カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【PC】「ブレイブルー」の新作『Blazblue Entropy Effect』がSteamに登場!ジャンルはローグライクの2Dアクション (01/30)
【アニメ】「COMIC BRIDGE」連載『DOG SIGNAL(ドッグシグナル)』TVアニメ化決定!犬と人間の繋がりを描く新米ドッグトレーナーの成長ストーリー (01/28)
【アニメ】Yostarのスマホ向けゲーム『ブルーアーカイブ』がTVアニメ化!アロナの描かれたティザービジュアルが公開 (01/24)
【PS/PC】グラブル対戦格闘の続編『GRANBLUE FANTASY: Versus ‐RISING‐』発表!多数の新キャラや新アクションが追加、ロールバックネットコードとクロスプレイにも対応! (01/21)
【PS/PC】『グラブル リリンク』2ndトレーラー解禁!新キャラ「イド」が発表、「ナルメア」「ヨダルラーハ」ら各プレイアブルキャラの情報も公開! (01/21)
【アニメ】めいびい『結婚指輪物語』TVアニメ化決定!主人公・サトウとヒロイン・ヒメのキャストが発表 (01/17)
【OVA】「天地無用!GXP」の新作『天地無用!GXP パラダイス始動編』の制作が決定!スタッフ&キャスト、ティザービジュアル、PV公開! (01/14)
【ゲーム】『無職転生』と『ゴブリンスレイヤー』のコンシューマーゲーム化が決定!ブシロードの新レーベル「BUSHIROAD GAMES」よりリリース (01/10)
【アニメ】“若木民喜×みつみ美里&甘露樹”による漫画『16bitセンセーション』のアニメ化が決定!90年代の美少女ゲーム業界を題材に描くものづくりストーリー (01/08)
【PS/NS/PC】「Fate」シリーズ最新作『Fate/Samurai Remnant(フェイト/サムライレムナント)』発表!ジャンルはアクションRPGで開発をコーエーテクモゲームスが担当 (01/05)
【2023年】新年のご挨拶 (01/01)
【NS/PC】NEXTONの30周年記念作品『ONE.』がSwitchとPC向けに2023年冬発売!川名みさきのティザービジュアルやPVが公開に (12/31)
【アイマス】配信活動を通じた新規アイドルプロジェクト『PROJECT IM@S vα-liv(ヴイアライヴ)』が始動!森倉円氏のデザインによる新アイドル達が公開! (12/28)
【アニメ】アクナイ第2期『アークナイツ【冬隠帰路/PERISH IN FROST】』の制作が決定! (12/25)
【アニメ】WJ連載『夜桜さんちの大作戦』がSILVER LINK.によりTVアニメ化!最強スパイ一家に婿入りした主人公の日常を描くスパイバトルコメディ (12/21)
【PS/NS】『イースX ‐NORDICS(ノーディクス)‐』発表!「イース」生誕35周年記念作にして待望のナンバリング最新作が2023年発売 (12/16)
【PS/Xbox/PC】待望のナンバリング最新作『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』が発表!辺境の惑星を舞台に新たな戦いの幕が上がる (12/14)
【アニメ】ジャンプラ連載『2.5次元の誘惑(リリサ)』TVアニメ化決定!リアル(3次元)とフィクション(2次元)が交差する青春コスプレストーリー (12/11)
【アニメ】春場ねぎ『戦隊大失格』TVアニメ化決定!監督は「TIGER & BUNNY」のさとうけいいち氏が担当! (12/08)
【アニメ】漫画『左ききのエレン(原作版)』がアニメ化!広告業界とアート業界を舞台に描くクリエイター群像劇 (12/06)
【書籍】“鋼屋ジン×Niθ”による『斬魔大戰デモンベイン』が12月23日発売!「デモンベイン」シリーズの新たな幕開けとなるファン必携の一冊 (12/02)
【PS4/NS】うたわれスピンオフ『義賊探偵ノスリ』発表!ダウンロード専用ソフトとして12/22に発売 (11/29)
【アニメ】『ニジガク』の新作OVAが制作決定!ショートアニメ『にじよん あにめーしょん』の放送情報や主題歌、PVも解禁 (11/25)
【アニメ】Twitter生まれの人気WEB漫画『夜廻り猫』がTVアニメ化!涙の匂いを辿って現れるしゃべる猫を描いた、心温まる物語 (11/22)
【アニメ】『事情を知らない転校生がグイグイくる。』TVアニメ化決定!西村さんと高田くんを描いたティザービジュアル&PVやスタッフ、キャストも公開 (11/19)
【アニメ】“成田良悟×藤本新太”による漫画作品『デッドマウント・デスプレイ』がTVアニメ化!逆異世界転生した死霊使いの活躍を描く現代ファンタジー (11/16)
【アニメ】Cygamesが新作オリジナルTVアニメ『THE MARGINAL SERVICE』を発表!“全員裸”なティザービジュアルやスタッフ&キャストが公開 (11/12)
【アニメ】『転生したらスライムだった件』の第3期が制作決定!リムルと対峙するヒナタを描いたティザービジュアル解禁! (11/10)
【アニメ】『ウマ娘 プリティーダービー』第3期制作決定!新作アニメ「Road to the Top」は2023年春頃に配信! (11/07)
【映画】『THE FIRST SLAM DUNK』の声優キャストと主題歌&劇伴アーティストが発表!予告映像も解禁! (11/06)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒執事 > title - 黒執事 第五話 「その執事,邂逅」 感想

黒執事 第五話 「その執事,邂逅」 感想

黒執事 第五話 「その執事,邂逅」


『“悪魔”で、“執事”ですから』

黒執事 第5話 その執事,邂逅

『アタシ、これでも執事DEATH★』



シエルの言うとおりセバスチャンにとっては茶番に過ぎなかったっていう感じの前回とは違って今回のお話は重いです・・・。


冒頭のマダム・レッドとシエルのチェス。今回の話の全容はこのシーンでまとめられてました。

黒執事 第5話 その執事,邂逅1

女性ばかりを狙う猟奇殺人犯“ジャック・ザ・リッパー”。解決を見ない切り裂きジャックの事件を追うシエル。セバスチャンに全てを任せればいいというマダムに対して・・・。

『あれは僕の駒に過ぎない。命令し、動かすのは僕だ。だがただの駒じゃない。全てのマスに一手で動ける駒・・・こんな風に』

『そんなの反則じゃないの!』

『そうだ。それがゲームならな。だがこの世界ではルールなど意味を持たない。必ず、反則をする旗手も、裏切る駒も出てくる。油断すればすぐに・・・チェックメイトだ』


シエルにとって唯一の駒であり最強の下僕。セバスチャン。

後になってこのシーンを思い返すと、セバスチャンがシエルの言うことに“ただ忠実”なのに対して、シエルはセバスチャンにはそれ以上のものを求めているように思えたり。本人はその気持ちに気付いていないけど、ね・・・。

『反則をする旗手』『裏切る駒』

これが何を、“誰”を指しているかは今話のとおりなのですが、この世界ではルールなど意味を持たないというセリフとともに無常を感じますね・・・。それだけショッキングでもありました。




前回の『その執事,酔狂』は本当の意味でセバスチャンの酔狂だったのかも・・・。

シエルの言った容疑者に関わる条件に当てはまる“人間”はドルイット子爵ただ1人。裏を返せば、セバスチャンはドルイット子爵が犯人とは言っていなかった。シエルがセバスチャンに“犯人を捜し出せ”って命令していたらまた違ったんでしょうけどね。主人の命令の通りに忠実な仕事をしたってだけで、本当はドルイット子爵が犯人じゃないと知っていたんだろうなぁ。セバスチャンらしい意地の悪さというか、“悪魔”らしい考え方というか・・・。

シエルは女装したり身を張って捕まってまで頑張ってたのにね^^;

黒執事 第5話 その執事,邂逅2

『貴方の命令一つで、私は貴方の駒となり剣となる。さぁ、チェックを。ご主人様?』




『あたしには子供はできなかったけど・・・』のくだりとあの冷たい表情でマダムが犯人?の予想は立ちましたけど、さすがにこれは予想できなかった・・・。


死神執事、グレル・サトクリフ。

黒執事 第5話 その執事,邂逅3

『アタシ、これでも執事DEATH★』

文字通りその正体は“死神”、赤と血を好む狂気めいた性格の上おまけにオカマだっていうんだからインパクト絶大。福山さんのオカマキャラもハマっているだけになんとも・・・(;´Д`)

あの“おっちょこちょいな執事”のままでも良かったのに(´;ω;`) 




黒執事 第5話 シネマティックレコード

グレルの死神の能力、“シネマティックレコード”で明かされるマダムの過去。

シエルの母親の妹として、姉には慕情を、その夫には仄かな恋心を持っていたマダムレッドことアンジェリーナ・ダレス。恋していた人は姉に奪われ、別の形で掴み取った幸せは夫と子供を事故で失うという形で閉ざされ、自らは子供の産めない体に。

更には愛していた姉夫婦を殺され・・・。子供の産めない体になった自分に対して、二度と手に入らないものを軽々しく捨てる娼婦たちに対する憎悪。それが斬り裂きジャックの娼婦惨殺と子宮摘出という狂気の行動に移っていった・・・。


グレルとマダムが知り合ったのはシエルがセバスチャンと出会う前のようですから、かなり長い付き合いになるんですね。それまでマダムが犯した殺人が、“悪の貴族”たるシエルが動くほどのものではなかったのか、なぜ連続殺人事件、“切り裂きジャック”と呼ばれるまでに発展したのか。

おそらくはマダムの殺人は、シエルと再会するまではそれほど公になるものではなかったのかも。戻ってきてたシエルを見て、愛していたあの人は戻ってこないのに、なぜ?という思いがだんだんと募っていく、務めている病院で後を絶たない娼婦たちへの手術の積み重ねが、自分が失ったものへの冒涜、渇望とそれを捨てる女たちへの憎悪として蓄積させていく・・・。そうした負の感情が、今回の殺人事件を加速させていった原因なのかな・・・。


黒執事 第5話 悪魔執事VS死神執事

シエルを憎しみの上で殺そうとしても、最期は愛情の方が勝るところは彼女が本当に姉たちとその子供であるシエルを愛していたからですよね。マダム・レッドは劉(ラウ)と一緒にシエルの傍にいて当然のように写って見えましたから、今回の退場は残念です・・・。


人の感情の表と裏。マダムだけでなく、正体を現したグレルや、セバスチャンへの感情に気付かない上で惑うシエルを含めて今回のテーマだった気がします。


グレル・サトクリフは“死神”としてマダムについていたのか、それとも自分の欲望のためだけにマダムの殺人に加担していたのか、これによって彼の生き残りの可能性も分かれてくるかな?

“シネマティックレコード”も死亡予定者の記憶を再生し、生かすべきか殺すべきかを審査する為のものらしいですし・・・。興味を失ったグレルがマダムを殺してるようにしか見えませんでしたけどね・・・。



それと正直ギャグっぽいところは今回だけはいらないと思いました。

扱うテーマもマダムが連続殺人に奔った理由も重いだけに。

尺が収まりきらなかったのはしょうがないとして、今回のあの切り方はどうでしょうね。
二話に分けるなら、真犯人の発覚に至るまでの経緯に重点を置いて、もう一話をグレル、マダムとの決着とで分けた方が良かったと思うのですが・・・。盛り上がるところでお話は次回へ持ち越し。

グレルとセバスチャンの戦いに比重を置くよりマダムとの別れに重点を置いて描かれるのかな。



次回 黒執事 第六話 「その執事,葬送」

黒執事 第6話 その執事,葬送






<関連サイト>

黒執事 公式サイト




アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople

Tag ⇒ | *アニメ黒執事

sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

心のおもむくままに - 2008年10月31日 23:24

黒執事 第5話「その執事、邂逅」

第五話 「その執事、邂逅」 「ジャック・ザ・リッパー」「切り裂きジャック」は強敵

赤い彗星3号館 - 2008年10月31日 23:35

黒執事 第5話「その執事、邂逅」

第5話「その執事、邂逅」 これでも執事DEATH★

八月の鍵 - 2008年11月01日 10:35

深・翠蛇の沼 - 2008年11月01日 10:59

はじまりの渓谷 - 2008年11月01日 20:33

黒執事 第5話「その執事、邂逅」

セバスチャン「困ったものです・・」

●○Peko Life●○ - 2008年11月03日 22:04

黒執事 第四話 「その執事、邂逅」

今度は何も譲らないわ!

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア