カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
【アニメ】藤子・F・不二雄のSF漫画『T・Pぼん』がNetflixにて新作アニメ化!制作をボンズが担当! (10/06)
【アニメ】角川スニーカー文庫『クラスで2番目に可愛い女の子と友だちになった』アニメ化企画進行中!日陰男子と2番目ヒロインの等身大の友達関係から始まる青春ラブコメディ (09/29)
【PS4/NS/PC】『レヱル・ロマネスク origin』PV公開&予約受付開始!豪華版には新作TVアニメ「レヱル・ロマネスク2」のBD&DVDと3枚組ボーカルCDアルバムが同梱 (09/22)
【アニメ】SFバトルアクション『リビルドワールド』がTVアニメ化!アキラ、アルファ、シェリルのキャストが発表に (09/16)
【PS/PC】『グラブル リリンク』は来年2月1日に発売!グラブルで使えるアイテムパックが期間限定で付属、豪華特典がセットになった限定版も (09/11)
【ゲーム】Cygamesの新作「Project GAMM」の正式タイトルが『GARNET ARENA: Mages of Magicary』に決定!サイゲームス展でコンセプトアートや最新映像が公開に (09/05)
【アニメ】「まどそふと」の学園恋愛ADV『ハミダシクリエイティブ』がTVアニメ化!5分尺のショートアニメとして2024年に放送 (09/01)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード』は2024年2月2日発売!限定版や各種特典が発表、“P3R”の魅力が詰まったPV第2弾も公開に (08/27)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]とある魔術の禁書目録 > title - とある魔術の禁書目録 第12話 『絶対能力(レベル6)』 感想

とある魔術の禁書目録 第12話 『絶対能力(レベル6)』 感想

とある魔術の禁書目録<インデックス>

とある魔術の禁書目録 第12話 『絶対能力(レベル6)』より感想です。


幻想殺しVS超電磁砲・・・ではなくて、上条当麻VS御坂美琴


小萌先生のシュレディンガー理論から解説される、超能力者とは何か。


『まともな現実から切り離され、自分だけの現実を手に入れた人を、あたしたちは超能力者と呼ぶのです』

超能力という「箱の中身」を在るものと認識した観測者=超能力者とかいろいろ考えてしまうんですが、そもそもこのお話で超能力者が自然的に生まれてくるとか、能力開発を受けてる人間がどこまで超能力者と呼ばれる存在なのか、少なくとも劇中では明言はされてないわけで、確率解釈して突き詰めれば超能力者は存在するんだよ?とかこの辺りを考えてもキリがないので思考停止・・・。

とりあえず後の話から“観測者”が伏線になってるような気はしましたが。小萌先生の授業って面白そうな気がするなぁ・・・。こういう話ばっかりで頭を悩ますのも悪くないかも(笑)



第10話で「筋ジストロフィー等の研究を行っていた施設が業務撤退」云々って飛行船に出てましたが、筋ジストロフィーって一般に「進行性の筋力低下をみる遺伝性の疾患」の事ですよね。あの時は何となく文字の羅列として見ていた風景が、今回の話に絡んでくるとはなかなか・・・

幼少時の美琴に協力を求めていた研究者が言っていた、『世の中には自分の手足を動かせずに苦しんでる人たちが大勢いる。脳の電気信号に働きかける生体電気を操れる力があれば、その人達を救うことができるかもしれない』というお話。

美琴自身は病気で苦しんでいる人達を救うために力を貸していたのに、実際には軍事目的で量産されるクローンが作られたり、更にそれを実験動物として使った『レベル6(絶対能力)開発実験』なんてものに利用されていたわけで、それが自分自身を含めて許せなかったから悩んでいたんですね。

自分のクローンに対する気持ちとか、複雑な感情はもちろんあっただろうけど、それでも一人一人を人間として美琴は扱っていた。だからツリーダイアグラムなんて衛星の演算結果で勝手に殺されていく自分の妹たちを救いたかった。あの元気はつらつとしていた中でもこんな過酷な現実で生きていたことを思うと、哀しいものがあります・・・。

前回当麻が手にした×印のついた地図はアクセラレータと御坂妹の交戦結果ではなくて、今まで潰した研究所を示したものだったという事ですか。

それにしても、第6話で偶然撃ち落とされた衛星といい、結構伏線が展開してますね。まだ気付かない所で結構ありそうな気がします。



ツリーダイアグラムの演算結果によるアクセラレータの絶対能力(レベル6)への進化。

レールガン(美琴)を128回殺すことで、アクセラレータはレベル6へと進化する。しかし128人もレールガンを用意することは困難。その代わりとして用意されたのは、能力の劣るクローンである妹達(シスターズ)の2万回の死・・・。

アクセラレータに打ち勝つことは不可能。自分の代わりに死んでいく妹達を助ける手段として美琴が考え付いた先は、レールガン、つまり大元である自分自身の価値を失わることで、研究者たちに演算結果の無意味を証明させるということだった。

185手でアクセラレータに敗北するという自分が、もし最初の一手で無様に死ねば、レベル6の進化を促すレールガンの、引いては同能力劣化クローンの妹達を2万人も死なせる事の無価値を示す事ができると・・・。

ツリーダイアグラムが撃ち落とされ、再演算や分析ができない今なら、自分一人の死で実験を中止させ妹達を救うことができる。

本当にそれで実験が中止されるのか、研究者たちに無価値を証明できるのかを考えると、傍目にはかなり無謀な事にも見えるけど、そんな分の悪い賭けに出なきゃならないほど美琴が切羽詰まっているということなのかもしれない。

『戦いたくない理由なんてわからねえよ・・・他になんかいい案があるかどうかも分んねえ・・・。けど、嫌なんだよ。お前が傷つくところなんて見たくねえんだよ。何で、お前が死ななきゃいけないんだよ!どうして誰かが殺されなくちゃならないんだよ!そんなの納得できるはずねえだろ!!』

美琴を死なせたくない当麻と自分の死でしか救いを見つけられない美琴との意地のぶつかり合い。

当麻はこれから死にに行くって人間を素通しで通せるような人間じゃない。自分が他にいい案を見つけれるわけでもない。だから無抵抗に立ちふさがる。自分の覚悟を通すために当麻を攻撃する美琴の方が痛々しく見えます・・・。美琴だって自分のために当麻が傷つくことなんて望んじゃいないんだから。

倒れる中、当麻は考える。実験を止めるには、実験が何の利益も生み出さないものだと思い込ませなければならない。

最弱の「レベル0」が、最強の「レベル5」に打ち勝つ・・・という展開を窺わせつつ、次回へ続く。




次回 とある魔術の禁書目録 第13話 『一方通行(アクセラレータ)』


いよいよ対峙する学園都市最強のレベル5。いつにも増して表情に熱のこもってるアクセラレータですが・・・^^; いよいよ禁書目録開始以来の見せ場に差し掛かってきたというところかな。







<関連サイト>

とある魔術の禁書目録 公式サイト



アクセスランキング

私を登録して頂けますか? by BlogPeople
sponsored link

この記事へのコメント

- 海優 - 2008年12月22日 04:25:01

基本この世界では学園都市で開発を行われた人を超能力者と呼びます。ただ、吸血殺しや幻想殺しといった自然に能力を持っているものも存在しますが極少数のため前者のに組み込まれているといった感じです

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月23日 02:24:41

>海優さん

ありがとうございます^^

幻想殺しは原石のカテゴリに含まれるかもあやふやな力ということみたいですね。テッラが言いかけたように魔術側の力なのかもしれない事も踏まえて、作品中の最重要キーワードになりそうな気がします。

- ヴィー - 2009年01月09日 01:41:39

東海圏ではようやく放送され、しかも第13話と一挙放送です。
なら、年末にやれよと思うんですが(笑)

超能力の話は、ユリ・ゲラーがよく言ってた「曲がる事をイメージする事が大事だ」というのを思い出しました。
実際、そういう暗示をかければスプーンぐらい簡単に曲がります。
あと、量子力学の発展で素粒子が発見されると超能力の説明に使われるようになりました。
陽子、電子などの素粒子は不確定性原理によって「つかむ」ことはできないし、壁をすりぬけることもあります。また、場合によっては時間を逆行するような現象も。
で、それをテレポーテーションや念力、予知といったものに当てはめようとするのですが、マクロな視点で不確定性原理なんぞ怒りませんわな(笑)
しかし、50年以上前から変わらず出てくるネタなので、そこらへんも下敷きにしてるのかな?と思いました。

飛行船のニュースの話はそこまで気付きませんでした。
深いですね。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年01月09日 02:05:34

>ヴィーさん

一挙2話放送でしたか^^; 年明けからは最速の放送がAT-Xになったそうで、先日の火曜日に既に14話が放送されたとか。気付きませんでした(汗)

超能力の発現に関する小萌ちゃんのお話、この次の13話にも続いていて、魔術的な思想にも繋がったりしていて深いなぁと思わせます。伏線などはふとした風景などにもあるようで、なかなか面白いですね。

鳴海みぐJr. - 鳴海みぐJr. - 2009年08月16日 21:37:33

美琴は「その紙きれ持っていることは、こんな意味ね?」

・このバカタレは私の部屋へ不法侵入したあげく、
 謎の書類を手に入れた。

「敵はバーベキューになるわ!」言いましたが、

-----------------

その前にこのケースに気づかず。

・インターホンで交渉した結果、
 白井さんが部屋にあげてくれた。

不法侵入と決め付けるなんて
フグ田サザエにそっくりですね。

失礼します。

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2009年08月17日 02:34:16

>鳴海みぐJr.さん

フグ田サザエさん・・・ですか(^^; この辺りのお話は良く覚えてないですね~もう一度見直してみようかな・・・。

トラックバック

日常と紙一重のせかい - 2008年12月21日 16:45

とある魔術の禁書目録 第12話「絶対能力(レベル6)」

ロリ美琴にズキュウウウウン! とやりたかったけど、話が真剣なのでそうも言っていられずな第12話です。

日記・・・かも - 2008年12月21日 16:52

とある魔術の禁書目録 第12話「絶対能力 -レベル6-」

アクセラレータの所へ行こうとしてる美琴の前に、当麻が登場。 退かない当麻に美琴は戦いを挑みますが、勝敗の行方は如何に?

八月の鍵 - 2008年12月21日 23:28

とある魔術の禁書目録 第12話「絶対能力」感想

とある魔術の禁書目録 第12話「絶対能力」の感想です。

もす。 - 2008年12月22日 00:56

とある魔術の禁書目録 第12話「絶対能力」 感想。

「どけ!」「やだ!」 だけで終わったなw

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Twitter
ブログ内 検索
Amazon 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア