて)のがよかったなぁ。プリムを傷つけられて、初めて激昂する所なんかはヤヴァかったです(´;ω;`) ポポイも二人と一緒に幸せになってほしかった・・・。




【漫画】うしおととら より

うしおととら 蒼月うしお

蒼月 うしお

藤田和日郎作品の中で一番好きです。良くも悪くも人間味溢れるキャラクターたちの中で、真っ直ぐな少年のイメージがばっちり決まってます。単に熱血というわけではなくて、人間が誰でも持ってる心の弱さを乗り越えるうしおの強さに惹かれますね。 

体がボロボロになっても、獣の槍の使い過ぎで妖怪化していっても、大切な人々から忘れ去られても諦めないうしおの姿に励まされました・・・。相棒のとらとの掛け合いももちろん良かったです(´∀`*) 出会う女の子のほとんどがうしおに惚れるのも当然かもしれませんねw




【アニメ】HELLSING より

ヘルシング アーカード

アーカード

言わずとしれたダークヒーロー。TVアニメの方はいろいろ言われてましたがアレはアレで良かったんじゃないかと。OVAになってますます拍車がかかる中田譲二様の声にシビれるアコがれるゥ!!
・・・いやもう不死身の無敵っぷりとか時折見せる妖しげな表情とか最高。セクシーすぎるよ旦那・・・。




【アニメ】マクロス7より

マクロス7 熱気バサラ

熱気バサラ

単純に熱血系じゃない熱血主人公。マクロスで歌を歌う男主人公って最初はどんなんだろ?って思ったらあら不思議。完全に虜になっちゃってたYO!歌を歌うってことに全力全開、フラグが立とうが悩もうがもう歌しか目に入らないぜ!っていうストイックなところとかそれまでのアニメの主人公と一線を画していたっていうか。今でもFIRE BOMBERの歌聴いてます^-^ マクロスFには名前だけでも出てほしかったなぁ・・・。ラジオではランカと夢の共演されてましたけど(*´∀`*)




【アニメ】ARIAより

ARIA 水無灯里

水無灯里

ハイパー天然癒し系主人公の女の子(´∀`*) とにかく知り合った人とすぐ仲良くなれる素敵オーラを放ってるんだと思いたいw 『天真爛漫』ってこのコのためにあるんじゃないのかな・・・物語が進むごとに友達が増えてウンディーネの腕も上がっていく様子はまったりした世界観の中でもしっかり成長する様子が見られて嬉しかったですね^-^ それと同時にちょっと寂しいなって気持も・・・( ゚д゚)ハッ!これが親心(バカ

アリシアさんから『ありがとう・・・私のアクアマリン』でグッてきてしまったのは懐かしいです・・・灯里がアイちゃんを見つめる様子が最初のアリシアさんと同じっていうシーンも・・・また涙腺壊してこよう(つд⊂)




他にもあると思うのですがこの辺りで。この記事を読んでくれた方でこの人が好きっていうものがあれば教えて頂けると嬉しいです♪






アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- 通りすがりさん - 2008年10月22日 13:35:21

どれも個性あふれるね

かんなぎもお勧めだよ。

HN、HP変えました~ - あぽぶあ改め、紅茶家伝 - 2008年10月22日 14:18:59

どもども、諸事情で移転しましたw
紅茶家伝です。HNも変えました

マクロス7のバサラはとにかくマイペース大王で話の流れに関係なく歌ってるというキャラでしたね
よく話が成り立ったなぁと思います

でも、見方を変えると、最終的に時代がバサラに追いついたかのような
マクロス7はとても変わった話だなぁと思いました

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年10月23日 03:25:32

>通りすがりさん

どの主人公も個性ありますよね^^ かんなぎはBSジャパンで放送が決定したとか・・・。今まで見れなかったので、時間がある時に見てみたいです♪


>紅茶家伝さん

移転お疲れ様です~HNも変えられたんですね^-^ 

バサラに引けをとらない個性的な主人公がたくさんいますね~時代が追いついた・・・確かにそう言えるかも。

今後もよろしくお願いしますね^^

トラックバック

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア