カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】米澤穂信『〈小市民〉シリーズ』TVアニメ化、2024年7月より放送開始!スタッフ&キャスト、PVが公開 (04/19)
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]鉄のラインバレル > title - 鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』 感想

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』 感想

鉄のラインバレル  第11話 SUPER NOVA

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』

これぞ王道のロボットアニメ!


地上と宇宙に分かれて展開するJUDA+特自と加藤機関との総力戦。

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』1

地上部隊は石神社長が指揮を執り、絵美は宇宙の浩一とサトルのサポートへ。
前回でも一時的に指揮権をとって、的確な指示を送る才能の片鱗を見せましたが、今後の絵美のJUDAでの役割もオペレーター、或いは指示を出してサポートをする役回りになりそう。浩一と二人でラインバレルを呼び出していたのがもう懐かしい・・・。

それにしても“王政 陸”・・・加藤機関メンバーならではの想像想像言うのはいいですが、『残念でした!今年のクリスマスは中止になりましたぁ?!』とか、自分からあのポジションを志願したとか・・・見た目やら何やらと相まってこの時期のために作られたキャラクターのような気がしてならないです(;^ω^)



宇宙で繰り広げられる戦闘と同時に地上で展開するJUDAと加藤機関の戦闘。そこに割って入ってきたのは・・・

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』2

特自とキリヤマ重工が開発した“迅雷”を駆る道明寺 誠!

なんで特自で戦闘員として活動しているとかは今後説明が入るとして、『早瀬軍団』として彼が戦闘に介入してくるのは面白い。疎遠になりがちな理沙子たちと浩一を繋ぐ“橋渡し的”な意味として考えても。相変わらずのノリの良さでシズナや美海たちまで勝手に『早瀬軍団』に巻き込んでたりしてますが(笑)

今後の展開でも結構重要な役になりそうな気がします。
原作では一応普通の中学生・・・なんですよね? アニメオリジナルの展開もこう見ると魅せる所があって良いと思います。


軍事衛星ヘリオスからの主砲発射を阻止するために、王政 陸の駆る“ヤオヨロズ”と交戦する浩一と、世界各地への攻撃を防ぐために磁場ミラーを破壊するサトル。

しかし“ヤオヨロズ”の見た目に反する機動性と特殊装甲の前に翻弄され、ラインバレルは戦闘エリア外に吹き飛ばされてしまう。そして訪れる作戦終了のタイムリミット・・・。

加藤機関への降伏を示唆する石神社長に、何か手は無いのかと叫ぶ浩一。
そんな彼に、石神邦生は静かに答える。

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』3

『早瀬君、後ろを見たまえ。それが今、君が背負っているものだ』

ラインバレルから背後に見える地球。そこに居る人々、それまで在った出来事を思い返す浩一。

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』4

『・・・まったく、世界とか人類とかさ・・・そんなでっかいもの、たかが中坊のガキに背負わせるかねぇ・・・。でもさ!

ナイスな展開だよ!世界を救い人類を守る!!悪くないじゃないか!!』


エグゼキューターのリミッターを解除し、大気圏の落下軌道に落ちることも構わずサトルに後を託す浩一の姿は正に主人公。

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』5

勢いがかった口調は以前と同じようでも、そこには力を持ったことによる優越感からの顕示欲ではなく、本当の主人公として在るべき姿に覚醒した浩一の姿が見えたと思います。・・・こういう展開、大好きです(^^)

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』6

『地球って本当に青いんだな・・・。矢島、見てたか・・・?俺、世界を救っちまったんだぜ・・・。なぁ、さすがのお前も、驚いただろ・・・?なんかさ・・・すごく、いい気分だ・・・』

浩一が見せた覚悟と信頼、ジュディ・ブラウン中尉から伝えられた“自分の力の意味と価値”。
サトルもまた、今回ではその復帰と成長を見せつけてくれました。


大気圏から落下するラインバレルを“バレットアーム”で受け止めるサトルのハインド・カインド。

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』7

今回は主人公の浩一だけでなく、サトルの復帰と成長も描かれていたのも印象的でしたね。
周囲の大人の教えと仲間との友情、ラインバレルのテーマにあって王道をいくストーリー展開はグッと来るものがあります。浩一とサトルの友情も一層深まったようで何より。

浩一たち若人を導くという立場である大人、ジュディ中尉と石神社長の存在。

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』8

ジュディ中尉は語って諭すタイプのようですが、直接的ではなく、浩一に自らの意思で成長を促す石神社長も、普段の飄々とした印象と相まってかなり好印象^^ あの面白オジサンな所も好きですけれど(´ー`*)

石神社長が見てみたかったと語る“正義の味方の誕生”。今回のサブタイトル『SUPER NOVA』の意味を新生する本物のヒーローの誕生という意味として考えると、見終わってから改めて納得のいくタイトルですね。




戦いの後。それぞれが過ごすクリスマス。

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』9

加藤は今回の件でも失敗ではなく予定通りと語ってますが、相変わらず行動のギャップがある人ですね・・・。普通にケーキ食べたりするんですか^^; 実は甘党だったり?でもカレー味のカステラなんて食べてたし・・・うーんw

わざと世界に脅威を与えてそれを乗り越えさせようとしているとか、人類の成長を促すなんてキレイな読み方はやっぱり違うような気もするのですが、加藤久嵩の言う『正義の意味』と『世界征服』、反する言葉の意味する所はまだ予想がつきません。

JUDAのパーティではサトルの肩に手を置きねぎらいの言葉をかける森次さんの姿も。
不器用・・・というより、生真面目な雰囲気が伝わってくる印象ですが、あの性格だからこそ頼もしくもあり厳しく感じるんでしょう。キリヤマ重工の社長?の桐山との関係を匂わす部分が気になるところ。


浩一は浩一で今回は株が急上昇してましたね^^;
作戦での働きはもちろん、クリスマスプレゼントの効果で絵美とも距離は縮まったようで。
それを横目に思わせぶりな美海さんもフラグが立ってるようですし、シズナとの関係だってまだまだこれから?

鉄のラインバレル 第11話 『SUPER NOVA』10

早瀬軍団のクリスマスパーティではなぜか道明寺の怪談話・・・クリスマスにやることですか(笑)
理沙子との約束も無事果たせたし、今回はさすがに『お疲れ様』でしたね、浩一・・・。メリークリスマス♪



今まで溜まっていたフラストレーションも戦闘回の濃密さと内容も鬱憤晴らしますよといわんばかりの展開で個人的にとても気分良く視聴できたのですがいかかがでしょう。浩一が成長を遂げる有り様を意識して当初のあのダメっ子ぶりを強調していたのならこれは成功したと言わざるを得ないかと。

今更ですが視聴切らないで良かったです(*´∀`*)




【おまけ】

毎回サービスシーンを怠らないのもラインバレルのいいところ?

緒川 結衣 胸揺れ
新山 理沙子 胸揺れ

それにしても揺れ過ぎです(;´∀`)




次回 鉄のラインバレル 第12話 『南海より愛をこめて』

鉄のラインバレル 第12話 『南海より愛をこめて』

今度は道明寺クンが名指しで『最低です』! 浩一は良かったね! 道明寺は自業自得だね!
今回は戦闘でキリキリ行ったし、次回はサービス回になりそうな予感。






<関連サイト>

鉄のラインバレル 公式サイト





ランキング参加中♪
アニメブログランキング






アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2008年12月14日 18:15:13

まさに王道熱血ロボットアニメ。
雰囲気は全く違うけど「デモンベイン」みたいな無闇な熱さを感じました。

宇宙での戦闘も満足のいくデキ。
基本的には弾道飛行で、そっから多少しか動けないから機動性では完全に負けてるし、そんな動きだから戦闘時間そのものが数分しかない。
それが間延びしない演出にも繋がるし、長時間での戦闘だった場合の不都合な事(地球周回速度はかなり速いので数十分ごとに昼と夜が来る)も回避できてたのはさすがです。

地球を背景に浩一が発した言葉が今までとの対比になっているから、最初から言われるよりもかなり感動しました。
きっと矢島も笑ってくれてますよ。

ジュディ中尉はマチルダになるかと思いましたが、シチュエーション的にありえなかったので個人的には良かった(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月15日 02:30:22

>ヴィーさん

王道の『熱血』アニメ、そうですね、熱血は忘れちゃいけません>< 
ガンダム00みたいなシリアス路線よりも視聴者に心地よい王道の展開はやっぱり見た後に良い印象を覚えますね~(^^)

戦闘シーンに関しても地上戦闘を含めヤオヨロズの変な動作とか(笑)ラインバレルらの動きはCGでありながら迫力あって良かったと思います。

浩一の成長、矢島もしっかり見届けてくれているといいですね・・・。

ジュディ中尉は確かにマチルダさんに似てるかも・・・。戦死フラグは立たなかったので安心でした^^;

トラックバック

在宅アニメ評論家 - 2008年12月13日 20:45

鉄のラインバレル #11 SUPER NOVA

メリークリスマス!  「残念ですが今年のクリスマスは中止になりました」

日々、徒然 - 2008年12月13日 20:48

鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」 感想

「矢島、見てたか…俺、世界を救っちまったんだぜ…」

八月の鍵 - 2008年12月13日 23:44

鉄のラインバレル 第11話「SUPER NOVA」感想

鉄のラインバレル 第11話「SUPER NOVA」の感想です。

らび庵 - 2008年12月14日 20:39

機動戦士ガンダム00 2nd 第11話「ダブルオー」

ついに沙慈とルイスが出会ったですね。

丸正の日々の思い。 version2 - 2008年12月15日 18:52

鉄のラインバレル #11

「SUPER NOVA」 『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)(2008/12/24)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る

深・翠蛇の沼 - 2008年12月20日 01:55

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア