カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル #07 サイアクな放課後 感想

鉄のラインバレル #07 サイアクな放課後 感想

鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後

鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後

主人公より格好良い“悪役”


鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後1

前回で絵美との距離も少しは縮まったかと思ったら、そんなことどうでもいいってくらい浩一が暴走していて何だかなぁ・・・という感じの冒頭(;´Д`) 

道明寺にケンカで敵わないと知るやラインバレルを召喚して力をひけらかすなんてまるで成長してないし。これじゃ『だからあなたはダメなんです!』とか『あなた、最低です』って言われてもしょうがないよ・・・。森次曰く『人間の本性というものはそう簡単に変化するものではない』。今の浩一にはあまりにも残念なこの言葉との一致。

・・・逆に考えればまだまだ成長の余地はあると考えればいいんでしょうか? 
理沙子は相変わらず蚊帳の外のおかれてるし・・・相変わらず報われないコだ・・・(´Д⊂ヽ

鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後2

加藤機関のお二人は学校にでも乗り込んでくるのかくらいに想像してましたが、いきなり敵本拠地のJUDAにやってきて正々堂々と浩一に対面を要求してくるのには驚きw 名刺まで用意してあるし・・・ここは笑うところなのか(笑)

『想像せよ。それだけが来るべき時代を生き抜く唯一の手段なのだ』

浩一になぜ、敵である自分が目の前にいるかを問う加藤。

加藤機関のメンバーが『想像せよ』って言葉に傾倒しているのは第1話から強調されてきましたが、これがどう加藤たちの目的と繋がっているのか・・・。手土産に持ってきたカステラがカレー味だったり、とことん読めない人ですね。っていうかカステラをぎっしりアタッシュケースに入れるなよと。金塊に見えてしまったじゃないですか(*´Д`)

鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後4

JUDAの面々とカステラをご一緒する加藤。ある意味シュールw

加藤のもたらした情報によれば、ラインバレルたちマキナは並行的な近似世界・・・つまり浩一たちの住む“世界”とは違う、“並行世界”からやってきたものだという。加藤の話では『高蓋然性世界』というそうですが。加藤はその“高蓋然性世界”から、浩一たちの世界を侵略するためにやってきた、と・・・。加藤の話を聞く限りでは、本当の意味で世界征服が目的なのか、ちょっと怪しむべき点もあるけれど、(本来の自分の力を持ってすれば世界征服などたやすいが、手順を踏まなくてはならない、など)当面の意味では世界征服のために行動していると取っていいのでしょう。

改めて思うのは、悪役としての加藤久嵩の格好よさ。

人相や声(笑)を抜きにしても、堂々とJUDAに乗り込んできて浩一を仲間に引き入れようとする行動、先の読めない仕種にミステリアスな雰囲気を感じると共にある意味親近感を感じてしまう。嘘をつけばもっと確実に浩一を引き込めたにも関わらず、あくまで正直に同じ世界の住人である絵美と自身の関係を語るなど、悪役の“顔”としてラインバレルの中の登場人物の中ではかなり好印象なキャラクターです。

ここには居ない城崎絵美のラインバレルとの関係、石神社長が加藤機関を裏切ってやってきたことを語るのは演出的にも面白いと感じましたが、石神社長の謎めいたキャラクターにも少しメスが入って、物語に深みが増してきたかな。浩一の加藤に対する答えは『矢島を殺したお前らなんかに!』で終結してしまいましたが、あれは浩一らしさが出ていてかえって良かったですね。

『正義の意味を知りたければ、加藤機関へ来い』

世界征服を目指す悪が言う正義の意味、単なる悪党としての矜持とはまた違うところに意味がありそうな気がします。

鉄のラインバレル 第7話 サイアクな放課後5

妄想大爆発な理沙子や良く分からないうちに浩一と仲良くなった?道明寺に振り回される絵美に同情を感じざるを得ない(笑) 浩一だけでも手一杯だろうにね・・・。

『早瀬軍団』設立で理沙子ら学校メンバーにも光が当たるようになればいいのですが・・・。

浩一も加藤たち敵との対面、絵美とラインバレルの関係、その他諸々の深い事情に、自分も関わっていると感知、認識したことで、これから成長していく、というイメージが湧いてきたかな・・・。そう考えると冒頭のあのシーンはまだまだ浩一が未熟だという一面を強調していたのか。それにしてはやり過ぎな面も感じましたが^^; 中々面白い回でした。




次回 鉄のラインバレル 第8話 戯れの鬼たち

鉄のラインバレル 第8話 戯れの鬼たち

次回予告の浩一は今回の話の感想を言っているんですか(;´Д`)
まだまだ続く浩一、『あなた、最低です!』






<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト







アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

毎度どうも - westernblack - 2008年11月21日 22:08:08

周回遅れで今日この回を見ました
ガンダムは割りとまじめにコメントしていますが、この番組についてはネタ派で「コメディリリーフ」の浩一が健全な成長を生温かく見守りたいと思っています
一応原作は途中まで既読ですが、次回はおそらく過激なバトル回で、今回と次回をうまくつないでいると思いました。今回見て思ったのですが、この番組、浩一がかっこよくやれそうな場面ほどやらかしてくれそうな期待が持てます。その一方で今回見られたように普通の中学生のスピードできちんとまっすぐ成長している部分もあり、そのバランスが好感度高いですね
しかしいつもながら画像の配置がお見事です。「加藤の方がカッコいい」という趣旨がバッチリ伝わってきました(笑)
それでは失礼します

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年11月22日 01:35:28

>westernblackさん

 浩一の性格も第1話からすればかなり変わってきましたね。当初はこんな主人公で大丈夫なの?なんて思ったものですが、今は不思議と見守りたい感がある不思議。気付いたらまだ中学生なんですね^^; すっかり忘れてました・・・。

浩一を成長させる要因として、また物語の全貌を伝える演出としても、敵であるはずの加藤を前面に押し出してきた今回のストーリーは面白かったです。目的は世界征服って勧善懲悪なのかと考えてしまうけれどそうでもなさそうな懐具合がまた魅力的なんですよね、加藤久嵩・・・。

 画像の配置は劇中の雰囲気が伝わればいいな~と思って所々ストーリー中の順序とは違っていたり、場面ごとに強調させるところは大きくしたりしています^^ 加藤のカッコよさが伝わっていたら嬉しいです・・・(´∀`*)

いつもコメント感謝しております(^^) またよろしければお願い致しますね♪

トラックバック

日々、徒然 - 2008年11月15日 20:56

鉄のラインバレル第7話「サイアクな放課後」 感想

「『想像』せよ。それだけが、来るべき時代を生き抜く唯一の手段なのだ」

在宅アニメ評論家 - 2008年11月15日 23:13

鉄のラインバレル #07 サイアクな放課後

早瀬軍団結成!?  振り回される城崎、そりゃ目もでっかくなります。

もす。 - 2008年11月15日 23:23

鉄のラインバレル 第7話「サイアクの放課後」 感想。

最初に言っとく、たくさん書くのでメンドイ人は読み飛ばすように。でも全部読んでくれたら管理人がキスしてあげるぜ♡

ミナモノカガミ - 2008年11月15日 23:38

明善的な見方 - 2008年11月15日 23:40

鉄のラインバレル 第7話「サイアクな放課後」

鉄のラインバレル 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)(2005/06/20)清水 栄一商品詳細を見るいまどき軍団はないと思う(^-^;

らび庵 - 2008年11月16日 01:10

ゼロから - 2008年11月16日 11:00

鉄のラインバレル #07 「サイアクな放課後」

「朝ぐらい、自分で起きてください。だから、あなたは駄目なんです。」by城崎絵美

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア