カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒執事 > title - 黒執事 第10話 「その執事,氷上」 感想

黒執事 第10話 「その執事,氷上」 感想

黒執事  第10話 「その執事,氷上」

黒執事 第10話 「その執事,氷上」

とりあえずポーラさんに目が行きます。


冒頭は何やらホラーチックで不気味なシーンから開幕。
前回から引き続きシリアスとかけ離れるのかと思ったらそんな事はなかったようで。“ハウンズワース”の時のようにどっちつかずなシナリオより締める所はしっかりと締めてほしいと期待したいところ。

黒執事 第10話 「その執事,氷上」1

舞台は凍ったテムズ河の上で行われる『フロスト・フェア』真っ最中のロンドン。
現実の季節とは真逆の展開を見せるお話も新鮮で良いですが、やっぱりシーズンに沿ったシナリオは嬉しいですね。『黒執事』は歴史に忠実に事件やイベントを盛り込む事が多いですが、今回の『フロスト・フェア』も例に漏れず、凍ったテムズの上でのマーケットも実際に開かれていたとか。このままクリスマスの伝統行事まで進みそうな感じ。


リジーの侍女、ポーラさん登場。何だか可愛らしい人ですね^^ 今までにない少女漫画のキャラクターイメージを感じるのですが(´∀`*) 

黒執事 第10話 「その執事,氷上」2

時価2,000ポンドとも言われるブルーダイヤ『ホープのかけら』をはめ込んだ指輪と、それを盗んだ人物を殺害した犯人を追うスコットランドヤードのアバーライン警部補。その捜査に脅迫協力を申し出るシエル。
所在を隠すために切り出された『ホープのかけら』の一つがシエルの指輪の宝石なのかなーと思わせるような描写もあったようですがどうなのかな。


黒執事 第10話 「その執事,氷上」3

それにしても、劉(ラウ)といい葬儀屋(アンダーテイカー)といい登場頻度が中々落ちないね・・・アンダーテイカーはたまに登場するくらいだと思っていたのですが、特に劉(ラウ)はいつも何しに現れてるんだろう(笑)

アバーライン警部補の意外な笑いの特技(本人は無自覚)でセバスチャンが対抗意識を燃やしたり・・・アンダーテイカー曰くアバーライン警部補は『笑いなら世界を獲れる』そうですが^^; セバスチャンもアバーラインもどんなネタでアンダーテイカーを笑わせたのかちょっと気になるw


黒執事 第10話 「その執事,氷上」4

氷像の指輪に飾りとして彫刻されてしまった指輪を取り戻すために、彫像コンテストへ参加するシエルとセバスチャン、劉、アバーラインたちスコットランドヤード・・・と『ホープのかけら』を盗んだ窃盗団の一味。

ドルイット子爵がここで顔を出しますか・・・(;´Д`) 保釈金を払って抜け出してきたとかそんな辺りだろうけど、審査員としてわざわざ出さなくても、ねぇ・・・。

『そういえば、君の指輪も綺麗な青い石をつけていたねぇ伯爵?気を付けるといい・・・ダイヤは硬い・・・でも硬いが故に、脆い。君も無理をすると砕けてしまうかもしれないよ』

『それがどうした。この身も、そしてこの指輪も、一度砕け、そして蘇ったものだ。今更砕けることなど恐れはしない』

セバスチャンを筆頭にホント皮肉屋が多い作品ですねぇ^^; イギリスの時代背景から人間自身を皮肉るものまで色々語られますが、ある意味『黒執事』のテーマとも言えるのかも。セバスチャンが人間でない理由もそこにあったりするのかと深読みしてみたり・・・。

黒執事 第10話 「その執事,氷上」6

アバーラインたちスコットランドヤードはランドル卿の雪像、劉(ラウ)は藍猫(ランマオ)を象った雪像で勝負・・・。ランドル卿の彫刻は言わずもがな、ランマオの彫像はエロすぎるので採点拒否。まぁこの手の分野でセバスチャンに敵うはずはないのですが。

冒頭での話に出ていた『ノアの方舟』の雪像、そこから時間差で屋根が溶けだし姿を表す方舟に乗った動物の演出と、文句のない出来で優勝・・・かと思われた時、流石にマズイと思った爆破窃盗団の妨害が。

黒執事 第10話 「その執事,氷上」5

氷の上→ダイナマイトなんてもうどうなるか予想がついてしまうものだけど・・・ハッキリいってこのシーンはギャグとしか思えないw


黒執事 第10話 「その執事,氷上」7

『セバスチャン。お前はノアが傲慢だと言ったが、万人を救える、救いたいと望む方が、より傲慢で愚かだとは思わないか』

『・・・そのようですね』

『だが、たまにはそんなバカも悪くないかもしれないな』

市民を救うために奔走するアバーラインと女王の番犬として社会の裏を裁くシエル。
アバーライン警部補はシエルの活躍を際立たせるための脇役かと思っていたら今回面目躍如の活躍。スコットランドヤードの正義漢としてその個性を見せてくれました。

『ノアの方舟』の話を彫像だけじゃなく、ここまで伏線として持ってくる演出も良かったですし、こういう展開も悪くはないですね。前回よりも格段に面白かったと思います。


黒執事 第10話 「その執事,氷上」8

以前、シエルの指輪を壊してしまった代わりに、シエルを喜ばそうと彼の誕生日にふさわしいプレゼントを探していたリジー。氷上マーケットで手に入れたシエルとの想い出の玩具が偽物であったことに落胆し、思わずそれを床に叩きつけてしまうけれど、その中にはあの『ホープのかけら』の指輪が・・・。

アバーラインが口を滑らせた“少女誘拐事件”、何やら例の殺人事件の犯人と思われる人物に目をつけられたりと、リジーの身に少し不安を思わせるような展開。

しかも次回はあの“赤いオカマの死神”まで再登場で更に一波乱ありそう・・・。




次回 黒執事 第11話 「その執事,如何様」

黒執事 第11話 「その執事,如何様」








<関連サイト>

黒執事 公式サイト









アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople

Tag ⇒ | *アニメ黒執事

sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2008年12月06日 23:04:59

確かにポーラは「花とゆめ」より「少女コミック」が似合いそうな気がします。

アバーライン警部補の笑い芸は、あの理想論を疑うことなく真正面から説いたからでは?と思ってます。
そんなものはアンダーテイカーからすればおかしくて仕方なかったのではないかと。

ホープダイヤをカットした時のかけらがいくつかあるって設定なんですかね。
ホープダイヤは現在スミソニアンにありますが、履歴が追いかけにくくなってるので、もとの大きさは今の3倍とも言われてるし。

フィクションの世界のイギリス人が諧謔を好む皮肉屋なのはいつものことで、なにかにつけてシェークスピアを引用しないだけマシです(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月07日 03:30:55

>ヴィーさん

>ポーラは「花とゆめ」より「少女コミック」が似合いそうな気がします。

ですよね!何だかポーラの表情は今までになかったので新鮮でした(´∀`*)

>アバーライン警部補の笑い芸は、あの理想論を疑うことなく真正面から説いたからでは?と思ってます。

確かにそうかもしれませんね^^ 『自分はただ・・・』なんて言っていたし、普段どおりの彼の正義感がアンダーテイカーからすれば面白おかしかったのかもしれません。普通に天然でボケたという線もアリですが(´ー`*)

トラックバック

日常と紙一重のせかい - 2008年12月05日 19:40

黒執事 第10話 「その執事、氷上」

セバスチャン、舞う!

Ηаpу☆Μаtё - 2008年12月05日 23:01

こう観やがってます - 2008年12月06日 00:10

黒執事 第10話「その執事、氷上」

黒執事 第10話「その執事、氷上」  ダイヤは硬いけど、削れ易いんですよ?  

QUATTROism - 2008年12月06日 05:19

八月の鍵 - 2008年12月06日 10:35

黒執事 第10話「その執事、氷上」感想

黒執事 第10話「その執事、氷上」の感想です。

ハルジオンデイズ - 2008年12月06日 19:37

黒執事 10話

10話 「その執事 氷上」

深・翠蛇の沼 - 2008年12月07日 01:26

黒執事 第10話「その執事、氷上」

鋼線使いで執事と言えば・・・ウォルター!?

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア