カタコト日記~日々の徒然~
最新記事
【アニメ】ガンダム平成3部作こと『ガンダムGWX』の30周年プロジェクトが始動!第1弾で「機動武闘伝Gガンダム」の周年企画を展開予定 (04/13)
【アニメ】医療ミステリー小説『天久鷹央の推理カルテ』TVアニメ化決定!ティザービジュアル&特報映像が公開 (04/05)
【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期は2024年10月より放送開始!新キャラ「リリアナ」役に山根綺さんが決定! (03/27)
【新作ゲーム】『東亰ザナドゥ 新プロジェクト』始動!《亰都》を新たな舞台とした完全新作タイトルとして開発中! (03/19)
【アニメ】稲作和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』が2024年にTVアニメ化!制作はP.A.WORKS、キャストはゲーム版から続投! (03/10)
【PS/Xbox/PC】『ペルソナ3 リロード: エクスパンションパス』が発表!後日譚「Episode Aegis」のリメイクを含む3つのDLCを順次リリース (03/07)
【NS】「ポケモンレジェンズ」の新作『Pokémon LEGENDS Z-A(ゼットエー)』2025年発売!ポケモンX・Yに登場した「ミアレシティ」で新たな冒険が始まる (02/28)
【NS/PS/Xbox/PC】『真・女神転生V Vengeance』が6月21日発売!新ストーリー「復讐の女神篇」や新悪魔が追加、システムもさらに奥深く進化した「真V」の決定版 (02/25)
【映画】藤本タツキ『ルックバック』劇場アニメ化決定!監督・脚本・キャラデザは押山清高氏、6月28日より公開予定 (02/16)
【感想】今期はこのアニメが熱い!『勇気爆発バーンブレイバーン』第1話のインパクトから話題をかっさらった注目のロボットアニメ (02/12)
【PC】ニトロプラスの新作『Dolls Nest(ドールズネスト)』発表!少女型のメカをカスタマイズして荒廃した世界を探索する3Dアクションゲーム (02/10)
【新作ゲーム】コジプロの完全新規IP『PHYSINT(フィジント)』が発表!新世代の“アクション・エスピオナージ・ゲーム”と銘打った小島監督のゲーム制作40周年の集大成的タイトル (02/01)
【P5X】スマホゲーム『Persona5:The Phantom X』のPC版が発表。世界展開を視野にβテストを実施中。ゲームシステムやガチャキャラ「怪ドル」の存在も明かされ期待が高まる ※解説動画を追加 (01/27)
【アニメ】ヤンチャンの連載漫画『凍牌』が2024年TVアニメ化!高校生の主人公が死と隣り合わせの裏麻雀に挑んでいく (01/17)
【新作ゲーム】「軌跡」シリーズ最新作『英雄伝説 界の軌跡 ‐Farewell, O Zemuria‐』が2024年発売!ゼムリア大陸での物語が激変を迎えるシリーズ20周年記念作 (01/09)
【2024】新年のご挨拶 (01/01)
【映画】アニメ『陰の実力者になりたくて!』の劇場版「残響編」の制作が決定!ウルトラティザービジュアル解禁! (12/30)
【PS/PC】『グラブル リリンク』を体験できるデモ版が1月に配信決定!さらに「カリオストロ」が参戦、発売後には追加キャラ「シエテ」「ソーン」が登場! (12/23)
【映画】アニメ『チェンソーマン』の劇場版が制作決定!内容は《レゼ篇》でレゼのキャストは上田麗奈さんが担当! (12/17)
【PS/Xbox/PC】「聖剣伝説」シリーズ最新作『聖剣伝説 VISIONS of MANA』がマルチプラットフォームで発売決定!冒険や戦闘の様子を収めたトレーラーが公開! (12/17)
【アニメ】鈴木央先生の連載デビュー作『ライジングインパクト』がネトフリでアニメ化!スタッフ&キャスト発表! (12/09)
【アニメ】ジャンプラ連載『株式会社マジルミエ』TVアニメ化決定!キャストはカナ役がファイルーズあいさん、越谷役が花守ゆみりさん。メインスタッフも発表に (12/06)
【アニメ】オカルトバトルアクション『ダンダダン』が2024年にTVアニメ化!制作はサイエンスSARUが担当 (11/29)
【アニメ】WJ連載の青春部活ラブストーリー『アオのハコ』がTVアニメ化!キャスト情報とティザービジュアルが公開! (11/21)
【アニメ】藤原ここあ『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』がボンズによりTVアニメ化!スタッフ情報解禁! (11/19)
【アニメ】「まほやく」こと『魔法使いの約束』のアニメ化プロジェクトが始動! (11/13)
【アニメ】『ダンまち』第5期の制作が決定!意味深な特報PVやティザービジュアルも公開に (11/06)
【アニメ】八咫烏シリーズ『烏は主を選ばない』がTVアニメ化!日本神話に通じる壮大な世界観が魅力の和風異世界ファンタジー (10/30)
【PS/Xbox/NS/PC】『呪術廻戦 戦華双乱』の発売日は2024年2月1日!各エディションや特典、最新トレーラーも公開に (10/22)
【アニメ】冲方丁『ばいばい、アース』2024年アニメ化!主人公のベル役にファイルーズあいさんが決定! (10/14)
ヘッドラインニュース

sponsored link
navigation
HOME > [アニメ]黒執事 > title - 黒執事 第13話 「その執事,居候」 感想

黒執事 第13話 「その執事,居候」 感想

黒執事  第13話 「その執事,居候」 以下、感想です。

『ジョー・アーギャー(御意のままに)』
黒執事 第13話 「その執事,居候」
『イエス・マイロード(承りました ご主人様)』


黒執事 第13話 「その執事,居候」1

英国をを侮辱する言葉と謎のマークが書き記された紙を貼りつけられ、路地に逆さ吊りにされるという『連続逆さ吊り事件』。その被害者に共通する所は、インド帰りの裕福な英国民であることと、まだ死亡者が出ていないということ・・・。“死人が出ていない”=犯人に救いの余地があるというのは案外身近な人物が犯人だったりするような気がするのですが、今回はどうなるんでしょう。


黒執事 第13話 「その執事,居候」2

事件を解決するためにロンドンにやってきたシエルとセバスチャン。その二人の前に現れる、自由奔放を絵に描いたようなインドの王子ソーマ・アスマン・カダールと、その執事(カーンサマー)アグニ。

ソーマの尊大な態度と自分勝手な行動に皆が引っ掻き廻されるのかと思ったら、ソーマから被害を被るのはシエルだけという・・・^^;

黒執事 第13話 「その執事,居候」3

シエルとソーマのフェンシング勝負に巻き込まれる形で、セバスチャンとアグニ、執事同士の対決に。

黒執事 第13話 「その執事,居候」4

セバスチャンと互角の実力を見せるアグニに驚くシエル。セバスチャンが言うにはアグニは悪魔や死神などの類ではなく、普通の人間ということだけど、これは今回はオカルトは入りませんよ?ということを示唆しているのかな?こういう展開も何か新鮮でいいかも。

更にアグニは夕食作りにおっちょこちょいの使用人三人組に的確に役割を与えて、今度はセバスチャンを驚かせる。

黒執事 第13話 「その執事,居候」5

セバスチャンは一人でテキパキと何でもこなしてしまうけど、アグニは人心を掴んで制御するのが上手いというか、英国人の完璧を求めるスタイルとインドの国柄や宗教的な考えが比較されているみたいでちょっと面白いですね。どちらにしてもセバスチャンにとってはあまり関係ないのかもしれませんけれど(笑) ところで今回は何故タナカさんがいないんだろう・・・;;


黒執事 第13話 「その執事,居候」6

荒くれ者だった自分を死の間際から救ってくれたソーマを神と敬ってまで忠誠を誓うアグニ。ここでも良い感じに対照的な主と執事の関係が。 あくまで契約上として付き従っているセバスチャンと神の信仰心にも似た忠誠をもって仕えるアグニ。悪魔の契約と神の信仰、皮肉にもとれるのがまた面白いです。


ソーマは英国人に連れ去られた自分の侍女を連れ戻しに、イギリスまでやってきたという。使用人の女一人に大げさなとつまらなそうに返すシエルに、大切な人と引き離された絶望が分かるのかとソーマは食ってかかるけれど・・・。

黒執事 第13話 「その執事,居候」7

『その程度の事で感じることができる、たかが知れた絶望など、僕には理解できないしする気もない。どんなに足掻いても取り戻せないものもある。抜け出せない絶望もある。お前には理解できないかもしれんがな』

失った大切な者が二度と帰らない事を知るシエルだからこそ出た台詞かもしれない・・・。だからといってソーマの大切な人を取り戻したい気持ちを謗る権利は無い訳ですが。今回の人となりを見て、ソーマは太陽、シエルは月という様に例えるとそれっぽいような気もします。熱意を持って気ままに降り注ぐ太陽の光、暗い空に輝き浮かぶ怜悧な月。二組の主と執事の在り様。今回はその対比がテーマだったように思います。

黒執事 第13話 「その執事,居候」8

言い過ぎたと気にしたのか珍しく歩み寄ったシエルを素っ気なく受け流すソーマも一筋縄ではいかない^^; このコミカライズされたシエルは見ていて微笑ましい・・・眼帯がシュールです(笑)


ソーマを寝かしつけた後、一人外に忍び出るアグニ。それを見透かすように見つめ意味深に呟くセバスチャン・・・

黒執事 第13話 「その執事,居候」9

『やはり、動きましたね・・・』

あのアグニが今回の事件の犯人なんでしょうか。自分の侍女を探しにきたソーマと、そのお伴に付いてきたアグニがなぜそんな事を・・・? まだ知られない裏背景がありそう。何となくいつも通りシエルと一緒にいる劉(ラウ)も今回ばかりは引っ掛かるような・・・。

今回は総じてお話の主体性も、登場人物の性格付けや立場なんかもしっかりしていて、全体的にストーリーの完成度は高いように思えるのですがどうでしょう。オカルト路線が入らないと事前に宣告するような場面があったのはミスリードなのか、そうでなくてもこのままの展開で面白いと思うのですが・・・。




次回 黒執事 第14話 「その執事,異能」

黒執事 第14話 「その執事,」異能

『アグニ様の知られざる裏の顔』・・・と来たらやっぱり犯人確定なのかそれとも込み入った事情があるのか。“異能”の言葉が何に当たる言葉なのか気になりますね。





<関連サイト>

黒執事 公式サイト






Tag ⇒ | *アニメ黒執事

sponsored link

この記事へのコメント

- ヴィー - 2008年12月28日 21:23:49

年末休みからようやくここまで追いつきました。
休み入ってから「ストライクウィッチーズ政府公認シール」とか無駄なもん作ってますが(笑)

アグニとセバスチャンの仕事の違いは悪魔と人間との対比だと思いました。
セバスチャンは会社にもよくいる一人で何でもしてしまう人で、たいていそういう人は他人を見下しています。

今回はいつものようにシリアスな場面に変にギャグを混ぜたりしないので引っかからずに見られました。
この調子で続けばいいですが、それでは黒執事ではないように思えるのが悩ましいところ(笑)

あと、厨房でセバスチャンがアグニに「本当にできた方ですね」と言っている場面で、こちらを向いていたアグニが作業に戻るときに動画をすっ飛ばして繋いでたもんだから、顔が瞬間移動していました。
一瞬、「やっぱ人間じゃないのか?」とか思ったり(笑)

コメントありがとうございます! - Juliesky@管理人 - 2008年12月29日 01:38:02

>ヴィーさん

セバスチャンとアグニ、ソーマとシエル、二組の主従や人となり、考え方などが対照的でしたね^^

他のサイトを眺めてみたら、どうやら今回は原作準拠のストーリーみたいです。どうりで話の運び方がいつもより良いと納得してしまう分、オリジナルじゃなかったと少し残念な気もしてしまいました^^;

トラックバック

つれづれ - 2008年12月26日 20:46

黒執事 第十三話:「その執事、居候」

 ようやく原作ベースのお話になって、安心するやら少し寂しいやら・・・。ソーマ王子が結構好きなので、今回も楽しめました。

心のおもむくままに - 2008年12月26日 23:27

黒執事 第13話「その執事、居候」

第13話「その執事、居候」 今回も個性的な新キャラの登場です!■新たな事件発生冬

赤い彗星3号館 - 2008年12月27日 11:30

黒執事 第13話「その執事、居候」

第13話「その執事、居候」 翻弄されるシエルが可愛かったりした

八月の鍵 - 2008年12月27日 11:52

黒執事 第13話「その執事、居候」感想

黒執事 第13話「その執事、居候」の感想です。

Ηаpу☆Μаtё - 2008年12月28日 15:01

URL :

sponsored link
広告枠
プロフィール

Author:Juliesky
当ブログについて・連絡先
※相互リンク・RSSをご依頼の方もご一読下さい。


プライバシーポリシー

参加中ランキング
banner2.gif
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 アニメブログへ
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
スポンサード リンク
ブロとも一覧
相互リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Twitter
ブログ内 検索
スポンサード リンク
※著作権の帰属
当ブログで掲載されている情報、及び画像には、著作権者所有者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図は全くありません。著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従うことをお約束致します。
人気ページランキング
スポンサード リンク
フリーエリア