カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒執事 > title - 黒執事 第五話 「その執事,邂逅」 感想

黒執事 第五話 「その執事,邂逅」 感想

黒執事 第五話 「その執事,邂逅」


『“悪魔”で、“執事”ですから』

黒執事 第5話 その執事,邂逅

『アタシ、これでも執事DEATH★』



シエルの言うとおりセバスチャンにとっては茶番に過ぎなかったっていう感じの前回とは違って今回のお話は重いです・・・。


冒頭のマダム・レッドとシエルのチェス。今回の話の全容はこのシーンでまとめられてました。

黒執事 第5話 その執事,邂逅1

女性ばかりを狙う猟奇殺人犯“ジャック・ザ・リッパー”。解決を見ない切り裂きジャックの事件を追うシエル。セバスチャンに全てを任せればいいというマダムに対して・・・。

『あれは僕の駒に過ぎない。命令し、動かすのは僕だ。だがただの駒じゃない。全てのマスに一手で動ける駒・・・こんな風に』

『そんなの反則じゃないの!』

『そうだ。それがゲームならな。だがこの世界ではルールなど意味を持たない。必ず、反則をする旗手も、裏切る駒も出てくる。油断すればすぐに・・・チェックメイトだ』


シエルにとって唯一の駒であり最強の下僕。セバスチャン。

後になってこのシーンを思い返すと、セバスチャンがシエルの言うことに“ただ忠実”なのに対して、シエルはセバスチャンにはそれ以上のものを求めているように思えたり。本人はその気持ちに気付いていないけど、ね・・・。

『反則をする旗手』『裏切る駒』

これが何を、“誰”を指しているかは今話のとおりなのですが、この世界ではルールなど意味を持たないというセリフとともに無常を感じますね・・・。それだけショッキングでもありました。




前回の『その執事,酔狂』は本当の意味でセバスチャンの酔狂だったのかも・・・。

シエルの言った容疑者に関わる条件に当てはまる“人間”はドルイット子爵ただ1人。裏を返せば、セバスチャンはドルイット子爵が犯人とは言っていなかった。シエルがセバスチャンに“犯人を捜し出せ”って命令していたらまた違ったんでしょうけどね。主人の命令の通りに忠実な仕事をしたってだけで、本当はドルイット子爵が犯人じゃないと知っていたんだろうなぁ。セバスチャンらしい意地の悪さというか、“悪魔”らしい考え方というか・・・。

シエルは女装したり身を張って捕まってまで頑張ってたのにね^^;

黒執事 第5話 その執事,邂逅2

『貴方の命令一つで、私は貴方の駒となり剣となる。さぁ、チェックを。ご主人様?』




『あたしには子供はできなかったけど・・・』のくだりとあの冷たい表情でマダムが犯人?の予想は立ちましたけど、さすがにこれは予想できなかった・・・。


死神執事、グレル・サトクリフ。

黒執事 第5話 その執事,邂逅3

『アタシ、これでも執事DEATH★』

文字通りその正体は“死神”、赤と血を好む狂気めいた性格の上おまけにオカマだっていうんだからインパクト絶大。福山さんのオカマキャラもハマっているだけになんとも・・・(;´Д`)

あの“おっちょこちょいな執事”のままでも良かったのに(´;ω;`) 




黒執事 第5話 シネマティックレコード

グレルの死神の能力、“シネマティックレコード”で明かされるマダムの過去。

シエルの母親の妹として、姉には慕情を、その夫には仄かな恋心を持っていたマダムレッドことアンジェリーナ・ダレス。恋していた人は姉に奪われ、別の形で掴み取った幸せは夫と子供を事故で失うという形で閉ざされ、自らは子供の産めない体に。

更には愛していた姉夫婦を殺され・・・。子供の産めない体になった自分に対して、二度と手に入らないものを軽々しく捨てる娼婦たちに対する憎悪。それが斬り裂きジャックの娼婦惨殺と子宮摘出という狂気の行動に移っていった・・・。


グレルとマダムが知り合ったのはシエルがセバスチャンと出会う前のようですから、かなり長い付き合いになるんですね。それまでマダムが犯した殺人が、“悪の貴族”たるシエルが動くほどのものではなかったのか、なぜ連続殺人事件、“切り裂きジャック”と呼ばれるまでに発展したのか。

おそらくはマダムの殺人は、シエルと再会するまではそれほど公になるものではなかったのかも。戻ってきてたシエルを見て、愛していたあの人は戻ってこないのに、なぜ?という思いがだんだんと募っていく、務めている病院で後を絶たない娼婦たちへの手術の積み重ねが、自分が失ったものへの冒涜、渇望とそれを捨てる女たちへの憎悪として蓄積させていく・・・。そうした負の感情が、今回の殺人事件を加速させていった原因なのかな・・・。


黒執事 第5話 悪魔執事VS死神執事

シエルを憎しみの上で殺そうとしても、最期は愛情の方が勝るところは彼女が本当に姉たちとその子供であるシエルを愛していたからですよね。マダム・レッドは劉(ラウ)と一緒にシエルの傍にいて当然のように写って見えましたから、今回の退場は残念です・・・。


人の感情の表と裏。マダムだけでなく、正体を現したグレルや、セバスチャンへの感情に気付かない上で惑うシエルを含めて今回のテーマだった気がします。


グレル・サトクリフは“死神”としてマダムについていたのか、それとも自分の欲望のためだけにマダムの殺人に加担していたのか、これによって彼の生き残りの可能性も分かれてくるかな?

“シネマティックレコード”も死亡予定者の記憶を再生し、生かすべきか殺すべきかを審査する為のものらしいですし・・・。興味を失ったグレルがマダムを殺してるようにしか見えませんでしたけどね・・・。



それと正直ギャグっぽいところは今回だけはいらないと思いました。

扱うテーマもマダムが連続殺人に奔った理由も重いだけに。

尺が収まりきらなかったのはしょうがないとして、今回のあの切り方はどうでしょうね。
二話に分けるなら、真犯人の発覚に至るまでの経緯に重点を置いて、もう一話をグレル、マダムとの決着とで分けた方が良かったと思うのですが・・・。盛り上がるところでお話は次回へ持ち越し。

グレルとセバスチャンの戦いに比重を置くよりマダムとの別れに重点を置いて描かれるのかな。



次回 黒執事 第六話 「その執事,葬送」

黒執事 第6話 その執事,葬送






<関連サイト>

黒執事 公式サイト




アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople

Tag ⇒ | *アニメ黒執事

sponsored link

この記事へのコメント

トラックバック

心のおもむくままに - 2008年10月31日 23:24

黒執事 第5話「その執事、邂逅」

第五話 「その執事、邂逅」 「ジャック・ザ・リッパー」「切り裂きジャック」は強敵

赤い彗星3号館 - 2008年10月31日 23:35

黒執事 第5話「その執事、邂逅」

第5話「その執事、邂逅」 これでも執事DEATH★

八月の鍵 - 2008年11月01日 10:35

深・翠蛇の沼 - 2008年11月01日 10:59

はじまりの渓谷 - 2008年11月01日 20:33

黒執事 第5話「その執事、邂逅」

セバスチャン「困ったものです・・」

●○Peko Life●○ - 2008年11月03日 22:04

黒執事 第四話 「その執事、邂逅」

今度は何も譲らないわ!

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア