カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
【アニメ】「まどそふと」の学園恋愛ADV『ハミダシクリエイティブ』がTVアニメ化!5分尺のショートアニメとして2024年に放送 (09/01)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル #10 OVER DRIVE 感想

鉄のラインバレル #10 OVER DRIVE 感想

鉄のラインバレル  第10話 OVER DRIVE

鉄のラインバレル  第10話 OVER DRIVE

浩一、クリスマスに宇宙へ・・・


クリスマスの準備を通してJUDAのメンバーと親交を深める浩一。

鉄のラインバレル 第10話 OVER DRIVE1

JUDAの女性陣は例によって超ミニのサンタコスプレ・・・サービスがいいのは良い事です。さすがはセクハラ石神社長やることが違います。管理人さんまでGJ。心なしか森次さんも嬉しそうだし!

鉄のラインバレル 第10話 OVER DRIVE2

相変わらずツンツン状態の絵美とは逆にシズナや美海との仲は深まる一方のようですがヒロインとしてそれで良いのかな?(ΦωΦ) 

遠藤シズナ・イズナは事故で親を亡くし、美海は昔大怪我をした際、JUDAで治療を受け今に至り、サトルは病気を治すためにファクターになったり・・・と、色々とわけありなJUDA特務室のメンバーたち。

鉄のラインバレル 第10話 OVER DRIVE3

他人を知り、触れ合うことで信頼や絆は深まるもの。

森次との件で傷心中のサトルと、その森次に反発する浩一、二人の距離も縮まったようで。浩一が森次にぶつかるシーンは浩一なりにサトルを心配する様子が見られて良かったです。

肝心の森次とは一向に距離が縮まらないわけですが・・・。他人を寄せ付けない雰囲気と大人と子供の倫理感の差。浩一の兄的立場に立ってもらいたいと個人的には思うのですが、どうにも難攻不落のようですね・・・。



加藤機関に乗っ取られた米国の軍事衛星ヘリオスを奪還するために作戦を発動するJUDA。

ヘリオスの初弾がアジア圏最大の紛争地域であるハイファン島に向けられたことにも意味がありそうですが、加藤には他にも目的がありそうな予感・・・。前回のスフィア設置といい、『想像せよ』のセリフが頭に浮かんでくるなぁ(;´Д`)

鉄のラインバレル 第10話 OVER DRIVE4

サトルの森次への執心は、森次の強さへの依存とも言うべき憧れ。森次の過去とはまた違うようですね。・・・もっと深く絡んだ過去があるものかと思ってましたけど、それだけ療養中で弱っていたサトルにとっては森次が絶対的なものに見えたのかも。

浩一が、サトルが一つ年上なことを知ってばつが悪そうにするのは中学生やその辺りの年頃によく見られる上下関係へのこだわりみたいなものが見られて微笑ましいです(^^) 呼び捨てやタメ口、確かに気を使うものですよね。



鉄のラインバレル 第10話 OVER DRIVE5

米軍特殊輸送機べヒモスで宇宙へ上がる浩一とサトル、地上部隊のJUDA。
『オペレーションスーパーノヴァ』と名づけられたこの作戦で、サトルは浩一の言っていた“自分の正義”を見つけられるのか。輸送機乗りのジュディ・ブラウン中尉が鍵になりそうな気がします。

特殊自衛隊の中に道明寺がいたりしたのは次回以降の何かの伏線か。この人には早瀬軍団で頑張ってほしいと思っていたのですが・・・。いつから軍事関係者になっていたのかも気になるところ。


ちょっと特殊な外見の^^; 加藤機関八番隊隊長、王政 陸(おうせい りく)が出現したところで次回へ。

鉄のラインバレル 第10話 OVER DRIVE6

理沙子や矢島のためにも、幼馴染とのクリスマスには間に合ってほしいけれど・・・道明寺の事といい浩一の学校や日常との接点が薄くなるのは寂しいですね。良く考えたら絵美も転校してきたはずの学校生活にはほとんど触れられていないですし。JUDAと学校生活、二つを両立するのは難しい?




次回 鉄のラインバレル 第11話 SUPER NOVA

鉄のラインバレル 第11話 SUPER NOVA

次回予告での浩一のセリフって絵美に『最低です』って言わせるためのもののような(;´Д`) 最終回までコレでいくつもりなんでしょうか・・・。





<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト







アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2008年12月07日 01:04:26

宇宙空間での戦闘をどう描くか、次回に期待です。
なんせ、低軌道だしもともとのプランからして弾道飛行みたいだから時間もないしどんどん落ちていくはずなんですよね。

絵美がツリーの靴下を見て、自分のブーツを吊っちゃってるのが凄く可愛い。
初めての経験みたいだからやってみたかったんでしょうね。
国連の人は片足が素足の絵美を見て何を思ったでしょう?

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月07日 03:37:09

>ヴィーさん

初の宇宙戦闘・・・あまり実感が湧きませんが(今まで重力下での戦闘だけだと思っていただけに)楽しみですね^^ ガンダム00以外では久しぶりに見るかも・・・。

クリスマスの習慣を知らない絵美が次回無事にクリスマスを迎えられるのか、浩一は理沙子たちとのクリスマスパーティに間に合うのか・・・次回の展開にも期待です。

原作よりわかりやすいかもです(笑) - westernblack - 2008年12月07日 05:53:14

山下に関してはやはりきちんと追加説明がありましたね
原作を無理して改変しているので、わかりにくいとの評もありますが、やはり「ポケモン」の日高監督ですし、要所でわかりやすさを心がけておられると思います
山下と森次のすれ違いのご指摘は鋭いと思いました。私自身も含め、年のいった視聴者で、この辺に自分の青春時代を重ねる方も多いだろうと思います。浩一と山下の年齢をめぐる微笑ましいやり取りといい、「ポケモン」というファミリーアニメでならした日高監督、しっかり王道の青春物語に仕上げていますね
輸送機乗りの現場指揮官は原作では老兵で、じっくり諭す感じですが、アニメ版ではキャリアな感じの女性になり、こうなると次回…いやいや言いますまい(笑)
監督インタビューではマルチヒロインの萌え志向を織り込んでいるようで、美海のあの言葉にお耳がいったのもスタッフの狙い通りかと(笑)
それでは失礼します

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月07日 23:53:20

>westernblackさん

山下サトルの森次への傾倒とその理由、聞いてみたらああ、解るなぁ・・・という印象でした。療養中のサトルが目にした希望の姿が森次で、以来彼を目標に、ずっと見続けてきたわけですから、森次を必要以上に心配したりする理由も、単なる憧れとは違っていたんですね。

浩一の少年的な雰囲気も最近になってようやく理解できるようになりましたし、回を追うごとに面白くなってきた感があります^^ 

マルチヒロイン志向とは驚きです(笑)え~と浩一が更に『最低です』って言われる要因が増えてしまいそうですが、視聴者的にはバッチリOKな気がします(^^)

- ヴィー - 2008年12月08日 00:40:06

そういえば、浩一が「あい きゃん のっと すぴーく いんぐりっしゅ」と言ってたのはギャグですよね?
柿原さんは、この前「まかでみ・WAっしょい!」において英語で桃太郎侍やってました。
「快傑ズバット」→「ウルトラセブン」→「桃太郎侍」というストーリーが全くわからない流れ(笑)
まあ、作中で見てる映画だからストーリー必要ないですが、どこの誰に向かって発信してるネタなのか意味不明。
言及してるのググっても私含めて二人ぐらいしかいないし(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月08日 01:05:11

>ヴィーさん

「快傑ズバット」→「ウルトラセブン」→「桃太郎侍」・・・なんだかとてもカオスな香り(´∀`*)

「まかでみ・WAっしょい!」は視聴していないので詳細は良くわかりませんが、浩一のアレは例のごとく『一発かましたれー』的なものかと(笑)

柿原さんのアドリブだったのかな~^^;

- ヴィー - 2008年12月08日 01:58:17

そういう話じゃなくて、柿原さんはドイツ語と英語のマルチリンガルなんです。
だから英語で喋る役をまかでみでやってたんだろうし。

本来の意味は最初のメンチ切りでも、そこはゴンゾだからお遊びがあったと思ってます。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月08日 03:38:36

>ヴィーさん

鉄のラインバレルで言っていた事が原作でもそうであったのかは分かりませんし、先にも言ったとおり「まかでみ・WAっしょい!」は視聴していないのでよく分かりませんが(笑)そういったお遊び的な事があったよ~ということなんですね^^; 

トラックバック

紅蓮の煌き - 2008年12月06日 23:51

鉄のラインバレル 第10話 「OVER DRIVE」

鉄のラインバレル 第10話感想です。 I can not speak English!(笑

在宅アニメ評論家 - 2008年12月07日 01:40

鉄のラインバレル #10 OVER DRIVE

初めてのクリスマスにはしゃぐ城崎。 ミニスカサンタの集う楽しい楽しいクリスマスパーティ!のはずが…。

らび庵 - 2008年12月07日 11:50

鉄のラインバレル 第10話「OVER DRIVE」感想

矢嶋の家でクリスマスパーティ。 絵美はクリスマスを知らないのね。

日常と紙一重のせかい - 2008年12月07日 16:07

鉄のラインバレル 第10話「OVER DRIVE」

見せてあげよう、ラピュタの雷を! ハイファン島は哀れなことに、全てを焦土と化した。

日々、徒然 - 2008年12月08日 08:52

鉄のラインバレル 第10話 「OVER DRIVE」 感想

「このっ、ケダモノーーー!!!!!」

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア